オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リッジレーサー公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
43
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

リッジレーサー

リッジレーサー
公式サイト http://rr.namco-ch.net/rr_psvita/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 セリウス
発売日 2011/12/17
価格 ゲームカード版:3980円,DL版:3580円(2012年3月31日まで発売記念期間限定価格:2980円)いずれも税込
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
59
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 酷評されてたけど、されどリッジ 70
    • 投稿者:('A')(男性/30代)
    • 投稿日:2013/02/22
    良い点
    ・腐っても本家リッジな挙動。やはり走ってて気持ちいい
    ・ゴーストバトルのシステムが案外考えられてる(最速のゴーストが全てというわけでもない)
    ・車種ごとの差が表記上(最高速&出力)ないから無かと思いきや挙動差があり、車種によって好みが分かれる
    ・DUEL RACE(デビルカーとのバトル)のアシストが意外と面白い。他人視点で2週走って「あぁこうすればいいのか」と気付かされる
    悪い点
    ・散々言われているが、リッジレーサーパスを購入が前提のボリューム。
    ・LVがチューンと直結してるので、チューングレード落として遅い車で走りたいというときに手段がほぼない
    ・ほぼプレイの中心がゴーストバトルになるので、基本ネット必須(ネットなしで黙々とやるのはさすがにキツい)
    ・ゴーストバトルの相手選択時に、自分のタイムがどこにも表示されないのでどの辺ならいい勝負できる程度の相手なのかが判別つきづらい
    ・無料DLCの曲だけでも本数多すぎてVITAのインストール待機数をオーバーしてしまい一気に落とせない(苦笑
    ・DUEL RACEのアシストが同チームメンバ限定なので、過疎チームだと頼りないサポートしか受けられない可能性
    総評
    今更ながらVITA購入後、気晴らし用のレースゲームが欲しいと思ってPSPDLのリッジレーサーズ2と悩みながらこちらを購入。
    初期のボリュームのなさとDLCによる相殺分でどれぐらいかと気になったのもあって購入に踏み切ったが、確かにボリュームの無さはDLC含めても払拭出来ていないと思う。
    ただ、だからと言って駄作ではないと思う。ゲーム自体はやはり面白かった。まぁ不満点やあとちょっとの修正で良くなるのに、という点が多いのも事実だが。
    ----------この辺個人的感想というか改善点----------
    ・ゴーストバトルの相手選択がコースごとに分けられて、その上に自分のベストタイムがあったらいいなぁとか
    ・自分の放流したゴーストが誰に倒されてどれがまだ生き残ってるのかリストがあれば良かったなぁとか
    ・レースをリトライしたら曲が停止せず流しっぱなしで即再戦とかできたらいいなぁとか(リトライするとDJコメントから始まる=曲が止まって最初からになる)
    ・リッジレーサーズ2にあった「おまかせワールドツアー」とか欲しかったなぁとか
    ----------ここまで----------
    ただ、それでも腐ってもリッジというか、走る楽しさはやはり健在だったので個人的には駄作ではなかったな、という感想。
    パス購入後の追加車種は(スペック表記は同じでも)曲がらない直線番長だったりドリフト開始したらフロントがすっ飛んでくぐらいじゃじゃ馬だったりと思いの外個性があって、もしかしてと初期車種を乗り比べたらパス追加車種ほど強烈ではないものの差が分かる程度には個性があった(特性調整で打ち消すことも可能だが)

    不満点吸い上げて完全版とか出してもいいんじゃないかって感じで、ちょっと埋もれさせとくには勿体無い気がします。
    まぁそれもボリュームというかコース数をきっちり揃えてきて初めてスタートラインでしょうけど…いやはや何とも勿体無い…
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 3 2
  • リッジらしさは感じられるが、ボリュームが圧倒的に不足 50
    • 投稿者:D.D.(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/10
    良い点
    ■進化したビジュアル
    携帯ゲーム機としては圧倒的な画質を誇るVita向けなだけに、グラフィックもリッチに進化。
    車やコースモデリングのみならず、車体とコースが接触して飛び散る火花(しかも地面との接触判定有り)、アルティメットチャージ時の火柱の演出や
    被写界深度(写真のようにピントが合っていない遠方の背景がボケる処理)とかも入っており、
    据え置き機と比較しても遜色しないレベルに到達しています。


    ■いつも通りの軽快なリッジサウンドに+α
    メインテーマ(?)のDIGITAL HORIZONやINTO THE LEADを始め、今回も良い曲揃いです。

    また、メニューを決定して行くに従って、メニュー曲がアレンジされていくだけでなく、
    ドリフトやジャンプ時に曲が篭もる据え置き機で実現されていた演出の他にも、
    コースなどにぶつかると曲の音量が下がったりする演出(大衝突すると無音になる)など
    音に対するリアルタイムな変化もパワーアップしています。

    サウンドチームの方々は、毎回良い仕事をされてます。
    悪い点
    ■全体的なボリューム不足
    車種5つ、コース3つ(逆走含めて6コース)。
    しかも、コースは新規じゃなくて全部過去タイトルで遊び尽くしたコース。
    一つでも新規のコースがあるのでしたらまだ新鮮味があるのですが....
    旧作からプレイしているユーザーとしては、うーん...と言う感じです。
    グレードが上がってもコースの攻略法は殆ど変わらないため、新鮮味にも掛けます。

    レイジレーサーより、シングルモードは何らかのキャンペーンモードが実装されていたのですが、今作は1レースのみのSPOT RACEかTIME ATTACKのみ。
    原点回帰?ともとれるかもしれませんが......
    キャンペーンモードクリアが目的となっているユーザーは、継続してプレイするモチベーションが直ぐに無くなり、飽きが早いかもしれません。
    (まぁ、収録コースが少なすぎて、キャンペーンモードが成立しにくいかもしれません。)


    マシン強化マップもかなりスカスカ。
    実際に使えるユニットが20個であるのに対して、ヒント(次に得られるユニットの概要)が20個とNO UNIT(意味なし)が28個とか、ギャグでしょうか?
    エンジングレードをアップさせるとか

    発表時は安さも取り沙汰されていましたが、実際の所、もっと安い値段(パッケージ2980円/DL版2500円)で販売している「ダーククエスト」の方が長くがっちりと遊べました。
    と言う事もあって、DL版の限定価格2980円でも「高い」と感じてしまいます。
    今後、DLCで車種やコースを追加していく予定らしいですが、現在予定されている5月までのDLC全部含めてやっと値段相応と言う感じで、他人に勧めにくいです。


    ■UI周りで粗が目立つ
    マシン強化マップでは、何故かガクガクとフレームレートが落ちる。(そんな負荷が掛かるようには見えないのに)

    戻るアイコンとボタンがパネルが重なっている状態で、戻るアイコンを押しても、前画面に戻らなかったり、
    戻る所か重なっているボタンパネルが動作したりする。

    後、インターネットバトルでルームの参加に失敗する(結構頻繁に起こる)と、即トップメニューに戻され、
    「WORLD RACE」⇒「インターネットバトル」⇒「オーナー/ゲスト選択」⇒「ルーム選択」
    を再度入力しなければならないとか、何とかならないのでしょうか?

    また、背面タッチによるパドルシフトは、ほんのちょっと背面タッチパネルの隅に触れるだけでシフトチェンジが暴発してしまうため、非常にやりにくいです。


    ■プラネタリーリーグってどうなん?
    世界中のプレイヤーと協力・競い合っていくと言うアイディア自体は悪くないですが、実際のレースでは、共に戦っていると言うか繋がっていると言う実感に乏しいです。
    チームメンバーのみにスリップストリームの効果が上がるとか、チームメンバーが近いとニトロが増加するとか、そういうユニットがあっても良いんじゃ無いかなと。
    後は、折角常時ネットワークに繋がっているをアピールしているVitaですから、7のワールドコネクター様な「繋がっている感」をもう少し演出する何かが欲しかった所です。


    ■ネットワーク対戦がかなりおかしい
    私の無線LANの環境のせいかもしれませんが、よく他車の同期が取れなくなります。
    車がワープしたように見えたり、1位でゴールしたかと思ったら実は3位でした〜とかよく起こります。

    最悪なのが、敵車が纏めてコーナーの壁に向かって衝突したままになる事。
    この状態になると自分一人だけ1位で走る事になりますが、ネットワーク対戦している相手は、普通に走っています。
    この際、デッドヒート設定(順位が低いほど最高速度が上がる設定)だと、自分だけ通常速度のまま(1位なので)なのに、相手はデッドヒート設定により確実に自分より最高速度が上昇し、ほぼ最下位確定です。
    総評
    かなり酷い評価ばかり目立ちますが、殆どが「ボリューム不足」と「モチベーションを維持する幅」が狭い事に起伏してます。
    (特にPSPのリッジレーサーズは、全てが神懸かっていました。)

    本当にリッジシリーズが大好きで、自分で目標を立てて、絶えずタイムアタックに挑戦する様なストイックな方にしかお勧めできないタイトルになってしまっているように感じます。

    但し、プレイ感覚からリッジらしさは全く損なわれていません。
    その点だけは、安心して良いと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 2 1
  • 流石に・・・ 30
    良い点
    ・綺麗なグラフィック

    ・DLCを含め豊富なBGM

    ・派生に幅のある車両強化

    基本的にグラフィックなどはPSPから正統な進化をしていると感じました。
    遠い背景の細かさなんかに、Pメモリや描写能力の向上が見て取れます。
    DLCによりBGMが豊富で(現在進行形)、自分の好きだったシリーズなどの曲を探すのも面白い。
    悪い点
    どうにもこうにもボリュームが無い。体験版と言われても疑わないかも。
    コースは3種類のみ、リバースと合計で6種類(苦笑
    確かにローンチタイトルであって、手探りである部分は多かったとも思うが、
    「新ハードが出たらとりあえずリッジレーサ」という認識は今回で無くなってしまった。

    PSPのリッジより全くやり込めない。

    隠し車両のアンロックを頑張って解いてく楽しみ方も今回はお預け。
    数種類の車両を選びカスタマイズするだけ、後の車両はDLC待ち。
    オンライン時の勢力解析などのムービーが長々しく、毎日見なければいけないのにスキップできないのも悩ましい仕様。

    2月の終わりまで安売りしてるDLC前売り券で5月からマトモに遊べると言われているが、
    むしろちゃんと開発を終えてから5月に発売すべきタイトルだったのではないだろうか。

    5月のDLCが十分なものと過程して、最低でも合計で4000円はかける事になるので、
    「ボリューム無いけど3000円で安いから買う」という物でも無い。
    総評
    進化を肌で感じれるグラフィックが魅力、それだけで買う価値はあり。
    DLCも今のうちに予約して待っておけば、4000円でそれなりに楽しめる日が来るはず?

    ただし、
    本当にリッジが好きなユーザー以外では、時間をかけ辛いボリュームであり、
    どっぷりとタイトルが揃うまで遊んで待つようなやりこみ要素は少ない。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 1 1
  • 発売記念価格の内に買うのがオススメ 70
    • 投稿者:エウ(男性/20代)
    • 投稿日:2012/01/31
    良い点
    グラフィックはとても綺麗
    トロフィー集めるのが簡単
    オンライン対応している
    レースは各コース正方向、逆方向走行できる
    BGMが増えてきたので少し楽しくなってきている
    マシン強化や、ドリフトを自分に調整するのが楽しい
    悪い点
    コースが3コースしか無い
    メニュー画面のロードが長い
    オンラインでルームが解散した時、最初のメニューまで戻される
    オンラインがメインにも関わらず、オンラインの機能が凄く物足りない
    1人で遊ぶ要素(グランプリ)がないため、人によってはすぐ飽きる
    オンラインでレース開始時、謎の衝突が発生し、耳が痛くなる
    オンラインでラグってるマシンがたまにいるのですが、ビリから急に1位になったりとか、急にぶつかってきて壁に衝突させられ、速度がガクーっと下げられます、おそらくすごくむかつくと思います。
    ラグって人が1人でもいると、自分が1位でゴールした後のランキングで、自分がビリになってることがあります
    総評
    いろいろと不満な事書きましたが、発売記念価格で2980円なので、グラフィック面や値段の安さからすれば、vitaで最初に手にするソフトとしては良い1本かもしれませんよ。
    今後DLCでコース数や車種数、BGMが増えることを期待して待ちましょう
    いつか、PSPのリッジレーサーズ2の要素を超えることでしょう

    ※(対象となる有料DLCまとめて前売り権2月〜5月上旬)リッジレーサーパスが2月16日〜2月29まで1000円なので、2月29日までに買えばほとんどの有料DLCが1000円で買えると思います。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 3 2 1
  • 特別価格の内に買うのがオススメです♪ 75
    • 投稿者:キノサキ(男性/20代)
    • 投稿日:2012/01/30
    良い点
    良い点としては、まずは何より、グラフィックがとても綺麗な事です。
    PS vita の有機ELの性能を十分に体感できるソフトだと思います。
    また、レースは各コース、正方向、逆方向、どちらでも走行できるので、飽きてきたら設定を変えて逆走することで、今まで見えなかった景色に出会えたりして、新たな発見があったりします。
    そして、オンライン対戦に対応しているため、ゲームをやりこんでしまっても、世界中のあらゆる強敵と対戦できるため、末長く遊べるでしょう。
    vitaの機能を使って、会話しながらレースするのも面白いかもしれませんね。
    悪い点
    悪い点としては、自分はレースゲームに関して詳しくわからないのですが、コースが3コースしか無いのは物足りない気がしました。
    総評
    コース数や車種数には多少不満がありますが、期間限定版が2980円だということを考えると、グラフィック面等から考えても、vitaで最初に手にするソフトとしてはもってこいの1本かもしれません。
    今後のダウンロードコンテンツにも期待です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 3 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月15日〜06月16日