オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ルーンファクトリー3公式サイトへ
読者の評価
66
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ルーンファクトリー3

ルーンファクトリー3
公式サイト http://www.mmv.co.jp/special/game/ds/runefactory3/
発売元 マーベラスエンターテイメント
開発元
発売日 2009/10/22
価格 5229円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
66
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • システムはシリーズ最高の出来なのに収納が残念過ぎる 50
    • 投稿者:ふぁんた(男性/40代)
    • 投稿日:2012/03/11
    良い点
    ・ゲームテンポの大幅な改善
    物の持ち上げを最大で9個までスタック出来るので、例えば切り株を連続で伐って丸太を9個連続で持ち上げつつ材木置き場に投げ入れたり等、非常にスムースなテンポでゲームを進められるようになった。
    また、クワやジョウロなども充分に強化して溜め攻撃を使う事で、一気に大量のマス目に対して一括して作業を行えるので、非常に農作業が楽になった。


    ・ARPGとして単体でも発売出来るくらいのアクション性
    あくまでDSレベルのARPGという前提だが、純粋にARPGとしても遊べるだけの出来栄えになっており、武器や装飾品の強化もやり込み度満載。
    強化に使う鉄の品質で成功率に差が出るシステムのお陰で、クズ鉄も無駄にならず(むしろクズ鉄がないと強化スキル上げが辛いくらい)、一つのゲームに農耕SLGとARPGの2つが入っているような錯覚すら覚える。

    また、与えられるアイテムが武器+その他の2品と限られているものの、NPCや恋人の装備品もアイテム渡しで強化出来るので、強キャラを連れ歩いて俺Tueee状態も可能。
    (但しNPCのAIは基本的に突撃系なので、プレイヤー側がむしろサポートに回る必要もあるが…)
    悪い点
    ・収納スペースが圧倒的に足りない
    素材やドロップ品などのアイテム収集をメインにしているゲームでありながら、鉱石やモンスター素材などを納める収納箱の容量が、保管可能なアイテムの種類に対して圧倒的に足りないのが本当に残念。
    収納が常に圧迫されているので、生産や強化などで特定のアイテムが必要になった場合、その都度ダンジョンに潜って特定の敵を倒さなければならず、非常に面倒である。

    また冷蔵庫の収納容量にしても、種の種類や生産可能な料理の種類を考えると、やはりこちらも圧倒的に不足しているので、特に材料の仕込みに2段階・3段階必要な料理を作る場合に非常に困る。

    せっかくモンスターを飼育出来るのに、飼育モンスターから得られる素材を収納するスペースが足りないせいで、飼育モンスターの数すら敢えて少なめに調整しなければならず、飼育可能数を最大限生かす事もままならない。


    ・結婚後の子供の存在が無意味
    自宅の中に人が増える事は賑やかで良いのだが、子供をもうける事自体にプレイする上での意味は特にないのが残念。
    また、夜中の2時や3時に自宅へ戻っても、子供が自宅内をちょろちょろと走り回っているのを見るのも非常に違和感がある。
    夜の特定の時間を過ぎたら、母親と一緒に子供がベッドで寝ている等の演出があっても良かったのではないか。
    総評
    結婚&子供3人出来て落ち着いた段階でのレビュー。


    このシリーズは本編の牧場物語初代から、イノセントなどの外伝も含めて相当数遊んできたが、今作は牧物シリーズのまさに集大成といった感じで、これを一度プレイしてしまうとか過去作に戻れない程の完成度を誇っている。(これ以降の3DSの最新作は除く)

    ただ、返す返すも収納が少ないのが本当に残念である。

    こういった大量のアイテム・バリエーションを誇るゲームであれば、全てのアイテムを最低でも1スタックずつ程度は収納可能にするのは当然ではないかと思うのだが、セーブデータ用EEPROMの予算を少しでもケチりたかった故か、悲しい程に収納スペースが足りない。
    恐らく、製作していたマーベラスの方々も開発中に気が付いていた筈だが、どうしてこの状態でリリースの踏み切ったのか理解に苦しむ。

    収納スペースが足りない事で、ただ単にアイテムをコレクションする楽しみが持てない、というだけでなく、前述の飼育モンスターの他頭数飼育に意味がなくなったり、チーズなどを用いる他段階料理の作成で食材を溜め置きする際に影響が出たり、ダンジョンで敵がアイテムをドロップしても捨てていかなければならない等、ゲーム全体に深刻な悪影響が出ている。

    これだったら、定価が500円高くてもいいので、最低でも収納可能数を総アイテム種類数と同数用意し、最大収納スタック数も99個くらいにする等の措置を最初から行って欲しかった。
    個人的には、収納可能数とスタック数を上記のように改善して、あとは中身が全く同じソフトを新作として焼き直しで発売したとしても、間違いなく購入するであろう。
    それ程にゲームシステム自体の完成度は高い。

    開発者達はDS用ソフトとしては限界に近い性能を引き出しているにも拘らず、予算やディレクションなどの開発以外の点での問題で、ゲームの魅力を半減させてしまっている。
    しっかりと予算を取って大容量のEEPROMを搭載し、もっと強気な定価設定で広告宣伝にも経費をかけていれば、任天堂ハードのサードパーティ製ソフトとしては屈指の販売本数になっていたのではなかろうか。

    収納さえ満足に出来れば、少なくとも80点以上を採点出来る内容だっただけに、次回作以降での収納スペースの改善が強く望まれる。


    注:3DSの最新作の牧物では収納スペースは大幅に改善されているようだが、別ゲームの評価なのでここでは割愛する
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 4 4
  • 物足りない気もするけど 50
    良い点
    この作品最大の特徴結婚システム
    子供システムは最大の魅力ですね。

    視点や今までの作品との繋がりがあるのはいいともいました。

    前作では見れなかった自宅の畑で
    冬でも栽培できるようになったのはよかったと思います。

    NPCの居場所もMAPで表示されるようになり
    目的の相手探すの楽になったのもいい点ですね。
    悪い点
    まずは自宅内いても時間経過するようになって
    システム画面するの忘れるととんでもない事に・・・

    経験値の種類増やしすぎな気がしました

    シリーズの特徴なのかDSのL,Rボタンが壊れやすい
    (シリーズ変わるたびに修理だしてます)

    1作目に比べダンジョン数が圧倒的に減って
    2作目に比べストーリーが短くなり
    魅力にかなり欠けた状態になってる気がしました。
    総評
    作品の最大の特徴は扱いやすくなったけど
    前々作、前作比べてもどうして
    やり込む要素が減り物足りなさ感じてしまったのが
    凄く残念でした。

    物語上もう一作はあると思いますけど
    これ以上の退化あるようなら考えしまいますね。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 1
  • 色々遊べて 85
    • 投稿者:TKS(男性/20代)
    • 投稿日:2009/12/16
    良い点
    ・ストーリーはあるものの、基本的には何やってても良い。依頼をこなしたり、畑耕したり、釣りに勤しんだり、ダンジョンへ行ったり、装備品作ったり、女の子とイチャついたり、etc。
    ・更にそれぞれを極めようとするとそれなりに苦労が必要なのでヤリコミ派にも安心。
    ・完全な作業ゲーとならないような、プレイヤーに対する操作をなるべく面倒臭くならないように、かつ簡単すぎないようにする塩梅が絶妙。
    ・村人(NPC)の生活AIの出来が素晴らしく、ちびキャラが動きまわって行動する様子を見ているだけでも面白く、行動の生活感が溢れていて没入感が高まる。それでいて、NPCは基本的にマップ上にアイコンで居場所が示される為探し回る手間はあまりかからない。さらに、NPCの行動は完全固定でも完全ランダムでもないので、しばらく遊んでいると実生活であるような「あの人なら"たぶん"ここにいるだろう」が分かるようになる。
    ・ヒロイン達が個性的であり、また非常に魅力的。そして結婚までできる。村人との会話も面白く話しかけるのが飽きない。
    悪い点
    ・ダンジョン数はWiFi用戦闘マップがあるとはいえ、やや少なく感じた。
    ・倉庫は1回拡張できるもののそれでも足りないので、作成したアイテムを全てとっておく等のプレイはできない。また、装備品等の作成のための調合素材をキープしておく際にも不便である。
    ・ヒロインとの結婚後のイベントや作りこみは今ひとつ。子供もできるが、これといって特筆するイベントもない。
    ・NPCの戦闘AIはあまり良い出来ではないので、NPCが弱い序盤は庇いながら戦うシーンが多くなる。
    ・ヒロイン達が個性的と長所に記したが、その一方でアクが強く万人受けしない可能性もある。
    総評
    前作までは全くプレイしていないが、非常に楽しめている。
    最近ではヤリコミ要素として同じゲームを何度も繰り返させるようなものが多いが、このゲームでは毎日少しでも起動して今日はあれをやろうと手軽な目標を自分で作ってマイペースでやれるのが良く、その選択肢も多岐に渡っていることからなかなか飽きないでいる。
    そして、これらはストレスの溜まらない操作系の出来の良さや、ゲーム全体の雰囲気と質の良さがあってこそである。その中でも村人の生活AIの出来は特筆ものである。
    公式サイトや紹介記事で面白そうだと感じたら、やって損はないだろう。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 4 5
  • 『いいとこ取り』かつ丁寧な作り 80
    • 投稿者:Anchois(女性/30代)
    • 投稿日:2009/12/01
    良い点
    ■たくさんの要素が一本で遊べる
    ・箱庭からアクション、恋愛、RPGなど、定番ジャンルのいいとこ取り。
     その日の気分で目標を変えて楽しめる。

    ■全体的にサクサク。作業感が少なく中毒性が高い
    ・繰り返しの必要な部分の負荷が徹底して軽減されている。
     (ゲームオーバーの撤廃、自宅へ機能集中、アイテム購入・出荷・畑の管理・
     移動の負荷軽減など)
    ・操作一つ一つに独特のリズムがあり、操作自体が楽しい。
    ・レベルやフラグ等、目標到達までのスパンが短いため、中だるみが少ない。
    ・アクションパートも操作は簡単。かといってボタン連打には終わっていない。
    ・タッチペン、キー操作ともにかなり快適に操作が出来る。

    ■男女を選ばないグラフィック
    ・キャラクター、インターフェイスともとてもかわいらしい。
     恋愛や結婚を扱ったゲームながら、絵柄のおかげでほのぼのしくまとまっている。
    悪い点
    ■新規性はあまり無い
    ・良い点の裏返しだが、基本的に定番ジャンルのいいとこ取り。

    ■倉庫が足りない
    ・非常に多くのアイテムを扱うが、それに対して収納出来る個数・種類が少ない。

    ■シナリオ上の問題点
    ・ゲーム外の話がゲーム内に持ち込まれる。システムの解説を口にするNPCや、
     主人公の一部の台詞回しなど、時折、現実に引き戻されるような内容が。
    ・クエストのキーアイテムに入手が困難な物がある。
    ・時折シナリオが説明不足。いつのまにか○○なっていた、という事が。
    ・ヒロインとの結婚後も、好感度の高い他ヒロインから誘われることがしばしば。
    総評
    さまざまな要素を一つにまとめ、丁寧に仕上げた欲張りなゲーム。
    ゲーム内での目標も、気分に応じて色々と設定しやすく、タイプのさまざまなヒロインはそれぞれ魅力的。やりこみ要素も豊富なので、ついついのめりこんでしまう。
    男女双方にアピール出来る内容・グラフィックで、安心して誰にでも薦められる。

    評価が分かれるとすれば、新規性を好むかどうかと、シナリオ面。
    キャラクターの攻略部分はよく出来ているものの、本筋では作者の代弁に見える部分が時折、没入感を削がれてしまう場面も。少なくとも最序盤の、NPCがプレイヤーに語りかけてくる部分は、もう少しうまく処理してほしかった。

    とはいえ、ゲーム自体はサクサク、インターフェイスや操作の軽快さは特筆すべき。気になっているけど未プレイ、という人がいれば、是非。他シリーズを知らない人も大丈夫。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 3 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月