オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Solatorobo それからCODAへ公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Solatorobo それからCODAへ

Solatorobo それからCODAへ
公式サイト http://www.solarobo.channel.or.jp
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 サイバーコネクトツー
発売日 2010/10/28
価格 5040円(税込),コレクターズエディション:7140円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
77
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 非常に惜しい佳作(個人評価では78点) 75
    • 投稿者:cuts(男性/30代)
    • 投稿日:2012/08/16
    良い点
    ・細部まで練りこまれた世界観と、それに沿ったストーリー
    ・魅力的なキャラクターデザイン
    ・ゲームや世界観を深める良曲多数
    ・ゲーム中のUIデザインなども世界観に沿ってしっかり作られている
    悪い点
    ・バトルの難易度が低すぎる
    ・フィールドキャラのグラフィックが粗いドットの一枚絵のみなので
     せっかくのキャラクターの魅力が半減
    ・良曲が多いのに音質が悪い
    ・いわゆるワールドマップがないので、自由にバトルの練習やレベル上げなどができない
    ・エアロボGPのコースが見づらい
    総評
    ゲームとしての完成度は高い。
    容量や予算の都合だろうが、その中での取捨選択がきっちりされているので
    悪い点に上げた要素も「まぁ仕方ない」と思えるレベル。

    ストーリーもしっかり作られており、バックボーンとなる世界観に至っては
    必要以上とも言えるぐらい練りこまれている。
    ケモナーという言葉を生む程にキャラクターもかわいく、いきいきしている。

    残念なのはやはりバトルの難易度が低い事。
    もう少し歯ごたえがあるだけで、ゲームの総評としても85点ぐらいにはなったと思う。

    またサブゲームのエアロボGPも良く出来ているが、
    見づらいコースとシビアなタイム設定で、本編登場時には少し重荷にも感じる。

    メインシナリオは適度なボリュームだが、もう少しあっても良かったかも。
    容量に余裕のある3DSで続編を出して欲しい。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 4 4 3
  • ストーリー・操作性・多彩なゲームジャンルを盛り込んだ内容・やりこみ要素は良いが、ゲームは簡単すぎ。 75
    • 投稿者:ひものて(男性/30代)
    • 投稿日:2010/11/29
    良い点
    子どもチックな見た目とは裏腹に、妥協・ふざけのない、すごくピリピリしたストーリーであること。しかし、キャラクター同士の会話にはたわいもないものもあり、緊張・リラックスのバランスがとても良いと思う。
    クエスト(ゲームを進めるためにクリアする必要のある目標)の種類も多彩で、似たようなものが少なく飽きにくい。
    ストーリーも少々長編であり、また、ひとつの街である程度話が進んだらすぐに次の街に移動するため単調にならず、長く飽きずに遊ぶことができる。

    動作性能のカスタマイズをすることができ、敵を早く持ち上げて攻撃態勢を素早く取れるようにしたり、移動速度を上げてすばやい敵の攻撃からも逃れられるようにしたりできるところが良い。また、パラメーター形式ではなく、はめ込みパズルの要領でパーツを取り付けるところも面白いと思った。

    NDSの平面的な画面では奥行きがわかりづらいが、特定の場所に近づいてキャラクターに話しかける・仕掛けを動かすといったことが可能な状態になると、相手の名前や押すと操作できるボタンが画面に表示されるため、快適に操作できる。

    基本的にアクションゲームだが、レースゲーム・釣りゲームなどほかジャンルのゲームもたくさん盛り込まれており単調なゲーム性にならないようにしている。

    ダウンロード機能で追加クエストをダウンロードすることで新しいクエストが受けられるが、単に目標をクリアするだけではなくきちんとストーリーやキャラクター同士の会話があり、後日談といった設定を思わせる内容になっている。
    悪い点
    全体的にゲームはさくさく進むためストレスはたまらないが、コース上に配置された仕掛けの配置も甘く簡単にかわせ、敵キャラクターの隙も多すぎるために簡単に倒せてしまう。
    雑魚キャラならそれで良いが、直接攻撃できるボスキャラまでもが同類に簡単に倒せる設定になっているところは残念に感じた。

    主人公はロボットに乗っている間は強いが、降りると敵を一切倒せなくなり動きが鈍くなるといったように、単身移動時にとても弱くなるところはメリハリがあってよかったしおもしろい要素だと思った。しかし、ロボットを降りて進まなければならない部分が少なく緊張感に欠ける。
    総評
    味方・敵キャラクターをゲームの最後にうまくまとめているところが良かったし、
    複数ジャンルのゲームをプレイするパートがあるなど、ゲーム内容も単調にならず、最後まで飽きることなく楽しめました。

    NDSの特性である奥行き感覚のわかりづらいことに対して配慮してあり、快適な操作感だったこともとても気遣いがされているゲームだったと感じました。

    また、ダウンロードクエストも単に目標を達成するだけでなく、ミニストーリーのようなものが設定されており、追加要素だからといっておまけ程度にしていないところから、作りこみのよさを感じました。

    悪い点にも書きましたが雑魚・ボス問わず、簡単に倒せてしまうところが残念。
    せっかくストーリーが良いのに、戦闘がストーリー負けしているように感じました。
    ストーリーにあわせてもっと戦略性があって、時には戦闘中にミスが許されないような要素があるなど、ピリピリした緊張感のある戦闘であるほうがよかったと感じます。
    また、ロボットを降りて進まなければならない部分をもっと増やし、緊張感をさらに高めているほうがストーリーにあっていると思いました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 5 3
  • 佳作ゲーム 85
    • 投稿者:7C(男性/40代)
    • 投稿日:2010/11/26
    良い点
    ・世界観、BGM、グラフィックは申し分なし。特に世界観はよく練られていると思う
    ・難易度が一般向け。
     特にシナリオの難易度がかなり優しめに作られているので、
     誰でも楽しめるのでは?
    ・オマケコンテンツが多いので、シナリオクリア後や変態プレイ等が楽しめる
    悪い点
    ・中ED後のゲーム展開。クエストが少なく一方通行になりがち
    ・クエスト配信、週一で1クエストは少ないのでは?
    ・主人公だけでなく、サブキャラとそのロボを動かせるようなコンテンツが欲しい
    総評
    非常に良くできたゲーム。ただ、もう少しストーリーに寄り道等と
    難易度高めのパズル的要素があってもいいかと。
    バンダイナムコの事だからラストに向けて激ムズになると思いきや、
    難易度がそんなに上がってなく拍子抜けしたほど。
    (ちなみに、ストーリーは累積約24時間でクリア)
    世界観を魅せたいのとハードの容量とのバランスを考えての事だと思うけども、
    う〜ん、やはりクエストを少し盛り込んだ方が良い気がするなぁ...

    シナリオよりオマケコンテンツの方が難易度が高く、
    (クロノアみたいな)佳作ゲームというあたり、
    バンダイナムコらしい作品かと
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 4 3
  • いいところ多数。悪いところはマーケティング。 50
    • 投稿者:Han_bee2(男性/30代)
    • 投稿日:2010/11/25
    良い点
    DS最高峰といっていいグラフィック。
    音楽は雰囲気にあっていて素晴らしい。
    作りこまれた世界観。
    キャラかわいい。
    メインストーリーは王道ながら面白い。王道にはずれなし。
    商品としての完成度が高く、クリアまで遊んでもアラが見当たらなかった。
    OPアニメはすごくカッコイイ。(映像ソフトとしてほしいぐらい)
    悪い点
    クエストが多数用意されているのはいいのだが、いかんせん一定数クエストをこなさないとメインストーリーを進められないのが…。
    ダハーカ(ロボ)から降りられる、というのがまったく活かされていない。
    戦闘が短調。
    お金がたまらないわりに、お金を必要とする事柄が多い。

    あと、これが一番大事ですが。
    売る側のマーケティング。
    総評
     ひと月ほどかけてクリアしました。評価させていただくと、
     「ニンテンドーDSというハードの後期に現れた、佳作〜名作未満のアクションRPG」というところだと思います。

     構想に10年以上かけたというだけはあり、世界観の練りこみは凄いです。本当にこういう世界がある、と思ってしまえるぐらいにイキイキとしたゲーム世界です。限定版に同梱されていた資料集を見ると、CC2がどれだけこのゲームを大事に思っているかが伝わってきます。また、グラフィック、音楽ともに高い水準を維持し、そのゲーム世界を巧みに再現しています。DSってここまで「世界観を語れる」ハードなんだな、と改めて思い知らされた次第。

     それだけにゲーム部分の練り込み不足が…。多数のサブクエストがあるのはいいのですが、メインストーリーの進行に一定のハンターランクが必要な関係上、かなりの数のサブクエストをこなさなければなりません。どういうことなのかというと、「凄い緊迫した場面で章が終わり」→「続きが見たい!」→「ハンターランクが足りません」→「緊迫した場面のハズなのに、他所でサブクエストをこなしてハンターランク上げ」…という、残念コンボが発生。物語への没入感を絶望的なまでに阻害してしまっています。実際、そこで熱意が冷めてしまい、しばらく放ったらかしにしていた期間が結構ありました…。
     サブクエストそのものも完全にお使いなので、正直楽しいかと言われれば…。もちろん、世界観が作りこまれているので楽しいといえば楽しいですけど、メインストーリーをほったらかしてまでやりたいかと言われると疑問です。さらに戦闘の単調さと、ダハーカの強化のために貯めないといけないお金の多さとクエストでの稼ぎの低さがこの作業感に拍車をかけます。せめて戦闘が面白ければ…。
     ダハーカとレッドを使い分ける必要性の低さなどゲームデザインの根本的な部分での問題も。

     一番の問題はマーケティングですけどね。ギネスに挑戦するとかいう謎の宣伝は、ゲームの内容が伝わらずに終わってしまったといっていいでしょう。実際私のまわりでもCMは見たけどなんのゲームなのか、どんなゲームなのかよくわかってないという人がたくさんいました。その一方で、パブリッシャが徳島のイベント「マチアソビ」で、いわゆる「完全版商法」とネット上で揶揄されている手法について、正当化ともとれる言動とあわせて本作の宣伝を行っており、ゲームの情報をあまり収集しない人にはCMが伝わらず、熱心に収集する人にはいい印象を与えない言動を行うというチグハグさが目立ちました。

     ゲームのテンポに若干の不備はあったとはいえ、大事に売ればもっと販売数が伸びたであろう良ゲーの、市場での存在感をここまで希薄にしてしまえるという事実に驚きです。逆にいえば、そのような数々の残念な事実の記憶が薄れたころに改めて評価される作品なのでしょうね。
     CC2の熱意が伝わってくるだけに、現在の本作の立ち位置が残念でなりません。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 1 2
  • 良いゲームですが、DSというハードに限界あり 75
    • 投稿者:Waldmaus(男性/30代)
    • 投稿日:2010/11/16
    良い点
    世界設定:
    構想10年だけあって、よく練られていると思います。

    ロボ:
    ロボットデザインが秀逸。
    どの機体も非常に格好良く描かれています。
    恐らくトップクラスの出来です。

    クエスト:
    ほのぼのとしていて楽しい依頼が数多くあります。
    良い寄り道イベントになっているのではないかと。

    キャラクター:
    王道タイプな人たちです。
    ごちゃごちゃと難しいことを考える必要の無いゲームですし、
    シンプルで良いと思います。主人公もサバサバしていて好きです。
    悪い点
    上記の良い点が生かしきれていない所が悪い点だと思います。
    DSソフトの容量に限界があるので仕方無いのですが、

    ・世界設定は情報豊富だけど、設定資料の方でかなりの補完が必要
    ・折角ロボが格好いいのに、DSのグラではそれが表現できていない
    ・各キャラクターの掘り下げが甘い。メインキャラでもサブのレベル

    あと、

    ・一部キャラの唐突な心境の変化に違和感を感じる

    これも、駆け足で物語を進めた結果なのではないでしょうか。
    総評
    PSPで開発すればもっと沢山のものを詰め込むことが出来たと思うのですが、
    果たしてPSPで発売するのが正しいのかどうかは分かりません。

    ただ、容量不足で割愛せざるを得なかった部分が沢山あったのではないかと思います。


    あと、ストーリーは案外ありきたりです。
    それでも問題は無いと思うのですが、しかし脚本と演出には問題がありそうです。

    シナリオが平凡でも、魅せ方によってはゲームの印象が随分と変わってきます。
    演出はまあいいとしても、脚本はちょっとマズかったような気がします。
    キャラクターの台詞が良くありません。ここはもっと頑張るべきだったと思います。


    でも、全体的には良く出来ており、プレーしていてとても楽しかったです。
    複雑なゲームが多い昨今、王道路線で丁寧に作り込もうとした点は素晴らしいです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 3 2
  • 開発者の愛や『本気』が伝わる 95
    • 投稿者:ゴマツブ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/15
    良い点
    ■壮大なストーリー
    構想10年、開発3年は伊達じゃありません。
    作り込まれた世界観は本物で、ストーリーは進めれば進めるほど深みを増します。
    後、まさかの2部構成は驚かされました。

    今には珍しい王道な展開なので、充分に楽しめました。


    ■魅力的なキャラクター
    人によっては好き嫌い分かれそうですが、個人的にはかなり惹かれました。
    プレイしてみると印象も変わってきますし、サブキャラ・敵キャラ含めても魅力的なキャラが多くいます。
    ロボもカッコいいですし。


    ■快適なプレイ
    想像以上に操作がお手軽で、難しい操作がほとんどありません。
    (強いて言うならコンボを決めるのが人によって厳しいくらいか?)

    基本的に掴んで投げるだけである程度何とかなりますが、中盤から後半にかけ難易度が急激に上がるので、やりごたえもあります。
    カスタムを駆使し始めてからかなり面白く感じてきます。


    ■グラフィック・音楽
    やれば分かりますが、想像よりも綺麗です。
    DSソフトの中でもトップレベルかと思います。

    音楽の方も力が入っていて、OP・EDの曲は何度も聞いてます。
    自然な感じが好印象です。


    ■ゲームバランス・やり込み要素
    ゲームバランスはよく出来てるかと。
    比較的簡単な部類ですが、決してぬるくは無いです。

    やり込み要素も豊富で、アルバム集めやミュージック集めも楽しめたり、ミニゲームも豊富だったり、2週目・3週目と楽しめる要素もあったりします。
    悪い点
    ■グラフィック
    一部の部分だけだが、敵が多く出る場面や、グラフィックが多い場面でたまに処理速度が遅くなってプレイしにくくなったのが気になりました。

    後、人によってはグラフィックが荒く感じるかと。


    ■BGM
    音を大きくしてプレイすると分かりますが、若干割れてます。
    気になる方はイヤホン推奨。


    ■戦闘方法
    基本的に「掴んで投げる」なので、戦闘は待ちがほとんどです。
    相手の隙が出来るまで逃げるか、相手が投げた物を投げ返すかなので、これも好みが分かれるかと思います。


    ■クエスト
    ストーリーを進めるためにはある程度クエストをやってハンターランクを上げなければいけないのですが、そのクエストが若干めんどくさいです。
    無理に全部やらなくても良いのですが、ストーリーが絡む以上やらないと進まなかったりします。


    ■お金稼ぎ(ゲーム内)
    稼ぐ手段は多くありますが、ハッキリ言って苦痛です。
    そこまでゲームのプレイに支障はありませんが、パーツや機体を買う場合のときの単価と、一回に稼げるお金の量の差がありすぎて辛いです。
    総評
    一通りクリアして、2週目の途中までプレイしてますが、2週目以降プレイする気になったゲームは久しぶりです。
    (自分の場合、一回クリアしたら満足するタイプなので……)

    やはり一番の見所は世界観にあります。
    非常によく練り込まれていて、この世界のならわしもプレイしていくうちに明かされていきます。
    (サブタイや「ぼくらもかつてはヒトだった」の意味もプレイしていくうちに分かります)
    後、BGMにも力が入ってるいるのが伝わり、とことん製作者の本気を感じます。

    非常に不満点が少なく、無駄を削っている分シンプルの部分だけが残って、ストレスを感じず、気軽に快適にゲームをプレイできると思います。


    個人的にもっと多くの人に認知され、売れて欲しいゲームです。本当に勿体ないです。
    値段相応の価値はあると思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 4
  • 構想10年制作期間3年は伊達じゃない ゲームって良いよねっと素直に思えた作品です。 85
    良い点
    ストーリー:大きく分けて2部構成になっており、見た目に思わず子供向けかと思う方
    ぜひプレイしてほしい。最後までよく練られた物語、細部までこだわってる世界観。人それぞれ感じる部分は違うとは思いますが、今のこの時代だからこそ、プレイしてほしい。大きいんだけど、小さく大事ななにかを忘れてしまった人達になつかしさをくれるそんなお話です。

    ゲーム  :ロボットを操り敵を倒したり探索おもにパズル要素になっていてロボでできることロボから降りてのアクションを駆使して進行していきます。
    簡単だけどタイミングが少し難しいですが爽快なコンボ(連続投げ)ストレス発散になります。
    ゲームの中のゲームがあり紹介しますとレースゲーム、釣りゲーム、シューティング、闘技場勝ち抜きバトルなどが楽しめます。
    なかでもレースゲームは一本のゲームとしてもよくできていて4人通信プレイも楽しめるようになってます。ブーストの使うタイミング、妨害アイテムをいつ使うのか、かけひきもシビアで最後まで逆転のチャンスがありおもしろいと思います。LとRで急旋回するのですが、飛行機が雲をひくように飛ぶ音とかがかっこよく気持ちいいです。
    忘れてはいけなかったのがこの作品のタイトルにもなってる空とロボとも読めなくはないのですが、まさにロボットで空を飛ぶプレイ感覚はぜひとも味わってもらいたいウリだと私は思いました。最初はなかなか思うよに飛べないのですがなれてくるとかなり細かく微調整がきく繊細なプレイができるようになれるし飛んでいることがすごく気持ちよいです。
    ビジュアル的に例えると天空の城ラピュタにでてくるロボットを自由に操作してる感じです。

    操作性  :どのゲームもレスポンスがよくできていて釣りゲームに関していえば、シビアすぎるだろうと思うくらいです。
    操作ボタンも少なく感覚的に理解しやすく配置してあるのですぐに覚えれますし、ぎりぎりで飛べば届く場所などきわの処理もしっかりしてると感じました。

    難易度  :物語の一部であらかたのチュートリアルを説明しつつ徐々に難しくしていく感覚はなかなか良くできていて初心者もつまずくことなく最後までストレスなくいける思います。
    二部の後半になると少し難しく感じる方もいるかも知れませんが、あと少しで倒せたなとかここ安全じゃないかとかなにかともう少しでいけると思わせる良い難易度だと思いました。
    あとロボの基本スペックをあげるカスタムがあるので改造しだいでは冒険の助けにかなりなると思います。ゲーマーな人にはそれほど難しいとは思わないかもしれませんが、カスタムしないでプレイするとかなり難しくやり応えを感じるとおもいますよぉ。

    音楽(音):物語にハナを添える良い演出になってるなと感じました。OP一部と二部とエンディングに歌がはいってます。歌詞が物語のテーマになぞって作ってあるのでゲームを楽しんだ後も歌を聞いてシーン(映像)を思い返したりととても心に残るよい歌詞と歌なのでぜひ聞いてもらいたいです。
    フルボイスではないですが、この物語ででてくるヒトはフランス語をしゃべります。ききなれない言葉だからこそ、この空想の世界により浸れたし感情移入しやすかったのではと考えます。

    映像   :オープニング一部と二部の映像は一見の価値があるほどよくできています。(制作:マッドハウス)この映像見たさにゲームを仮に買ったとしても中身もすごくつまったゲームなので後悔しないと思います。
    背景もよく細かいところまで描いてあって奥行きの表現がユニークで探索も楽しいです。街並みもきれいなので空を飛んでいる飛行船、浮いている島々を見ているだけで想像がふくらみました。

    初回特典版:若干高く感じる方もいるかも知れませんが見かけたら買って損はないと思います。中身はCDと設定資料集。気に入ったゲームがあった時こういった類のモノを購入される方にとってはお買い得だと思います。
     設定資料集はネタばれな内容も含まれているのでクリアされてから見ることをすすめます。世界観をより深く知れますし、制作者の熱いメッセージにもふれてもらいたい。
    CDはオープニングとエンディング、作中のアイドルソング3つの歌とサントラ21曲はいってる内容です。
    悪い点
    ストーリー:こまかい部分まで作りこまれた世界観はバックストーリーまで描かれていてお話として破綻してる所はなかったと思います。

    ゲーム  :後半のステージで若干こういったゲームにあるわかりづらい高低さと奥から手前に向かっていくアクションのわかりづらさは多少あった。
    タイムトライアル(レース)のクエストは依頼をださなくても連続でチャレンジできた方が良かった思います。

    操作性  :これといって悪いと思いませんでした。

    難易度  :一般の人にはちょうど良い難しさと思いますがゲーマーな人はノーカスタムでぜひチャレンジを!!でももう少し最後は難しくてもよかったかもしれません人によっては。難しいところです。

    音楽(音):とくに悪く思いませんでした。しいて贅沢をいうとフルボイスならより良かったと思います。

    映像   :文句なしです。でもキャラクターのモブが若干粗いなと感じました。

    レビューの点数に関して:私はこのゲームの開発会社のファンなので点数を甘くつけてるんじゃないのかと自分を客観的に判断して10点引いた点をつけました。
    総評
    子供から大人まで誰でも楽しめるゲームだと思います。
    基本船内ならいつでもセーブできますが、本編が始まるとセーブポイントでしかセーブはできませんがだいたい15分から長くて20分ほどすればセーブポイントにいける仕様だと思います。通常フィールドではクエスト屋の近くに必ずあります。短時間でパパッと楽しむのもよし、じっくり腰を据えてやりこむのよし、その人の生活にあった楽しみ方で楽しめると思います。あとまだ配信されてないのですが、WI-FI配信のクエストもあり物語の本編では語られなかったストーリーも楽しめるようです。プレイしてないのでなんとも評価はできないのですが。

    高得点の理由ですが今時、月に何十本も発売されるこの時代に一本のゲームにここまで
    長い期間をかけて作られたゲームは他にはないということにつきます。構想10年制作3年合わせて13年でも本当は15年かけたそうです。じゃあ長けりゃいいのかと言えばけしてそうではなく社内のゲーム企画コンペでも一位をとり実績も残し期待された作品でもあるのです。それとプレステで発売されたテイルコンチェルトの続編希望から多くのユザーに支持され長年期待されてようやく発売にこぎつけたこの新作がよくできてないはずがないのです。プレイして予感が実感になりました。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日