オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
戦国無双4公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

戦国無双4

戦国無双4
公式サイト http://www.gamecity.ne.jp/sengoku4/
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元 コーエー(現コーエーテクモゲームス)
発売日 2014/03/20
価格 パッケージ版 7560円,ダウンロード版 6600円,TREASURE BOX 1万3440円,アニメBOX 1万290円(すべて税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
75
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • アクションで盛り上がった分ストーリーで盛り下げる作品 60
    • 投稿者:ksk(男性/30代)
    • 投稿日:2015/09/10
    良い点
    ・新搭載の神速攻撃など、アクションの爽快感はシリーズ随一
    ・使用キャラが多く、色々なバリエーションのキャラが楽しめる
    ・武器をキャラ間で交換可能なので、初期武将でも最初から強い武器が使用可能
    悪い点
    ・ifストーリーが存在せず、ゲームとキャラのセリフに矛盾が生まれることがある
    ・盛り上がりに欠けるステージが多く、1度クリアすると飽きる
    ・本編での出番がほぼない、いるだけ参戦の武将や勢力が少なからず存在する
    ・流浪演武は手抜きかと思うほど単調ですぐに飽きる
    総評
     アクション面は三国含め歴代無双シリーズでも屈指の爽快感だと思います。特に新搭載の神速攻撃は素晴らしい。無双ならではの簡単操作で大群の中を縫うように高速移動しながらバッサバッサ敵兵を切り伏せていく楽しさは、他のゲームでは味わえないものだと思います。

     ただ、ゲーム部分が素晴らしいのと同じくらいストーリーは出来が悪い。その最大の原因が、ストーリーに歴史のIfが存在しないこと。つまり、このゲームの長篠の戦いでは織田鉄砲隊を全滅させようが武田軍は大敗しますし、大坂の陣では必ず大阪城は落城します。
    だから史実で負け側の勢力で戦うと、いくらゲーム上で自軍圧倒的有利な状況になろうがイベントで無理やり負けたことにされるわけです。
    相手が敵総大将1人しか残っていないのに、なぜか味方キャラは悲壮感たっぷりに「せめて最後に一矢報いる!」。
    おそらく製作者側からすると感動的なシーンのつもりなんでしょうが、プレーしてる側からすればただのギャグシーンです。

     当然感情移入などできるはずもなく、アクションで感じた爽快感がストーリーによるモヤモヤ感で埋め尽くされて、クリア後に妙な不完全燃焼感が残る、そんなゲームになってしまいました。アクション面が素晴らしいだけに、本当に勿体ない作品だと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 1 3
  • まさしく、「一騎当千の戦国無双」になれた渾身の1作。 90
    良い点
    ・神速アクションの追加
    高速移動と広い攻撃判定を兼ね備えた、今作の目玉。以前までのチャージ攻撃1段目に変わって発動し、武将のレベルアップに連れて6段目まで発動可能。これにより、敵の群れに突っ込んで一旦止まって攻撃して、という点から点の移動ではなく、移動攻撃しながら敵の群れに突っ込むという、線でつながる動きをすることが出来るようになった。ただし、武将には弾かれるという弱点もある。

    ・ワラワラ感マシマシ
    これまで戦国無双というと、三国無双に比べてワラワラしないイメージがあった。だが、今作では1000斬は当たり前、頑張れば2000を超える撃破数を叩き出せるように。神速との相乗効果もあって実に爽快。

    ・武将関係
    今作ではメインとパートナーの二人分武将を選んでプレイするようになった。その関係で、使える武将が一気に増加。新武将に加えて、久々に五右衛門、武蔵、小次郎、阿国などが帰ってきた。また、クロニクル武将(直虎、高虎)もフォロー。2人ずつ使えても、手に余るぐらいの武将数に。

    ・武器
    ここは評価が分かれやすいと思うが、自分はいいと思ったので。今作の通常武器は1種類のみで、付加される技能(攻撃UPや炎属性といったもの)のみが変わる仕様。よって、いい技能が付いてるのに弱い段階の武器だった、ということがなくなり、技能の取捨選択のみに力を入れやすくなっている。

    ・無双演舞(ストーリー)
    今作は三国シリーズと同じく、勢力別ストーリーになっており、時系列がおいやすくなった。また、ストーリーで好きな武将がハブられると言った事もなく、割と満遍なく使用できるようになった。

    ・流浪演舞
    エディット武将を使って全国を旅し、様々な武将とのイベントを、戦場での出会いを通じて描かれるモード。これが非常によく出来ていて、各無双武将の意外な一面を見れたり、仲良くなった武将と共闘できるようになったり(モブ武将であっても)、好感度によって戦場でのプレイヤー武将に対する台詞が代わったりと、実に凝っている。また、今作では取得条件の面倒くさいレア武器も、このモードで簡単に取れるようになっている。
    悪い点
    ・ミッション表示
    ミッションが発動すると、一々ボタンで表示を消さねばならず、馬で走っていると強制的に止められるので、鬱陶しい。一応オプションで表示OFFに出来るが、気づきにくい。

    ・パートナー武将の動き
    護衛設定したときに顕著だが、護衛してくれない。護衛で呼んで一旦は傍まで来ても、いつの間にかあさっての方向に行ってしまう。そのため、自分の傍に待機命令するほうが結果的には護衛になっている。その場合、一々地点指定しなおさないと着いてきてくれないが。というよりは地点指定待機が万能すぎてほかの命令を使うことがまずない。

    ・ミッション指示が遅い
    無双にはありがちなことであるが、ほかの敵を倒した報告や、キャラの掛け合いなどがかぶって、ミッション地点に来ても表示がとてつもなく遅れることがある。何が困るかというと、「無双乱舞で武将を倒す」「一定コンボ数の後に武将を倒す」「指定順で武将を倒す」といった、倒す方法が限定されるミッションが、それが判明する前に撃破してしまうことがある、ということ。特に流浪演舞にありがち。無双演舞はどこで何が起きるかすべて決まっているので、覚えてしまえばそれで終わりだが、流浪のほうはミッションはランダムのため、うっかり倒したあとにミッションが判明して失敗扱いにされてしまう。お金や士気に関わるだけならいいのだが、物によってはレア武器取得にも関わるので、今後パッチが出るのであれば、ミッションの表示優先度を上げていただきたいと思う。(2014/4/9現在)

    ・エディット武将のパーツ
    今までのエディットモードと比べるとずいぶん出来ることは増えた。だが、オンラインゲーなどと比べるのは酷だとは思うが、パーツが少ない。特に髪型と声。髪型は髪の流れる方向が逆になっているものを1個ずつでカウントしているなど、水増し感がすごい。声も基本4種+声の高低のみのエディットで、もうちょっと何とかならんのかと。DLCでもいいから対応してほしいところ。加えていえば、顔のエディットなども妙にリアル志向で、(賛否あると思うが)そんな洋ゲーっぽい顔のつくりにさせなくても、と思う。同じコーエーの討鬼伝みたいな顔立ちでいいと思うのだが。

    まぁ後細かい不満点はあるが、どれも我慢できる程度のもの。
    総評
    戦国無双2までしかプレイはしていなかった(戦国3Zはスルー)、以前のミッションの面倒くささや、爽快感のなさは完全に払拭され、非常に丁寧に、”無双”ユーザーが求めるものへと進化した1作になったと思う。いつもなら露骨に見える、どうせ猛将伝出るんだろ、という雰囲気も今作ではほとんど感じない(実際出るかどうかはさておき)。
    ストーリーにおける賛否両論はあるだろうが、どうせ無双だしそこは個人の裁量の範疇だと思うので、良い点悪い点では話題にしなかった。
    現在50時間以上遊んでいるが、まだ飽きない(主に流浪演舞)。次回作でもこのぐらいのクオリティ期待しています、コーエーさん。後エディットもうちょっと頑張って。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月