オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ARMA 3 日本語版公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
73
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ARMA 3 日本語版

ARMA 3 日本語版
公式サイト http://arma3.zoo.co.jp/
発売元 ズー
開発元 Bohemia InteractiveBohemia Interactive
発売日 2013/09/27
価格 8190円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
86
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 良くも悪くも近未来の設定で評価が別れる 75
    良い点
    ・物理演算エンジンを用いたところ
    今までのOFP、ARMAシリーズと違い、物理演算エンジンを用いているので挙動がリアルになった

    ・グラフィックが今までとは雲泥の差
    はっきり言ってARMA2までのグラフィックとはぜんぜん違う
    こちらのグラフィックのほうがよりリアルになっている

    ・MOD
    このシリーズは伝統的にユーザーメイドのMODを入れて遊ぶのがメインの遊び方になっている
    今回はMODをなしでもそれなりに楽しめるが、やはり大量に公開されているMODやミッションを入れて遊ぶともっと楽しい

    ・かなり凝ったキャンペーン
    NATO軍の一員として戦う公式キャンペーンは3つの章に分かれており、ストーリーもなかなか凝っている
    本筋だけでなく、サイドミッションも遊べたり、とボリュームはなかなかのもの
    悪い点
    ・近未来の設定
    一番評価が分かれるのはこの近未来の設定だろう
    実在の銃器を使って遊びたい、という人にはかなり厳しいかもしれない
    もちろんMODで様々な武器が公開されているが、微妙に現代のリアリティから外れた武器には少し興ざめするかも…

    ・要求スペックが馬鹿高い
    ARMA2でも他のゲームと比べるとかなりのスペックを要求されるが、ARMA3はそれ以上
    快適に遊ぶためには平均以上のスペックのPCが必要であり、敷居が高いのは確か

    ・今までと少し操作性が違う
    操作がよりリアルになった反面、微妙に変わった操作に今まで遊んでいた人は少し戸惑うかも
    とは言え、分隊指揮等の「ややこしい」操作は今まで同様で、その辺りのインターフェースは完成されているのかも

    ・シミュレーター要素が強い
    今までのシリーズ同様、やはりシミュレーターとしての要素が強い
    ランボーのように銃を撃ちまくって…というのを期待している人には究極のクソゲーだろう
    なにせゲームの大半が移動時間、なんてミッションもザラにあるからだ
    総評
    とにかく近未来の設定に満足できるかどうかで決めて欲しいと思う
    何か憧れの銃があって、それを使ってゲームを進めたいんだ、という人にはおすすめ出来ない
    全般的には今までのシリーズの正統進化版であり、デメリットも今まで同様
    MODを入れない状態ではやはりAIの動き等にそれなりに不満が出る
    最低動作条件のPCでも無い限りはMODを入れた方が断然面白いだろう

    個人的にはかなりハマっているが、今まで遊んでいた人が今回もハマるか、というとそこはまた別の話
    近未来設定をどう捉えるか、ということでかなり評価が分かれるだろう
    ゲームそのものの出来としては85点、近未来設定で万人受けしないだろうから-5点、あとは敷居の高さから-5点というところか
    全く客観的な評価を入れなくていいのなら、90点くらい付けるんだけどな
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 4 5
  • 新規は厳しい 90
    良い点
    絵がきれい
    ゲームの中ではリアルな方
    様々なゲームモード
    MOD
    悪い点
    とっつきにくい
    シングルが難しい
    日本人が少ない
    総評
    楽しそうに遊んでいる配信を見て、FPSは苦手で不安だったけど買いました。結論から言うと買ってよかったです。
    まず、グラフィックがスカイリムよりきれいで広大で、こんなところで戦争できてとても幸せだと実感できます。向こうの山がかすかに見えるCGの風景なんてそうはありません。兵器もきれいです。Radeon HD6870でも滑らかに動きます。
    しかし、シングルミッションは難しいです。最初に難易度は一番易しいのに変えましょう。私は3から始めてわからないことずくめだったので大変でした。チュートリアルはないので初心者は情報を自分で集める必要があります。難しいけれどミッション自体はよく出来ていると思います。
    リアルさを感じるのはマルチです。他のFPSは狭い所で至近距離で撃ち合うものばかりでいかにもゲームという感じですが、これは豆粒のような敵を距離を置いて撃つので、より現実の戦争に近いといえるでしょう。更に多くの人と協力して役割を分担しながら、特定の拠点を制圧していく面白さがあります。とにかく戦場が広く移動に骨が折れ、その点もリアルさにつながっています。
    街中で人と撃ち合いたい人には、CODに似たゲームになるMODがありますし、その他ゾンビMODがあります。
    このように拡張性に優れていて色々な遊び方ができるところも優れている点です。
    ただ、現時点で日本人が少なく国内でいまひとつ盛り上がっていないのは残念です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • リアル系FPS正統進化 95
    • 投稿者:koneko2000(男性/20代)
    • 投稿日:2013/11/02
    良い点
    ・グラフィックが実写そのものな綺麗さ

    ・豊富なMOD

    ・ArmA2よりも使いやすくなったミッションエディター

    ・100点満点を文句なく与えられるキャンペーンモード

    ・前作よりもかなり賢くなったAI

    ・壮大な感じを上手く表現している音楽

    ・エディターの根本的仕様を変更していない為、前作までのエディッティング知識が使える

    ・グラフィックが綺麗になったことで、以前よりも敵発見の難易度が上昇している

    ・前作よりも重いサウンド(銃声や砲撃音など)

    ・Steamワークショップに対応し、ユーザー製作ミッションが簡単に導入できるようになった

    ・過去最大クラスのオープンワールド

    ・そして一発の銃弾で即死する緊張感はそのまま残っている
    悪い点
    ・全体的に減ったとはいえ、OFP以来の物理演算エンジン由来の「跳ねる」現象は健在

    ・まだβ版なのでエディターの乗り物関係は物足りなく感じる

    ・ただですら重いのにグラフィックが向上したせいで、最新のハイスペックPCでしかプレイできない

    ・日本語版は出ているが、所々誤訳がある

    ・日本語版といってもユーザー製作ミッションなどは英語なので、最低限の英語力が必要
    総評
    前作までのいいところは、きちんと受け継ぎつつ

    グラフィック向上、AI向上、音向上・・・とまさに正統進化したゲームだと感じました

    個人でMOD製作からミッション製作、公開まで出来ることで

    一部ユーザーから「FPSツクール(RPGツクールになぞらえて)」という声も聞かれる作品ですが

    個人的には今回のキャンペーンは秀逸だと思います

    演出や、音楽、ストーリー展開などが正に映画を見ているような感覚です

    さらにAIの兵士達の挙動がどうでもいいような細かいところまでリアルで

    「これは実写なんじゃないか?」と思ってしまうほど綺麗な動きをします

    そのリアルな動きと演出、ストーリー展開が相まって、「映画をプレイしている」ような感覚に陥ります

    しかし忘れてはならないのは、映画における主人公補正みたいな物は存在せず、マグレだろうと、流れ弾だろうとヘッドショットなぞ食らおうものなら即ゲームオーバーになることです

    この緊張感こそリアル系FPS特有のものであり

    またキャンペーンにおけるキャラ一人一人に命の重みを与えている理由でしょう

    ぜひ買ったらキャンペーンをプレイしてみてください!
    そして慣れてきたら製作側にも回って面白いミッションを作ってみてください!
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日