オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち公式サイトへ
読者の評価
81
投稿数:7
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
公式サイト http://www.square-enix.co.jp/dragonquest/4to6/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元
発売日 2007/11/22
価格 2800円(税抜)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
81
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • シリーズで1番個性豊かな面々の、勧善懲悪じゃないドラゴンクエスト 90
    • 投稿者:白い月(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/20
    良い点
    ☆システム面全般
     わたしPS版ドラクエ4はしたことがなくファミリーコンピュータ版ドラゴンクエスト4以来ですので、全体的にかなり操作しやすくなっていて快適に感じました。

    ☆音楽
     通常戦闘曲で、転調した後の盛り上がり方が好きです。かなり。

    ☆仲間に話すコマンド
     個人的にはドラクエ4の面々が一番個性豊かな人達だと思ってますから、この仲間に話すコマンドは嬉しかったです。
    ファミコン版のときはやや正確が分かりにくかった人たちも、わかりやすくなっています。

    ☆勧善懲悪じゃない物語
     ドラゴンクエストといえば、これ以降のシリーズもロト3部作も勧善懲悪な内容が多かったのですが、4だけは異色ともいえるくらいに勧善懲悪ではないです。
    ……いやわたしドラクエ7,8はしたことないから完璧に断言は出来ませんけどね。
     でも、子供のときもぼんやりと感じましたが、


    「安い奇跡は起こらない」
    「失ったものや亡くなった命を、時間を巻き戻しにして取り戻すことは出来ない」
    「だが人は絶望しない。前に進んでいく」


    みたいなことを、全てが終わった後の、故郷に戻ってきて佇む勇者の背中から教えられたような気がするのは深い思い出です。
     子供の頃は、ここまで言語化できるほど理解能力なかったですけどね。
    でもなんとなく、今言ったようなことをおぼろげに感じていたのは事実です。
    悪い点
    △話すコマンドでの仲間の言動
     基本的にこれは良いシステムなのです。でも――
     どうしてアリーナが脳筋女なんですかー!?
    ちょっと待ってくださいよ。わたしアリーナ姫のイメージは、

    『おてんばで子供っぽい、精神年齢が思春期くらいだけど花より団子的な体を動かすことが好きな女の子』

    と想像していたのですが、リメイクのDS版アリーナの言うことを聞いていると、
    『あんたそれおてんばっていうか、言うことがただの戦闘狂じゃないの!?』
    って思わずにはいられませんでした。
    普通に誰かを思いやる場面もあるので、完全な脳筋女ではないですけれどね。彼女。

     ブライはブライで根性曲がってるようなところがあるし。なんだこれ。
    わたしブライは心配性が珠に瑕ではあるけど、とてもスマートに物事を運ぶ切れ者だと思ってたのに。

     クリフトはアリーナに恋心はあれど、基本硬派で秘めた思いはそうそう表に出さない2枚目だと思ってたのに、軟派とまではいかないけどなんか硬くないし。

     ――というわけで。キャラクターの性格については、特にサントハイムの面々を中心に他の人達にもわたしのイメージと違う所があったので、ここは違和感ありました。正直。

    ☆第6章が蛇足に思えてしまう気持ち
     正直、ファミコン版の第5章までの終わり方で良かったような気がします。
    ドラクエとしては異色なストーリーですけどね。はっきり言って。
    でもそこがいい。

     でも、第6章は救いを求める人用のストーリーだと解釈しています。詳しく言うとネタバレになるので言いませんけれど。
    総評
     ドラクエで(わたしが)一番個性溢れていると思う面々が世界中を駆け回る物語だと思います。
    ストーリーがしっかりしているので、以前ファミコン版をした人もDSで初めてドラクエに触れる子供にも迷わずオススメできます。
    勧善懲悪じゃない今回のストーリーは、考えさせられるものがあると思います。

     また、移民の町でも、町がどんどん発展したりすれ違い大使の通信システムとかで、メインストーリー以外でも寄り道的要素で楽しめるので、ボリュームは十分だと思います。
    ただ、PS版もしたよって人にとっては、わたしより目新しさがぐっと減っているとは思います。正直。
    わたしはファミコン版以来だから結構新しく感じるのは自覚しています。


     ――それでも、幅広い年代の人達にオススメできる名作RPGだと迷わず言える出来だと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 4
  • 過去の名作は現在でも色褪せない 85
    • 投稿者:tetsu.m(男性/40代)
    • 投稿日:2008/10/17
    良い点
    もともとがよかったためか、インターフェイスの改良、操作性のちょっとした改良(今時のRPGのようにXボタンでメニューが開くとか)を施すだけでかなり快適になった気がする。グラフィックも衰えることなく移植されているし、2画面を利用した表示は何気に便利なところがある。フィールドではワールドマップ、ダンジョンでは現在画面の上方向への延長、などなど。下画面と上画面がごっちゃ混ぜな戦闘シーンのゲームが多い中、シンプルかつ重要な情報が載っている戦闘画面は好感度大。音楽もほとんど遜色なく移植されていて、耳障りなノイズ等もない。
    悪い点
    ちょっと気になる点が、フィールドでのワールドマップ表示。Yボタンで拡大表示されるが、そこでの操作が効かない。少しスライドするなどの機能が欲しかった。あと、戦闘シーンが終えるごとにBGMが最初から、というのはどうだろうか?といった感じだ。昨今のゲームはほとんどがループで再生されるため、音楽が非常に聴きごたえがあるがゆえにちょっと残念なところでもある。
    総評
    過去にFC版、PS版とプレイしてきたが、インターフェイスの改良や操作性の改良など、いい点を残して進化した感じがある。携帯ゲーム用にバランス調整もされていて、プレイしていてサクサク進み、快適。FC、PSともにハマった私だが、DS版をやっていてものめり込んだのはやはりこの作品が面白いからだろうと思う。今のところ、4,5,6と移植が決定しているが(5はもう出てる…)、以降の移植にも期待がかかる1作。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 4 4
  • 時を経ても名作は名作でも…… 75
    良い点
    年寄りの感想ですみませんが、なんといっても懐かしさが最高のスパイスになっています。銀の女神像の洞窟の仕掛けとか、ラストダンジョンの道順とか、しっかり覚えている自分にビックリ。物悲しさが漂うストーリーも好きです。新要素では、移民の町が意外な楽しさでした。秋葉原にDSを持っていったら、次から次へと住民が加入してきてあっという間に最高ランクになりました。
    悪い点
    移動速度が速いせいか、あっという間にクリアできてしまって「こんなに簡単だったっけ」と思いました。戦闘もヌルく、あんなに強かったはずのキングレオがまるで紙のよう。あと、第6章は蛇足だと思います。
    総評
    FC版が完成された名作だっただけに、基本的な面白さは折り紙つきです。反面、付加された新要素がほとんど「別になくてもいい」ものばかりに思えてしまうのは私が古いプレイヤーだからでしょうか。しかしDS版の最大のメリットは、“過去のドラクエを現行機でプレイできる”、この一点に尽きると思います。ドラクエ6も楽しみですが、1、2、3のリメイクを心待ちにしています。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 4 5
  • 思い出すまでが名作 75
    • 投稿者:頭の体操(女性/40代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    移動中の速度、戦闘のテンポなどがとてもスムーズなので、ストレスをさほど感じないで遊べる。仲間キャラのイラストが表示されるようになったことを地味に評価。ピンポイントで仲間になるゲストキャラ分のイラストもあってちょっと嬉しい。ラストのダンジョンは全然違うんで、気合いを入れて冒険できました。
    悪い点
    昔のゲームを遊んでしまっているので、ストーリー的なサプライズは見込めません。堀井さんのシナリオってやっぱり驚きが重要だったんだなって改めて思った。最終的に仲間は9人になるわけですが、やはり使いやすいキャラばかりつかってしまって……。本当はみんな平等に育てたいのに、キャラの性能差が気になりました。各章ごとに、それまでの成果が帳消しになるのが残念。全く別の人物のお話なんで仕方のないことなんですけど。
    総評
    国民的RPGという称号に偽りなく買って損はしないゲーム。トルネコが大好きなので、別のセーブファイルをつくり、3章だけ延々と遊んでたりします。何気に、タッチペンで移動できるのは便利かも!?って思いました。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 3 4
  • ファミコン以来 85
    • 投稿者:ぺい(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    グラフィックが綺麗になってますが、ドラクエっぽさが残っているのであまり違和感はないです。

    ファミコン以来のプレイなのでピサロが仲間に出来るのは嬉しい。しかも強いw

    アイテムにまでグラフィックが用意されてるのはびっくりしました。
    悪い点
    2画面はちょっと見にくかったですね。無理矢理2画面使った感が・・・。
    総評
    もうちょっとDSというハードを生かせたんじゃないかなぁとは思いましたが、それも些細なことで綺麗に移植出来ていると思います。エンディングもファミコン版よりも救いのあるエンディングが追加されていたりして、個人的にはこのエンディングは好きです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 4
  • 天空物語・第1弾が携帯機に舞い降りる! 80
    良い点
    ・DS版として改良・追加された点が、どれもファンにとって嬉しいものばかり。まず、メニュー画面などでキャラクターの顔グラフィックやアイテムのアイコンが表示されるようになり、見た目がかなり華やかになった。また、キャラクターのステータスに“HPゲージ”が新たに加わり、HP残量が非常に分かりやすくなっている。そして、極めつけは“ちゅうだん”機能の追加。外出先や移動時など、細かい時間でも気軽にプレイ可能なのが嬉しい、携帯機ならではのシステムだ。ユーザーのプレイしやすいゲーム環境が非常に整った作品。

    ・過去にPSでリメイクされた時と比較して、グラフィックがかなり綺麗になっている。特に、キャラクターの着ている衣装などの細かい部分が、PS版とは比べ物にならないほど鮮明に描かれている。他にも、草木や建物、モンスターデザインなどにも明らかな差が見える。

    ・DSの2画面機能を活かした作りになっているのが良い。町やダンジョンなどのマップが、2画面につながる形で表示されるので全体が非常に見渡しやすくなっている。それに加えて、画面回転を活用することにより、ダンジョンなどで迷うことが少なくなった。物陰に隠れた宝箱なども、発見しやすくなっている。また、お店で買い物をするときに、上画面と下画面でアイテム情報や装備可能キャラクターなどが分けて表示されるようになったのも、地味に便利だ。RPGに不慣れな人でもプレイしやすい親切な作りで、FC版・リメイクPS版と比べて格段に遊びやすくなった。
    悪い点
    ・PSのリメイク版と比較して、ゲームの内容には目新しい追加要素がほとんどない。以前にPS版をプレイしている人は、あっという間にクリアできてしまうため、少々ボリューム不足と感じるかも。

    ・DSのソフトなのに、全くタッチペンを使用しない。せめて戦闘中くらいでもタッチペンで操作できれば良いのだが、完全に対応していないので少々残念だ。

    ・“移民の町”の、すれちがい通信システムが少々期待はずれ。PS版のように、特定の職種の人だけを集めると、それに応じた特殊な町ができる……というような機能が、個人的には欲しかった。
    総評
    原作とあまり変わり映えはしなくとも、そこは『ドラクエ』。RPGの根本的な面白さを味わえる名作に仕上がっている。若い世代が『ドラクエ』を知るにおいて、手軽さ・快適さを考えても入門用に最適な作品だと思う。FC版・PS版をプレイした人でも、買って損は無い一品。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 3
  • 色褪せる事のない名作 75
    • 投稿者:L.(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/04
    良い点
    ・遊びやすい設計
    全体的にテンポが良く快適。戦闘速度1なら戦闘はサクサク、キャラの成長が早いので戦闘難度は低く、移動も若干速くなってます。その他にもYボタンで店で売られているアイテムが簡単に把握できる、壷や樽をワンボタンで壊せるなど細かな部分が改善されているのでスムーズにプレイできます。

    ・戦闘アニメーション
    モンスターが良く動く!攻撃モーションだけでなく待機モーションまであるので、スライムがプルプルと揺れている様子などもわかります。

    ・イメージの表示
    コマンドやアイテムのアイコン表示、キャラクターの顔グラフィック表示には少し違和感がありますが、時代の流れに沿った良い変更だと思います。
    悪い点
    ・二画面のインターフェース
    上下の画面に表示が分散するので一度に情報を把握しづらいです。情報が別画面に移る時はガイドが出る、戦闘で下画面に仲間のHPゲージを表示するなど配慮は感じられますが、それでもちょっと見づらいですね。二画面表示自体は町やダンジョンでかなり視野が広がるので便利ですが。

    ・ボタン配置
    メニューがAボタンではなくXボタンになってるのは違和感があります。最近のRPGはこのスタイルが主流なので、それにあわせたのでしょうか?しかし、これは慣れの問題でもありますね。

    ・BGMの仕様
    戦闘終了後にフィールドの音楽が最初に戻ってしまいます。地味な部分ですが、サビがなかなか聴けないのでせっかくの名曲が勿体無い。
    総評
    DQ4はこれで二度目のリメイクとなり、基本的にはPS版をDS用に修正したものなので内容もあまり変わりません。それなのでPS版をプレイした人にはやや物足りないかもしれませんが、格段に向上した快適性と携帯機という事もあってとても遊びやすくなっているので、誰にでも安心してお勧めできると思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 4 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月15日〜10月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月