オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
モンスターハンター フロンティアZ公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2007/07/05
  • 価格:30日コース:1400円(税込)〜
  • Amazonで買う
読者の評価
62
投稿数:357
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

モンスターハンター フロンティアZ

モンスターハンター フロンティアZ
公式サイト http://www.mhf-z.jp/
http://cog-members.mhf-z.jp/
発売元 カプコン
開発元
発売日 2007/07/05
価格 30日コース:1400円(税込)〜
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
62
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 個人的には好きです 70
    • 投稿者:ミャムラ(男性/20代)
    • 投稿日:2017/06/25
    良い点
    ・モンスターの数
    ・モンスターのモーションの多さ
    ・外装変更により好きな見た目でプレイ可能
    ・スキルの豊富さ
    ・武器のモーションがかっこいい
    ・適度な敵の強さ

    自分がいいシステムだと思うのはこれぐらいですね。
    スキルの量、敵の強さに関しては賛否両論あるかと思いますが、スキル構成考えるのが楽しいので私はとても好きです。
    悪い点
    ・プレイヤーの民度が低い
    ・コラボ装備は基本有料ガチャ
    ・剥ぎ取り限定の1%素材がたくさん必要になるという苦行
    ・歌姫クエのストーリーが飛ばさなくてイライラ
    ・プーギーのカフが有料のが有能すぎる
    ・運営の武器の強化と劣化によって今までの感覚で出来なくなることがある

    課金は基本する必要はありません。
    が、課金するのとしないので装備作るまでの時間が10倍ほど差が出ます。
    じっくり、ゆったりやる人はハマれるかと思いますが、一気に頑張る、すぐ強くなりたいという方は確実に挫折します。
    総評
    私は好きです。
    もともとモンハン好きというのもありますが、最近のdsのモンハンがヌルゲー過ぎてさらにmhfが面白く感じます。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 3 4
  • 時代錯誤な連戦数と超重課金が最大のネック。モンスター調整は◎ 60
    • 投稿者:タンヤオ(男性/20代)
    • 投稿日:2017/04/16
    良い点
    ・ターンファイトを基盤にMHF独自の進化を遂げたモンスターとハンター
    MHFは敵モンスターの攻撃をギリギリまで引き付けて回避する、所謂「フレーム回避」と呼ばれるテクニックが一般的。
    これを基本テクとしつつ、所謂「車庫入れ+軸合わせ」「バックステップ」などの本家MHシリーズで不評を買っているモーションを極力減らし、フレーム回避に緊張と爽快感のある調整に仕上がっている。

    避けるべき重い攻撃をギリギリで回避すれば、隙を見せた敵モンスターはこちらへ振り向き、丁寧に頭を出してくれる。そして、そこに重い一撃を叩き込める。
    今のMHシリーズには最早無くなってしまった「ターンファイト」の要素を、MHFは現存させていてくれているのだ。

    勿論ハンターも、「極ノ型」などのモーション変化で目覚ましい進化を遂げている。
    抜刀ダッシュによるモーションキャンセルやジャストガードなど、MHXを遊んでいたなら馴染めるであろうテクニカルな要素も多く、飽きの来ない狩猟が楽しめる。

    悪い点
    ・10年間のサービスが積み重ねたコンテンツと、それが生み出す非情な連戦
    現在のMHFでは、「秘伝珠」と呼ばれる装飾品を防具にはめ込んで発動する「秘伝スキル」が半ば必須となっている。
    昔はその強力な性能から「秘伝防具必須」と長い事囁かれていたのだが、覇種、始種防具と緩やかに時代は流れ、その風潮は静かに消えていった。

    そして現在、秘伝防具は秘伝珠へと姿を変え、「昔作ってたんだから皆使うべきだろ」と、再び秘伝必須の風潮が戻りつつある。

    しかしこの秘伝珠、作成に要する連戦数が尋常ではない。
    1武器種分の秘伝珠作成のための主な素材である、魂、綬、勲(以下、魂)の必要数は、総計6150枚。
    この魂はHCモードでクエストをクリアした際に、1枚支給される。無策で挑めば6150戦。
    ギルド優先依頼というシステムを駆使すれば1戦につき4枚に増量するので、これを駆使すれば約1538戦。
    デイリークエストで、1日1回だけ数十枚の魂が貰える。これを駆使しても…3桁連戦は避けられない。

    魂集めの途中で、剥ぎ取り率1~5%のHC/GHC素材も計105個要求される。運が悪ければ…

    これらを乗り越えて、ようやく「1武器種分」の秘伝珠が完成する。正気の沙汰ではない。
    途方も無い、やってられないとお思いの貴方に、こんなものもありますよ。

    ・過度な集金と、それによって解決してしまう連戦問題
    前述の魂集めを大幅に緩和する「秘伝書コース」。ギルド優先依頼で魂が9枚貰えるようになります。
    3日1000円で。

    HC素材、GHC素材が手に入らない。そんな時は「狩人応援コース」。
    HC/GHC素材剥ぎ取り確率2倍を始めに、ダメージ25%増加、剥ぎ取り回数+1、「秘伝書コース」、「プレミアムコース」、「アシストコース」の全適用等々、大盤振る舞いでございますお客様。
    3日3000円。

    美味しいデイリークエストをもっと遊びたい。そんな時は「ハリセンネコの金ピカ小判G」。
    ガチャに使うための所謂魔法石ですが、これを1枚消費すればデイリークエストを同日中にもう一度遊べます。
    1枚100円、80枚なら4900円…


    正直、ソーシャルゲームと同レベル、いや、月額1400円を払っている分それ未満の課金構造だ。
    お金さえ積めば、だいたいの事は解決する。そんな現実のような所業を、ゲームでもう一度味わいたくはなかった。
    総評
    車庫入れムーブや軸合わせバックステップを極力減らした昔ながらのモンハンを受け継ぎつつ、ストイックなフレーム回避や今風のモーション変化を盛り込んだ、「新しくも懐かしいモンハン」がMHFであると言える。

    しかし、料金面はオンラインゲーム界で5本の指に入る程の凶悪さである。どうか、これを重く受け入れてからメゼポルタの地に足を踏み入れて欲しい。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 4 5
  • モンスターとの戦闘は◎ それ以外に問題あり 70
    • 投稿者:rbi(女性/20代)
    • 投稿日:2017/04/14
    良い点
    ここでは主にナンバリングタイトル(3Gやらクロスやら)と良い意味で違う点について列挙していく。
    ・モンスターの挙動が素直。
    最近、ナンバリング4以降のモンスターは振り向き突進であったり露骨な隙消し行動が多くなってきたが、フロンティアではそういった行動は見かけない。攻撃の後には大抵隙ができるため、攻撃を凌いで反撃という流れがちゃんとできる。モンスターの攻撃の火力の高さやらコンボやら、フロンティアならではのものはあるが、「何だこれは」と嫌になるようなものはない。
    ・ものすごく機敏なハンター。
    抜刀ダッシュの存在により、ナンバリングタイトルのハンターとは一線を画す機動力を持っている。スラッシュアックスFに至っては納刀ダッシュより抜刀ダッシュの方が速い。
    ・スキルがねぇ!つけ放題だねぇ!
    ナンバリングタイトルをやっていると「あのスキルも欲しいけどスキルポイント足りんな」ということが往々にして起こる。勿論フロンティアでもあることだが、ナンバリングタイトルとは比較にならない。スキルポイントよりスキル枠の方がよっぽど足りない。おかげで狩りは快適
    ・素材交換とかいう最高に便利なシステム
    あのアイテムが出ない!ドロップのシステムがある以上そう言ういうことは当然のことだが、フロンティアでは出ないアイテムをポイントで交換することが出来る。剥ぎ取りのみ出現率2%とというストッパー素材、G級HC素材も交換可能だ。運ゲーが少しは解消される。
    悪い点
    ・必要素材多くない?
    ナンバリングタイトルでモンスターの武器や防具を作る時、要求される素材はそのモンスターの素材と小型モンスター素材、多少の採取素材だろう。しかしフロンティアでは最終強化までに大型モンスターの素材を三桁単位で求めてくる事がある。しかも採取素材もてんこ盛り、救済クエストなどで大量の素材を入手することも可能だが、目的の素材が報酬に含まれるクエストがあるかは、まぁ運だ。
    ・外にあるボックス使いたいんスけど・・・
    ナンバリングタイトルでは確か4から実装されたのだったか。武器の変更などは出来ないアイテムの出し入れ専門のボックスが部屋の外にも置いてあり、部屋の戻ること無くクエストを連続で受けることも容易になる。使用するには月500円のエクストラコース必須。
    値段に関しては人次第なので省くが、ボックスの為だけにエクストラと言う場合流石に勿体無い気がする。ボックス使用権月98円くらいで出してくれないかな。無理か
    総評
    モンスターハンターシリーズは狩ゲーである。それは揺らぐことのない事実だろう。その点においてフロンティアはよくまとまったゲームだ。モンスターの戦闘に限って言えばものすごくよく出来ている。
    モンスターの動きをよく覚えて、この行動にはどう対処すればよくてどういう立ち回りをするのか考える。モンスターの攻撃をいなしてこちらの攻撃を叩き込む。言ってしまえば当たり前のことだが、それがストレス無く行えるという点は評価すべきだ。
    まぁ、ある程度のところまでは無料でプレイできるので気になったら少しプレイしてみてはいかがだろうか
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 4 4
  • いい部分を台無しにする運営のやり方 35
    • 投稿者:ゲマゾ(男性/20代)
    • 投稿日:2016/12/12
    良い点
    ●他のモンハンシリーズにはない豊富で多彩な武器モーション
    ●新規の始めたばかりの状態からMHF独自の武器モーションは使用可能。
    ●新規プレイヤーでも格好いい動きが出来る。
    ●モンスターと武具の数も他シリーズより圧倒的に多い。
    ●コンテンツの量が多い
    ●NPCの育成、着せ替え要素があったり探索要素もあったりと遊びの幅も多い。
    ●女子の心を掴む可愛いキャラも多数いる

    ●PC版とPS4版では高グラフィックで綺麗な画質で楽しめる。
     ただし実際はPS3レベルのグラフィック、PC版ではかなり重い
    ●低画質版ならスペックの低いPCでも余裕で動く。
    ●一定ハンターランクまでは無料で遊べる
     無料で一定までランクが上がるとそこでストップし上がらなくなる、しかしそのままプレイし続けることはできる。
    ●無料でずっと遊ぶことも可能。
    悪い点
    ●MHF-Zになりモンスターが大幅に弱くなった
     始めたばかりの初期は特に弱い。
    ●スキルや武具の性能はエンドレスでインフレしており、武器などの性能は上がる一方の超インフレ。
     武器やスキルがインフレしていきモンスターを弱くすればどうなるか
     言うまでもなくモンスターはすぐに死ぬ、弱い武器で行ってもほとんどが1分針で終わる。

    戦った感覚などなくクエスト終了、パーティーでは実際ほとんど戦わず何もせずに終わってしまう。
    いわゆるチートを使った状態になっている、チート使ったゲームを面白いと感じるかどうかは人それぞれ、飽きるのはものすごく早い。

    始めたばかりのプレイヤーはモンハンをやっている、モンスターを狩っているという感覚はないだろう、そう感じられないと思う。
    そういう意味ではメインの狩りを崩壊させモンハンを台無しにしている、いやモンハンではない別のなにか。
    総評
    せっかくいい部分もあるのに、それを活かせず無駄にしてしまっているゲームといった感じ。
    そして始めたばかりのプレイヤーをもっと楽しませて大事にすれば人口も増えるだろうに、それを絶対にしない運営。
    何でこんなことをしてしまったんだという残念な気持ちが強い。
    昔も今も目先の利益しか見ていない、課金しろという気持ちばかり先走り、内容を壊してしまう運営です。

    良い所もあるのに活かせず実に惜しい、だから他のゲームに人を持っていかれてしまう。
    運営は本当に人口を増やす気があるのか疑問を感じます
    既存プレイヤーも新規が増えないと面白くない、結果休止・引退してしまう悪循環です。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 3 5
  • 過剰に複雑化したゲームが生き残るには 60
    • 投稿者:かける(男性/30代)
    • 投稿日:2016/11/24
    良い点
    ・アクションが楽しい
    ・スキルや装備の構築が楽しい
    ・ソロプレイヤーへの配慮が行き届いている(ある意味でCS版以上に)
    ・3Dアクションとしては要求スペックが軽め
    ・ゲームパッドに完全対応している(非アクティブウィンドウでも認識する)
    ・1つのPCでの二重起動が可能(公式にサポートしている)
    悪い点
    ・コンテンツがあまりにも煩雑、有志のサイトに頼らず把握するのが困難
    ・運営の不具合対応自体は細かいが、後手に回りやすい傾向がある
    ・期間限定イベントや不定期配信が多く、長期的なプレイ計画が求められる
    ・プレイヤーのゾーニングが致命的に下手
    総評
    2006年に発売された『モンスターハンターDos』をベースにひたすら要素を積み重ね続けたゲーム。特にスキルシステムに関してはシステムに大きな手を加えずに装備ごとのポイントを増やして複雑化させ、さらに防具ごとの固有能力が絡むため、有志が公開しているスキルシミュレータを駆使しないと望みどおりのスキルを組むのは非常に難しい。レベルやランクで強さが決まるゲームではないので、「スキル構成」というのが強さの大部分を占めているのが大きな特徴である。

    今の本作にはいわゆる「テンプレ装備」が存在しない。これは期間限定や課金系の装備が増えて、プレイヤーごとに用意できる装備の前提が一致しなくなってしまったというのが大きい。そのため、プレイ開始時期やペースに合わせた装備を自力で構築できるようにならないと(あるいはそれができるプレイヤーと仲良くならないと)G級以降の展開は非常に辛いものとなるだろう。

    アクション面では昔ながらのモンハンを守っている部分が多い。モンスターの行動は擬似ターン制とも言える緩急のある動きが目立つし、肉質にメリハリがあるのでどこを狙うのかが重要。また、一時期は冷遇されていたが今では属性攻撃がかなりのウェイトを占めている。武器とモンスターの相性も強めに設定されており、相手に合わせて装備を変えるのが当たり前とされている。

    ゲームパッドであれば、ウィンドウが非アクティブ状態でも操作を受け付けるというのは非常に快適。例えばブラウザで情報収集しながらプレイを継続できる(同社のDDONはこの配慮が無いので辛い)。複雑なシステムでも、常に検索ウィンドウを開いているなら対応できるというわけだ。

    本作におけるプレイヤーの格差は、アクションゲームの上手さでも費やせる時間でもましてリアルマネーでもなく「調べる力」にあるのではないか。公式側としても不定期におすすめ装備を紹介したり、その作成をサポートするイベントを配信したりしているがいまいちピントがずれている感がある。スキルの補正値などは名目上はマスクパラメータであるのに対し、既存プレイヤーからは知ってて当然のように扱われるのでさぞかしやりにくいとは思うのだが。

    ゲーム内ではほとんどのプレイヤーが名目上の「自由区」、すなわち装備自由推奨のエリアで活動しているが、そこで行われているのは強烈な条件指定募集である。条件を満たす以前に、その意味すらわからないプレイヤーがかなりの数を占めるのではないか。より最悪なのはラヴィエンテの大討伐クエストで、こちらは指定自体が禁止されているにも関わらず暗黙の了解が支配しているという魔境である。いっそのことガチガチの指定を推奨するエリアを作って住み分けるようにすればいいのに。

    以上のような野良の惨状から逃げる先はソロプレイだが、実はこれがかなり充実している。他人のキャラを借りる「ラスタ」、好みの武器やスキルを設定できる「パートナー」、素材収集の助けとなるアイルー「パートニャー」を活用することでプレイの快適さは何倍にも上がる。もちろんソロでは不可能なことや、条件的に厳しいコンテンツもあるのだが、大抵のモンスターはソロでも余裕を持って狩れるように調整されている。ただしこれらのNPCを使いこなすためには下調べが何よりも重要となるのだが。

    このゲームを遊んでみようという方は、まずは攻略サイトやブログを見たり、あるいはスキルシミュレータを回したりしてみて、しばらく「エアプレイ」を満喫してみることを勧める。親身にサポートしてくれる既存プレイヤーがいるならまだしも、そうでなければ何も知らずに飛び込んだ情報の渦の中で混乱してしまうだろう。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 4 5
  • 面白いけど人を選ぶ 80
    • 投稿者:四十代(男性/20代)
    • 投稿日:2016/07/27
    良い点
    ・アクションゲームとして完成度がとても高い
    ・強敵を倒した時の達成感
    ・本家シリーズとは違ったプレイフィール
    ・モンスターの種類が多い
    ・モンスターの出来がよく、攻略が楽しい
    ・要求スペックが低い
    悪い点
    ・システムが複雑でわかりにくい部分があるので、ある程度自分で調べる必要がある
    ・装備を組むのが難しい。スキルシミュがほぼ必須。
    ・祭Pなど素材入手法が目立たないため気づきにくい
    ・グラフィックは物足りないかも(PCにのみ高画質版があります)
    総評
    シーズン10(2011年)から2〜3月に1月くらいのペースで遊んでいます。

    アクションの面白さはMHFの生命線なので、かなりしっかりした作りになっています。色々なオンラインゲームをプレイしましたが、戦闘の面白さはこのゲームが一番でした。

    このゲームはMH2〜MHP2の時に本家シリーズから枝分かれしたタイトルなので、
    現在の本家シリーズとは全く違うプレイ感覚を楽しめます。
    大きな特徴として、ハンター・モンスターともに性能が高いです。
    ロックマンとロックマンXみたいな感じですかね。

    ただ、オンラインゲームの常というべきか、複雑な部分が結構あります。
    特に装備の組み合わせは複雑で、慣れるまでかなり難しいと思います。
    これから始めるなら、序盤からどんどんスキルシミュを使っていって慣れたほうがいいでしょう。

    秘伝やGラヴィなど、「マゾい」コンテンツもありますが、
    それらはヘビーユーザー向けのいわゆるエンドコンテンツで、必ずしもやる必要はありません。入手に手間がかかるからこそ希少価値があるのです。
    ゲーム内に存在しているからといって、必ずしも全てのコンテンツに手をつける必要はないのです。

    このゲームはアクションゲームの性質とオンラインゲームの性質を併せ持っているので、その両方に理解がないと、受け付けない、という感想になってしまうのだと思います。

    運営がどう、と言われることも有りますが、標準的な運営だと思います。
    オンラインゲームでは調整ミスやバグはどうしても出てしまうもので、ここ運営の対応はだいたい妥当だと考えています。

    総評としては、モンハンが好きでマイペースにできる人にはオススメ!
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 3 5 5
  • マイペースにできる方は楽しめる 75
    • 投稿者:Tsukika(男性/30代)
    • 投稿日:2016/02/09
    良い点
    ・モンスターの種類が多い
    ・セットできるスキル数が多く、組み合わせをシミュレーションするのが楽しい
    ・天廊の番人など、絶対倒せないくらい初めは高難度だが慣れれば倒せる良モンスターを狩ったときの達成感
    ・G級防具、剛種系防具、天廊防具、遷悠防具、秘伝防具など武具にそれぞれ特徴がある
    ・武器ごとに型があり、同じ武器でも違ったアクションが楽しめる
    ・PC版はグラフィックが良い
    悪い点
    ・サービス開始から9年目となり初心者が少なく、G級以外は募集に人が集まらない
    ・新モンスターが実装されるごとにイベントでとにかく連戦を強いられる
    ・運営の課金コース、課金防具押し
    ・プレイ人口が過疎化しており、それに左右され運営が不安定
    ・モンハンに似つかわしくないマイミッションというレベル上げ要素ですごい数の連戦を強いられ、しかもやってないと地雷プレイヤーとなってしまう仕様
    ・運営の不具合放置により、回線落ちが多い人は多い
    ・月額が今時のオンラインゲームの中では高い(実質1月2,000円)
    総評
    私はいわゆるG1ショックと呼ばれるMHFがMHF-Gになった際に、プレイ人口が激減した時期のさらに後にプレイを始めた世代で、プレイ歴は1年程度です。本家シリーズは4Gまでプレイしてから始めました。

    サービス開始から年数が経っているので、HR999、SR999(武器ごとのHRのようなもの)からG級、そしてさらにそこから武具、装飾品作成し最前線に立つためには、いろいろ緩和された現在でも数ヶ月程度の時間が必要です。
    その過程を楽しめるかどうかがこのゲームを継続して楽しめるかどうかのカギだと思います。
    早く最前線に!早くG級に!という性格の方は私の経験上、すぐに飽きて、または挫折し引退も早いです。逆に、マイペースに日課としてモンハンをやるようなタイプの方に向いていると思います。
    現在、運営が新規の方用にリファインを進めていますので、これから始める方は4月からがいいようです。
    なお、ここの運営は予想の斜め下のアップデートやリファインをしてくるので、プレイヤーはそのたびに精神的な壁を乗り越えていかなければなりません。そんな困難にもめげずハンターの精神を持ち続けられる方に向いています。

    個人的には4Gより断然楽しくプレイしています。
    こんなの倒せるかよ!という攻撃をしてくるオリジナルモンスターを狩りたい方、オリジナル武器「穿龍棍」を使いたい方は是非プレイしてみてください。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 4 4
  • ゲーム内容以前の問題 35
    • 投稿者:エリィ(男性/30代)
    • 投稿日:2015/11/09
    良い点
    ・積み重ねてきた豊富な装備、モンスターの実装数
    悪い点
    ・多発する強制終了

    ・装備の有用性や討伐難易度によるクエスト需要格差
    ・熟練者によるある程度効率を重視した高性能装備募集と、
     低年齢層による、募集の形を成していない「助けてください」「手伝ってください」との二極化
    ・定期実施・不定期実施コンテンツへの高すぎる依存度
    総評
    落ちる。とにかく落ちる。
    それもログアウトからのキャラ選択し直しどころではなく、パッチ確認からなので無駄に時間がかかる。
    武器や防具格差、モンスターの優劣以前の問題として、常にプログラムの強制終了を頭に置かないといけない。
    PCスペック、回線問題かと思えばネットカフェの推奨機だろうと容赦なく落ちる。

    ログアウトされると強制的にリセットされる要素(狩人祭の魂、一時ラスタ等)が複数有るのに加え、
    いわゆる野良募集では事前に組んでいたキャラを探すことも難しい。

    新要素の実装、既存コンテンツ等の改修以前の問題のように感じる。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 4 4
  • 良くも悪くも「モンハン」じゃない 65
    • 投稿者:koutetujegan(男性/0代)
    • 投稿日:2014/07/17
    良い点
    ・7年間増え続けた武器・防具・モンスターの多さ
    ・装飾品も多く、やろうと思えば好きな見た目で十分戦えるスキルをつけることができる
    ・モンスターにモーションが追加されたりするため、戦って楽しいモンスターがいる
    ・月額のほかに初期投資で3000円ほど出して課金防具を一つ買えばかなりの期間楽ができる
    悪い点
    ・PS2のDOSがベースなためグラフィックが荒い
     (細かすぎない分、目には優しいが時代遅れ感がある)
    ・極一部コンテンツが忘れ去られている
    ・四人PT用に作られているため、ソロ専ではいろいろとつらい
    ・エンドコンテンツの秘伝防具がガンナー以外はあまり強くない
     (弱いわけではないが手間を考えるとG級防具のほうが良い)
    ・他のモンハンシリーズ以上にストーリーがない
    総評
    課金に関してはよく考えて購入すれば心配する必要はない
    よほど最前線を走ろうとするか課金防具を買いあさらない限り、初期投資と月額分だけで十分すぎるだろう

    グラフィックに関しては嫌がる人もいるだろう
    何せ七年前のゲーム、古いもんは古い

    一緒にプレイする友人がいるのなら十分楽しめる
    ソロ専の場合はいろいろとつらいかもしれない
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 4 4 3 4
  • 引退しました・・・。(^^); 60
    • 投稿者:キュベ(男性/40代)
    • 投稿日:2014/07/14
    良い点
    入魂祭等での一致団結力は感じました。
    シクレ検証 効率重視は良かった。
    悪い点
    IN率が低ければ相手にされないのはオンラインでは当たり前ですが、初心者を装ってしょうがないよね的な寄生が多く感じられた。
    最初の3,4ヶ月は誰でもしょうがないです。
    半年を過ぎてもゲームの趣旨を理解しない(調べない)人が多く『俺、私、初心者です』は、ちょっと・・・猟団に入団しているのだから聞いたら良いのにな・・・。
    総評
    バランスは良いと思います。
    単調で作業的な狩になってしまい自分は引退しました。
    紙集め(秘伝装備)を全種作りたかったのですが、もう少し工夫があれば・・・
    HR 999 SR 999(片手以外すべて)GR 450(双 弓 ライト へヴィ)
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 4 3
  • ましになった 30
    • 投稿者:キラ(男性/20代)
    • 投稿日:2014/04/02
    良い点
    ・モンスターが多い。
    ・BGMがいい。
    悪い点
    ・極限征伐戦
    ・いい装備を作るためには膨大な時間がかかる。
    ・運営のゴミ対応。
    ・武器種毎の火力差が半端なく大きい。
    総評
    「面白さ」をまったく考慮しない、ただ時間を要求するだけ のゲームを誰が遊ぶのでしょうか?
    と偉そうなことを言っていたプロデューサですが、
    極限征伐戦という、1週間同じモンスターをひたすら狩り続けるイベントを実施。
    倒せば倒すほど固くなり、一撃が痛くなっていきます。
    ただそれだけ。それだけで1週間やってきます。

    別に実施するだけならやらなくてもいいんですが、通常クエストですら
    この極限征伐戦で入手できる(極低確率で通常クエストでも出る)素材で強化した武具を装備していることを前提の、
    難易度で設定されています。
    嫌でも、実施週には40回近くやらないといけません。
    40回やって、ようやく武器が1本防具1個強化できます。

    運営も、今週はこれをやれ!来週はあれをやれ!で、
    ユーザ間でのんびり遊ばせる気はないみたいですね。
    猟団に入れば違うかもしれませんが、そういう猟団は少ないと思います。

    悪い点を書きましたが、良い点?も書いておきます。
    他のMHF-G評価のサイトでは重課金がぁと言っていますが、
    そこまでしなくとも狩人祭に毎回参加していれば大抵の素材はそろいます。
    祭ポイント周りはそこそこテコ入れをしてくれてます。
    どうしでも剥ぎ取りで全て揃えるんじゃい!って人なら課金しないとやっていけないでしょうけど。

    ゲームに対する不満点は、極限征伐戦のみです。
    それ以外については、だいぶ緩和されたの特に不満はありません。

    ただ、このゲームは基本プレイ1400円。
    小アイテムボックス使用するのに、追加で600円。
    この時点でありえないのですが、ないと不便なので仕方なく課金しています。
    基本プレイ無料なら80点くらいあげてもいいのですが、有料なので30点です。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 1 1 3
  • それでも私はFを続けるよ 50
    良い点
    ・モンスターハンターという圧倒的なブランド力
    ・膨大なコンテンツの量で無限に遊べる
    ・モンスターも武具も増え続ける
    ・猟団のおかげで他ユーザーと遊びやすい
    悪い点
    ・エンドコンテンツが必須でそこに関わらないクエストの募集が難しい
    ・人を増やそう、辞める人を引き止めようという気持ちが運営から"一切"感じられない
    ・運営から「モンスターハンターというブランドを背負っている」というプライドが感じられない
    総評
    Q.MHFって楽しい?
    A.めちゃくちゃ楽しい、サービス終わらない限り続けるよ

    Q.じゃあ俺もやろうかな?
    A.やめなよ

    "SRハンター"です。
    全SR999、秘伝防具は大秘伝4種・片秘伝4種、狩人珠強化済み、秘伝所持武器のMM170、サブキャラ10人(9人SR)。
    MHFからMHFGにアップデートされG級が追加されましたが、私はG級に上がっていません。2012年夏〜2013年秋の期間を休止していたため、覇種、G級といったコンテンツに乗り遅れました。今のところ、G級へ上がる気はありません。

    やり始めてから5年以上経った今でも本当に楽しんでプレーしています。
    さすがモンスターハンター。こんなにハマったゲームは他にありません。

    基本料金と月に1度程度の1000円/3日間コースで十分遊べています。
    ("今は"です。一昔前は、週末課金コースフルブーストネカフェ連泊を頻繁にやってました。)

    流行の狩り方があり、その募集に乗るために武具を揃え、成功した時の達成感が好きです。ハメとか効率といった批判的な言い方もありますが、いろんな人と同じ目的を達成するという意味で楽しんでいます。指定募集に入るための武具をまず何日もかけて準備するという独特な文化かもしれません。

    また、オンライン特有の猟団というシステムがあり、連帯感を得られます。
    これは携帯機では絶対に真似できない、MHFが誇れるシステムです。

    私が所属している猟団はアクティブ40人以上のにぎやかで楽しい猟団でした。
    昨年復帰した時点でアクティブは団長1人と団維持用の団長サブのみでした。
    G級を知りませんが、そういうことでしょう。

    エンドコンテンツは大変なものであって当然だと思います。
    秘伝防具はそんな簡単に作れません。G級にはすぐいけません。
    この辺の遊び方、エンドコンテンツをエンドコンテンツとして捉え、自分に出来る範囲で楽しもうと工夫できないとつらいかもしれません。私自身はSRコンテンツの範囲で出来ることを楽しんでいるので不満はありません。

    そんな状況で、運営の回答は「楽しめないのはお客様のせいです」。
    ゲームは最高峰ですが、運営は本当に下手だと思います。

    モンスターハンターブランドを扱っているというプライドはなく、
    ただコンテンツを追加するだけ。

    ユーザーに対して「反省しろ」とか、
    目に見えて人数が減っているのに「かなり良い状況です」とか、
    公式HP更新のたびにくだらない誤字だらけとか、
    運営の方たちはイチ社会人として恥ずかしくないのでしょうか。

    「こんなに人が減ってしまいましたごめんなさいもっとがんばります」
    この程度の平謝りすらしない、政治家のような運営です。
    ユーザーを完全に見下しているのが手に取るようにわかります。

    結果、ゲームと運営の点数、足して2で割って50点。
    ゲーム:200点
    運営 :-100点

    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 5 5
  • 7年続いているモンハンのオンラインゲームです 85
    良い点
    モンスターの種類が多い
    各武器のモーションが豊富
    BGM
    装備のスキル以上にプレイヤースキルや知識が重要
    やりこみ要素が多い
    悪い点
    G級になって武器防具スキルが強力になったのはいいが
    G級モンスターが弱すぎる
    やりこみ要素が多すぎる(主に武器種ごとのMM)
    総評
    初めて上位のリオレイアをソロです☆ぱらで倒した時のクエスト残り時間は1分をきっていました(49分以上かかった)。今では1分あれば余裕で倒せます(たぶん30秒あれば倒せます)。
    新モンスターがでて最初は10分かかるモンスターも連戦していくうちに5分になり最初はダイブやガードにげていた攻撃もころりん回避できるようになり・・・最終的には火事場で3分以内に倒せるようになる。覇種がそんなモンスターでした。
    ドラゴンボールに例えると今はトランクスがフリーザ親子を瞬殺したとこくらいまで火力は上がっています。戦闘力5なんだごみかw新規で始める方には果てしない道に見えるかもしれませんが。今2014年1月現在最前線組ははっきり言ってやることないです。インフレもとまってます。初めて1ヶ月で大秘伝きて秘伝を紡ぐものにしてる人もいました。その人はかなり速いですが3ヶ月あれば0から最前線にいけます。新規でやるなら今でしょ!そしてこのゲームで一番重要なのはプレイヤースキルです。装備や課金アイテムではありません。HC素材なんていまやすぐ集まります。次に知識。3番目にやっぱり絆かな。みんな戻ってこないかなぁ
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 5 5
  • だんだんとコンテンツが充実し、楽しく遊べるようになってきていると思います。 80
    • 投稿者:くりす(男性/30代)
    • 投稿日:2013/11/05
    良い点
    ・モンスターの数がとても多い。
     それぞれ特徴があり、いろいろと立ち回りを考えるのが楽しくなります。
    ・いろいろなプレイヤーと遊べる。
     年齢の幅を超えた交流ができます。
     よいフレンドや猟団(ギルド)ができれば、楽しく遊べます。
     野良で遊んでいても、結構PTは集まりやすいです。
    ・装備のシミュレーションが楽しい。
     それぞれの武器種にあった装備の組み合わせをいろいろパズルのように考え、すっきりハマったときは、その装備を目指して集めるといった目的ができ、楽しいです。
    ・月額制
     月毎にお金がかかりますが、正直 人によって、課金額は違います。
     自分は2000円で楽しく遊べています。
     お金がかかるというのもあるのか、あまりマナーの悪い人はそこまでいないように思います。
    悪い点
    ・求める素材の数が多い。
     オンラインゲームという仕組み上、止むを得ない部分もありますが…。
     1日1〜2時間程度しか遊ばない人にとっては、装備ができたら、もうアップデートみたいなことにも…。
    ・装備指定、狩猟募集するクエストが固まる。
     同じような装備指定、同じような募集が固まる場合があり、自分が行きたいクエストや自分が得意とする武器種の募集がなく、募集に入れなくなることもあります。
    ・人によっては課金額が高くなることも。
     良い点でもあげましたが、「さっさと素材を集めたい!」や「さっさと最適な装備をつくってしまいたい」と考える方は課金する額は高くなると思います…。
    ・新規には先が長い。
     最初からエンドコンテンツのG級までは上がりやすくなっているとはいえ、長いかもしれません…。
    総評
    G1では同じモンスターばかり狩ったり、武器の作成に失敗することがあったりなど、モンハンとして、楽しくない部分がありました。
    G2ではモンスターが増えましたが、一撃でもかすったら力尽きてしまうなど、ライトプレイヤーには正直つらいものがありました。

    で、G3になってから、各コンテンツが充実しはじめ、難易度の調節が任意でできたりと、リファインもライトユーザーにも配慮したものになっており、楽しく遊べるようになってきたように思います。

    正直、巷で言われている不満は「遊び方」を変えれば、ある程度解決できるものになってきているように感じます。
    ネット麻雀でも「無言サクサク」と「まったりわいわい」では戦術も遊び方も大きく変わると思います。「遊び方」は一つではないので、「無言で効率」が面白くないのであれば、コンテンツの充実や改善と合わせていきながらゆっくり装備を整えていくのも楽しいと思います。

    今後の展開次第ですが、現在は、楽しく遊べるゲームだと思います。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 4 4 4
  • 好みは出ると思いますが・・・ 55
    • 投稿者:yul(男性/40代)
    • 投稿日:2013/10/09
    良い点
    ・ゲームとしてはたのしめています
    ・MHシリーズの中で一番画面が見やすいです
    ・武器モーションが多彩です
    ・モンスターが増えていくのでやりがいがあります
    ・開発のやる気(運営ではないです)
    悪い点
    ・サポートが壊滅的にダメ
    ・ハメなどのつまらなさ
    ・最初にコントローラを持っていることが必須
    総評

    自分はMHシリーズ2.3.4.MHFを浅くやっているユーザです
    野良などはせず身内だけで遊んでいます

    ゲームとしては楽しめます
    今から始めるとかなりボリュームもあるししばらくは楽しんでいられそうです
    課金がーという方もいますが商売なのだからと個人的に気にしていません
    MMOをやっていた身としては気楽にやっていける感を感じられました

    近未来的に3とか4とかのMOBを出していけば
    まだまだ盛り上がりそうな気もするので企画しないのはもったいないと思います
    開発は他のMMOに比べてやる気を感じますし期待したいと思っています


    またサポートが壊滅的に悪いです
    カプコン側が確実におかしい問題点について
    (キャンペーン参加したのにものがもらえていない)
    身内だけで計3度程問い合わせをしたのですが
    どのメールも高圧的、上から目線であたかも
    ”調査してやるから感謝しろよ?”という印象をうける返信が届きました
    あげく保証されないというダメ具合
    減点のうち40点がサポート部分です
    高圧的になる前にチャント調査しろって言いたくなりますね

    キット長くやってらっしゃる方ほど見えてないんだと思いますが
    現時点ではサポートさえ何とかすれば他のMMOなんかよりよっぽど良いと思います

    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 1 4 4
  • ちょっと見るに堪えないレビューばかりなので 90
    • 投稿者:Balmung(女性/30代)
    • 投稿日:2013/09/13
    良い点
    ・他のアクションゲームのように,所謂『道中』の雑魚狩りが無いこと
    ・色々な人が居るので普段交流が無いような仕事の人と雑談しながら狩りができること.
    ・スキル等ありますが,基本的に自分の腕次第なのである程度間が開いても旧装備でリハビリすれば遊べる事の
    悪い点
    ・野良ではハメ狩りとそれに必要なスキル構成が要求されること (行かなければ良いのですが)
    ・廃課金者(月額+3日で3000円は当たり前)には,非廃課金者(月額+α程度)に対して,強く当たる人も居ます.
    総評
    良い/悪い点 自体は他の方も書かれているので少な目です.
    私は基本月額+エクストラ+たまにパッケくらいの非廃課金者です.

    βの頃からやっていますが,自分で選んで野良の制限厳しいパーティーに行っているだけなのに,運営が悪いなんてことを書いているレビューやブログが多すぎる気がします.
    リアルでも当たり前に言われる事ですが,要は
    『友達は選んだ方がいいよ』
    の一言に尽きます.ゲーム自体は面白いですし,一撃死しても笑って次のクエストに出発できる仲間が居ればG級のえげつないバランスでも楽しめると思いますし,現に楽しんでいます.
    効率を求めないと装備ができないと追われるようにプレイする人には向かないゲームなのかもしれません.
    装備はそのうちできるだろー,と気楽にかまえて気の合う仲間と一狩り行くようなプレイスタイルで遊べる狩り友や猟団員が居れば今でもちゃんとモンハンしてますよ.
    自分のプレイスタイルに合わないからと言ってゲームが悪いかのような書き込みをする人がいますが,変わったのはゲームじゃなく自分のプレイスタイル.レイアのサマソで一撃死しても楽しめてたし,HR試験のシェンガオレンやヤマツカミが時間切れでも楽しめてたでしょ?
    別に0分針でハメ無いといけないなんて人と一緒に遊ぶ必要も無いのに自分でコミュニティを作ろうともしないでモンハンが変わったなんて言わないで欲しいです.初心に返って目の前のモンスターと向き合えば今でも色褪せてない,とても楽しいゲームですよ!
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 5 5
  • MMORPGか? 20
    • 投稿者:nori(男性/30代)
    • 投稿日:2013/09/01
    良い点
    スキル構成がしやすい
    武器の多さ
    防具の多さ(課金装備は遊び心があって良い)
    BGMが良い
    MHFの独自攻撃モーション
    モンスターの種類が多い
    一時ラスタ・課金ラスタシステムが良い
    ゲーム自体はどこをとっても携帯機よりすばらしい。ここ重要。
    悪い点
    SRを取得するころになると狩の方法が効率重視に傾く。
    ○○ハメとかばかりでPSなさすぎではないか?
    武器・装備の指定はあたりまえ。
    SRではひたすら紙あつめで同じモンスターを数百回効率的に連戦する。
    HC素材は確立2%で剥ぎ取れるが運が悪ければ100連戦しても出ない。
    防具・武器のレベル上げにはそのHC素材を数十個要求される。
    課金コースがぶっちぎれな内容で逆に課金していないものは異常者扱い。

    総評
    ベースとなるゲーム自体はモンハンであるがゆえ悪い訳がない。
    このコンテンツをまる潰しにしたのは、
    モンスターを強くする→防御力・攻撃力を金で買うという流れ。
    素材剥ぎ取り確立すらも金で買えるという運営方法です。
    SR以降モンスターの攻撃がPSでどうにかなるレベルではないので、
    プレイヤーは秘伝防具と課金コースに走る。
    効率的に狩らないと乙るのでハメ攻撃するしかない。
    気が付けばMMORPGになってる。どっかであった段上げみたいな。
    モンハンって乙ってなんぼじゃなかったっけ?
    同じモンスター効率的に狩るだけで満足しますか?
    私はもうキャラ削除して、MH4予約しました。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 3
  • G級は手抜き満点 20
    • 投稿者:サバドン(男性/40代)
    • 投稿日:2013/08/10
    良い点
    新アクション
    新モンスター
    悪い点
    新武器
    新防具
    G級対応の既存モンスター
    総評
     G級は手抜きの集大成としか思えない。
     ・G級以前から居たモンスターはG級化してアクション・・・というより既存動作にエフェクトとダメージ判定が一つ増えただけ。
     ・武器強化システムは強化派生と言うモンハンの一つの楽しみをただのLv制へと退化させた
      (一度作れば後はマゾ素材を集めてひたすらLv上げてくだけ)
     ・防具は公開されて無い謎補正により☆一つ上がるだけで産廃になりかねないバランス
     そして何よりも私的につまらないと思うのが一律%設定されたレア素材、ほぼすべてのG級レア素材の確率がモンスター共通、例えばギザミの素材は準レア3%レア1%、グラビの素材も準レア3%レア1%・・・他もしかり・・・
     圧倒的手抜き感、考えて設定してないです丸出し
     この運営はゲームを作ってるのではなくただ数字をいじってるだけのボンクラとしか思えません
     それでもプレイしたければどうぞやってみてください
     本家のシステム(MH2)が生きてる所まではまだ楽しめるの思いますよ。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 1 2 3
  • 叩かれ過ぎ 65
    良い点
    ・各武器種の新モーション
    ・武器種間のバランス調整
    ・新モンスター
    ・ラスタのリファイン
    ・新BGM
    悪い点
    ・杜撰なG級の仕様
    ・救済クエ、イベント前提のバランス
    ・プレイヤーの先鋭化
    総評
    Gで追加された要素に関してのみレビューします。

    運営側がGに自信を持っていたことからもわかるように新モーションや新モンスターは一部を除いてなかなか出来が良いと思います。
    双剣は別武器になったと思える程立ち回りが変化しましたし、肩身の狭かった大剣やガンランスには相当な強化がされました。
    8/2現在ギアオルグまで実装されましたが、ヒュジキキ以外の新モンスターには極端に理不尽な火力や行動は無いのでやり応えがあります。
    強さを重視するあまり判定の粗さや異常な高火力が目立った覇種よりも余程完成度が高いのではないかと思います。

    ただし、G1初期の壊滅的なバランスに関しては正直擁護できる要素がありません。
    私の勝手な推測ですが現在の悪評の大部分はこの時期に萎えてしまったプレイヤーによるものではないかと思います。
    出ない素材、武器の強化失敗、強要される連戦、上がらないランク、加速するハメゲー化等々6年間で培った負の部分を詰め込んだような物だったので引退者が続出したのも当然でしょう。

    そして急遽前倒しされたG2ですが、不満は残るものの大幅な緩和がなされそれなりのバランスに落ち着いたと思います。
    準レア素材はハンターズクエの基本報酬でも出るようになり、要求素材に疑問を覚えるものの武器の強化失敗は実質撤廃され、無意味にランクを上げる必要はなくなりました。
    私はG2になってからソロプレイが主体ですが一日の2〜3時間のプレイで☆5(旧GR5)のGF装備一式やLv20を超えるG級武器を複数作ることが出来ています。
    ぶっちゃけ防具の装飾品化を除けばフォワード時代と比べてもかなりヌルいです。
    極限征伐戦はまだまだ粗いバランスで色々思うことはありますが、まあだんだん良くなっていくでしょう。

    しかし、各所で本当に今もMHFGをやっているのならば叩きどころがおかしい意見が溢れかえっており見るに耐えません。
    ネガティブなことを言われて当然のバランスではありましたが、ゲームから去ったにも関わらず実態と異なる叩きを行い続けるのはいかがな事かと思います。

    ただ、現在でも問題はあります。
    とにかくプレイヤーが末期気味なので過剰な指定やハメが横行してしまい、常に武具の強化を行っている人でないと指定募集に乗るのがかなり厳しい状況です。
    また、G級でのダメージ計算式が大変杜撰なので高ランククエストで防御力が低いと一気に裸同然になってしまっています。
    これらにより一度休止してしまうと入れる募集がなくなってしまい、追いつこうと高ランククエストをソロで受けるものの低防御故の即死ゲーで嫌気が差し引退…となりがちです。
    休止してしまうと救済クエや期間限定のイベント(所謂バラマキ)を受けることが出来ないのも痛いです。
    こなせるかどうかで周囲から取り残されるかどうかが決まる程効率に差があるため、ますます休止組の復帰を困難な物にしてしまっています。
    この辺りに早急な改善がされないと人口が増えることは無いでしょう。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 4 2 4 4
  • 作業するだけ 35
    • 投稿者:ねね(男性/10代)
    • 投稿日:2013/08/01
    良い点
    BGM
    モンスターの多さ
    季節のイベント武器がいい
    悪い点
    HC素材集めが面倒。
    イベントとかのための防具作りが間に合わない。
    時間ない人にはつらすぎる。
    こっちは楽しみたくてやってるのにスキルで
    地雷扱いされるのは腹が立つ。
    総評
    初心者は絶対やらないほうが良い。時間ない人もやらないほうが良い。
    正直連戦はダルい。覇種防具作ろうとしてるのにHC素材全く来ない。イベントクエストとかいろいろあって時間がない。俺より遅く初めたフレが俺の半分くらいしかインしてないのに やっと4部位FXできた。とか言う。マジ腹立った。つまりMHFは作業と運ゲーなんだよ
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • 年々ダメになってる 20
    • 投稿者:spooky(男性/30代)
    • 投稿日:2013/07/21
    良い点
    BGM
    世界観
    武器防具の多さ
    新規モンスター
    チートやBOTがほぼ0
    悪い点
    運営の駄目さ加減
    新規モンスターの使い回し
    G級になってから急激な過疎化
    完全にハメゲー、もはやP2G時代の面影なし
    ある程度進むとゲームが極めて単調化
    受けるダメージが半分以下になるなど追加課金によるバランス崩壊
    総評
    良い所

    武器防具が多いことBGMは利いていて飽きない
    初めてやるなら新規モンスターも多く、しばらくは楽しめるとおもう

    悪い点

    受けるダメージが半分以下になるとか課金が悪質で、野良募集では課金縛り募集などもちょくちょくみかける

    最近の新規モンスターは完全に既存モンスター使い回し、色と攻撃モーションが違うだけ

    G級になってから急激に過疎化が進んだ、運営プロデューサーもG級になって3割程度減ったと言ってるほど、単純に募集も減るので需要のあまりないクエストは人が集まりにくい

    本当に最近はアップデートのたびにひどくなり、バランス崩壊してます
    秘伝防具が一番の失敗だった気もするけどもう後戻りはできずパワーインフレに歯止めがかからない
    例えばサービス開始時には攻撃力250、5年でちょっとずつ上がって350
    それがここ半年で350から500にまではね上がってるような感覚

    まだまだ不満点ありますが他の方が書かれているのと同じ
    長い間やってきましたがさすがに冷めてきました
    もう今からやるのはとてもじゃないけどオススメできないです




    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 1 1 1
  • G級こそ最大の不具合 20
    • 投稿者:Dingo(男性/30代)
    • 投稿日:2013/07/14
    良い点
    ○アップデートでオリジナルモンスターと武器・防具が追加される
    ○秘伝書取得でアクションが変化したり、アップデートで新アクションが追加されたりする
    ○武器種間の差が埋まるような調整も行われる(完璧とは言いがたいが)
    悪い点
    ●G級武具

    G2においてG級秘伝防具とG級覇種武具が実装されたが、思っていたのとはまったく違った形になってしまった。
    多くの人が武器ではシジルがつけられるG級武器と装飾品が付けられるG級覇種武器、それぞれ違ったアプローチのG級防具とG級秘伝防具とG級覇種防具の使い分けをしていくのであろうと思っていたことと思う。
    ところが、実際にはG級武具をゴリ押ししてくるだけであり、G級覇種武具など形だけG級対応しました、という程度のものでしかなかった。
    秘伝防具や覇種武具の製作にもそれなりに時間がかかっているため、それらをずっと活用していきたいと思っている人が大多数であろうというのに、そういった人々の気持ちを無視して平然と切り捨てるやり方には納得がいかない。

    また、G級武具はインフレ化してしまい、あまりにも雑に感じる。
    G級武器は最大強化でG級ゴウガルフのハンマーの攻撃力で2500以上(武器倍率でいうと500前後)、G級防具はGXLV7まで強化で防御力が2000くらいになるとのことだが、フォワード5時点でそれぞれ最大が武器は武器倍率でいえば300前後(剣士武器)、防御力は1000前後であったものがなぜこんなことになるのか。
    極限征伐戦でレベルがあがると防御力がそれくらいないと厳しいとのことだが、逆にいえば2000程度あれば根性もいらず耐えられるということか。
    よそのインタビューで根性やいたわりをG級で使いにくくした理由についてイージーすぎたという発言があったが、最高クラスのモンスターの攻撃で危機感を覚えない程度のダメージしか受けないほうがよほどイージーではないだろうか。
    根性で耐えつつ粉塵で回復しあっているほうが協力感もあってよりモンハンらしいと思えるのだが。
    こんな設定にすればG級ハンターとそれ以外のハンターの差がありすぎてG級以外のクエストでもG級武器・防具指定の募集が横行するであろうことが想像できないのだろうか。

    なにより問題なのは強化の面倒さである。
    G1において素材の要求数が多すぎると指摘され、G2で減らしたとのことだが、レア素材の入手確率が低すぎるため、結局は装備の強化に膨大な時間がかかるのに変わりはない。
    最もレアな素材の剥ぎ取り確率が1%、さらに準レア素材(3%程度・クエスト報酬でも稀にでるが焼け石に水)も設定されており、それらが出るまでひたすら不毛な戦いを強いられる。
    しかも、元となるモンスター以外のレア素材も要求されたりするため、さらにストレスがたまる。

    これまでもHC素材の出にくさはあったが、以前は用途が限られていたし、覇種武具実装時には突然の襲撃や天嵐への導きといった救済クエがあったのでG1ほどの不満がなかったものと思われる。
    しかし、G級武具では救済措置などはなく、クック装備であってもレア素材集めという点で上位のモンスターと同じくらい手間がかかってしまうのだからたまったものではない。

    他のゲームであれば武器や防具そのものがドロップするので出たら終わりであるが、このゲームでは出た素材を使って装備を強化しなければ意味がない。
    G級武器はLVを20も30もあげなければならないし、G級防具も3段階強化(各段階LV7)しなければならないが、武器毎、防具の部位ごとにレア素材・準レア素材が必要であり、しかも1個ではすまない。
    いったい何十時間費やせばひとつの装備を完成させられるのか…。
    装備を集めて楽しむのはモンハンの楽しみの一つであるが、ひとつの装備を作るのだけでもウンザリするほど時間がかかるのに他の武器種分まで作ろうなどとは到底思えない。

    しかも、この4Gamer.netでも出ているがG3で烈種とやらが出るとのこと。
    つまり、いま一生懸命G級武具を作ったとしてもすぐに烈種武具に取って代わられるわけである。
    所詮つなぎにしかならないものを何十時間もかけて製作しようという気が起きるはずもない。


    ●実質的にエクストラコースが必須

    エクストラコースに入っていないと広場にある小エクストラボックス(アイテムボックス)が使えないため非常に面倒。
    基本プレイ無料ならともかく、月額料金を徴収しながら機能制限を加えるのはおかしい。
    総評
    360で2011年3月から続けてきました。
    G1でがっかりしつつもG2で改善されることを願ってなんとかやめずにきましたが、なんの変化も見られず一気に虚しくなりました。

    ゲームの根幹はモンハンであるため面白い部分も多々あるのですが、運営が全て台無しにしています。
    ユーザーの意見を聞いているフリはしていますが、実装された際にはユーザーの要求とはまったくかけ離れたものに仕上がってきます。
    おそらくG1での批判も何を怒られているのかを理解していないのだと思います。

    運営はカプコンの大阪本社ではなく東京でやっているようですが、これから先カプコン東京が関わったゲームをやることはないと思います。

    G2前にHLコースを90日分購入してしまったのは本当に無駄なことをしてしまったと後悔しています。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 2 3
  • MHFを振り返って 5
    • 投稿者:Coretto(男性/30代)
    • 投稿日:2013/03/17
    良い点
    ・気の合うプレイヤーと団が組める
    ・季節感のあるイベントなどイベントがけこうある
    ・MHFシリーズだけのモンスターがいる
    ・MHFシリーズだけの新モーション攻撃がある
    ・MHFシリーズだけのモンスターの特殊モーションがある

    悪い点
    ・初心者には本当に辛い内容、
    データが充実するまでに途方もないやりこみを強要される。
    また、出来ないなら周りと調和が取れなくなり疎外感ができる

    ・実際やりこんではみたが、やりこみ数が一般社会人には多すぎる
    日ごろ1時間か2時間休みには4時間してもとうてい追いつかない。
    それが積み重なりやりこみ者との疎外感や溝ができてしまう

    ・運営がそもそも馬鹿げた仕様を提示する。
    Aと言う素材99個持って武器を製作などだ99?何回クエスト行かすんだよ
    と思える数量に頭を抱えてしまう
    そこで運営は課金すれば報酬を出やすくしますなど
    お金で解決させようとする。
    そもそも月額2000円なのに更に要求されるとなると
    きついまた、それだけではなく何かくつけて良い武具には課金が装備を要求されたりする。
    総評
    6年続けた。
    ハンターランク999+スキルランク999だし、
    G級にも上がれたが、だがG級システムが酷いので、
    もう嫌気がさした。
    ゲームなのか作業なのか分からない
    一般人のやれる時間総量と、
    運営がはじき出したプレイ時間総量が
    全然つりあっていない、
    ライトユーザーは要らないみたいで
    ヘビーユーザーにしかうまみのないリファインばかり目立つ
    かなりライトユーザー方面に梃入れしないと
    遊びにくさはトップクラス
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 3
  • あの頃よもう一度・・・・ 25
    良い点

    モンハン独特の楽しさもありつつ、リーチの違う武器や多彩な防具がある。
    家庭用ゲーム機に無い独自の敵も多数いる。
    ゲーム内音楽はシリーズ通して最高峰
    悪い点

    月課金制のゲームなのに、無課金制並の課金制度が多すぎる。
    狩り自体もはんぱなく狩りをする事を強要され
    一つの武器や防具を作るにも膨大な数、狩りをする事が必須なゲーム
    なので自然とハメが文化となりつつあり、初心者でわまず楽しめない仕様になってる。
    運営の方針とハンターの気持ちが噛み合う事がなく、変化が見られない。
    またグラフィックをとっても次第点は与える事はできいレベル
    総評

    変化が見られない運営方針
    同じ敵をひたすら狩なければならずマンネリ感がある。
    シーズン5.0実装位からかな始めたのですが、MHFGになっても
    運営の変化も見れず。大勢の仲間もMHFGからいなくなり、私自身も引退を決意しました。
    初見さんにはお勧めできないゲームです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 5 1 1 3
  • マンネリ打開するかと思ったのに・・・HR100以降とかわらず一層作業ゲーです 35
    • 投稿者:gameover(男性/30代)
    • 投稿日:2013/06/22
    良い点
    1.新規BGMの完成度はかなりいい
    2.追加モーションがカッコいいと思う
    悪い点
    1.グラフィックがひどすぎる
    グラフィック向上させると古いPC勢にプレイ上問題が発生する可能性があるのと
    全て変更かけると大変なのは分かるのですが、サービス開始から年数が
    ずいぶん経っているのにPS2初期時代のグラフィックでやるくらいなら
    GはFとは切り離して別サービスとしてやったほうがいいんじゃないかと思うくらい。

    2.太刀の操作性改悪
    特定のクラシック操作タイプで太刀を使うと新モーションのボタンとRUNボタンが
    かぶってるためRUNしながら抜刀攻撃等したときタイミングによっては
    何も出なかったり新モーション暴発したりします。

    3.更にスキルゲー
    ほかのオンゲでもテンプレ装備が湧いているのはわりと見られるものですが
    このゲームでは武器・防具スキル・罠等持ち込みアイテムのテンプレが必須になる
    募集ばかりでまたそれをしないと簡単な防具作成強化でさえ
    ものすごい労力と時間が必要になり
    Gでは追加された仕様上さらにひどくなっております。
    特に武器はそこそこ妥協しても余裕がありますが、各種防具についている
    スキルにより優劣が他のオンゲとは比較にならないくらい違ってくるので
    テンプレ以外を作る必要性がありません。
    ロビー広場でのプレイヤー達が集まる光景をみれば分かります(笑)
    運営が「緩和するから、G級にいくのであれば
    秘伝防具(大変な作業を経て作る防具)覇種防具(低確率素材を大量消費し作成)
    作ってください」って・・・調整が下手なのは察することができますよね。
    緩和のおかげで私は大秘伝3種もってますが・・・。
    Gクエスト募集が秘伝防具指定ばっかりで虚しくなります。
    ロビー装備をクエスト装備にも見た目のみ適応できたらよかった。
    クエストに出発するとひどい見た目のキマイラ装備か白か赤の甲冑しかいません。
    新規コンテンツのG防具もかなり後半じゃないと強化もできないしかなり弱いです。

    4.更に更に作業ゲー
    上記のスキルゲーと合わせてある程度のスキルがついたテンプレ装備なら
    ごく一部を除くモンスターは思考停止してボタンを押していれば勝てます。
    よく言われる効率プレイというやつなのですが、Gモンスター実装されても
    同じ手順でハメ殺しできますクエスト募集は大概こればかり。
    G級モンスター実装されたのはいいのですが
    GR1-2でやれるボスモンスターはみなさんご存じのクックのみ
    GR1-1は納品とかだけ
    GをプレイするにはMHFまででのレベルカンストが前提です。
    内容的にレベルカンスト以上勢にやらせるものじゃないですよね
    しかもその強制的にやらないといけないGクックはF時代の
    高難易度クックより攻撃手段が増えるどころか激減している
    増えたのは体力と攻撃くらい。
    それはまあ置いといてもGR1-1から1-2まで必要なポイントが500なのに
    GR1-2から1-3まで確か15000、クックしか相手を選べないのでやりますが
    1戦で500〜700程度しかもらえず、G級遊べるようになったのに
    モーションが減って固くなっただけのクックを20回程度倒さないと次のレベルにあがりません、そして上がったとしても次はまたモーションが減ったダイミョウザザミを30回程度やらされます。ちなみにどちらも新規モンスターではございません。
    そりゃあ効率ハメプレイしないとやってられませんよね。
    作業ゲームという方向性がさらに一層特化いたしました。
    もうアクションゲームではありません。

    5.運営の不手際が目立つ
    このゲームの運営が調整が下手なのは今まで通りですが不満がでれば後で直せばいいや
    オンラインゲームだしという考え方が顕著になりつつあるゲーム運営形態です。
    現に上記に書いたGR初期の上げづらさはすぐ改善されたらしい。

    6.エモーションがサービス年数の割に少なすぎる
    4年間程度やってますが自キャラクターのできる感情表現モーションが
    一切増えておりません、ほかのオンゲ(例を挙げるとFF11)では大型アップデート
    が来たりすると追加実装されたりするのですが。
    MHFはエモーションがそもそも少な目だというのにGというタイトル変更されるような大型アップデートでも一切増えないとか、エモーションのバリエーションが
    あるのとないのとではチャット関連の楽しさが結構違うと思いますよ。
    総評
    良い点であげているものも挙げるとすればというものなので
    すごく良いというわけではありません。

    なのでGになってからの部分は悪い点ばかりしかありません
    悪い点はこの他にも書ききれないくらいありますが長くなるので(十分に長いが)
    これ以上は書きません。

    悪い点に書いた通り延命措置ばかりで新規コンテンツをすぐにやらせる気が
    さらさらないのであればMHFはFのままで
    Gはまったくの新規オンラインゲームとして1からプレイさせればよかったんじゃないのかと思います。

    ほかのモンハンシリーズをやってる人は期待しないほうがいいと思います。
    ちなみに私はGアップデート後2週間程度で引退しました。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 4 1 1 2
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月17日〜12月18日