オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ゼルダの伝説 スカイウォードソード公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2011/11/23
  • 価格:通常版:6800円/ゼルダ25周年パック:8800円(ともに税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
93
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
93
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
公式サイト http://www.nintendo.co.jp/wii/souj/
発売元 任天堂
開発元
発売日 2011/11/23
価格 通常版:6800円/ゼルダ25周年パック:8800円(ともに税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
93
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • これを遊ばないなんてもったいない! 95
    • 投稿者:烏丸所長(男性/30代)
    • 投稿日:2011/12/22
    良い点
    今までのゼルダを凌駕するアクション性
    今までのゼルダに足りなかった蒐集要素の追加
    今までのゼルダと変わらない謎解きの面白さ

    特にアクションの進化は素晴らしい
    自由に剣を斬る方向を変えられ、楽に戦えるかと思いきや
    敵も強くなっていて、慣れるまで非常に苦戦を強いられます

    そのアクション性の高さは、一度やったゲームは二度しない私が
    思わず二周目に入ったほど。謎解きゲームのゼルダで!

    ゼルダファンはもちろん、ゼルダ初心者にもぜひプレイしてもらいたい名作
    悪い点
    アイテム初入手メッセージが、リセットするたびに再度出てくるのが煩わしい
    グラフィックはトワイライトプリンセス風の方が好み
    音楽も女神の詩以外は時オカの方が耳に残る名曲が多い
    街でのイベントはもう少し多くてもいい
    謎解き以外も楽しすぎて、もっとボリュームが欲しくなる
    総評
    今までプレイした3Dゼルダの中で、一番楽しめたのは間違いない
    全く不満が無いわけではないが、ゼルダとしてさらに一段階進化した印象

    モーションプラスやリモコンプラスを一緒に購入しても、買う価値はある
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 5 4
  • こんなに達成感を感じるゲームはあまり無い 100
    • 投稿者:うみの(男性/40代)
    • 投稿日:2011/12/15
    良い点
    ダンジョンだけでなく道中もそこかしこに謎がちりばめられていて飽きない。
    また虫取りやミニイベントが楽しく、本来メインストーリー外れた事が全く煩わしく無い。
    結果クリアした事が満載になりとても楽しい。
    Wiiリモコンプラスの操作も非常に快適
    悪い点
    Wiiリモコンプラスが標準装備じゃなかったこと。
    こんなに面白いのにあまり売れていないこと
    総評
    こんなに達成感のあるゲームはあまりない。
    ゲームになれていない人でもちょっとやれば入って行けると思う。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 剣も盾もすべての操作がマニュアル(手動)。より実戦的な操作。 95
    • 投稿者:ひものて(男性/30代)
    • 投稿日:2011/12/10
    良い点
    【絶賛ポイント】
    謎解きの解き始めのつかみ(キー・ヒント)がわかりやすいので、全く解けないと詰まることがないし、つかみさえ見つけられれば、後は芋づる式に解けていく。(解き方はわかっても、要所要所に操作が難しい場面を用意しているので、結果としてバランスは良い。)

    リモコンを振ったとおりに剣が動き、実際に剣を振り回して戦っている感覚でプレイできる。
    盾はヌンチャクを振って防御したり、攻撃を弾き飛ばしたりしないといけない(漠然と構えているだけでは、耐久力が減っていずれ壊れる)ため、より緊張感がある。

    剣の動きにあわせて防御してくる敵との戦闘がアツい。

    フィールドはそれほど広くなく迷いにくいし、ダウジングという金属探知機のような機能で目的地を定めて移動できる。また、目的地を特定できたらのろしという機能で、その位置に遠くからでも目視できる目印を立てられる。

    ボスの体力が減ると大きくボスの行動パターンが変わるため、単調な戦闘にならない。

    −−−

    1周目は回復ハートがたくさん現れてサクサク進めるお気楽ゼルダ。
    クリアデータロードで始まる2周目はハートのない(少ない)今までと同様の難しいゼルダ。
    と分けられているため、今作はアマいと感じる人でもやりごたえがある。

    ダッシュ操作で素早く移動したり、ちょっとした段差を駆け上がってショートカットできる。

    装備品や回復を始めとした薬を改造して、より強力・高性能なものにすることが出来る。
    何をするにもルピー(お金)がかかるが、ゲームを進めていくうちにどんどんたまるし、大量に貯めることのできる要素もあるので、ちまちま集める作業をする必要性が少ない。

    キャラクターの表情や行動・態度を通じて感情が伝わってくるし、特に主要キャラのリンクとゼルダに関してはより表情豊かなため、喜怒哀楽がよく伝わる。

    ビートルというクワガタ型アイテムで前方を偵察したり、届かない場所や難しい場所のアイテムを簡単に手に入れられる。

    道に生えている草などは横に薙ぎ払わないと切れないなど、細かいこだわりがある。

    虫取り網で素材を集めるというおまけ要素があり、取ったものを使って実際に装備品やアイテムの強化ができる。

    サブイベントが多い。
    悪い点
    敵を倒すためのヒントがわかりづらかったり、ヒントを出す方式が若干いじわる。

    ボス戦の時、Z注目カーソルをボスに当てたまま十字キーの下を押すとファイと言うキャラクターがヒントをくれるが、ボスとの初戦では時間が経とうと瀕死状態になろうと倒し方につながるヒントを全くくれない。(一度敗北すれば次回からはヒントをくれる)

    鳥に乗って自在に空を飛び回るという要素がせっかくあるのに、単にアイテム集めや移動のために乗る場合を除き、鳥に乗って遊ぶイベントや要素が少ない。
    総評
    今までの作品に比べて、謎解きの解きはじめのつかみがわかりやすいので、ゼルダは延々と悩まなければならない難しい仕掛けがあるから苦手だという人でも安心してプレイできると思います。
    しかし、あくまで解き始めがわかりやすいというだけで、そのあとは自分で考えなければならないので、やりがいを求める今までのシリーズのファンも大丈夫です。

    いままでの敵も本作の剣を自在に振れることにあわせてリメイクされ、特定の部分に性格に攻撃しないと倒せなかったり、剣で自分が切ろうとしている方向に敵も防御してくるため、単に振り回していては勝てない実戦的な操作でプレイできる所がおもしろいです。
    隙を素早く見つけて素早く斬りつけることができればそれだけ有利にゲームを進められますが、あくまでゲームなので常に防御してくるわけではなく隙はあるため、反射神経の有無はそれほど関係ありません。
    それでも難しいと感じる人のために、回復ハートや強力な回復アイテムがそれをフォローしているところもバランスが良いと思いました。

    やりがいを求めるファンにも、サクサク感を求める初心者にもおすすめのバランスの良さが良かった。

    興味がある人はもちろん、そういうゲームがあるんだと遠目で見ている人でも、Wiiスポーツリゾートのチャンバラがおもしろいと感じた人や剣を自在に振り回して遊ぶゲームが好きな人は、この作品もやって見ることをお勧めします。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 5 5
  • ゲームのひとつの完成形 100
    良い点
    まず、wiiリモコンで剣を使うことがとても楽しいです。
    慣れない操作なので最初はうまくいかなかったりしたんですが、
    はじめてやるスポーツと一緒で、ちょっとずつうまくなっていくのが気持ちいいです。
    今作から剣を切る方向も指定できるようになったので、
    ボスはもとより、ザコキャラともかけひきのある戦いが楽しめます。
    直感的な操作と相まってリンクとの一体感がハンパないです!

    謎解きやダンジョンもいつものゼルダって感じで、
    難しいけど考えればわかる絶妙なバランスだと思います。
    今回はダンジョンが短めなのも、ストレスにならず気軽に挑戦できて、
    個人的に好きなところです。

    そしてストーリー!
    トワプリは後半ちょっと失速しちゃった感じがあったんですが、
    今回は最後まで、むしろ最後の盛り上がりがすさまじいです。
    最後のバトルとか、エンディングの意外な裏切られ方とか、
    今までのゼルダのサラっとしたストーリーを想像してるとホントやられます!!

    キャラも敵味方ふくめ魅力的だし、やりこみ要素もあるし、
    ここまで没頭できたゲームは本当にひさしぶりです!
    ゲームというエンターテイメントの最高峰だと思います。

    ぜひやってみてください!
    悪い点
    wiiはもともとハイビジョン画質ではないので、
    ハイビジョンテレビで見ると粗いです。
    ただ、うちの場合やるテレビを変えたらキレイに見えたりしたので(補正してくれるのかな?)
    そのあたりの相性もあると思います。
    ただ基本的に粗いものだと思っておいたほうがいいと思います。
    まあ粗いイコール汚いではないので、そんなに気にはなりません。
    あと、後日発表されたのですが、イベントの進行順番を間違えるとゲームが止まってしまうバグがあるそうです。
    ゲーム内容とは関係ないですが、これは注意しておいたほうがいいです。
    もし発生した場合はニンテンドーに問い合わせれば対応してくれるとのことです。
    総評
    良い点でぜんぶ書いちゃいましたが、
    全ての要素が相まってとてもクオリティーの高いゲームに仕上がっています。
    小学生のころから社会人になるまであらゆるゲームをプレイしましたが、
    間違いなく今のゲームの最高峰に位置するゲームです。

    おすすめです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 5
  • 25周年に恥じない作品 85
    良い点
    ・ただWiiリモコンを振るだけではない戦闘
    ・素晴らしいBGM
    ・謎解きが解けない、強敵が倒せないという場合のヒント映像
    ・歯応えのある難易度の上昇
    ・ただ空を飛び回っているだけでも楽しい(笑)
    悪い点
    ・Wiiリモコンの傾きや振る等の操作による想定外の動き
    ・好き嫌いが分かれそうなキャラクターグラフィック
    ・思っていた以上に狭かった地上エリア
    総評
    総合的に見て25周年にふさわしい作品だと思います。

    Wiiリモコンを振ったり傾けたりする場面が多く、
    思っていたとおりの動きにならないことがありそこが少し不満です。
    また個人的にグラフィックは好みですが、
    人によってはダメな方もいるかと思います。

    しかし良い所がたくさんあるためあまり気にならないと思います。
    戦闘はより直感的になり、謎解きは程よい難易度になりました。
    特に拠点である街にしかいませんが、
    分からない謎解きや敵の倒し方のヒント映像を教えてくれるNPCはとても良いです。
    あくまでヒントですが大体分かるようになるため"詰む"ということがなくなるため
    どなたでもエンディングを見ることが出来るのではないかと思います。

    ゼルダファンはもちろんですが、今までゼルダをプレイしたことがない方でもお勧めできる作品です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 5
  • ゼルダシリーズの新たな基準となるソフトだと思います。 100
    • 投稿者:野村(男性/40代)
    • 投稿日:2011/12/01
    良い点
    ・リモコンプラスのジャイロ機能を利用した操作。
    ・敵や状況に合わせて攻撃を切り替える戦略性のある戦闘。
    ・広すぎず無駄のないフィールド。
    ・手ごたえのある難易度。
    ・生き生きとしたキャラクター達。
    ・オーケストラ演奏のBGM。
    ・素材集めとアイテム強化。
    ・豊富なサブイベント。
    ・ジャイロを有効活用した謎解き。
    悪い点
    ・時のオカリナやムジュラの仮面の様な欧州の童話的な怪しげな雰囲気がない。
    ・良くも悪くも今までの3Dゼルダとはやや方向性が違うので、従来の3Dゼルダを求めている人にとっては少し違和感があるかもしれない事。
    総評
    ゼルダはシリーズを通して遊んできましたが、今回のスカイウォードソードは間違いなく時のオカリナを超えています。
    ゼルダといえば新作を出すたびに時のオカリナと比較されて、大抵は批判されてきました。
    そのような批判を避けるべく送り出した現代版時のオカリナのトワイライトプリンセスは劣化コピーだの、フィールドが広すぎて移動が面倒だの散々な評価でした。
    思うに、ゼルダはマンネリに陥っていたのだと思います。
    時のオカリナがそれまでの2Dから3Dへの劇的な変化をもたらしたように、今回のスカイウォードソードは新たな機軸を打ち立てることに成功したといっても過言ではないと思います。
    ムジュラの仮面の「めおと」イベントなど例外もありますが、従来のゼルダがリンクのみに焦点を当てていたとすれば、今回はリンクとその周りにも焦点が当てられており、脇役だったキャラクター達にも活躍の場が与えられるなど方向性も変わりました。
    そして何よりもジャイロを利用した戦略性のある戦闘や謎解き、素材集めやアイテムの強化、フィールドの変化といった新要素を多数組み込みつつもゼルダらしさは損なわれていません。
    5年は長かったですが待った甲斐はあります。
    スカイウォードソードはまさしく二十一世紀のゼルダです。
    時のオカリナがそうだったように、今後はスカイウォードソードが新たな基準点となり末永く語り継がれることでしょう。

    それからネット上などでリモコンが誤作動を起こすとの情報がありますが、私はそのような事は起こらなかったので操作性に関しては個人差があるかもしれません。
    少なくとも私自身は快適にプレイできました。
    圧倒的な作りこみと濃密な物語の一方でフィールドをうろついて草を刈ったり、敵と戦っているだけでも楽しめる今回のゼルダは間違いなく傑作と呼べると思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • もう少し早く出してほしかった、というのが本音 85
    • 投稿者:yoshi0(男性/30代)
    • 投稿日:2011/12/02
    良い点
    ・精度の高い剣戟アクション
    モーションプラス専用なだけあって、剣の軌道はかなりイメージに近い動きをしてくれます。これまでは鬼門だった突きの動作も、ストレスを感じないレベル

    ・直感的且つ合理的な操作性
    ポインティングや傾きを重視した操作設計ですが、特に大きな不満はなく快適。アクションの幅が適度に広く、且つシンプルで直感的な操作性はさすがゼルダ。

    悪い点
    ・リモコンを傾ける操作が若干難しい
    主に鳥に乗って空を飛ぶ、ダイビングで落下位置を調節する時など

    ・モーションにメリハリがなく、単調な印象。横飛びやバック転はもっとキビキビしてほしかった

    ・アニメ調なのに鼻と口がリアルな造形が個人的にはイマイチ

    ・仕方のないことだが、若干ハード性能に限界を感じる
    総評
    まだプレイしてわずかなので踏み込んだことは書けないのですが、ちゃんと狙い通りに剣を振ってくれるアクションを見るかぎり、前評判どおりの面白さはありそうです。正直に言うと、もっと早くこのレベルのリモコン操作を体感したかった。

    ほかのゲームを引き合いに出してしまいますが、ドラゴンクエストソードのガッカリ感をきっちり解消してきたのがこのゼルダ、といった感じですね。剣とリモコン操作の一体感は比べ物になりません。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 4 3
  • まさに「濃密」、これぞ二十五年の集大成だ! 85
    • 投稿者:nakao2012(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/30
    良い点
    ・コンパクトに纏めながらも奥深いゲーム設計(まさに濃密ゼルダ!)
    ・リモコンを使った直感的な操作(特にアイテムや選択肢の選択)
    ・オーケストラを使用した豪華なBGM
    ・慣れれば爽快感のある程よい難易度の戦闘
    ・ゼルダ経験者ほど騙される意外性のある謎解き
    悪い点
    ・肝心のリモコンの精度があまり良いとはいえない
    ・一部イベントの単調さ
    ・好き嫌いの分かれるキャラクターグラフィックとSD画質
    総評
    ゲームの内容は前評判どおりでまさに二十五周年にふさわしい出来栄え。
    ボリュームもあるので前作のトワイライトプリンセスで感じたような微妙な物足りなさもなく、やりこみ要素もある。
    戦闘に関しても二週目のハート初期縛りはかなり手ごたえがあるのでアクションゲーム好きにもお勧めできる。
    そして何よりもゼルダちゃん*1かわいい。
    文句無しで今年発売のWiiソフトの中では上位に入る作品だろう。

    *1 姫じゃないんです!幼馴染なんです!身近です!



    なのだが・・・ハードの限界を感じるゲームでもある。
    特にグラフィックに関してはプログレッシブ表示でも目立つジャギーが出るなど、現行他機種に比べて見劣りする。
    これに関しては改善しようがない*2ので次世代機であるWiiUに期待するとして、リモコンは何とかならなかったのだろうか。
    戦闘中に突然カーソル(リンクの腕)がぶれたり、操作を受け付けなくなる(電池残量は関係ない?)ことがそこそこの頻度で発生し、これが原因で選択肢を誤る事もあった。
    これがギャルゲーなら下手したら一発でアウトである。
    たった一度のミスで目的のルートに向けて緻密に練った計画が全て水泡に帰すのである。
    ああ、なんと恐ろしいことか!

    *2 WiiはSD(4:3)機なのでHD(16:9)画質での出力が出来ない、そのため最近のHDテレビでプレイすると画面が引き伸ばされてボケたりかなり目立つジャギーが発生する(ソフトやTV側の設定である程度はましになる)



    個人的には100点でも構わない出来なのだが、やはり突発的に起こるリモコンの誤作動がネックだろう。
    次世代機(WiiU)でも引き続きリモコンを使用するそうなので、次回作もこの路線で行くならそのあたりの改善に期待したい。
    それと、これは決して悪い点という訳ではないがややムービーゲー*3化の兆しがあるのが少し不安ではある。
    これが悪化していかなければいいが・・・。

    *3 ひたすらムービーが流れるゲーム、大作ゲームが陥りがちな病で凝った世界観を遊び手に説明する為にプレイ時にはわからない情報を劇中劇で補足するのだがいつの間にかそれがメインになってしまった物、いわゆる映画のようなゲーム



    さて、数年越しでついに真価を発揮しだしたリモコンちゃんを生暖かく見守りつつここらで総評を締めたいと思う。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 2 5 5
  • グラフィックが勿体ない…。 85
    • 投稿者:takumi70207(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/26
    良い点
    ・キャラクターが個性的。
    ・アクション要素が増えた。
    ・全体的に難易度が上がった。
    ・素材集めが楽しい。
    ・ルピーの使い道が増えた。
    ・盾、パチンコなどの道具の強化が楽しい。
    ・剣のアクションが、縦切り、横切り、ななめ切り、突きなど使い分けれる。
    ・初めて出会うモンスターとの戦闘が楽しい。
    悪い点
    ・グラフィックがメルヘンチック。(ムジュラなどのダークな感じを期待していたので残念。)
    ・登場人物にブラックなキャラがいない。
    ・横っ飛びなどのアクションに切れがなくなった。
    総評
    現在プレイ時間10時間ほどなので、まだなんとも言えないというのが本音。
    ただ、現状プレイしていてかなり楽しいです。
    グラフィックがメルヘンなのは自分としてはかなり痛かった。
    ただ、好きな人もいると思います。

    これからどのようにストーリーが展開していくのか楽しみ。
    プレイ時間10時間でもやれることがたくさんあるので、
    なにからやろうか悩む。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 4 5 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日