オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
HOSPITAL. 6人の医師公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2010/06/17
  • 価格:6980円(税込)
  • Yahoo!で買う
読者の評価
82
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
絶妙に表現された手術シーンの緊張感がたまらない。医療シミュレーションWii用ソフト「HOSPITAL. 6人の医師」のインプレッションを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/06/30 13:13

プレイレポート

絶妙に表現された手術シーンの緊張感がたまらない。医療シミュレーションWii用ソフト「HOSPITAL. 6人の医師」のインプレッションを掲載

 6人の医師を主人公に据え,外科,救急,整形外科,内視鏡,診断,検視といった6つの医療分野を体験しながら物語を進めていく,Wii用ソフト「HOSPITAL. 6人の医師」が6月17日にアトラスから発売された。同社の医療シミュレーションというと「カドゥケウス」シリーズが真っ先に思い浮かぶのだが,今回はそのシリーズには組み込まれない,新タイトルという位置づけだ。

「HOSPITAL. 6人の医師」公式サイト


 各医師にはそれぞれドラマティックなシナリオが用意されており,それが同時間軸の中で絡み合いながら進行していく。シナリオのインターバルごとに自由に主人公を切り替えられるので,一人の医師のシナリオを進められるだけ進めていってもいいし,複数のシナリオを並行して進めても構わない。また,6分野それぞれのゲーム性が異なっており,その1分野ずつをパッケージソフト化してもおかしくないぐらいのクオリティに仕上げられている。
 6つの医術分野と6つのシナリオがしっかりとまとめ上げられており,ゲームとしての完成度はかなり高い。そんな本作の概要を紹介しつつ,インプレッションをお届けしよう。

●外科


CR-S01という囚人番号で呼ばれる懲役250年の外科医。バイオテロの犯人として収監中。外科医としての腕は確かだが,肝心の記憶が失われている
HOSPITAL. 6人の医師

8種類+αの器具を使い分けながら,迅速かつ的確に処置を行わなくてはならない。外科手術の操作はカドゥケウスシリーズとほぼ同じなので,プレイ経験のある人なら最初からSランクを狙えるかも
HOSPITAL. 6人の医師


●救急


マリア・トレスはなんでも一人でやり抜こうとする救急救命医。だが救急の現場では一人の力にも限界が……。外科のように完全な治療が目的ではなく,応急処置を施して病院に運ぶまでが役目となる
HOSPITAL. 6人の医師

複数の患者を並行して診なければならず,外科よりも手に汗握る展開になることが多い。どこまで処置を進め,どのタイミングで患者を切り替えるかという判断力がモノをいう。4種類+αの限られた器具で命を繋ぎ止めろ!
HOSPITAL. 6人の医師


●整形外科


正義感の強い整形外科医,ハンク・フリーバード。しかしそれは表の顔であり,事件を嗅ぎつけると,アメリカンヒーロー「キャプテン・イーグル」に姿を変えて駆けつける!
HOSPITAL. 6人の医師

整形外科では骨折や脊髄の治療など,骨に対して処置を施していくことになる。骨を削ったり,ドリルで穴を開けたり,ピンを埋め込んだりと,速さよりも正確な作業が求められるのだ
HOSPITAL. 6人の医師


●内視鏡


着物の上に白衣を羽織った独特の出で立ちが目を惹くトモエ・タチバナは,武家育ちの内視鏡医。ヒロイン的ポジションに見えるかもしれないが,実はハンクよりもクセのあるキャラ
HOSPITAL. 6人の医師

人体の器官に内視鏡を潜り込ませ,内側から患部を治療するのが内視鏡医の仕事だ。患者に負担がかからないよう慎重に器官を避け,適切な処置を施すのだ
HOSPITAL. 6人の医師


●診断科


ボサボサヘアーに咥え煙草と一見だらしなく見えるガブリエル・カニンガムだが,白衣の下はスーツでビシッと決める凄腕の診断医。しかしやさぐれた彼も,ほかの5人の中に入ると普通の人に見える気がする
HOSPITAL. 6人の医師

診断医の仕事は患者の病名を突き止めること。問診と視診で症状を確認し,聴診器で体内音を聞き,X線撮影や分析検査で異常個所のチェック。その結果を統合して病名を導き出す
HOSPITAL. 6人の医師 HOSPITAL. 6人の医師


●検視


ミラ・キミシマはカドゥケウスZにも登場した元天才外科医。現在は検視官を務めるも,謎の病に冒されており余命は半年〜1年。携帯電話を介して死者の最期の声を聴くことができる
HOSPITAL. 6人の医師

遺体や遺留品を調べ,さらには殺害現場にも足を運び,死亡の経緯や犯人を洗い出すのがキミシマの役目。発見した証拠はカードとして扱われ,別のカードと組み合わせることにより新たな真実が見えてくる。また事件の真相に近づく際は,クイズ形式の質問に答える場面も
HOSPITAL. 6人の医師 HOSPITAL. 6人の医師


カドゥケウスシリーズと比較すると,難度はかなりやさしめ。より手軽に楽しめるゲームへと変貌


 発売前から公言されていた通り,HOSPITAL.の難度は誰もがクリアできることを前提に調整されている。初心者向け難度の「INTERN」では,オペに失敗したとしてもその場面から再開できるようになっており,カドゥケウスシリーズで挫けそうになった人でも,トライを続ければ必ず先に進めるよう配慮されている。
 一方,通常難度の「RESIDENT」は,どれだけ処置が進んでいようとも,失敗してしまうとオペの最初からやり直しとなる。とはいえ,患部に施すべき器具のアイコンが逐一表示されるなど,症状ごとの対処法を記憶していなくてもオペがスムーズに進行できるので,カドゥケウスシリーズでランクS以上を余裕で叩き出すような人は,RESIDENTの外科手術もあっさり突破してしまうに違いない。それ以外にオペが必要となる救急,整形外科,内視鏡に関しては術式内容や操作方法が各々異なるため,慣れるまではちょっと苦労するかもしれない。1周目はオペのランクは気にせずストーリーを存分に堪能し,突き詰めたプレイは高難度が開放される2周目以降の楽しみにとっておくといいだろう。

HOSPITAL. 6人の医師
ひとまずエンディングまで進めてみたが,挫けそうになるぐらい難度の高いオペは見当たらなかった。難しいのではないか……と思っている人は安心して問題ない
HOSPITAL. 6人の医師
内視鏡は操作がやや特殊。一気に進めようとすると器官の内壁にぶつかり患者にダメージを与えてしまうし,器具の選択もその都度「Cボタン」を押す必要がある。感覚に慣れるまでは少々苦労するかも


手術の緊張感が絶妙に表現されたCO-OPプレイにも注目!


 本作は「カドゥケウス NEW BLOOD」(以下,NB)と同様に,CO-OP(2人協力)プレイモードが実装されている。NBにおいては,外科手術では2人ともすべての器具が使用可能であり,あらかじめ担当器具を決めておいたとしても,危ないときはどちらかがすぐ手助けに入ることができた。だが本作では担当器具をあらかじめ分配しておかねばならず,自分の作業は責任を持って遂行する必要があり,そして相手の作業には一切手を貸すことができないという仕様だ。ルールとしては若干厳しくなったように思えるが,このもどかしさが逆によい意味での緊張感の増幅へとつながっている。息詰まるオペの最中に「早く縫って!早く!」「バイタルやばい!バイタル!」「ちょっと黙ってて!」などと言葉を投げ合う回数も圧倒的に増えたし,オペ後に反省会(?)を開いて道具の担当を変えてみるといった,CO-OPプレイならではの楽しさが飛躍的にアップしていると感じた。
 しかし残念なことに,6つの医術すべてでこの楽しさが味わえるわけではない。整形外科は1作業ごとの交代制,内視鏡医は時間ごとの交代制,救急医は患者ごとの交代制でCO-OPプレイを行うのだが,診断医や検視は完全に1人プレイ専用となっている。NBでは全編を通して2人で進められたが,本作では一時的にどちらかが手持ち無沙汰になってしまうことがあり,その点には物足りなさを感じた。次回作があるのならば,CO-OPプレイも完全に融合させた,さらなる進化形を見せてほしいところだ。

HOSPITAL. 6人の医師
CO-OPプレイが一番盛り上がるのはやはり外科手術だろう。どちらがどの器具を担当するかは自由に決められる
HOSPITAL. 6人の医師
救急のCO-OPプレイもなかなか白熱する。患者ごとに担当が決まるので,自分がモタモタしたせいでパートナーの担当患者が力尽きてしまうことも


医療ゲームといえどもエンターテイメント作品

重く考え過ぎずに手にとってみてほしい


 医療の現場が題材となると,堅かったり重かったりといったイメージが先行しがち。とはいえ,医者は人の命を預かる職業であるからして,あまりにチャラけた内容もどうかというもの。その点,本作は重いテーマとエンターテイメント性をバランス良くミックスしていると感じた。登場する6人の主人公はおよそ医者とは思えない風貌であったり,性格であったりと,シナリオにおいてもそのフィクション部分がかなり際立つ。テーマが重いと内容も説教臭くなってしまいがちだが,それを現実離れしたキャラクター達が程よく緩和してくれているのだ。
 反面,医療に関わる部分に突飛な設定はほとんどないように感じられ(あくまでも素人意見ではあるが),むしろ自分が医者になったような感覚に陥るほどにしっかりと,それでいて専門知識を持たずとも診断が進むようスマートに作り込まれているのが印象的。医療ものだからといってリアルさだけを追求するのではなく,ゲームとしての楽しさを前面に押し出したこのバランスは,絶妙というほかない。テーマの重さから敬遠している人も,たまには装備を医療器具に持ち替えて,人々の命を救ってみるのはいかがだろうか。

 ところで,冒頭に「新タイトルという位置づけ」と記したものの,「カドゥケウスZ 2つの超執刀」の主役の1人だったミラ・キミシマが,本作でも6人の医師のうちの一人として登場している。したがって,カドゥケウスシリーズとは完全に違う世界観なのかと問われれば,答えはノーということになるだろう。ストーリー的に直接的なつながりがあるわけではないものの,どこかでカドゥケウスシリーズとのクロスオーバーがあるのではと,シリーズファンなら期待せずにいられない。そこはぜひ,実際にプレイして確認してほしい。

分析検査の数値も医療の知識がなければ何が何やらといった感じだが,正常値と比較して異常個所を見つけるだけで診断が進んでいく。間違い探し的な感覚で医者の気分が味わえるのだ
HOSPITAL. 6人の医師
HOSPITAL. 6人の医師
懲役250年の天才外科医など,個性的すぎる6人の主人公達。だが医療に懸ける熱い思いを持っているという点は皆共通しているようだ
HOSPITAL. 6人の医師
個別シナリオ6人分をクリアしないと解除できないものもある。この封印が解かれてからが物語の本番だ

「HOSPITAL. 6人の医師」公式サイト

  • 関連タイトル:

    HOSPITAL. 6人の医師

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/09/14)
HOSPITAL. 6人の医師(特典なし)
発売日:
価格:1590円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日