オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
忍道2 散華公式サイトへ
  • スパイク
  • アクワイア
  • 発売日:2011/12/17
  • 価格:パッケージ版:6090円(税込),ダウンロード版:4900円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
87
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
59
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

忍道2 散華

忍道2 散華
公式サイト http://www.shinobido2.com
発売元 スパイク
開発元 アクワイア
発売日 2011/12/17
価格 パッケージ版:6090円(税込),ダウンロード版:4900円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
87
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 地味だけど、神ゲー 95
    良い点
    アクションが楽しい、カッコいい
    敵のリアクションが多彩で楽しい
    パワーバランスがいい
    隠し要素がたくさん
    周回プレイ対応
    悪い点
    敵の種類が少ない
    任務が少ない
    処理落ちがたまにある
    総評
    主人公がかっこよく何よりアクションがいい、単純に身体能力が優れており敵の二倍、ダッシュジャンプすれば更に素早く動け、更に鉤縄で飛び回って相手を翻弄しながら動くのが楽しい、だからと言って簡単に撒けたりするわけではなく敵にも早いやつがいたり索敵能力が高かったりする奴もいる、難しい以上だと敵もすぐに集まってくるので容易にはいかなくなる、
    戦闘は洗練されておりバランスがよい、高火力で隙がでかい技や連続技、投げ、隙の小さな蹴りなどがものの見事に噛み合い完全なるジャンケンとして成立している。
    攻撃以外も奥が深く、カウンター技である見切りは雑魚は一撃で倒せる(それ以外でも高い攻撃力を持つ)もののある程度読まなければ通用しないのがいい、少しテクニカルな分決めたときドヤ顔が出来る上決め台詞が「まだ甘いな・・!」とかっこよく言ってくれる(敵も専用ボイスでしまっ!、お見事・・!等いうのもいい)のでより爽快です、
    他のも相手のモーションを見切って回避すれば暗殺できたり敵の攻撃をキャンセルして裏周りできたり等苛烈でかっこいい、
    ガードも全ての攻撃がガードできる訳ではないので見切りをしたり回避をしたり技の読み合いが熱い、
    暗殺も沢山のモーションがあり、美しく決めてくれます。

    敵も細かく作られており、普段から独り言を言ってたり、急に死体や主人公が降ってきたりすると驚いたり、此方を見失った時元の位置に戻ったり、その場に残ったり、警戒心が高い奴なら壁を背にしたりなど見てても楽しい
    ボイスも多く、暗殺、普通に殺したとき、斬刻、カウンターそれぞれ別の台詞を言ったり、こちらの評判次第で怯えたり挑発したりもします。
    アイテムも自分好みに作れるので超高火力爆弾や、気絶混乱衰弱同時にする薬も作って遊ぶのも楽しい。

    周回プレイにも対応しており、レベルを上げるだけではステータス完ストできないのでやりこめる。

    欠点もありますがそれを補えるやりこみ要素があります、
    まだまだ楽しい所は沢山ありますので是非買ってみて下さい。

    DLCも出来がいいので買ってみてね^^
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 5 5 5
  • 完成されていた和風ステルスアクション 80
    • 投稿者:テツ(男性/30代)
    • 投稿日:2012/01/08
    良い点
    ・幅広くなったアクション
    移動アクションでは飛行して移動できる「風黒羽(ふくろう)」、連打になりがちな戦闘においてはカウンター技の「見斬」がそれぞれ加わり、アクション面が強化された。
    特に風黒羽は行動の幅が広がり、暗殺がしやすくなったりと非常に重宝した。


    ・緊張感のある暗殺
    ザコ相手でも囲まれると殺されかねないバランスだけに、一体ずつ確実に敵を暗殺していくのが重要となる本作。
    「斬刻」なる新要素が加わったものの、やはり従来通り死角から暗殺を狙う緊張感はたまりませんね。


    ・真面目なんだけどバカっぽいところも残したストーリー
    真面目な復讐劇かとおもいきや、ところどころにシュールなギャグが詰まっているところがアクワイアらしい。
    緊張感だけで圧迫されず、時々気を緩めながら楽しめました。
    悪い点
    ・アクション意外の新要素が少ない
    前作と同じ場所を舞台にしているにしても、マップなどの流用が多すぎる。
    新規ユーザーは気にせず楽しめることかと思いますが、前作からのプレイヤーとしては新マップが殆ど無かったのは残念でした。
    他にも任務の種類や、クマや用心棒以外にモブの強敵がいなかったのも残念。
    総評
    忍者ステルスアクションとしては非常に面白く、完成度も高いものだと思います。
    ただ前作が存在し、それの続編だとするにはもう少し新要素が欲しかったなというところでしょうか。
    ただ前作をプレイしていない人には気にならないところだと思いますので、今作で忍道を知った方には和風ステルスアクションがどういうものなのか、是非とも触れて欲しいところです。

    本作はやり込み要素も多いので、まだまだ周回プレイで新たな面白さを見つけていきたいと思います。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月18日〜05月19日