オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

  • 概要
  • ニュース(6)
  • 特集(0)
  • レビュー(0)
  • 体験版(0)
  • ムービー(0)
  • 読者レビュー(1)

ガンダムメモリーズ 〜戦いの記憶〜

ガンダムメモリーズ 〜戦いの記憶〜
公式サイト http://psp-gmt.channel.or.jp/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2011/06/23
価格 6279円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
40
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • クソゲーではないが面白いかと言うと・・・・ 40
    • 投稿者:Gallve(男性/30代)
    • 投稿日:2011/06/29
    良い点
    ・MSのグラフィック
    ・使用可能MSの多さ
    ・一部機体での圧倒的スピード感
    ・シンプルな操作性
    ・オリジナルBGMにカッコイイものがいくつかある
    ・カスタムサントラ対応
    悪い点
    ・原作BGMが何かショボイ(これはカスサンがあるので許せるか?)
    ・射撃属性機体の役立たずっぷり
    ・見た目が違うだけで動きが同じな使用MSの群れ
    ・同じセリフを連呼するボイスの少なさ
    ・会話シーンでのキャラの顔が一部おかしい
    ・会話シーンでのキャラ絵が1枚しかなく、生身で宇宙に出てる事も
    ・原作再現のシチュエーションモード、なぜかシードデスティニーが最長
    ・びっくりするほど単調作業になる00劇場版のELS殲滅
    ・キャラクターは多いが、カットインがないキャラがいたり演出不足を感じる
    ・ピチュンピチュンとビームピストルを乱射するウイングゼロカスタムやセラヴィー
    ・シームレスがウリのハズなのに爽快感を抹消してるCA
    ・戦闘バランスのダメっぷり
    ・水増ししただけの同じ様なミッション
    総評
    詳細ですが

    まず、グラフィックは十分見れる範囲です
    無双3やエクストリームVSの様にアニメチックなMSはとても見栄えが良いです
    容量の関係なのか、丸い部分が四角くなってたりしますが、出来る限り気にならないようにという配慮は十分感じられる出来です

    また使用MSの数も多く、ブルディスティニー2号機や3号機
    F90フル装備等はファンにはたまらない登場ではないでしょうか

    アクションでの操作性もシンプルであり、特殊な入力コマンド等は特になく
    □と△を組み合わせるだけで複数の攻撃を出す事ができます

    そして個人的にはコレが一番良かった部分なのですが
    一部機体(主にSPEED型、特に変形機体。リゼルやZ,ハルート等)同士での高速戦闘はまさに圧倒的です
    自分どころか、画面すら追いつけないような速度で、それでいながらもロックオンできるので確実に敵機へ向かえる

    結果として、物凄い高速戦闘でありながらも、自分で操作している感覚がしっかりとあり、圧倒的な高速戦闘を体感させてくれます

    ここまでなら非常に良ゲーなのですが・・・・

    悪い所なのですが
    まずこのゲームはMSを大きく分けて3種類
    近接、射撃、速度
    と分けているのですが、それぞれのタイプごとにMSの動きがほぼ固定です

    若干モーションが違うものの、やってる事は殆ど同じであり、機体ごとの特性がステータスぐらいしか感じられない結果になっています
    仕方なかったのかもしれませんが、チュンチュンとビームピストルを連打するウイングやセラヴィー等は失笑レベルでした

    次にボイスが物凄く少ないです
    攻撃ごとにボイスがほぼ固定されており、同じ技を連打すると同じセリフを連打します
    セラヴィー辺りでチャージショットを撃ちまくると
    突破口を開く、突破口をひらk突破こうをh突破こうをひらく」
    等ととても笑えるというか気持ち悪い状態になります


    次にウリの一つであったはずのシチュエーションモードですが
    ユニコーンは当たり前ですが途中で終わり(2話までの内容なので物凄い薄い)
    何故かシードデスティニーが最長な不思議と、ステラが主人公(というか語り手)になるという誰得なキャスティング
    射撃一撃で落ちせるELSを淡々と撃ち落とし続けるだけの00のミッション

    UC、種死、00以外は「その他」扱いにされるありさま
    とまあ、正直散々な内容です


    さらにそのモード内でキャラクター同士の会話等があるのですが、勿論ボイスは無く
    各キャラクターも立ち絵が1枚しかなく(一部は違和感のある顔やサイズが違ったりする)
    宇宙空間なのに生身で会話するソレスタルビーイング
    艦内で非戦闘体制なのに、パイロットスーツのまま会話するUC組等
    違和感の演出に一役買っています



    さらに戦闘では覚醒(NT−Dやトランザム等)を発動するとカットインが入るのですが
    主役級以外はカットインは存在せず(イノベイターーはまだしもデュオすらない)
    さらにカットインも、気合いが入るものではなく、妙に落ち着いた表情で発動するため、これも違和感の演出に一役買っています




    そしてコレが個人的に一番の悪い点なのですが
    コンビネーションアタックといってゲージを貯めると、演出を含んだムービーが流れ攻撃を使えます
    多分このシステムに対して

    「アクション中にシームレスで演出攻撃が発動!」

    という売り文句で出したと思うのですが、シームレスと聞いてみなさんはどう言ったものを想像しますか?
    多少は人によるのですが「読み込みが全くない」というよりも
    「プレイ中にロードや演出等で止まる事なく動き続ける事ができる」
    という意味で感じる方が多いのではないでしょうか?

    少なくとも私の周りではそういう認識です
    と言う事で予想できそうですが、その通り

    「ただ読みこみでロード画面にいかないだけ」

    ただコレだけの事であり、演出中は行動不能になり
    画面に表示されたボタンを音ゲーのごとく押すゲームに早変わりです
    しかもこのボタン機体と技ごとに決まっており、暗記してしまうと最早ダルイ作業になりさがります

    しかもNPCは一定条件で「必ず」発動してくる敵が多く、毎回質の悪い音ゲーをするハメになります。しかも無駄に長いです
    デストロイガンダムx5討伐ミッションなんかは、演出見てる時間の方が動いてる時間より長いんじゃないか?ってレベルになります(5機とも必ず使ってくるため)
    使わせない方法とかあるのかもしれませんが、自分は見つけられませんでした



    最後に戦闘バランスのダメっぷりです

    何かの威力が高いとか、一部の機体が強いとかならば家庭用ですしどうでもいいのですが
    システム的に終わっています
    まず射撃がびっくりするほど弱い、近接機体で殴る方が倍近く減るし、当てやすいです
    正直、近接機x3が一番楽であり、特性の意味がありません

    そして最大のガンなのが「ガード」です
    単純に、〇を押せば全方位完全ガードになります(多少の削りはあるが、本当微々たるもの)

    これの対策のように「ガード崩し」といったものがココの記事でも紹介されてましたが
    あれはガード崩しではなく「ガード不能」です・・・・・
    つまりガードを崩して何かするのではなく、ガード不能の技が出るってだけです
    しかもそれでガードを崩しても相手が体制を崩すわけでも何でもなく、そのガード不能のダメージが入るだけです
    しかもこれが非常に減らない上に、敵のHPがクソ高い

    結果としてガードを駆使するNPCには物凄い時間を取られます
    ガード崩しをして・・・等という戦略性も無く、正直「ガードされてようがとにかく殴り続けた方が早い」という有様です
    しかもNPCは超反応でガード崩しを避けてくるという・・・w
    ちなみにコンボは繋がりません、余裕で割りこまれます
    3連斬を食らいながらも□連打してれば2と3の間に余裕で割りこめるレベル
    そしてやっぱり3発目が一番減るので、3発目だけガードされて思ったより減らないとかなります



    長くなりましたがまとめると

    スピード感やMSのグラフィックは十分な満足度を得られたが
    コンビネーションアタック(CA)でそのスピード感を台無しにされ、射撃の弱さで機体選択を台無しにされ、ガード関係の攻防の乏しさでアクション性を台無しにされ、稚拙な立ち絵と会話シーン、演出でキャラクターやストーリーを台無しにされた

    そんな感じのするゲームです

    使いたい機体が出ていて、スピード感のあるゲームがしたい
    と言う方にはある程度オススメできます。短時間なら割と楽しめます

    何と言うか、ユーザーの求める物と、クリエイターの提供する物のすれ違いを全力で感じてしまった
    そんなゲームでした
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月