オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ウルティマ オンライン公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:25
レビューを投稿する
海外での評価
59
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

ウルティマ オンライン

ウルティマ オンライン
公式サイト http://uo.com/
発売元 エレクトロニック・アーツ
開発元 Electronic Arts
発売日 1997/10/17
価格 1554円/月
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
82
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • オンラインゲームの始祖、そして失われた楽園 90
    • 投稿者:Bob.M(男性/20代)
    • 投稿日:2015/12/18
    良い点
    ○凄まじく高い自由度
    ○自分が冒険者となって物語をつくる快感
    ○要求スペックの低さ
    ○ハウジングの楽しさ
    ○月額課金という分かりやすい料金形態
    悪い点
    ×人がいないと本当の楽しみを見出せず、また現在では恐ろしく過疎の状態になっている
    ×開発されたのがかなり過去のことであるため時代遅れのグラフィックであることは否めない
    ×辛いことも嬉しいこともひっくるめて冒険者だというスタンスが崩壊してしまった
    総評
    Ultima Online。
    オンラインゲームが始まったばかり、インターネットもまだ現代ほど普及していなかった時代。
    そこで多くの冒険者を受け入れてきた歴史に名を残す最高のおもちゃ箱。
    このゲームの良い点は何よりもその自由度の高さに尽きる。
    戦士となって最強を目指すもよし、魔法使いとなって魔法を操るもよし、鍛冶師や裁縫師となって冒険者に寄り添う装備品をつくるもよし、挙句の果てにはスリや乞食、作家にだってなれてしまう世界最高のおもちゃ箱。
    冒険者として生まれたあなたは広大なブリタニアで何をしても良いのだ。

    今までオンラインゲームを何作もプレイしてきているが、これまでUltima Onlineを超える作品には出会ったことが無いと断言できる。
    現在では既に引退をしているが、それでもふとUltima Onlineの世界が懐かしくなって、恋しくなって、切なくなって、そして泣き出したくなる気持ちに襲われる。
    そんな感情を与えてくれるゲームが他にあるだろうか。

    多くのゲーマーを魅了して育ててきたUltima Onlineに対してグラフィックが古臭い、過疎っていると言ってしまうのは簡単だが、少なくとも全盛期のUltima Onlineを知り、愛したユーザーはこのブリタニアを故郷と感じていることだろう。
    もう会えないAsukaシャードの冒険者たち、かつては憎く感じたPlayer Killer、オスタードに乗って駆け抜けた大地。
    あの何気ない時間が、今でも私の胸を締め付けている。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 5 5
  • 安心感のあるMMORPG 80
    • 投稿者:たかぽん(男性/40代)
    • 投稿日:2013/05/02
    良い点
    ○世界が広く自由に移動できる
    ○スキルバランスが良く強くなりすぎない
    ○家が持ててカスタマイズもできる
    ○ベースが月額課金なので過度に金を要求されない
    ○戦士キャラは自動で攻撃してくれる
    ○ソロでもパーティでも楽しめる
    悪い点
    ×プレイヤー数が減っている
    ×冒険なのに安全すぎる
    ×対人プレイがやりにくい
    総評
    初期のカオスな英語版と緩い日本語版の両方をプレイしました。既に引退済みです。
    世界が広いのは本当です。5年ほどプレイしましたが、戦闘特化型キャラがいなかった影響もあり、まだ半分くらいは行ったこともないエリアです。
    ゲームの世界にはまり込んでいる人が多く、自分の設定したキャラクター設定にしたがってちゃんとロールプレイしている人をよく見ます。
    初期アイテムはNPCが販売していますが、多くの優良アイテムはPCが家で販売しているので、売っている店を探すのがとても楽しく、私はそういう手間暇をかけて転売でも多くの財産を築きました。
    ただ、ゲームシステムが年々過保護になっているので、ゲーム中の緊張感はあまりなくなってきたように感じます。
    たとえばアイテムには保険がかけられるため、「超高価なアイテムを装備してるのにここで死んだらどうしよう!?」と心配することはあまりないです。
    また、私は裏の顔として対人エリアでスリをやっていましたが、これも過疎と保険の影響でやりにくくなりました。
    ただ過疎といってもプレイヤー減少という本質的な過疎が半分と、拡張を重ねた結果プレイヤーが冒険できるエリアを必要以上に広げすぎたことも影響しているでしょう。
    とはいえ本来この世界に存在しなかった設定や家が建てられるエリアを追加したことなど、開発元が新規プレイヤーに媚びすぎたのは失敗だと思っています。
    それでもMMOとしては今でも最高クラスです。人さえいれば。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 5 5 5
  • 15周年は伊達じゃない 80
    • 投稿者:ほむら(女性/40代)
    • 投稿日:2012/08/05
    良い点
    ○広大な世界
    ○キャラクターのスキル構成が自由で豊富
    ○15年の歳月を経た歴史を感じる風土
    ○家のカスタマイズが秀逸

    ○期間限定クエスト等がない
    (あったとしても、やるやらないの選択に精神的負担は低い)
    やらないと選択すると、ゲーム上で不利になるシステムではないので、
    プレイヤーの都合で判断ができる

    ○ガチャがない
    RMアイテムは存在するものの、買わないと上記同様
    大幅に不利になることはありません。
    (買ったらちょっと便利程度です)
    悪い点
    ○アバター等がやはり古い・・・?
    見慣れてしまえば違和感はないのですが、
    昨今のオンラインゲームのアバターのように美麗だったりはしません

    ○あまりに自由すぎる
    総評
    プレイを初めて早いもので10年を超えました。
    同じゲームが15年続くという事は
    当たり前のようで、当たり前でないことなのです。
    古いプレイヤーの中には、昔と今のUOは全く違うゲームだという方もいます。
    確かにそうです。
    そんな意見さえも飲み込んで進んでいくのがUOなのだと思います。

    遊べる内容の自由度は、誰もがおっしゃる通りです。
    生産・戦闘(PvP/PvM)・その他RP等、何をしろという指示もなく自由です。
    中でも秀逸だと思うのは、ハウジングシステムです。
    1アカウントで家を一軒持つことができ(広い世界の空き地から探します)
    お店を開店したり、カフェや酒場を経営したりする方もいらっしゃいます。
    家の内装・外装はとにかく幅広く、
    公式のコンテストや特化したファンサイトもあるほどです。

    昨今目につくような、とにかく少しでも課金を増やそうとするシステムは
    ゲーム内にはほとんどありません。
    月額制・約1500円です。

    惜しむらくは、最もプレイヤーの多いという日本サーバー(数個あります)
    の中でも、過疎化が進んでおり
    人が多いサーバーと少ないサーバーは顕著です。
    私はいわゆる過疎サーバーでプレイする身ですが、
    イベント時には意外と人が集まってくるので、
    過疎過疎いわれながらも、住めば都の風情ではあります。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 5 5
  • 15年継続している価値 90
    • 投稿者:kei(男性/30代)
    • 投稿日:2012/07/15
    良い点
    ・15年も継続しているオンラインゲーム
    ・2Dのクライアントなら古いパソコン、日本サーバーなら
     ADSL以前の回線でも十分プレイ可能(PvPは除く)。
    ・ガチャのシステムは無し。月額課金のみ(1ヶ月1,554円)
    ・年齢層が幅広い(10代〜60代)
    ・精神的に大人の方が多い。
    ・楽しみ方はプレイヤーの想像力と実行力があれば無限大。
    ・PvPは日本サーバーが一番盛り上がっている。
    ・レベル制では無くスキル制(スキル58個から自由に選択して使えるので複合職が自由自在)。
    ・モンスター相手の狩りもPT組まずにソロでスキル値MAXまで上げられる。
    ・アイテムの数が膨大。家の内装アイテムは、ほぼ生産職で作成可能
    ・1アカウントに1件家を所有できて、その家で商売も出来る。
    ・家も小さな家から城まで幅広く、砦と城以外は自分でカスタマイズが楽しめる。
    ・プレーヤーに近い各サーバー専属の運営スタッフによるイベントが
     毎月どこかのサーバーで行われている。
    ・引退しても復帰する人が多い(特にPvP分野)
    悪い点
    ・過疎なサーバーは、ほぼオフラインゲーム状態。
    ・一部非公認ツールを使っている人がいる。
    ・何でもできる為、ハマルとリアルにまで影響をきたす人も。
    総評
    今まで数多くのオンラインゲームをプレイした中で10年以上
    継続してプレイしている作品はコレだけです。

    オンラインゲームですから、良いところもあれば悪いところもあります。

    普通のオンラインゲームでも過疎が酷ければゲームのサービスが終了するものです。
    しかしながら、過疎といわれながらも15年も続いているオンラインゲーム。
    他のゲームがつまらなくてこのゲームに辿り付く新規プレイヤーもいます。

    引退した人でこのゲームについて評価が低い人は、案外、酷い止め方をしてる方が多いかも。
    評価が高い人は他のMMORPGもプレイしてみて比較してみても古いゲームにも関わらず
    評価する理由がありますので、他の方の評価も是非参考にしてみてください。

    ここでは、このゲームにおけるPvPに絞って話をします。

    長年このゲームをやってきましたが自由に色々できる以上にプレイヤー同士の戦い
    (PvP)が一番の醍醐味であり楽しい遊び方と感じています。

    このゲームのPvPは良い装備とプレイヤーのテクニックが要求されます。

    しかしながら装備に関しては近年の新生産システムの導入により比較的
    容易に皆が同等の装備を持てることが可能になりました。
    でもどんなにレアなアイテムだけ装備してもテクニックが無ければ勝てません。

    4〜5年一般的にmob相手メインにプレイされてきた方々十数人でさえ
    貧粗な装備でテクニックのあるPK数人で壊滅させるのも日常茶飯事です。

    それだけ、操作量や速度、タイミングや必要な反射神経などをとっても
    MMORPGのPvPというよりは格闘ゲームに近いからです。
    ユーチューブなどでUO PvPで検索かければその動きや意味を
    垣間見ることができるでしょう。

    こういう圧倒的に実力差に開きがでるPvPシステムによりこのゲームで
    PvPを数年プレイして、他のゲームを最新のオンラインゲームをプレイすると
    そのコンテンツ量の少なさと単調さに作業感しか感じず、飽きてまたこの
    ゲームに戻ってくるPvPプレイヤーは多いのは事実のようです。

    でもソロだけ楽しみたいという人には、古いゲームの為、オススメできない。
    国内のオフラインの家庭用ゲームか欧米産の最新のオンラインゲームをオススメします。
    基本無料系でガチャを採用している国産オンラインゲームはバランスが酷いもの
    ばかりなのでオススメできない。

    とことん他人と競い合いたいという、PvPを仲間と楽しみたいという人には
    このゲームは数年は楽しめる作品です。

    ベテランだろうが1年くらいしかプレイしてなかろうが、強い人が勝つ。
    そういうMMORPGのPvPが出来るゲームは少ないのでオススメです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 4 5
  • Online Gameの祖 50
    • 投稿者:hidemi(女性/30代)
    • 投稿日:2012/04/17
    良い点
    ・自由度が高い

    ・低スペックPCでOK

    ・プレイ時間は自分で調節できる

    ・知り合いが増えた

    ・Lvではなく自由なスキル制

    ・Pスキルがモノをいうゲームの根本的な要素を備えていた(昔はですが…)
    悪い点
    ・既存プレイヤーを大事にしなかった

    ・プレイヤーに媚び、無理やり新規プレイヤーを増やそうとした(そして新規も古参もいなくなった)

    ・過疎化

    ・マンネリ化を防ぐためのUpdateといえばさらに強いモンスターを出すことの繰り返しだった

    ・今はわからないが、昔はとにかくGMの対応がひどかった
    総評
    初めてプレイしたOnline Game。もう12年ほど前になります。
    UORの後期、TDの少し前にはじめました。
    当時はあまりGameの種類が無かったので、UOも人が沢山いました。
    プレイしてすぐに嫌がらせを受け、騙され、殺され、身包みはがされ…それでもプレイし続けました。どんだけ打たれ強かったんだ私って感じです。
    それでもこのゲームが面白かったのは、ゲームの内容よりもむしろ人とのコミュニケーションが理由だと思います。
    UOを辞めてから色々なゲームをしましたが、このゲームのコミュニティが一番強かったと思います。仲間意識も強かった。。。
    ゲーム側はむしろプレイヤーをほったらかしにして、プレイヤーが自分達で楽しみを作っていくという最近のゲームではあまり考えられないスタイルでした。
    ギルド内イベント等も活発でした。

    始めたころには既にトラメルが出来ていましたが、フェルッカにもまだちらほら人がいました。ところが悪名高いパブ16導入のあたりからUOが根幹から揺らぎ始め、MAX100のSkillシステムがなくなったと同時にバランスが一気に崩壊し始めました。そしてさらに無理やりアイテムゲーム化を進めていった結果、それまでの長期プレイヤーががんばって育ててきたキャラや財産等を全く無視し、古参を切り捨て新規プレイヤーを呼び込むやり方に多くの人が落胆し引退していきました。
    UOはゲームそのものよりも他人とのコミュニケーションが楽しいゲームなので、誰かが辞めれば他の誰かが連鎖的に辞めていきます。私もその流れで引退しました。

    この前久しぶりに無料アカでログインしてみました。
    かつて活況だったブリ銀前にはほとんど人はいませんでした。
    残念ですが、もうこのゲームに未来はないでしょう。
    もっと魅力的で楽しいゲームは他に沢山あります。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 3
  • 新規ユーザーに来てほしい 80
    • 投稿者:Red(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/03
    良い点
     このゲーム、とにかく「自由」です。
    モンスターを狩る、PKとして名を馳せる、誰もが知っている有名店目指して商売する、ハウスデザインに凝る。
    すべてがロールプレイの世界であり、そこではなりたいものになれるのです。
    自分の得意分野を生かして、その世界に根付くのも悪くないのでは?
    決まった目的というのはないので、のんびりまったりできるのも魅力の一つです。
    ユーザーが趣向を凝らしてUOという世界を作っていく…まさにRPGの原点ともいえるでしょう。

    あと、PCの要求スペックが低いので、それなりの性能のPCでもサクサク動くのも嬉しいですね。
    悪い点
    ・「自由」な分、新規に始めた時何をしていいか分からなくなります。
    ある程度プレイしないと面白さがわかってこないので、「UOの楽しみ方」を教えてくれる人と出会うことができなければすぐやめてしまうかもしれません。

    ・グラフィックが、今時じゃない。
    アメリカのゲームらしいと言えばらしいのですが、ちょっととっつきにくいイメージがあります。

    ・ユーザーが懐古主義すぎる
     古参ユーザーと話をしてると「あのころはよかった」みたいな話に必ずなります。
     すべてが悪いわけではないですが、中にはくどい人もいるので、ちょっと注意が必要かも?
    総評
    良くも悪くも、他人との繋がりがプレイに影響するゲームです。
    一緒に楽しめる人と出会えれば、末永く楽しめることでしょう。
    逆に、他人とのコミュニケーションを取らなければ、まったく面白くないゲームとなります。
     「ONLINEGAMEは、システムじゃなくユーザーだ!」というのが一番よくわかるゲームです。
     
    色々と文句を言いながらも、復帰する人が後を絶たないのも「UOが楽しい」ことを知っているからでしょう。

    新規の人は、ログインした後、いろいろな人とコミュニケーションを取って、世界に馴染んでいただきたいですね。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 4 4 4
  • お勧めできません 20
    • 投稿者:kuni0(男性/30代)
    • 投稿日:2010/12/24
    良い点
    ゲームマスターや電話でのサポート有り
    2Dクライアントなら古いパソコン、日本サーバーならナローバンドでも動作
    月額課金でガチャがなく、リアルマネーで手に入るアイテムは買う必要がありません
    ハウジング(家関連)が秀逸
    アイテムを沢山所持できる
    1シャード(サーバー)あたり最大7キャラクターを持てる。そしてワールドワイドにサーバー有り
    ソロプレイが可能
    騎乗速度が速くて快適で、移動魔法も便利
    過疎なのでゴールド稼ぎBOTを見かけないし、アカウントハックの話も殆ど聞かない
    悪い点
    どうしようもない過疎
    現時点で13年続いているが、13年分のコンテンツを期待してはいけない
    違法ツールや画像変換チートは事実上放置だが、自動検知してると言い張っている
    2次パスやワンタイムパス未導入。アカウントハックの調査・補償無し
    アカウント売買やリアルマネートレードの黙認
    グラフィックスと音楽の悪さ、中途半端な日本語ローカライズ
    3Dクライアントのユーザーインターフェース、誰でも簡単に気付くバグ
    大型拡張の開発期間は比較的長いが、簡単に直せそうなバグもそのままリリース
    盗めず、壊れず、無くならないアイテムが多く、アイテムが氾濫している
    強いmobやアイテムをどんどんだしていく、いわゆるドラゴンボール状態
    総評
    かつては平日でも大混雑して、多数の人に支持されていたゲームでしたが、2003年からプレイヤー数は右肩下がりです
    mmogchartで検索をかけてみてください
    現在は週末や連休中のコアタイムに頑張っても、数十人しか見つけられない事でしょう
    そしてヤング(新規)プレイヤーを、全く見ることはありません
    つまり新しく始めた同士の人が、パーティを組んで遊ぶということは事実上不可能なのです
    ゲーム内アイテムの取引掲示板はかつては非常に盛況でしたが、現在は売買ともにほとんど行われていません

    ゲーム内も取引掲示板も過疎、つまり、今は支持されていないMMORPGなんです
    高得点のレビューによくある「自由度の高さがウリ。浮気しても結局このゲームに戻ってしまう」などの定番の文句に騙されないでください
    興味のある人や復帰を考えている人は、まず無料の新規アカウントを取得してお試しプレイをするのを強く勧めます
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 2 3
  • 新規の人にはちょっときついか? 90
    • 投稿者:tyonan(男性/40代)
    • 投稿日:2010/11/27
    良い点
    自由、設定がリアルなので、殺人とか盗み、のぞきとか乞食とかまあいろいろネガティブなプレイも出来るところがいいですね。みな新規の人がきついことをわかっているので、声をかけるといろいろ親切に教えてもらえます。

    教えると言うことに関しては、賛否両論あるので自分で道を切り開くというドキドキを体験したければ、とにかくフィールドに飛び出していくことをおすすめします。
    わたしも実際そうでした。

    レベルという概念がないので社会人の人でもゆっくりプレイが出来る点もいいと思う。
    基本無料、アイテム課金とちがって、リアルマネーがないといまいち楽しめないということがない。
    悪い点
    SAクライアントの動作がまだ不完全です。
    昔に比べていろいろ複雑になったので、何も調べず、何も聞かずというプレイはきつくなってきたのかなあ・・・

    言い換えれば、型にはまったプレイスタイルでないとなかなかいい生活を手に入れることが出来ないということかな。
    総評
    基本無料アイテム課金のオンラインゲームは本当のゲームでは無いと思う。パチンコみたいなものですね。UOにはいろいろな嗜好が凝らされていて、作りこまれてるなあと思う。最近はいろいろ追加しすぎてちょっとどうかなと思う点もありますが、なんかいい感じ。
    特におすすめは家のカスタマイズです。凝ってる人の家は本当に美しいし、すごいなあと驚いてしまうことも多い。まあ確かにプレイヤーキルされたり、せっかく獲ったお宝を、泥棒に盗まれたときはくやしいけど、それもみんなで笑い話として語り継いでいけるのがUOの良さなのかなあと思う。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 5 5
  • MMOの生きた伝説 90
    • 投稿者:ちぇり(女性/30代)
    • 投稿日:2010/06/17
    良い点
    ・世界観
     MMOは、大規模な人数が様々な地域からアクセスするため、複数のサーバーを用いる事が多いですが、本作品はそのサーバー分けすらも、原作にそって必然性を持たせる徹底ぶりが、最近のMMOには無い壮大で深遠な世界観を出しています。
     また、日本・中国・韓国あたりのゲームに多い、世界観を簡単に崩す要素(脈絡の無いアニメやテレビとのタイアップ等)が殆ど存在しません。

    ・真の自由とは
     最近のMMORPGは、ほぼ全てがレベルに依存する中で、本作品はレベルという概念が存在しません。「ソーサリア」と呼ばれるこの世界では、その生涯、1度として敵と戦わず街で生活し続けるのもあり、RPGの王道として剣を手にダンジョンへ向かうもあり、プレイヤーキラーという対人とは違った、悪の道に進む事だって、自分がそう望めばできるのです。

    ・スペックを要求しないライトさ
     動作環境がかなりライトで、ノートPCなどでも普通に遊べる位お手軽な条件となっています。

    ・ゲーム性
     キャラクターに用意された、「1人の人間ができる限界」を定めた数値があります。生き物は完全で万能では無いので、世の中に存在する全ての技能を身につける事はできません。その考え方に従い、大きく「戦闘」「生産」に分けられたたくさんのスキルから、自分で自由に技能を身につけるもよし、1つの道を極めるもよし、多彩なキャラクターの個性が生み出されます。
     例としては、洋服の仕立て屋、大工、動物の調教師から、剣士、魔法使い、財宝の探検家、音楽家など。

    ・ストーリー
     よくあるキャラクターの成長にあわせて得をするナビゲーション目的のクエストは基本的に存在しません。(チュートリアルは除く)
     原作であるウルティマというゲームの世界をなるべく忠実に再現し、廃墟1つ、何かの痕跡1つが、これまでの歴史を物語るという深い作りとなっています。そういった痕跡や、なぜここに廃墟があるのか?を調べるのが、全てを用意された優しいゲームに比べると、違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。
    悪い点
    ・時代に追いつこうとした行為が衰退のきっかけ
     まさに歴史ありと呼ぶにふさわしい伝統あるゲームでしたが、近年のすさまじいネットゲームのブームに焦りを感じたのか、「犯罪の無い安全な世界」とか「冒険で死んだのにアイテムが無くならない保険」「ペットが死亡したのに生き返る」など、全く世界観にあわない親切でゆとりな機能のせいで、逆にゲームとして衰退した感が否めません。
     このゲームに求められたのは、いつだって「リアルな世界」でした。旅先で1人で死んだら当然荷物なんて残りません。治安の悪い場所へ行って悪質な犯罪者に殺されても自業自得。街の中だってぼーっとしていてスリにあっても気付かなければ自分が悪い。ペットが死んだら蘇生なんてできるわけがありません。そういったリアルで当たり前の要素が、ゲームなのに忠実であることが多くのファンを魅了したと信じています。
     それが薄れた今、多くのプレイヤーは去り、人のいない、過去の名作となりつつあります。
    総評
     このゲームで盛り上がる話題は、常に過去の歴史についてである。

     真の自由とは何か?人が創った世界なのに、人に不自由で不都合な要素があり、自由にはその代償が用意され、ハイリスクにはハイリターンが用意されていました。
     苦労すれば報われて、悪事を働けば烙印によって差別され、不正を働けば法によって裁かれる世界。

     かつては「人」というものがそこにありました。ゲームなのに人を愛し、人を信じ、そしてまた人を憎み、敵対する。リアルさの中にゲームならではの法があり、やろうとすれば復讐を果たすために相手を討つような、日本でいうところの江戸時代の頃の世界観がそこには存在したのです。

     しかし、今となっては親切設計により昔のような雰囲気は殆ど感じられず、リアルさを感じない平和な世界が急速に広がりつつあります。

     「あの頃」を忘れる事ができないプレイヤーたちの夢のあと・・・それが、今のウルティマオンラインなのかもしれません。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 偉大なる先祖 50
    • 投稿者:Drhani(男性/30代)
    • 投稿日:2009/10/19
    良い点
    1.2Dは軽くて使いやすい。3Dクライアントもあるがだいぶインターフェースも改善されている
    2.自由度が高い
    3.サポートもそこそこ満足できる
    悪い点
    1.3Dクライアントの処理の悪さ。
    2.戦闘面でのゲームバランスがアップデート毎に明らかに偏ってイビツになっている。
    3.サーバー毎の人口が非常に偏っている
    総評
    今現在のMMORPGの偉大なる祖先であるUO。オン率は減ったが事ある毎にたまにログインはしたくなる。
    しかし、ここ最近戦闘面において本来主役であるスキルよりもアイテムの極端なバランスに依存する傾向が見られ廃人意外を置いてけぼりの傾向が顕著である
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 2 1
  • MMORPGの元祖は伊達じゃない 85
    良い点
    〇自由度がめちゃめちゃ高い
    〇スキル制なのでキャラの成長がレベル制と違い楽しめる
    〇動物からモンスターまでペットにすることが可能
    〇マイホームを建てることができ、内装・外装もすきなようにカスタマイズできる。
    〇遊び心がある仕込みが世界中にある
    〇モンスターの強さが強烈でチャレンジ精神をかりたてられる
    〇イベントがプレイヤー主体・運営サイド主体でそこそこ頻繁にある
    悪い点
    ×度重なるパブリッシュで仕様変更についていけなくなる人もいる
    ×UOR以降殺伐とした仕様がなくなってしまった(UOは殺伐とした空気が良かった)
    ×フェルッカ・トランメルとエリアがわかれてしまいやはり緊張感がなくなった
    ×キャラの性能がアイテムでほぼ決まるぐらいアイテムゲー加速してしまったのが非常に残念
    ×ローカライズがめちゃくちゃ。無理やり日本語にする必要はなかった(アイテム)
    総評
    ゲーム自体は面白く、飽きるということがない。
    自身も11年目に突入したが、辞めたいとおもわないゲーム。
    過去の仕様に戻せとはいわないが、やはりアイテム依存の体質は
    昔と比べると面白みに欠ける気がする。

    いまから新規ではじめる、となると少々とっつきにくいかもしれないが
    メインのゲームではなくサブのゲームとしてたまにログインしても遊べる。
    他ゲーによくある職業で装備が決まるとかもなく、好きな武器・防具を装備でき
    色も好きな色に染められたりと本当に自由度が高い。

    良い意味でも悪いいみでもUOはつねに変化している。
    その変化を楽しめるなら、UOを超えるMMORPGはないと思う。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 4 5
  • 懐かしいなコレ 90
    • 投稿者:buell(男性/40代)
    • 投稿日:2009/05/26
    良い点
    グラフィックの古さは否めないが
    ボランティアスタッフのサービスなど
    が基本として良くできているゲームと
    思いますサポートも遠からず近づきすぎ
    ないサポート体制やゲーム内キャラの
    有志でのイベントが在ったり戦闘から製造
    はたまた演劇までキャラの自由度が在り
    広く浅く色々できます。
    私個人としては色々なキャラクターの方と出会い
    まったりと会話を楽しむゲームとなってますが
    悪い点
    パブリッシュ=ゲームシステム更新を繰り返す事に
    システムがややこしくなり、このゲームを新たに
    やってみる方への足枷になっているような気かすることと
    国内のウルティマオンラインのユーザーの年齢層の上昇に
    よるゲーム内の過疎化が見えてきており幅広いユーザー層の
    増加が急務だと思います
    総評
    オンラインゲームの古典・ディア風呂・UOは
    MMOの基本を学ぶにはおもしろい佳作だと思います
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 5 4 4
  • 蘇る素晴らしき日々 85
    良い点
    ◆オンラインゲームの祖の一つとしての不動の地位。

    ◆秀逸だったゲーム内に家を持てるシステム。
    高額ではあったものの、昨今のMMORPGのようにレイド等で倒さないといけないと言うこともなく。

    ソロでも買えるバランスだった。

    ◆スキルベースのキャラクター育成に戦闘やその他の幅を感じた。

    ◆PKその他、混沌としていた頃の自治と平和。
    それを憎しみではなく、許容として許される懐の深かったシステム。

    ◆2DクライアントであればかなりのロースペックPCでも楽しめる。
    悪い点
    ◆グラフィックが古い上に、昨今主流とされる日本的(あるいは韓国的)な絵ではないために絵で嫌悪感を示すと、そのままゲームには土着しない。

    ◆2Dクライアントと3Dクライアントでの質の違い。
    総評
    私の年齢的な追憶と思い出、それによる賛美もあるのは否めないだろう。
    だが、それを抜きにしてもやはりオンラインゲームにおける至宝の一つだったと言いたい。

    過去形のように書いてしまったのは、最近はアイテム等の種類の幅が他のオンラインゲームのように、レアアイテム依存になりかけてしまっているから。
    ただ、それを抜きにしても今現在も非常に強くお勧めしたい作品ではあります。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 4 5 5
  • 偉大なる宝珠、今なお輝き続ける 90
    良い点
    ○あらゆる点における、圧倒的な自由度。
    ・どのようなキャラクターに育てるかはプレイヤーの自由。戦士や魔術師、生
     産キャラから物乞い(NPCに乞うことができる)に至るまで、スキルの組
     み合わせ次第で自由自在。
     しかも、たとえば戦士ひとつを取っても様々なスタイルが存在するため、プ
     レイヤーの好みで 様々なスタイルを追究することが可能(もちろん効率の
     良し悪しはあるが)。
    ・できることが非常に多い。怪物退治、あるいはお宝を求めてソーサリア中を
     駆け巡ることはもちろん、アイテムの生産に励んだり、その生産用の素材を
     ひたすら集めるのもいい。家を持てば趣向を凝らして内装に励む楽しさがあ
     る。植物を育てることなどもできる。対人戦も可能。

    ○自由なプレイスタイル
    ・オンラインゲームならではの、多人数での協力プレイはもちろん可能。しか
     しソロでもできることが十二分にあり、プレイヤー自身の都合に合わせた様
     々な遊び方が可能。

    ○クライアントが軽い
    ・今よりはるかにPCのスペックが低い時代のゲームだけあり、とにかく軽い。
     ただし、多くのキャラが集まったときなどはこの限りではなく、かなりのラ
     グが発生してしまう(どのオンラインゲームでも避けられないことか)。

    ○月額課金ならではの安定感
    ・ひと月1500円ほど。3ヶ月、6ヶ月のまとめ払いであればもう少し安い。
     プレイヤーが受けるサービスに差がつかず、公平である。
     有料サービスもあるが、利用しなくてもそれほど困るものではない。有料ア
     イテムなども、よく探せばゲーム内で他のプレイヤーから買うこともできる
     だろう。
     ただし、最新のパッケージのゲーム内容を享受するためには、最新のパッケ
     ージを購入する必要がある。『ステイジアン・アビス』のリリースが近いそ
     うなので、これから始める方はご注意を。
    悪い点
    ○グラフィックが古くさい
    ・これが非常に厄介なのである。
     美麗な3Dグラフィックが当たり前となった時代にあって、このゲームのそ
     れが非常に見劣りすることは否定できない。
    ・しかし、ある程度長く遊んだプレイヤーの多くは、美しくなったグラフィッ
     クで楽しめるクライアント『甦りし王国』がリリースされても、この見栄え
     しないグラフィックを手放そうとしなかった。
    ・理由は幾つかあり、『甦りし王国』のクライアントが妙に重い、一新された
     グラフィックに対する違和感の大きさ、などが挙げられる。
     遊び続けているプレイヤーにすれば、2Dクライアントの完成度の高さを改
     めて評価するきっかけになったにすぎない。一方、遊んだことのないプレイ
     ヤーにすれば、『甦りし王国』のグラフィックもさして魅力的には映るまい。
     ベテランプレイヤーと、それ以外の人々の双方に相手にされなかったのは悲
     しいことである。

    ○仕様変更
    ・アップデート(パブリッシュ)の導入により、バランス調整のためとして特
     定のスキルやアイテムの強さが変更される場合がある。これにより、スキル
     やアイテムの価値が大きく変わることがあり、プレイヤーにすれば一喜一憂
     の大事となることも。

    ○武具のバランスの悪さ
    ・ハルバードなど振りの遅い武器は、現状ではほとんど役に立たない。金属製
     の防具にメリットがない。
    総評
    言わずと知れた、最古のオンラインRPG。

    しかし、今なお健在・・・というほど楽観はできない。フェルッカならまだし
    も、トランメルやマラスにまで家が建つ空き地が見られるようになった現在、
    認めたくなくとも衰退が進んでいるのを感じずにはいられない。
    新拡張パッケージ『ステイジアン・アビス』のリリースも、活力を注ぐのにど
    れほどの役に立つのか疑わしい。少なくとも、新規プレイヤーを大勢呼び込め
    るような、魅力あるコンテンツにはなり得まい。

    それでも私は、この世界に別れを告げることはないだろう。いくつもの変遷を
    重ねてきたソーサリアではあるが、本質的な楽しさ、そして何より心地よさは
    不変であるからだ。それは、他のいかなるオンラインゲームの及ぶところでは
    ないと思っている。
    他に幾つかのオンラインゲームを嗜んだこともあるが(その間もUOを辞めた
    ことはない)、大概は早々に、あるいはそのうちに激しく幻滅して見限ってし
    まった。
    コンシューマーゲームも含め、これほど長く遊べているのはこのUOのみであ
    る。それでもまだ、すべてをやり尽くした気がまったくしない。(これをもっ
    て、私なりの高評価の理由とさせていただきたい)
    ベテランの皆さんの多くにとっても、それは同じなのではあるまいか。確かに
    普段は人が少ないように見えるが、ソーサリアの一大事には多くの冒険者達が
    いずこよりか集う。そんな時、ソーサリアを愛する者として、どれほど心強く、
    嬉しく感じられることか。

    UOはさながら、大地の女神ガイアのような存在だと思う。原初から存在し、
    いつしか忘れられてゆくその様が、ギリシャのかの女神の姿と重なって見える
    のだ。
    しかしガイアは消え去らなかったし、UOも未だ終わってはいない。そしてガ
    イアと同じく、大いなる普遍性を備えた存在なのだ。
    美しい花とて、大地から萌え出でる。
    ソーサリアの大地は、いつでもあなたがたを快く迎えてくれる。あなたの心赴
    くまま、自由に楽しんでいただきたい。
    それは華麗な花と咲き、ソーサリアを豊かに彩るだろう。その花々を育てる楽
    しさを、ひとりでも多くの人に知っていただきたい。

    彼の地が終末を迎えるその日まで、偉大なるソーサリアと共にあり続けよう、
    と私は心に決めている。インターネットの楽しさを教えてくれたこの世界は、
    いつまでも不滅なる、ネットにおける我がよりどころなのだから。何よりも、
    私を心地よく抱いて離さぬソーサリアの、女神の如き両腕から逃れる理由もな
    い。
    ソーサリアに栄光あれ。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 5 5
  • MMOの古典 80
    • 投稿者:zero(男性/30代)
    • 投稿日:2009/04/30
    良い点
    基本システムの部分が非常によくできており、今のMMOがあるのはこのタイトルのおかげ。
    例えば現在でも通用するであろうスキル制のキャラ育成システム。
    レベルありき、職ありきではないこのシステムはこのタイトルの最大の長所である自由さの演出に寄与している。
    また、世界観の演出がしっかりしており多くのワールドイベントが行われている。
    拡張時もなぜその土地に行けるようになったのかなどのシナリオが付けられ
    「その世界にいる」ということを実感させてくれる。
    悪い点
    日本人プレイヤーが爆発的に増えた頃から日本人に媚びるようになり、
    あいまい表現を明確な数値表現に変更したり、アイテム収集を主とするようになってきた。
    それに伴ってシステム側からの押し付け価値観が増え、反比例するように人は減っていった。
    例えば新登場のレアアイテムには「レアリティ」なる数値が振られたが、
    レアアイテムと定義づけられたものはもはやレアアイテムではない。
    同じように全てが数値で判別できるようになったことによって効率化が進んでしまった。
    総評
    10年以上も前のタイトルにグラフィックを求めるのは酷か。
    ただ、想像力の入り込む隙のある古いゲームのような良さはある。
    CGバリバリの綺麗な絵よりファミコン時代のドット絵が好きという人には合うかもしれない。

    なんといっても世界観の維持については現在でも他の追随を許さない。
    同じような世界がいくつもある(各サーバーのこと)のにすら設定が付与されているタイトルなどはこれぐらいだろう。

    しかし今から始めて楽しめるかといわれれば、答えはNO。
    ただ業界人はこの輝かしい古典を知らないでは済まされないだろうし、
    今後行き詰るであろうMMO界が光明を見出すのはこのタイトルの良システムである可能性は高い。
    今のMMO発展に寄与した実績と、未来に貢献するであろう可能性に敬意を表し80点。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 4 5 4
  • 今でも最高のMMORPG 95
    • 投稿者:たけぼん(男性/50代)
    • 投稿日:2009/02/19
    良い点
    1)とにかく自由度が高い
    PTを組んで狩りに行くのもよし、ソロでボスに挑むのもよし、銀行前(UOでは人が集まるのは銀行前です)でまったり雑談したり、人間(?)ウォッチングするのもよし。何でも出来ます。
    「何もしない」というのもあり。
    2)土地を確保してそこに自分のオリジナルな家を建てられる(カスタマイズハウス)
    自分の土地を持つ事が出来、その土地に家を建てる事が出来ます。
    この「家をカスタマイズする」のが非常に面白いです。
    なのでUOのフィールド上には個性溢れる家が建ち並んでいます。
    建てた後も、今度は家の内装もかなりの自由度で出来ます。
    自分の家にNPCのベンダー(売り子)を雇って商売する事も可能です。
    (自分はログインしている必要はありません)
    3)チャットシステムが基本的にオープンチャット
    現在MMORPGで多いのが、PTチャットやギルドチャットで、それらをメインにしているようですが、UOではオープンチャットが基本なので、知らない人の会話でも気になった話題には飛び込む事が出来ます。そこから仲間や知り合いが増えた事が多数あります。
    4)RP(ロールプレイ)が出来る
    MMORPGはロールプレイイングゲームです。なのでRP出来て当たり前なのですが…
    最近のMMORPGではほとんどRP出来ません。
    他のゲームもやった事があるのですが、「頑固な職人」を演じてみても周りの人たちの反応は冷ややか…
    ほとんど、アイテムか金の話、仲間内の話、リアルやシステムの話など。
    UOではプレイヤー個人が経営している、いわば「RP酒場」があるくらいRPがしやすい環境にあります。
    5)プレイヤー独自のコミュニティが発達している
    運営がほとんど関与しない、プレイヤー主体のコミュニティ・イベントが結構たくさんあります。
    定期的に開かれている大型イベントなどもあります。
    そこで、色んな人とふれあえるのがまた楽しいです。
    悪い点
    1)今ではモンスターからすごいアイテム(AFなど)がどんどん出るため、生産者、とくに鍛冶屋さんの出番が少なくなった(無くなった?)
    2)AoSという大型パッチ導入後全てのアイテムの性能が数値で表されるようになったため、UOらしい情緒がなくなった。
    3)さすがに2Dクライアントではグラフィックが…でも、あのドット絵好きですけどね。(KRクライアント、3Dクライアントは問題外(^^;
    総評
    PvP可能な「フェルッカ」とPvP出来ない「トランメル」に分かれたパブ16導入直後に始めました。
    あれからすでに6年半。
    その間に他のゲームに浮気したりしましたが、やっぱりUOが一番です。
    アクトは最初の頃ほどではなくなりましたが、今でも週末に2〜3時間は仲間とボス戦にいったり、雑談したりしています。
    私は主にテイマー(調教師)で活動して、ペットのドラゴンやクーシー(犬?)を主な戦力にしていますが、そのペットの育成もまた楽しいです。

    人間関係についても、上っ面だけの付き合いではなく、本当に信頼出来る仲間と出会えたり、時にはそんな人との別れがあったり…
    UOではゲームとして楽しむ事が出来るだけでなく、人生として辛い・悲しい出来事に遭遇する事もあります。
    それが他のMMORPGには真似出来ないところではないでしょうか。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 4 5 5
  • 良くも悪くも元祖 95
    • 投稿者:arc(男性/20代)
    • 投稿日:2009/01/31
    良い点
    何でも出来ます。似たようなMMOだとSWG(日本撤退)とかでしょうか。
    ハウジングや生産、戦闘までスキル制なのでどんなプレイでも出来ます。
    始めに職業を選べますがどんなキャラになるかはあなた次第で変化します。

    特にハウジングは現在のMMOでも最高の自由度があると思います。
    家は本当に建てる感覚で壁や窓、ドアの位置まで全て自分の思うように
    配置できます。またどんなアイテムも内装に使えるので色々な組み合わせで
    思いもしない物も出来たり。

    敵もBOSSの出現など凝ってますしレアアイテムや称号もあり遊び心満載。
    公式、プレイヤー自発のイベントは月に何度もあり過疎でも勢いがあります。
    悪い点
    2Dだからこその良さがあるのですが流行では無いので新入者が少なく過疎
    気味に。ハウジングはほぼどこにでも建てられるのですが、大きい家を建てる
    時には土地が…。RMTも公式側で安価に用意していて対策も出来ているの
    ですが、記念アイテム等少々やりすぎだと思います。

    スキルはプレイヤーの意思で自由に上げ下げできます、最近のゲームに良くあ
    総評
    グラフィックは10年前の物なので最近の物と比べるのは無理があります。
    というかUOは2Dでやる事にこそ面白みがあるゲームです。2Dゲームの
    一つの集大成だと思います。

    イベント数は多くなりましたが以前のような無茶(GMがプレイヤー殺したり)
    は少なくなり、数年前よりちょっとヒートダウンしています。でもそれを補うか
    のようにプレイヤーが自発的にイベント行っていたりとプレイヤーの連携や
    行動がかなりゲームを面白くしていて近年重視されているコミュニケーション
    はとても高いレベルになっています。

    もしプレイすることがあるなら友人とともに、またはギルドに入ってみてください
    UOは最近の様なシングルプレイも出来るMMOではありません。他プレイヤー
    と繋がりがあると一気に世界が広がるゲームです(他MMOもですがUOは特に)
    自信無い人でも熟練プレイヤーが新入者の案内行ってたりするので向こうから
    声かけてくれます。
    ここまでプレイヤーが自発的なMMOは珍しいですし、理想形だと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 4 5
  • リアリティあふれる箱庭? 90
    • 投稿者:ろしぇ(女性/30代)
    • 投稿日:2009/01/05
    良い点
    ・家が持てて、自分でカスタマイズが出来る!
    ・アイテムの数が多く、1つ1つが細かくてかわいい!
    ・色々な職業があるので戦うのが忙しくて付いていけなくても、ゆっくりまったり出来る職業がある!
    ・音楽がステキ!
    ・自分が作ったアイテムに名前が入る物もあるので、料理を作って好きな人に食べてもらえる!!
    ・がんばれば戦士と生産者でも一緒に遊べるっ!
    ・もちろん一人でも遊べるから変な束縛がない!
    ・移動がらくちん!ペットもかわいい!
    悪い点
    ・初心者には情報量が多すぎる…。知り合いがいないと何もわからないままやめてしまう人もいるかもしれない
    ・チュートリアルが微妙すぎる。2Dの場合、チュートリアルがほぼ無い
    ・バグが多い
    総評
    一度はまるとやめられません!
    特に家のカスタマイズ、内装、アイテム収集などは凄くはまります
    ゲームがそんなに好きじゃない女性でも普通に楽しめるので友達も誘って遊んでます
    UOはアイテム収集して整理整頓するゲーム、かな?
    アイテムを集めるのが好きな人にはたまらないと思います。

    人が少なくなってきているのは事実だと思います。
    でも、イベントが始まると特に活気付くので、嘘見たいに人が集まってきたりしますよ!
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • かつての面影無し 35
    • 投稿者:Flack(男性/30代)
    • 投稿日:2009/01/02
    良い点
    ・完全スキル制
    ・戦闘、生産、宝探し、家、対人等全てにおいて細かく練り込まれ奥が深い
    ・生活感があり、感情移入しやすい
    ・元GMであったSageSundiに代表されるように、GM陣の質が非常に良い
    ・瞬間移動系の魔法無しで生活するのは困難なほど世界が広い
    ・(個人的に)BGMが良い
    悪い点
    ・古くさいクォータービューとキャラクター
    ・アイテムの数値化による、レアマジックアイテム収集ゲーに
    ・PK可と不可の世界に分け、緊張感のない世界に
    ・さすがにマンネリ感が強く過疎化が早い
    総評
    MMORPGとしてオンラインゲーム界不動の王者として君臨し続けていたUO
    MMOの代名詞とも言われるメジャータイトルである。
    幸運にも最盛期のUOで遊べた者は必ずこういった錯覚に陥ったであろう。
    「肉体は現実にあったが魂は確実にブリタニアにいた」
    そう言わしめるほどに完璧に近い仮想世界であった。

    しかし、王不在のブリタニアは数年前から迷走を続けてきた。
    PK可と不可の世界に分け緊張感が無くなり、
    アイテムを数値化する事でレアアイテムを収集するという
    有象無象なゲームに成り下がってしまった。

    根本の部分を人から物・システムに頼ったUOに、かつての面影はない。
    もはや終わり行くゲーム。とても他人には勧められない。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 4 3 3 5
  • 一番洗練されているかも 90
    良い点
    ゲームの中に世界があり、本当にそこで生活しているかのような自由度が凄いです


    モンスターと戦うにしても、武器から魔法から、音楽から・・さまざまに選択肢があり、それ以外でも、荷馬を連れて独力で材料を集め、修練してざまざまな物を作れます
    キャラクターの育成に膨大な時間がかかる昨今のゲームと違い、短期でキャラを作ることも可能で、スキルの多さもあり「こんどはあんなキャラを作ろう」と、無理なく遊び倒せてしまいます

    自分のお店をもったり、土地を見つけて家を建てたり、その家を設計、内装したり、ペットを育てたり、キャラ育成だけでなく、「世界の広がり」も無数の選択肢が用意されています
    悪い点
    グラフィックが古く、アバターが洋風で好みが分かれそうです

    (私が遊んでいたころは)
    普通のプレイヤーでは手に入れがたいレアアイテムが頻出し、それによってついてけなくなる人たちが出てきてしまってました
    総評
    友人に誘われ「ネットゲーム」というものに初めて触れた作品
    現在もネットゲームで遊んでいるのは、あの頃にUOが教えてくれた感動と楽しさを探しているからなのかも・・と思う事がある程、とてもよくできたゲーム

    とにかく「こんな事も出来るんだ」って驚きの連発
    他のゲームでのレベル上げについていけないことが多く、そして生産などを楽しむ傾向にある私にとって、UOのシステムは今もベストだったり

    一度は遊んでみてほしい、そんな「名作」です
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 3 5 5
  • 昔の仕様に戻せば戻ってくると思う。 40
    • 投稿者:ヌコ太郎(男性/30代)
    • 投稿日:2008/12/19
    良い点
    良い意味で
    いつまでも変わらない部分がまだある。
    悪い点
    初心者から
    始めようという気にはなれないゲーム。
    総評
    派閥導入初期あたりまでの
    ウルティマオンラインは凄くバランスが良かった。
    あの仕様のままで中身が進化してくれていたら
    グラは世代遅れでも
    今でも楽しんでプレイしていたという人は多いと思う。

    ネトゲの中で一番とも言えるような人気があったときの仕様を
    何故か大幅に変えてしまったのがとても残念。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 3 3 2
  • プレイヤーの質が落ちてしまったのが残念 30
    良い点
    - 自由度が高い

    スキルはプレイヤーの意思で自由に上げ下げできます、最近のゲームに良くあるような「スキル振りに失敗したら高額な有料アイテム」なんて必要はありません。

    キャラクターの衣装もプレイヤーが作成でき、家のデザインはもちろん家具の多くもプレイヤー自身で作成できます。これらも他のゲームでは見られない要素だと思います。

    - ソロでもPTでも楽しめる

    PT組めないと何もできない某国産有名ゲームとは違います。また、ソロオンリーゲームとも違います。どちらでも楽しめます。

    PT組んだほうが楽であっても、あえてソロで挑戦しその結果をBlogなどに公開しているプレイヤーもたくさんいます。わたしもそうしたプレイヤーに刺激されて、「ソロは無理」とされているダンジョンに挑戦し実際にクリアしたことがありました。プレイヤーの腕と工夫次第で何とかなるという絶妙なレベルに仕上げられていることは高く評価できます。
    悪い点
    - PK ペナルティが実質皆無になっているためかフェルッカ ( PvP 可能な世界 ) は最悪

    世界がひとつでPKペナルティがちゃんと機能していた時代もありました。
    * ほとんどの町に入れなくなる
    * 死んでしまうとスキルが下がってしまう

    といった大きなリスクが伴うため、PKをするにはそれなりの覚悟が必要でした。
    PKプレイヤーはRPプレイとしての悪役を面白おかしく演じたりする人、
    キャラクターの設定をしっかり持っていて筋を通して行う人がほとんどで
    相当に悪質なプレイヤーというのはほとんどみませんでした。

    PKプレイヤーの方とお話をするとそういったことを教えてくれて
    会話で盛り上がることができたものです。

    しかし、現在は名前が赤くなる以外のペナルティは実質ありません。
    このため「気に入らないプレイヤー、邪魔なプレイヤーはとりあえず殺してしまえ。
    身内以外皆殺し」という身勝手プレイが当たり前のとても酷い状態になっています。

    今ではPKされたときにかけられる言葉は罵詈雑言がほとんど。
    「ここは自分たちの縄張りでギルメン以外は人ではない」といわんばかり。

    PvPが可能な世界の特定のゾーンでのみ入手できるアイテムがあるのですが、
    それを手に入れるためには人がほとんどいなくなる時間帯を狙うか
    大手のギルドに入って身内以外皆殺しプレイを行うかの2択になっています。

    はっきりいって現在のPvPゾーンは最悪です
    総評
    自由度、やりこみ要素は現在でも群を抜いて高いと思います。
    しかし人としての良心がある場合、PvP世界を楽しむのが難しい。

    PvP世界でしかできないこともあり、
    それが楽しめなくなったことが残念でならない。


    PvP世界のルール改善をしてもらいたい。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 4 5 5
  • かつての絶対王者も今は…… 65
    • 投稿者:まうまう(男性/30代)
    • 投稿日:2008/11/05
    良い点
    世界中にオンラインゲームのおもしろさを知らしめた金字塔的タイトルだけあって、ゲームシステムに大きな穴はない。
    現在の水準で見ても狩り、生産、アイテム収集、ハウスデコレーションと仮想世界で求められる要素をきちんと搭載している。
    また、今では全盛期と違って家を建てるための土地も残っているので、新規に始めても比較的容易にUO内で家を持つことができる。
    悪い点
    リリースされて10年を超えるだけあって、もはやグラフィックは古臭いとしか形容のしようがないレベルだ。
    また対人戦闘は、数々のシステム改変により、プレイヤースキルよりも装備の質が勝負を左右するようになっており、強い装備を揃えるために狩りに精を出す必要があり、非常に面倒なことになってしまっている。
    総評
    かつてのウルティマオンライン(以下UO)と言えば、善悪混濁の野性的な世界観が売りだったが、今では狩りと生産をしながらハウスデコレーションを楽しむという箱庭ゲーム的な遊び方が主流になっている。
    月額料金に抵抗があるユーザーもいるだろうが、そのぶんプレイヤーの質もよい。
    無料ゲームだと低年齢のプレイヤーも多くいるので、チャットが荒れたり、不快な思いをすることもあるが、UO内ではそういった心配はほとんどない。

    筆者はUOに国内サーバーが存在しなかった時代からプレイしていたので、どうしても当時の異常とも言えるほどの熱気があふれていた世界と、現在のいい意味でも悪い意味でも落ち着いてしまった世界を比べてしまう。

    弱肉強食の競争社会をユーザーが拒否し続けた結果、UOは今のヌルくて穏やかな世界に創り変えられてしまった。
    これも時代の流れなのだろうが、一抹の寂しさを覚えるのも、また事実である。
    評価は10年前なら文句なしの100点だが、現在のUOを見れば60点が妥当なところだろう。

    老兵は死なず、ただ消えゆくのみ……。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 2 3 3
  • 全てのUOプレイヤーよ、エンターティナーたれ! 90
    • 投稿者:かるっち(女性/40代)
    • 投稿日:2008/10/30
    良い点
    ・何と言っても自由度が高く、創造性を刺激される。
    ・上限ありのスキル制ゆえ、後発の人でも追いつける。
    ・家システムがあり、家の外観や内装を思い切り楽しめる。
    ・ベンダー(アイテムなどを代理販売してくれるNPC)システムが秀逸。
    ・豊富なコミュニティとユーザーイベント。
    ・ペット育成やガーデニング、アクアリウムなども楽しめる。
    ・スキル数が多く、趣味から実用まで揃っている。
    ・PCスペックに応じて2D版と3D版を自由に選ぶことが出来る。


    何にでもなれるし、何だって出来る。
    そんな奥深いゲームだと思います。
    悪い点
    T2A(The Second Age)クライアント時代は混沌としていたけど楽しかった。
    街から一歩出ればPKされる恐怖があり、街の中でも所持アイテムを盗まれる危険性があった。助けたり助けられたり、競い合ったり譲り合ったり、善意も悪意もまるっと含めてリアルな「ブリタニアでの生活」がそこにあったと思います。
    UORでトラメル/フェルッカと世界を分けたことにより、その面白みが薄れたのは残念。

    あとは何と言ってもグラフィック。かなり古くさい感じが否めません。
    個人的に2Dクライアントの風景やアイテム類は好きでした。
    キャラクターのビジュアルだけ、もう少し洗練してくれれば…最新クライアントの3D版キャラクターは衝撃でした。
    総評
    私が遊んでいた時期はT2A後期〜AoSまでなので、その期間での評価になります。
    のんびりと「生活」したい人には特にお勧め。

    NPCから買えば1gpですぐ手に入るパン。これを手作りしたいならNPCの畑で小麦を刈り取り、その小麦を製粉して小麦粉にし、汲んだ水を使ってオーブンで焼き上げる…そんな手間を楽しむのも一興。

    野原でのんびり歩いている牛を狩れば、皮と肉が手に入る。
    皮は後で裁縫をして新しい革鎧でも作ろうか。肉は焼いてモンスター狩りへ行く時の弁当にしよう。
    一人歩きはつまらないので小鳥でもペットにして散歩を楽しもうか。
    いやいや、調教スキルを鍛えて強いドラゴンを捕まえに洞窟へ行ってみよう。
    明日は船でのんびり釣りを楽しもうかな。運良く宝の地図が入ったボトルを釣り上げたら仲間と一緒にトレジャーハンティングへ。
    装備を調え、スキルを十分に鍛えたら深淵のダンジョンへ赴いて稼いでこよう。
    お金を貯めたら家を手に入れたいな。
    カフェ風の外観/内装にして料理と酒を売ってもいいし、選び抜いたマジック防具の店にしてみるのも…

    冒険者、傭兵、洋品店オーナー、頑固な鍛治職人、酒場の看板娘、陽気な旅芸人…スキルとロール、創造性によってその楽しみ方は無限大。
    その自由度を生かし、自分で遊び方を見つけられる人には最高のゲームだと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 4 5 5
  • Entering Britannia... 85
    • 投稿者:yoshi0(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/04
    良い点
    ・ずば抜けた自由度と豊富なコンテンツ
    ・多種多様なスキル、その組み合わせから生まれる個性的なキャラクター
    ・アイテム作成の過程がやたらとリアルで凝っている生産スキル
    ・微妙なスキルやアイテムが数多く存在して、たくさんの「無駄なこと」が楽しめた
    ・その中で自分なりの楽しみ方を見つけ出し、それを許容してくれる懐の広さ
    ・ブリタニアでの生活を満喫しているプレイヤーが多かった
    悪い点
    ・独特の味はあるけど、さすがにグラフィックの古臭さは否めない
    ・包帯を巻きながら肉食って、剣で戦うとか色々ありえないけど、気にしちゃいけない
    ・黎明期のUOを経験できなかった事
    ・色々と便利になっていく反面、何かが失われていった気がする
    ・「AoS」で装備やスキルのバランスが激変し、アイテム集めゲーになってしまった
    総評
    「ルネッサンス」の前後と、「正邪の大陸」の発売後に内容が大きく変化しているので、プレイしていた時期によって評価が違ってくると思います。

    私が遊び始めた頃には世界がトラメルとフェルッカに分かれていたので、それ以前のUOに関してはわかりませんが、ゲーム内の情報が非常にアバウトで、感覚的にプレイできたのが良かった。不便だからこそ、その世界で"生活"しているような気分になれたというか。他のどのオンラインRPGにもない、UOだけの魅力があった。

    そう思っていたので、パブリッシュ16でのパワースクロールなどの導入や、「AoS」での方向性の変更は残念でした。UOをディアブロにする必要はなかったんじゃないかな。しかし、それも時代の流れなんでしょうか。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 4 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
70
2017年05月〜2017年11月