オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Tom Clancy's H.A.W.X. 2公式サイトへ
読者の評価
30
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
70
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Tom Clancy's H.A.W.X. 2

Tom Clancy's H.A.W.X. 2
公式サイト http://www.ubisoft.co.jp/hawx2/
発売元 ユービーアイソフト
開発元
発売日 2010/10/07
価格 7329円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
30
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前作が良作なだけに残念 30
    良い点
    ・秀逸なストーリー
    さすがのトムクランシーシリーズだけあって物語に空想を織り交ぜながらもリアリティがありとても面白いです。

    ・空中給油や離着陸の追加
    空中給油や離着陸の要素が追加され、実際に戦闘機を操縦しているように感じられるようになりました。特に一部の離着陸は駐機場から実際に滑走路まで自分で戦闘機を移動させる所があり、実際に戦闘機パイロットになったような感覚を味わえます。

    ・UAVやAC-130の機銃を操縦できる
    無人偵察機のUAVを操縦できるところがあり、まさに現代戦での戦いの流れを感じることができます。またAC-130はCOD4のときのように群がる敵を圧倒的な火力で殲滅でき、とても爽快です。

    ・豊富な機体の数
    Mig21などの往年の名機体からSu-T-50などの最新鋭機体、試作機のみ生産されたMig-MF(1.44)などのマニアックな機体まで豊富な種類の機体が操縦できます。

    ・機体の兵装が自由にカスタマイズできる
    機体を入手した後一定の経験値を集めると、搭載する機体の兵装をカスタマイズすることができ、ペイロードの許す限り自分の好きな兵装を搭載したり変えたりすることができます。ガンポッドを満載したA-10や対地攻撃に特化したF-22など機体の兵装をカオスにすることもできます。
    悪い点
    いいとこはありますがむしろ悪いほうが目立ちます・・・。
    例えば

    ・簡素化されすぎの画面表示
    前作ではあった右下の自機と選択されているミサイルの表示や一人称視点ででてくる画面中央の高度表示がなくなり画面全体がかなり寂しくなってしまっている。とくに右下の自機と選択されているミサイルの表示は画像からただの文字と数字になってしまっていてとても残念。

    ・ロック性能の悪さ
    なかなか狙いたい敵をロックオンできず使いにくい。また、対地・対空専用兵器を選択してもすべての敵をロックしてしまうため非常に面倒。ロックオン不可の表示も文字で小さく「○○ではロックオンできない」(○○には選択した兵装名が入る)のみで非常にわかりずらい。

    ・ERSがほぼ空気
    前作ではお節介といえるほど存在感の強かったこのゲームならではのシステム「ERS」ですが今作ではほとんど使う場面がない。アシストONでも失速を起こすようになり、対地攻撃やドッグファイトのアシストはなくなり、せいぜい空中給油や離着陸の途中までのアシスト程度。しかも途中までのアシストなので一番難しい給油機とのドッキングや最終的な滑走路へのアプローチなどはアシストしてくれないので「難しいところをアシストする機能じゃないの?」とおもわずつっこんでしまった。

    ・総合攻撃ミサイルの異常な弱さ
    この手のフライトシューティングゲームでは主兵装になっている対地攻撃も対空攻撃もできるミサイル。このH.A.W.Xでも前作では主兵装になっておりかなりお世話になった人も多いと思います。今作では恐ろしいほどの弱体化が施されています。

    1.射程距離がやたら短く機銃より若干長い程度
    2.威力がとにかく弱く戦闘機や戦車なら倒すのに3発、ヘリ相手でも2発必要。同時発射 可能数が2発なので戦闘機や戦車を相手にする場合倒し損ねる場合が多い。

    ここまで弱体化されると対空ミサイルと対地ミサイルをそれぞれ搭載したほうが使える。
    そもそもヘリを一撃で撃墜できないミサイルって・・・。

    ・厳しい機体出撃制限
    前作では推奨機体というものはあったものの、自分の入手した好きな機体で出撃できました。しかし今作ではストーリー1周目では機体の変更は一切できず、2周目でも厳しい出撃制限(空母から出撃するステージでは艦載機以外出撃不可など)かあり、かなり自由度が低くなっています。特に空母から出撃するステージは面白いステージが多いので自分の好きな機体が使えなかったのがとても残念。

    ・敵の数の大幅な減少
    今作では兵器積載量が1/2以下に減ってしまった関係なのか敵の数がとても少なくなってしまっています。少し倒しただけで「え?もう終わりなの?!」と思ってしまうことが数多くありました。

    ・やたら機銃を使わせたがる
    とにかく機銃を使わなければならない場面が異常に多い。対地兵装しか積んでいない機体で戦闘機を相手にしたりするのならまだしも無限にフレアを投下する敵対地攻撃機や敵との距離が近すぎるとミサイルをロックオンできなかったりと普通の対空戦闘でも機銃を使わなければならない場面がとても多く面倒くさい。特に敵対地攻撃機はほぼフレアを無限に投下できるので本当に嫌になる。なんのためのミサイルだよ・・・。

    ・いろいろとおかしいストーリー
    近接航空支援を行うF-15が対空兵装しか搭載していなかったり、アメリカ軍がラファールMを使っていたりいろいろとおかしい部分があった。ゲーム的に見ても敵をただ偵察するだけのUAVを使わなければならないステージが3つもあるのにAC-130を使うステージが1つしかないのもバランスがおかしい気がする。

    P.E.C報酬の必要性
    レベルアップするごとに手に入るポイントを使ってスキルや機体を獲得していくシステムなのですが、スキルはマルチプレイでしか使えないため正直オフラインメインの人には取得する意味がない。また、機体の入手に関しても途中にたくさんのスキルをアンロックしなければならず、非常に時間がかかる。せめて機体とスキルを別々にしてほしかった。

    などたくさんあります。
    総評
    グラフィック
    戦闘機のグラフィックは細部まで再現されており、兵装を変えるとそのグラフィックも反映されるのでとてもよかった。ステージのグラフィックに関しては山などの自然のグラフィックはよかったが町などはただ写真を貼り付けただけという箇所が何箇所かあったため4点にしました。

    サウンド
    BGMに関しては悪くはなかったものの、特にいいBGMはありませんでした。また戦闘中に入ってくる無線は大幅に少なくなっているのでとても残念だったので2点にしました。

    快適さ/運営
    近距離によるミサイルのロックオン不可、無限にフレアを使ってくる敵攻撃機など戦闘ではかなりイライラさせられた。また機体の出撃制限が厳しくとても快適とはいえなかったので1点にしました。

    熱中度/ストーリー
    ストーリーはおもしろかったものの、戦闘に快適さがなく、とても熱中できなかったので2点にしました。

    ボリューム
    敵の数が前作よりもかなり少なくなっているのですぐにクリアしてしまいました。また、UAVでの出撃しなければならないステージや機体が固定されているステージが多いのでボリュームは前作に比べ少なく感じます。特にUAVのステージは偵察する以外特になにもやらないので3ステージも作る必要があったとは思えず、ボリューム不足に拍車をかけているので2点にしました。

    前作をプレイしての感想です。
    このレビューではアシストOFF関しては触れていませんが他の方の前作のプレビューに載っているのでそこを参考にしてください。
    前作はPS3初の現代フライトシューティングということもあり思わず買ってしまい、そのクオリティーの高さとさまざまな機体を操縦できるところにとても感激しました。
    今作も前作の良さから発売前に予約し、発売を楽しみにしていました。
    しかし実際にやってみると前作の良さがかなり削られ、新しく追加された機能も不満の多いものでとてもがっかりしました。新しく追加された機能に関してはまだしも大規模な地上空中での戦闘、自由に選べて出撃できる数多くの機体、ERSの機能など前作でよかった点をなぜ削ってしまったのかいまだに理解できません。
    ただ、機体兵装の自由なカスタマイズなど少ないですがいい機能もあり、まだまだ改善し発展してくれると信じています。
    このゲームはPS3でも数少ない現代フライトシューティングですが他の現代フライトシューティングと比べるとシステム面にかなり不満を覚えると思います。
    今作では残念でしたが次回作ではぜひこの不満点を解決してくれるよう切に願っています。
    UBIなら・・・UBIならなんとかしてくれる・・・はず・・・。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 1 2 2
  • こんなゲームで大丈夫か? 30
    • 投稿者:Jiku(男性/20代)
    • 投稿日:2010/10/11
    良い点
    前回になかった離着陸、給油ができるようになった
    最新のSU T-50 やらいろんな機体が増えた。
    機銃が使いやすくなった。
    悪い点
    まず敵機があり得ない機動をとる(空中で静止しながら機銃掃射とか)。
    ドッグファイトでは後ろになかなかつけない。
    僚機が役に立たない。(もう少しワンマンプレイの事を考えてほしい)
    ところどころ他ゲームの要素あり(エスコンやらCOD MWやら)
    F-22などの推力変更ノズルをつけた機体の機動があまりにもなってない
    敵の加速度があり得なく早く、機体の特性とか無意味。
    総評
    正直前作のほうがまだ楽しめた。
    トムクランシー好きな私だがこのH.A.W.X.は駄作といえよう(PS3版のGRAWもそうだったが・・・)
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 2 3
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月15日〜09月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月