オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
World of Warships公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:30
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

World of Warships

World of Warships
公式サイト http://worldofwarships.asia/
発売元 Wargaming.net
開発元
発売日 2015/07/02
価格
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
62
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 敵、そして自分を知ることで強くなれる 85
    良い点
    戦艦は駆逐艦(見えない所からの魚雷攻撃)を苦手として、駆逐艦は巡洋艦に弱く(速射できて精密に撃てる主砲とソナー、レーダーなどのアイテム)、巡洋艦は戦艦の砲撃(高貫通、高威力のAP弾による重要区画への被弾)に警戒しなければいけないという、いわゆる三すくみの関係が成り立っています。この三すくみはおそらくこのゲーム上で最も重要な隠蔽というシステムによってより良いものになっています。(小型艦ほど近くに寄るまで発見されにくい)このシステムによって、駆逐艦や巡洋艦などの小型艦が戦艦に対抗できるようになっています。
    しかくこの三すくみの関係はプレイヤーの技術によってある程度はカバーできるようになっています。各艦の性能を把握し、適切に対応しながら味方と協力し敵を撃破する。それがこのゲームの面白さだと感じています。
    分艦隊(最大三人まで)を組み、友人と高度な連携を目指し、より勝利に近づける事も可能です。
    敵、そして自分の艦について知れば知るほど強くなれる、それがこのゲームです。
    悪い点
    ゲーム内でのtier(艦のレベル、例えば巡洋艦古鷹はtier5、戦艦大和はtier10)はその艦の強さによって振り分けられていますが、中〜高tierのアメリカ空母のように、周辺の同tier艦艇、特に日本空母に対して不利な戦闘を強要されるというゲームバランス上の問題があります。
    例:味方を守るための戦闘機が多い編成、制空編成は火力を出せず、雷撃機、爆撃機を多く搭載した雷爆編成は戦闘機を搭載していないことが多く、味方の被害が拡大する。
    また、一部のプレミアム艦(課金により購入できる)の性能が通常のツリー艦に比べて性能が高く、無課金者にとって厳しい戦いを強いられる場合があります。(ただし対処法を知っていれば対抗することも可能です。)
    総評
    前提として、自分の力だけでは勝つことは極めて難しい事です。ではどうやって勝つのか?味方と前線を作り、自分の役割を理解し、味方とともに敵を撃破する。
    このゲームは上記の通り一人で勝つことはできませんが、それはつまりどんなに上手な人が敵に現れても味方と一緒であれば倒すことも可能であるということです。
    このゲームを始めたばかりの人が、隠蔽システム、跳弾判定、防御(耐弾)姿勢、HE弾とAP弾の特徴と使い分け方について知らないまま上級者と戦うことになり、「敵が突然目の前で消えて撃てない!」、「自分はダメージが出せないのに敵は大ダメージを与えてくる!」など不本意な結果に終わりこのゲームを辞めてしまうことが多いと感じます。
    しかし、それはこのゲームについてまだ何も知らないからです。
    動画投稿サイトに上手な人によるプレイ動画があるので参考にするのも良いでしょう。
    また、有志が運営しているwikiにはゲームシステム、各艦の情報や経験談など有益な情報が数多くあり、コメントページから知らないことを質問することも可能です。

    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 4 4
  • グラフィックとBGMは秀逸。だがそれ以外は・・・・・ 20
    • 投稿者:暇な人(男性/30代)
    • 投稿日:2017/06/30
    良い点
    ◎船の造形、作りこみの細かさ
    ○BGM全般
    悪い点
    ×公平性の欠けるマッチメイキング
    ×運営(現地運営含む)の対応の拙さ
    ×艦種および、同艦種の中でも製造国によってバランスが極端で
     一部ゲームの勝敗を左右するようなものがある。
    総評
    ・船の作りこみは流石に船を主体としているゲームの為造形は素晴らしく、眺めているだけでも非常に絵になる出来栄えだと思います。
    しかしながら、肝心のゲームにおいてはPvPの対戦ゲームでありながら
    致命的にマッチメイキングがおかしく、艦種毎の隻数差の発生や、
    悪い点に記載した艦種・同艦種の中でも製造国によってバランスが極端な船が
    マッチメイキングの悪さに拍車をかける形となり、そういった特徴のを持つ船が
    片方に偏った結果として一方的な展開が発生する対戦の頻度がかなり多く
    不利な側に入ると理不尽さを感じ、有利な側に入ると興覚めをすることがあります。

    ・マッチメイキング自体はかなり前より問題として何度も指摘をされており
    修正はされているようですが、解決には程遠い状況が現状です。
    そういった指摘を運営側に行うと、返ってくるのはテンプレートをコピーした様な
    同じ文言が返ってくるか、指摘そのものを黙殺し問い合わせ自体を一方的に
    閉じてしまう事があり、終いには「アジアの声は届きづらい」「指摘に対してこういった
    声があるということを伝えるのみに留まる」と消極的な対応しかせず
    問題を認識していながら対応に消極的な姿勢が非常に目立ちます。

    マッチメイキング部分の改善がされない限り
    興味を持っている知人に「これいいよ!」とはとても勧められないのが現状です。

    戦闘艦船を使ったゲーム自体があまり見かけず非常に良い素材だと
    思うだけに余計に残念です。

    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 2 2
  • イベントがつまらない 40
    • 投稿者:imoesvialu(男性/20代)
    • 投稿日:2017/05/07
    良い点
    戦艦を操作できる数少ないゲーム
    綺麗なCG
    悪い点
    イベントの作成能力が押し並べて低い。

    最近行われたイベント、クラッシュ・オブ・ジ・エレメンツでは
    1ゲーム、15分ほどかかるのにそれを1日中毎日、3週間やらないと
    達成できない目標を立てユーザーを萎えさせた。

    また、ゲーム内のチーム分けも不平等であり、不満が高まった。
    総評
    数少ない戦艦ゲームなのでイベントの質を上げることで
    ユーザーを獲得して欲しい。
    他の盛り上がっているゲームのイベントから学んで欲しい。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 3
  • 徐々に過疎化してるのも致し方ないゲーム 50
    • 投稿者:ああああ(男性/30代)
    • 投稿日:2017/04/12
    良い点
    主にww1〜ww2期の艦艇を操作できる。日本海軍は某これに出ている艦艇勢揃い。
    某雷のような魚雷艇オンライではない。戦艦、巡洋艦、駆逐艦、空母あります。
    課金しなくても十分遊べる。課金しても無双できるようなアイテム・ユニットは無いので札束で殴られることはない。
    1プレイ15分程度で簡単に遊べる。
    上級者と当たりにくい当たらない方法があるので初心者でも100%負け続けることはない。
    マッチングの妙で上手い人にも勝てる大番狂わせがありスリリング。
    基本無料としては十分なグラフィック・サウンド
    組んだ味方と協力し勝利したときはやっぱり楽しい。
    悪い点
    昔から言われているのは"このゲームは1対23””どうやっても4割負けて何もしなくても4割勝つ”という言葉があります。
    どのゲームにもありますがこれにも如何ともしがたいオンラインゲー特有のマッチメイクの仕様があります。

    この開発会社のゲームの基本モードのマッチメイクはマッチした時点で彼我能力が異なるゲームを強いられます。(例えばHP120と100と80が同じ戦場で戦うようなもの)3すくみがあるので腕前や連携次第で格上でも当然倒せますしHP120なら敵と有利に戦えます。ただ運悪く3回も4回もHP80で戦うことになったら・・・・

    もう1つはこのマッチメイク、腕前関係なく振り分けられます。例えばK/D3.0も0.5も平等ですプラチナもブロンズも一緒です。

    HP120で味方を引っ張っぱり、またあるときはHP100や80で格上を倒し勝利をもぎ取とる。
    それが運営が考えているゲームシステムであり運営曰く”意外性のあるマッチング”というのは重々承知しています。

    ただそれ以上にHP120でK/D3.0の廃人にフルタイムフルボッコされたりK/D0.5が開始3分で退場させられ寡兵となった残りが猟場の鹿よろしく徐々に追い立てられる不毛な場面がおおいですが・・・

    対抗策はひたすら上手くなって自分が狩る立場を増やすか仲間を作って3対21で抗うか、もしくは味方の罵詈雑言を気にせず鹿を楽しむかどれかです。
    総評
    WOWSをプレイする前WOTをやっていたが所詮同じ開発会社です。根本的なところは変わりません。
    ただ常時上級者が金やプレイ時間を盾に無双できるわけでは無いのでとっつきやすくはあります。
    ひどい理不尽な場面に遭遇しても一矢報い次回に繋げられる余裕があれば楽しいです。無い場合はただの時間の無駄です。

    ある人は上手い敵を妬み。ある人は自分より下手な味方を罵り。ある人は上級者同士で繋がり味方を踏み台にして利用して敵を狩り更に上を目指す。1回15分でもそんな光景を同時に見かけることが多々あります。

    そんな汚い場面でも切り替えて次に繋げられれば楽しいです。ない場合はストレスだけが残ります。

    色々言われていますが開発は良くしようと頻繁にアップデートを繰り返してプレイ環境の向上をしています。全てを放置していないのは確かです。
    これから良くなる可能性は十分にあります。


    そんなものより今現在良いゲームをやるって?ごもっとも
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 3
  • 日本を煽り運営のGと声だけの無能に付き合わされるゲーム 5
    • 投稿者:名無し(男性/20代)
    • 投稿日:2016/12/16
    良い点
    類似ゲームがほぼ皆無な点
    悪い点
    運営の悪い点
    1.声だけの高い無能(以下説明)に踊らされている点
    2.国籍や艦種によって色をつけようとした結果ゲームバランスが崩壊している点
    3.プレイヤーに害が出る問題よりもプレイヤーに実害のない集金要素のほうを重要視してる
    4.味方ガチャで勝てる勝てないが決定するゲーム
    5.チケットという直談判もまともに読んでいない

    プレイヤーの悪い点
    6.チームゲーということを理解していないプレイヤーがおおい
    7.各艦種に於ける役割を理解していないプレイヤーがおおい
    8.勝利条件を理解しているのかあやしいプレイヤーがおおい
    総評
    1.特に日本駆逐艦の魚雷Nerfによるところが大きいです。
    魚雷は装填時間(発射間隔)が長く、弾速が遅いため見つかっていない状態からの攻撃では着弾までに50秒〜1分(以下約1分)ほどかかります。そして当然発射後は曲がったり追尾するわけではないため、クリーンヒットするには約1分もの間一切の回避運動をしていない艦にしか当たりません。単発で約1万〜のダメージを与えることが可能なので瞬間火力だけを見れば強いです。しかし、「見つけていない」だけで「いない」と錯覚しているプレイヤーが多く、そういったプレイヤーからの要望によるものではないかと思われる弱体化が入りました。
    また、ティア(船の強さやランク)が高いものでは投射量は多いものの最長20分の戦闘時間において2分半ものリロードタイムを有しており、2分半に1度の強力な攻撃であるとも言えたものですが、それすら認められない現状となっています。

    2.これは大半の艦艇に言えますが、例えばドイツ戦艦ですが主砲口径が小さいため対戦艦では有効打を与えにくいですが取り回しの良い主砲を持っていて巡洋艦を狩る性能は高いです。そして装甲が厚めであるため対戦艦からも有効打を貰いにくくなっています。代わりに対魚雷防御が低いのですが、水中聴音という装備を有している艦があり、それにより早期に魚雷を発見でき、(範囲内であれば)駆逐艦の煙幕すら無効化するため魚雷を有している駆逐艦ですら手を出しにくい相手です。また巡洋艦という艦種は戦艦より優秀な足回りと駆逐艦より強力な主砲という器用さをもっていますが、国ごとの色を出した結果戦闘に大きく有利不利を作る原因になっています。例えば、空母が居る状況で巡洋艦が対空の高いアメリカ巡洋艦クリーブランド×3VS比較的対空の控えめなブジョンヌイ×3なども起こり得るため対空力に大きく差ができ、結果空母の優位性が異なっていたりということも起こりえます。

    3.先日の日本駆逐追加のアップデートで艦長を別の艦艇に強制的に乗せ変えられました。艦長には育成要素が有り、艦長スキルというものが習得できます。そして艦を乗せ替えるためには2つ方法があり、1つは無料でもできる艦長スキルの効果を半減(物によっては消滅)させた状態で取得してるスキルポイント量に応じた経験値を稼ぐ方法。2つめは課金をしてその期間をなくす方法。また現状艦長スキルの再分配は課金のみであり、別艦艇に乗せ換えを強制的に行われた育成済み艦長は甘んじて長期にわたる再訓練を強要され元の艦に戻すか、課金をしてもとの艦に戻す、あるいは課金をして乗せ替えられた艦に合わせたスキルを習得しなおすという三択しかなく、突き詰めて言うとプレイ時間を拘束されるか、課金をする以外では対応できません。また特定のティアまで艦艇の開発を進めて課金要素の迷彩を購入していた場合、所持している艦艇と追加されている艦艇双方に課金要素のある迷彩を配布するということがあったのですが、実際は購入していないプレイヤーにも配布されてしまう不具合が起こりました。迷彩自体は取得経験値に補正が入っているのみで実質的な強さは未購入者でも得られる程度のものです。しかしながら、運営の独断でプレイヤーに課金か時間を強いる強制乗せ換えに対する対応はなく、取得経験値に補正が入る迷彩の方は修正が入るとわざわざ公式ページの方で告知されていました。このことからプレイヤーが実害を得ている艦長の強制乗せ換えよりも、自身らの「ミス」により集金要素が減ることが重要であることが伺えます。

    4.レーティングや、勝率など何かしらの指標によってマッチングが分けられているということはなく、ただただ適当に同等(同ティア)の艦種を並べているだけのマッチングであり、上手くなればなるほど下手なプレイヤーに足を引っ張られて負ける展開になります。ゲームシステム的に一人で無双できるゲームではないため、下記のプレイヤーの問題と合わせ味方はおみくじでいいプレイヤーを引き当てられれば自分が頑張っても負ける、いわゆる味方ガチャなゲームです。

    5.マッチメイカーの問題点をチケットを切って”意図の有無と意図しているならどのように対処すれば良いか?意図していないのであれば告知と修正の要望”という形で送ったところ”個別には対応していない”というまったくもって理解不能なテンプレ回答を送ってくるだけです。その後も突っ込みを続けたところ強制的に打ち切られた形でした。告知を要望しているにも関わらず「個別に〜」というくだりは本文を一切読まずのテンプレ回答を返しているのみの可能性が非常に高いということが覗えます。

    6.不特定の人とチームを組む以上共通の目標があって然るべき、そしてその共通の目標とは対戦ゲーである以上勝利であり、その勝利を目指していないプレイヤーは多いです。
    7.各艦種にはその性能に合わせた(勝つための)役割があります。駆逐艦であれば見つかりにくさを活かしたエリア制圧や索敵、巡洋艦であれば手数とそこそこの威力の砲を活かした駆逐の排除、戦艦であれば大口径主砲による巡洋艦の排除や空母は艦載機を活かした制空・防空・索敵といった形ですが、それらを理解していないのかやろうとしていないプレイやーも多いです

    8.勝ちたくないのかわかりませんが、勝利条件を満たせそうなところで不用意な行動へ走りわざわざ敗北に導いてくれるプレイヤーも多いです。例えばエリアを制圧すれば勝てる状況でエリアを抜け出て適当な艦と交戦した結果そこの差で敗北、等

    またアジアサーバーではたとえ負けようが船が動かせれば楽しい、勝ち負けなんて知ったこっちゃない俺が撃たれたくないといった行動をするプレイヤーが大変多く、対戦ゲームとして成立していません


    また、運営はダブルスタンダードを適応しており、店舗やイベントなどの試遊台で高ティアの艦を対人戦でも使用できるようにしています。
    しかしながら最近実装されたミズーリという艦の取得条件においては「まず、初心者がゲーム開始直後に Tier IX 艦艇を購入し、上級者だらけの Tier IX - Tier X 戦場に巻き込まれ、上級者たちの格好の獲物とならないように配慮する必要がありました。」との発言をしています。
    そして日本の軍旗である旭日旗は「繊細な議論を引き起こす意匠については排除することを決めたのです」との発言とともに消しました。しかしながらミズーリの右舷上甲板上に日本の降伏調印式の際使用されたテーブル・椅子が設置されています。
    このようなダブルスタンダードを行っており、企業としても信用に値しないものと思われるため客観的に見ても駄作としか言えないと判断させていただきます
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 1 1
  • オープンβからやってる人のためのゲーム 20
    • 投稿者:どどどd(男性/80代)
    • 投稿日:2016/11/05
    良い点
    グラフィック等がきれいなところ。


    課金=強さではない点。
    悪い点
    マッチングシステムが新規プレイヤーに非常にきつい設定となっているので新しく始めた人は非常にきつい戦いを強いられる。

    二段階までの開発段階の違う艦船同士が同じ戦場で戦うのであるが、既存プレイヤーは開発が進んでいる人が多く新規ユーザーは開発が進んでいないため、
    慣れている既存プレイヤーが開発の進んだ艦船に乗って、慣れてない新規プレイヤーが開発の進んでない艦船で戦う羽目になる。

    結果、腕も艦船もまったく歯が立たずにすぐ沈められるかもしくは後ろのほうでコソコソ逃げておかないといけなくなってしまう。

    そのため新規プレイヤーが少なく新規プレイヤー同士の戦いが減り新規VS既存という戦いが多く、よほどのマゾ以外の新規は続かないという悪循環になっている。



    総評
    オープンβからやってる人のためのゲーム

    今からはじめるにはテクニックも開発もよほど時間をかけない限り追いつけない

    システム自体はいいのだが艦種間のバランスをとろうとしているのか、晴れてる海上で6キロ先の駆逐艦が見えなかったり、戦艦が巡洋艦の2,3斉射の射撃で延々燃え続けて沈没するという実際はありえないことが実装されていてそれも残念
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 4
  • 内容はとてもいい 80
    • 投稿者:ピルクル(男性/30代)
    • 投稿日:2016/10/18
    良い点
    ・忠実に再現されている艦船
    ・課金せずとも楽しめるがスロット不足に悩まされるけど良心的な値段
    ・空母も用意されてて全くの別ゲーになる
    ・NPC戦もあるので対人戦はちょっと・・・という人もできる
    ・そんなにPCスペックを要求してない割にはかなり綺麗なグラフィック
    ・日本鯖ではないので日本語での煩わしい罵り合いがほぼない
    悪い点
    ・プレミア艦が少し高い
    ・ユーザーの問題だが動かない艦が結構いる
    ・艦種のみで勝率などでチーム振り分けしないためワンサイドゲームになることもしばしば
    ・ティアが進むにつれて遠距離戦が頻発してしまいつまらなくなる
    ・延長スキルがあるものの魚雷の感知距離が少し短いかな
    ・イベントがワンパターン
    総評
    無課金でも自分のPS(と仲間次第)でどうにでもなるゲームだがスロット数が少なすぎるのでこれくらいはお布施で課金してもいいのかなって感じ。
    ティア7↑あたりの戦場からは遠距離戦ばかりで正直つまらなくなってくる。バランスがいいのは4〜6あたりだと思う。
    ガチでやるには味方の行動にストレスが溜まるのでお勧めはできない。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 4 3
  • グラフィック・サウンド最高点!あとはバランスかな!? 70
    • 投稿者:kanon2009(男性/40代)
    • 投稿日:2016/09/25
    良い点
    【綺麗なグラフィック】
    綺麗で素晴らしいグラフィック。
    フルHDでコマ落ちもなく、スムーズな動き。
    波の反射やゆらぎ。雨の中の海戦。全てにおいてグラフィックは100点満点でしょう。

    【響く打撃音】
    ドーンと身体に響く主砲の音。いやー素晴らしい!
    サラウンドスピーカーの場合、部屋全体に響きますからボリュームの設定は細かく調整が必要でしょうか。
    悪い点
    【魚雷が極端に強い】
    AP弾ですら何発も打たなければならないのに、魚雷は1回5発で戦艦を沈められる力を持つ。
    ありえませんね。普通なら同じ打撃力にしないと、ユーザーは脚の速い駆逐艦に流れてしまい、憧れの戦艦乗りになりませんよ。

    【空母の腕で左右される】
    空母乗りの腕で、全体の作戦がほぼ決まってしまう。
    魚雷が極端に強いためである。

    強い船には速攻で潰しに行く空母の戦闘機。こちらも船に搭載した戦闘機で戦うけれど、ほぼ自由に魚雷を打たれてしまう。

    またゲーム後半は、空母は戦場近くに近寄って、戦闘機の往復距離を短く効率を上げるみたいなのですが、ヘタな空母は逃げてばかりで、戦場との距離が遠くて攻撃回数が少ない。

    【Co-op戦の命中率が不自然】

    どんなに避けても逃げても、100パーセントに近い命中率。誘導弾でしょうか。
    打ってきたと同時に、急旋回または急ブレーキをすれば交わせる遠距離AP弾。しかし、コンピューター相手だと当てられてしまう。不思議な現象です。
    総評
    グラフィック・サウンドは最高のクオリティ!
    コマ落ちもせず、技術を駆使したオンラインゲームですね。
    NaviFieldの復活を思わせるほど熱中しますよ!

    あとは、運営次第ってところでしょうか。
    せっかくの出来なのですから、2年で終わりという恥はかかないようにして欲しいものです。
    期待しています。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 4 4
  • 悪いところが目立ってきた 35
    良い点
    ・モデリングは素晴らしい
    ・操作は簡単な方
    ・艦艇が増えてきた
    悪い点
    ・三竦みが完全に崩壊して巡洋艦最強&放火祭り
    ・火災のよるダメージ計算が適当すぎる
    ・マッチングが不公平
    ・都合良くバイタルを撃ち抜いてくるBOT(coop戦)
    ・撃沈された後に放たれているとしか思えないタイミングで迫るBOTの魚雷(coop戦)
    ・旭日旗問題
    総評
    日本戦艦を主に使用しており、最近は球磨やアルペジオ重巡も使い始めたプレイヤーの感想です。

    モデリングは初期と比べると色々細かく追加されており、こだわりが伺えます。しかし、今は「ただそれだけ」の状況。

    バランスに至っては完全に崩壊しており、巡洋艦が榴弾を撃ちまくって火災を発生させ沈めるのが主流。主砲口径は関係無く手数勝負な火災発生率。またその火災も本来なら口径の大きい戦艦主砲の方がダメージは大きいハズだが、燃え始めると艦艇HPの割合で削られるので考慮されていません。
    戦闘エリアの外から魚雷を落とす雷撃機が居たり、戦艦に対して命中率ほぼ100%の爆撃(そして燃やされる)などツッコミどころは満載。1,2機では外れることもありますがMAXでは外れたところは見たことがないです。
    「当たらなければどうという事はない」の巡洋戦艦も機動力を低下させられ、今では単なる的です。
    Tierの合計が近ければ良いという感じのマッチングは無くなってきましたが、それでも艦種によるバラつきは大きい時が多々あります。

    対CPU戦であるcoopは敵艦の命中率が半端なく高いです(運営は高すぎる命中率を修正したと言っているが)。艦を傾けて見かけ上の装甲を増しても都合良くバイタルを抜いてきます(そしてこちらの砲弾は弾かれる)。
    魚雷もしかりで一瞬で照準を合わせて放っているとしか思えない挙動です。

    衝突時に修理費の補填(相手が負担)があるのですが、何故かぶつけられた側である自分の方が支払いが高いことばかりです。差別か?

    多くのプレイヤーを疑問に陥れた旭日旗問題も「史実を重視」とか何とか言っておきながら某国の反発に押され無くなり、その割に日本のアニメ作品を利用(コラボ)したり。

    最近思うのはこのメーカーの本拠地からして「日本艦艇をボコボコにしたい」から米国と同時実装したとしか考えられなくなりました。軽く遊ぶには良いかもしれませんが深入りすると場合によってはストレスしか溜まりません。特攻万歳でも良いので(味方は迷惑ですが)2,3戦軽く遊ぶ程度でとどめておいた良いゲームだと思います。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 2 3
  • モデリングが素晴らしい。砲撃音に燃える。 90
    • 投稿者:ER6F(男性/40代)
    • 投稿日:2016/06/20
    良い点
    グラフィックが素晴らしい。ここまで緻密に書き込まれている艦船ゲームは見たことがない。
    もともと評価が高かったが、パッチでグラフィックが強化されており、継続した努力が伺える。
    基本無料ゲーなのでぜひ船を眺めるだけでもしてみてほしい。
    ゲームバランスは駆逐艦<巡洋艦<戦艦<駆逐艦 の三つ巴に、アクセントとして空母が入っており、苦手な艦種を避けつつ有利な位置取りをするなどプレイ中は緊張感があって良い。
    巡洋艦や戦艦にはバイタルパートと呼ばれる機関部や弾薬庫に相当する部分があり、ここを徹甲弾で打ち抜く駆け引きがある。
    他にも榴弾で火災を狙ったり、場面によって切り替えをする楽しさがある。
    基本無料だが、本当に無料でもかなり目いっぱい遊べる。腕があればTier8〜9(10まである)でも収支トントンで遊んでいける。
    課金についても日本のスマホゲーのように払った金額がまんま強さに繋がるような事はない。
    課金で買える船はやや強いが、通常艦の1-2割り増し程度の感覚。基本的に12vs12で味方にも配される可能性があるし、そんな個艦性能など誤差にすぎない。
    悪い点
    システムが少々難解。
    三つ巴は基本知識だが、これ以外に隠蔽という要素がある。駆逐艦は特にこれが高く、かなり近寄らないと見えない。
    このため、味方の駆逐艦や航空機で見つけてから砲撃するしかないが、システムに慣れない人はいきなり魚雷攻撃を受けるなどして理不尽に感じることがあるだろう。
    先のバイタルパートについてもそうで、巡洋艦は巡洋艦の砲撃ならばうまくかわしたり被弾角度で損害を軽減できる。だが、全く口径が違う戦艦主砲は角度をつけても貫通され、弾速も早いため避けにくい。当たれば桁違いの炸薬量で一発死することなど珍しくない。
    こんな事は戦史を知っていれば当たり前のことなのだが、ライフを削り合うゲームに慣れた人たちには理解しがたいだろう。
    対空砲も口径や装備によってスキルや操作で得られる効果が違うのだが、傍目にはわからない。
    よくよくシステムを理解し、各種パラメータを理解できるようになって初めてゲームを完全に楽しむことができる。
    総評
    それぞれの艦船の役割が全く違い、それぞれの艦種はお互いに援護が必須である。
    これはゲームとしては大変よくできたシステムではある。
    が、すべての艦種を十分にプレイした人は、それぞれの艦の事情がわかるものの、そうする前に辞めてしまう人が多そうである。
    何でここに戦闘機を飛ばしてくれないのか、どうして随伴して前進してくれないのか、どうして引き返してしまうのか・・・etc
    それぞれの艦種は得手不得手の事情があってそうするのだが、同一艦種しかまともにプレイしてない人はイラついてやめてしまうだろう。
    現に私の友人は戦艦だけをやって、遠距離砲撃に徹してろくに成績を上げず、負けを味方のせいにしまくってやめてしまった。
    いくら射程があっても、それは砲撃を先制できるだけである。頑丈さを盾にして巡洋艦との距離を詰めて射程圏内をキッチリ制圧し、味方駆逐艦の行動の制約を取り除くのがうまいプレイなのだ。
    だが、本人曰く、ちゃんと当てているから問題ない、の一点張り。
    確かにエイミングはうまいので当ててはいる、が、遠距離ゆえに命中弾数が少ない(弾はばらけるから)。
    それを指摘し、データで平均値以下であることを示したら癇癪を起し、いつも味方が負けるから砲撃のチャンスが少ないんだと罵ってやめていった。
    システムもデータもまともに理解できない人間がやっても、こういう結果にしかならないと思う。
    そして、正しく理解するには全艦種乗ってみるしかない。
    やり始める敷居は低いが、システム全体を理解する敷居は高いと思う。
    レビューを見ていても、低評価の人は果たしてどれだけの艦種をどのTierまでやったのだろうかと。どうしても底の浅い書き込みにしか見えない。
    こうして書くと悪いことのように思えるが、逆に言うと大変奥の深いシステムだと言える。
    向上心がある人には、長く長く楽しめる良ゲーだと思う。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 4
  • 目の前で船が消える不思議なゲーム 30
    • 投稿者:integra_typeR(男性/30代)
    • 投稿日:2016/05/31
    良い点
    ■WW2時代の軍艦を操作できる
    この一言に尽きます。
    操作方法も簡単で、10km程度距離を取っていれば巡洋艦と駆逐艦なら敵の発砲を見て回避ができるゲーム
    悪い点
    ■発見距離というステータス項目の距離まで近付かないと絶対に見えない点
    高ランク(Tier)は駆逐艦無双たらしめている原因の1つ。
    その距離まで100%見えないので、空母が戦場に存在しない場合、駆逐艦の多いチームが明らかに有利になる。

    発砲すれば見えてしまいますが、発見距離の1.63倍の付近から射撃すれば隠蔽しながら一方的に撃てる謎仕様。

    最近はレーダーというものが実装されましたが、レーダーの範囲が駆逐艦の発見距離より短い為
    逃げに徹していればレーダーもほぼ無意味なものとなっている。

    魚雷は発見距離に左右されない為、長距離魚雷を持っている船ほど強力。

    発見距離を少しでも離れると撃ち合っていた船が突然目の前で消える。

    ■マッチングがクソ
    駆逐艦の総数やTierの合計差に偏りがあるマッチングがやたら発生する。

    「分艦隊は連携ができて卑怯だ」というボッチプレイヤーの意見が採用された為
    分艦隊を組むと明らかに戦績の悪い連中が固まっているチームに放り込まれる。

    廃課金ユーザーほどマッチ優遇されている。
    K/Dが2.0前後、ダメージ平均が6万そこそこ、4000戦で勝率70%↑とかはざら。
    12vs12なので、その程度のプレイヤーがチーム内に1〜2人いたところで勝率70%になるわけもなく・・・。
    他にも「貫通されにくくなる」「散布界がおかしい」等、半ばオカルトに近いが
    あながちオカルトとは言い切れない要素も噂レベルではない話となっている。

    ■チートを取り締まっていない
    着弾地点の分かる「エイムMOD」、飛来する弾の着弾位置や魚雷や隠蔽している船が表示される「ディスカバーMOD」等
    ゲームバランス著しくを崩壊させるMODに明確な禁止が出ていない為、明らかに挙動のおかしいプレイヤーが多数存在している

    ■上記以外のゲームシステムがアンバランス
    「総評」にて説明
    総評
    軍艦である以上、1試合が冗長なのはご愛嬌だが
    発見距離(隠蔽)が大きく戦況を左右する為、自陣後方、マップ端、島の裏に引き篭もるプレイヤーが多く
    開始から10分以上経ってもまともな撃ち合いにすらならない試合も多い。

    おとり(被弾)や偵察を引き受けてもシステム的には評価されない事とプレイヤーから見ても称賛し難い事から
    固まって動くにしても先陣を切る事を極端に嫌うプレイヤーだらけになっている。
    また、相手に与えたダメージ量と飛行機を撃墜した数と拠点を踏み切る事のみしか評価にならない為
    チームプレイそっちのけで安全に相手を攻撃する事のみに腐心するプレイヤーが多い。

    そういう事も相まって、下がりすぎていたり、島の影に隠れているプレイヤーが支援砲撃できずに前線のプレイヤーが各個撃破されてしまう事や
    押し切れそうなのに出て来ない(来れない)為、不利な状況で仕切り直しになったりする事も多く
    そういう部分が1試合を冗長化させる原因となっている。

    船のバランスも悪く、当初の3すくみという仕様すら現状は無いも同然になっている。
    ちなみに(【戦艦>巡洋艦>駆逐艦>戦艦】=空母)という仕様。
    甲板や舷側を撃ち抜かれると大ダメージになるのは当たり前だが
    艦橋をぶち抜かれても大したダメージにならない為、船を限りなく縦に近い斜めにして被弾面積を減らし装甲を稼ぐ事と即時回避を総取りできる戦法が主流になっている。
    手数の多い巡洋艦にこれをやられると本来は圧倒的火力を誇っている戦艦ですら撃ち負ける事が多い。
    戦艦の副砲射程が5km程度(ものによっては魚雷より短い射程)しかない上に手動で制御できない事から、全くと言っていいほど命中しない事から、戦艦が巡洋艦に負ける原因の一つとなっている。

    駆逐艦には過貫通というものが存在しており、船体を上から下にぶち抜こうが、右舷から左舷にぶち抜こうが、AP弾では大したダメージにならない事が不条理を醸し出している。
    特にHE弾の威力や貫通力が低い船や装填速度や砲旋回の遅い船では駆逐艦に全く敵わない。

    同社のゲームWorld of Tanksのように搭乗員が存在しない事が駆逐艦と巡洋艦を強者たらしめている原因にもなっているようにも思える。

    このゲームをこれからプレイする人は上記を踏まえた上で検討してほしい。
    私はαテストからやっていますが、αやβの頃と比べると、初期コンセプトをぶん投げて全く別のゲームに仕立てあげようとしてる上に
    それが全く噛み合っていないクソゲーとしか言いようがありません。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 2 2
  • 艦隊戦が好きなら是非 85
    • 投稿者:すいか(男性/30代)
    • 投稿日:2016/03/14
    良い点
    ・グラフィック・BGMやSE等のサウンド

    リアルなグラフィックや迫力あるサウンド等はマニアで無くとも多少興味があれば純粋にカッコいいと思えるものに仕上がってる。

    ・リアリティとゲーム性の間を取って上手く両立させたバランス
     
    WOWSでは軍艦の様々な攻撃性能、防御性能からWOTと同じように砲弾の入射角に至るまで細かく設定されておりリアルさを持たせつつ、ゲームとしての操作性や艦種ごとの戦力としてのバランスを調整してどの艦種でも活躍できるようにするなどの調整はなかなか上手い。

    ・他のFPS等とは異なる船ならではの戦略性

    急には止まることも曲がる事もできない船ならではの動きや、場合によっては弾着まで10秒を超える遠距離での砲撃戦等、他のゲームとは異なる操作や判断、戦略が求められる

    ・操作やパソコンスペック等は意外と敷居が低い

    グラフィックのわりには要求スペックがそれほど高くない点や、操作自体はそれほど覚える事は多くないなど、見た目より敷居は低くとっつきやすいゲーム。
    悪い点
    ・味方と連携の取りにくさ

    連携した方がかなり優位になれるゲームではあるが、
    味方との意思疎通や作戦等を共有する方法が限られている他、外国人も多いため英語で最低限しか伝えられない場合も多い

    ・(人によっては)複数対複数のため個人の技量では勝敗をどうにもできない事も多い

    たとえどんな熟練プレイヤーでも俺TUEEEEEは難しいく、自分に非が無くとも勝てない場合も多いなど味方次第で勝敗を左右される事が多い

    ・プレイヤー同士の交流がやや乏しい

    最近チーム戦等実装されつつあるがまだ不十分な感は否めない
    総評
    一言で言えば第一次大戦から第二次大戦にかけての各国の軍艦を操作し12vs12あるいは7vs7等で対戦するゲーム。
    水上打撃艦だけでなく空母も登場し砲弾に魚雷、航空攻撃と常に考える事は多い。
    瞬間的な判断力や反射神経よりも少し長いスパンで有効な航路や攻撃等の戦い方を考えながら行うゲームのため独特の操作感があるがハマる人はハマるはず。
    某お船これくしょん等で軍艦に興味を持った人も多いかもしれない昨今、基本無料なので興味があったら1度試してみるのがいいかも。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 3
  • 馬鹿な運営によるバランス 20
    • 投稿者:ssssa(男性/40代)
    • 投稿日:2016/02/06
    良い点
    ・グラフィックが綺麗
    ・操船が楽しい
    悪い点
    ゲーム会社について
     ・日章旗が排除されており現実(歴史)を受け入れられない
      運営会社が作ったゲーム。

    ゲーム内コミュニケーションについて
     ・個人でやるならいいが、「友達と一緒」にやろうとすれば同時に3人までしか
      遊べない。

    ゲーム仕様について
     ・スモークというアイテムがあり駆逐艦(課金巡洋艦も1種使える)が使えるが、
      その中で主砲や魚雷を撃ってればほぼ無敵となるため、
      各船に設定されている隠蔽率を完全に無視して戦艦、巡洋艦を
      撃てるためバランスが悪すぎる。
     ・空母に複葉機が艦載されている。
     ・アメリカ空母1編隊6機、日本空母は1編隊4機。
     ・存在していない船が実装されている。
     ・戦艦の大口径で駆逐艦を撃っても低ダメージしかでず、リアリティがない。
     ・戦艦は1発撃つのに30秒〜1分かかる。
     ・高いレベルになると負けるたびにクレジットがマイナスとなり、
      最終的には無課金者は続けられない。(勝率100%なら多少プラス)
     ・無課金者がいなくなるとゲーム人口が減るため課金者も辞めてしまう。
      ただ辞めるのであればいいが、違反行為(チームキルやBOT)に走り
      課金者のゲームを邪魔しているものもいる。
     ・現金で購入できる船に強すぎるものがある。



    総評
    最初楽しいがやりこんでいくと、退屈なゲーム。
    課金しているが、更に課金してまで続けたいと思わなくなった。

    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 1 1
  • スルメゲー 90
    • 投稿者:assu(男性/20代)
    • 投稿日:2016/02/06
    良い点
    ・グラフィック、音がキレイ
    ・戦闘に集中できていつの間にやら「こんな時間!?」って事がよく有る
    ・プレイするサーバーによってプレイヤーの戦術が変わる
    ・考えて射撃
    ・脳筋はCoop戦ですらよく死ぬ
    ・ランダム戦、Coop戦問わず稀にドラマティックな戦いになる。
    悪い点
    ・ASIAサーバーにおけるプレイヤーの質

    ・高ティア帯の戦闘は精神衛生上良くない
    ※偶にチャット欄で誰かさんと誰かさんの煽りあいが始まるのを横目で見る

    ・空母が居る場合、味方空母の腕で大抵決着がつく
    空母・戦艦放置プレイヤーに当たったら最悪

    ・サーバーが落ちて復帰した瞬間、先に復帰してた相手に沈められてる。
    復帰して戦闘画面に帰ってきた瞬間ドカン

    ・試しに旧ソ連ツリーの駆逐艦を使ってたら稀に開幕味方から砲撃を浴びる。
    ※大抵アメリカ巡洋艦が砲撃、日本艦から砲撃が飛んできたことはない。

    ・英語が使えないと基本コミュニケーションが取れない
    ※簡単な単語だけでも覚えとけば読むだけは出来るのでさほどだけれども・・・

    ・割かし艦艇の配置が理不尽だったりする。
    ※Coopの海峡戦だとあっち不利でこっち有利とか?
    総評
    まず、最初に
    このゲームにおける不満はゲームそのものは少なく「プレイヤー側の質」の問題だと思う。

    オンラインゲームだから下手なプレイヤーも居れば上手いプレイヤーも居るそれを念頭に置いてプレイできれば低ティア戦では不満はない。
    ※稀に意識して「おバカプレイ」を低ティアCoop戦でしてる人は居ます。

    操作系ではあるが誰でもすぐ出来る様な操作系統は発展性が大抵そこで止まるのでこのゲームではこれ以上簡単にしてしまうとゲームバランスが根底から崩れかねないので操作系はバランスよくできてると思う。

    まぁランダム戦だと高ティアも低ティアも変わらずちゃんとした集団行動ができるか、そして仕事ができるか否かでランダム戦だと決着がつく。

    自分が本来の仕事以上をこなしてる時点で数で勝ってても実働上ではかなり不利なんですけれども。
    (何故、戦艦が敵駆逐艦とインファイトして駆逐してるんですかねぇ・・・?とは思う。付近の巡洋艦が何故か少し距離のある空母と戦艦に突撃していった。)

    後は、ランダム戦終盤で相手が勝ちを確信して慢心したら逆に喰って勝てる時が有るからこのゲームは面白い。

    P.S.[どーでもいいこと]
    回線が頻繁に切れる方はまともなNIC(何某I社製やQ社製チップ採用のとか)を購入しPCに積むかCPUを物理4コア以上まで上げたらいいと思う。

    それで駄目だとISPの問題なのでプロパイダーを変えるなど対策を

    後は画質を上げると命中率が上がった。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 5 5
  • バカに悩まされるゲーム 90
    • 投稿者:沖縄の人(男性/30代)
    • 投稿日:2016/01/06
    良い点
    1・グラの綺麗さは抜群
    低スペックPCで画質を最低に落としても遜色のないクオリティ、よく見ると細部の細かさが最高設定との差がほとんどない(海面の表現は流石にちょっと出るかな?レベル)

    2・効果音がリアル
    砲撃音や飛来&被弾音、細かいレベルで再現されてる。BGMも渋くテンションアゲアゲに

    3.戦艦や空母まで自分のスタイルを究めればもう他のゲームじゃ物足りなくなる


    悪い点
    1・全世界が相手なので、チャットに日本語以外がワンサカ流れる
    まあ、港に戻れば日本人チャンネルもあるので気にならないレベル。むしろ試合中にチャット見てる暇は無い、ラジオチャットを聞くのが精々

    2・アホが多く。自軍に複数人いた場合は開始3分で勝敗が判る、例えば
     
    駆逐で開幕ダッシュして偵察成果も上げぬまま沈没

    何でリアルでも隊列を組んでいるのかすら判ってない戦艦が単身ヒャッハーして撃沈、なのに援護にこない!と訳が判らない事を言い始める

    巡洋艦の特性と役割も判らず駆逐ガン無視して単身アボン、中には裏取りしてる訳ではない前線にいるのに対空切って艦載機をそのまま無傷で通過させるアホも
    総評
    よく試合時間が長いとか書いてるレビュー多いが、むしろもっと長くても良い。
    何故かというと

    まずマップを見て自軍の配置から予想される海戦エリアの予測、そして戦えるメンバーなのか?負け確定のメンツなのか?を最初の3分で判断

    次に、自軍の艦がどう動くのか予想、それに合わせて玉の種類、砲の向き、進路の選択等々、考える事が山の様にあるから。

    自分は空母&戦艦乗りだが、試合時間が長いと思ったのは始めたばかりで前半戦で轟沈してた時期位しか感じなかった。
    (他のプレイヤの動きを見て立ち回りを勉強してたのでそれでもあっという間だったけどね)

    つまり、試合時間が長いと書いてる連中の腕前はそんなレベル。

    逆に、思慮深いプレイヤーが多いと脳から色んな汁が止まらなくなるw
    チャットの処でも書いたが、試合中に流れる文字は日本語を見かける機会はほぼ無い。
    なのに隊列を崩すことなく

    開戦と同時に索敵&護衛からフルスロットルで撹乱する駆逐、
    戦艦と巡洋にけん制を入れる戦艦
    駆逐を綺麗に仕留める巡洋のイケメンぷり
    敵の雷撃艦載機を魚雷を打たせずに威圧して追い返すイケメン空母の艦載機達

    一度でも最高のメンバーに巡り合ってしまったらもう引き返せないほどハマるのですが、現実はここのレビューを見たまんまのレベルが大勢いる感じかな
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 3
  • とっつきはいい、グラもいい、ゲーム性はダメ 40
    • 投稿者:sakana(男性/40代)
    • 投稿日:2016/01/03
    良い点
    グラフィックや音楽、とっつきの良さは特筆ものだと思います。
    特に簡単操作で戦艦を動かせるのは海戦マニアとしては結構うれしいのではないかと
    悪い点
    ある程度やりこんでくると様々な不満が出てきますが
    腕によって解決される部分が想像以上に少ないです。
    戦果を挙げるためのmodの投入、プラトーンを組む、
    そういった事前の準備と経験値とお金稼ぎに関する作業要素が意外と大きく
    実際のプレイにおける感覚的なフィードバックがほとんどありません。
    予備知識がない状態でプレイすると「いくらやっても上達できない」と感じる人が多いのではないかと思います。

    また、課金艦が強く「PAY to Win」になっているところも残念な部分です。
    総評
    カジュアルゲーとしては結構いいのではないかと思いますが。
    現状やりこめばやりこむほどに不満点が出てきてしまうゲームだと思います。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 2 1
  • 飽きてくるゲーム 30
    良い点
    グラフィック
    悪い点
    新人には優しくない
    操作系チュートリアルが見難い
    幽霊船や幽霊攻撃を頻繁に受ける
    総評
    現在アルペジオコラボが始まっているがこれを見て今から始めるのは止めた方が良い。
    艦艇マッチングのため提督レベルは関係なく、古参艦艇のクエスト消化艦となり自分は全然消化できないストレスを貯めて終了するのがおちである。特に課金艦は止めた方が良い。
    イベがない時も単調で開始後一か月位で止めました。
    航空機に対して対空は貧弱だし、雷撃は命中率高すぎで慣れてくれば空母一人勝ち状態である。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 1
  • 俺強い系のゲームではありません 70
    • 投稿者:更羸鐚G型(男性/70代)
    • 投稿日:2015/12/28
    良い点
    移動や攻撃方法の思考錯誤を求められるゲーム
    反射神経や高速入力が重要視されない分、ユーザーの間口は広いと感じる
    「課金=強さ」に、ならない点
    主に船の保有に課金する仕組み
    悪い点
    Tier差のある船の分隊自体を無くした方が良い
    理不尽に回線切れ等が起こる
    MAPが、まだ少ない
    BGMを増やして、選べる形にした方が良い
    総評
    空母と駆逐艦の有無が戦況に大きく影響する為、早々に倒されると非常に厳しい状況になる
    駆逐艦乗りは、突撃思考じゃない人の方が結果的に全体が助かると思う

    空母乗りが少なく感じる、空母のいないマッチングも目立つ
    (飛行機操作がある為、正直一番疲れる船、Tierが上がる程、操作ユニットが増える)
    良い空母乗りには感謝するべし?
    クランの話しも有るが、なるべく個々の自立したプレイ環境も維持して欲しいと願う
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 4 3 3
  • カジュアルで始めやすいゲーム 60
    良い点
     登場する軍艦には主に主砲と魚雷を初めとした複数の装備が搭載されているが、その操作方法は実にシンプルですぐに操作に馴染めるのは初心者・ライトユーザーに対して嬉しい要素。
     砲撃や雷撃といった攻撃にはある程度慣れが必要ではあるが、互いに大柄でのっしりと動く艦船であるのもあって状況の変化がゆっくりで、歩兵戦のような咄嗟の対処の連続が苦手な人でもやりやすい。
     艦船の機動力に対して鈍足な魚雷の運用では、照準中の艦の動きに合わせて予測線を表示してくれるなど分かりやすいサポートもあるため、感覚を学ぶのにも適しているはずだ。

     グラフィック面では、特に海面や艦船が海を裂く時に出る航跡を始め、空の表現は良い。交戦するまではのんびり風景を楽しむのもアリで、扱う艦船のSSを撮るのも楽しめる要素。特に夕方の光表現は綺麗。

     個人的にこのゲームで特に気に入っているのが音楽。これがとてもいい。音楽をOFFにするのがもったいない。またそのシステム面にも工夫が入っている。
     戦闘開始時は 作戦のため航海中・静けさの中の緊張 といった音楽が流れているが、いざ敵艦と接触すればたちまち砲弾飛び交う戦場を思わせるような激しい音楽へと切り替わり、駆逐艦が持つ快速をイメージする爽快な音楽や戦艦の巨砲と重厚な雰囲気をイメージした音楽となる。というものだ。機能面でも会敵を切っ掛けとしたもう一つの戦闘開始を知るのにも役立つ。

     また、効果音も艦船が被弾により軋む音、機関の変速時に起きる音などはどれも重厚感があり、実際に大きな建造物ともいえる艦船が海上で駆動している様子を感じさせてくれる。戦闘開始時に加速する時には、特にその良さを感じられる。
    悪い点
     マップ数がまだ少なく、同じマップに遭遇するのが珍しくない。
     またマップのつくりも分かりやすさを重視する反面か単調であり、戦略よりも戦術と使用する艦船の影響が大きい。このゲームにはプレイヤーと全く同じ艦を扱うNPCと対戦(CO-OP戦)するモードが用意されているが、そこでも単調な動きしかしないNPCに対して多勢に無勢となるケースもある。

     1ゲームあたりの時間が長くなりがち。
     海という舞台ゆえに陸と異なり隠れる場所が多くなく、互いに敵を発見しやすく、また互いの射程がとても長いため、事前戦略を相談しあう機会の無いプレイヤー同士のランダム戦では、互いに迎撃よりの遠距離戦が発生しやすいのが主な理由だ。
     当然命中率も下がるため、戦闘が終わる頃には10分以上経っているのも珍しくないので、テンポが悪い。鈍重で装填に30秒以上かかる戦艦で戦線に遅れを取ってしまえば、退屈な遊覧航海になってしまう事も。

     艦船のスペックにおける重要な要素がブラックボックス。
     艦船にはそれぞれ防御力を示す装甲の概念と、弾薬庫や機関といったバイタルパート……俗に言う弱点の要素が盛り込まれているが、その双方がどの範囲に、どれだけ存在するのかが不透明。また装甲の厚みが明記されている反面、攻撃側となる砲弾の貫徹力も不透明である。
     そのため始めのうちはその三要素の知識を求められる徹甲弾の扱いが難しく、悩みの種となってしまう。
    総評
    分かりやすさ、馴染みやすさを重視した、素敵な演出によって織り成されるシンプルで奥深いゲーム。

    まだ要素の多彩性が不十分であるものの、手軽に、気分転換に軍艦を駆ってドンパチしたい人にはお勧め。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 2 1
  • 雰囲気は◎、ゲーム性は✕ 45
    • 投稿者:ちろる(男性/30代)
    • 投稿日:2015/11/12
    良い点
    ・珍しいオンライン海戦ゲーム
    艦船同士が戦うゲーム。戦艦・巡洋艦・駆逐艦・空母と、
    それぞれで異なった役割ゲーム性が面白い。

    ・グラフィックが綺麗
    艦船や背景など、グラフィックが作りこまれており、
    マップの雰囲気がリアルでとても綺麗。

    ・場を盛り上げるBGM
    テンポの良い曲調がゲーム、戦闘の雰囲気にマッチしていて、
    場を盛り上げてくれる。
    悪い点
    ・遊びの幅が狭い
    マップの数がなく、戦いのパターンも限られるため、
    毎回同じような戦闘展開になりがち。

    ・プレイ体感が悪い
    1戦あたり約10〜20分なのに対して、得られる報酬などが低く、
    時間に対するプレイの体感がとても悪く感じる。

    ・連携が取れない
    仲間同士での連携が重要なゲーム性なのに対して、
    コミュニケーションするためのツールが欠如している。

    ・マッチングバランスが悪い
    艦ランクによるマッチングしか行われないため、
    敵味方のバランスが悪い事が多く、一方のチームに
    強いプレイヤーが固まるなどの状況が発生しやすい。

    ・告知等の情報が乏しい
    配信される情報が乏しく、遊んでいるユーザーから
    誤解を招くような内容が多く見られる。

    ・運営のレベルが低い
    告知配信やフォーラムへのテンプレ回答といった、
    決まりきった業務しか行ったいない印象。
    要望の多い案件や不具合対応状況など、進捗を公開すると
    いった対応が全く行われない。近年ではとても珍しい。

    ・景品表示法違反疑いの販売
    サイト上で艦船やアイテムが現金で購入なのに対して、
    それらの詳細な性能や効果が全く公開、表示されていない。
    景品表示法に抵触する可能性がある販売を繰り返している。
    総評
    同種のゲームが無い、グラフィックが綺麗など、
    ゲーム性以外の部分では満足しているものの
    遊び続けているとゲームとしての足りない点が多く、
    徐々にストレスが溜まりモチベーションが下がってしまう。

    開発や運営のユーザーへの情報配信、対応などが弱いため、
    今、これからどういった形で遊ばせたいかなどが伝わってこない。

    艦種、マップ、対戦形式の拡張など、
    ゲームとして本格的に楽しむにはまだまだこれからといった様子。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 2 1
  • 期待はしたい、といったところ 60
    • 投稿者:杏仁油(男性/40代)
    • 投稿日:2015/11/08
    良い点
    ・グラフィックが艦船、マップ共に作り込まれている感があって綺麗。
    ・課金の有無による差が出にくく、無料でのプレイでも全く支障はない。
    ・BGMも良く、状況によって切り替わっていく点も楽しめる。
    ・艦の強化、艦長の育成など、強化に関するシステムがわかりやすい。
    ・おそらく、艦船や海戦、各兵装の知識が最初はなくても、上手い人の見よう見まねで上達できそうな所。
    悪い点
    ・マッチング(チーム分け)で疑問符がつくような場面が結構ある。
    ・チャットでの意思疎通が非常に困難。よって、作戦が立てにくい。
    ・チャットマナーの悪いユーザーがちらほら・・・レベルではなく、結構見かける。
    総評
    ゲーム知識も乏しく、史実や艦船、戦術・戦略といった方面にも疎いので、そういった点での論評は出来ませんが、ゲームとしてはまあまあ楽しめそうといった感じを持っています。

    主に駆逐艦で参加することが多いのですが、戦艦に忍び寄って魚雷をたたき込んで沈めることが出来たときはかなりの爽快感があって楽しんでいます。(沈められた方はたまったものではないでしょうが。)
    実際には相手の駆逐艦に見つけられて競り合っているうちに、戦艦・巡洋艦の砲撃で沈むことが多いですが・・・

    ポイント制での勝利条件の対戦の時、駆逐艦の数のバランスが大きく偏っていて、「これ最後にお互いに空母1隻だけが残ったらどうなの・・・」という場面がかなりの頻度であるので、ここは改善して欲しいところです。


    このゲームの問題点は、ゲームの仕様そのものよりは、むしろコミュニケーションに関するものが多いと感じています。
    罵声は3〜5戦もすれば必ずと言っていいほど遭遇するし、敵味方関係なく飛び交ったときは辟易してしまいます。
    さらに、中文・ハングルが飛び交うと完全に蚊帳の外状態で、頼りになるのは自分だけという状況に陥ります。
    この点は、クランなど、意思疎通の取れる人、気心知れた仲間と共に戦える仕様を早く実装して欲しいと感じます。

    あとは・・・このゲームを知る前から話では聞いていたいわゆる旗問題。(この問題でこのゲームを最初に知ったというのは皮肉な話ですが。)
    先に書いたように史実などに疎く、またそれほど旗についてこだわらない性分のつもりですが、それでも違和感を覚えます。
    さらには、炎上したことで議論そのものを封じてしまって、中立性から逃げたとも受け取れる対応は、運営の姿勢としては大きな禍根を残したのではないかなぁと感じます。
    各ニュース等で日本での展開に力を入れたいという意気込みは感じますが、果たしてこの問題が今後どこまで尾を引くか・・・


    とは言え、まだ始めて日も浅く、今後の展開・対応しだいではどうにかなる可能性もあると思うので、もうしばらく楽しみつつ、今後に期待したい、といったところです。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 3 2
  • リアルなWW恭だ鑠歳! 80
    • 投稿者:nanoha1995(男性/20代)
    • 投稿日:2015/11/02
    良い点
    ・艦船のグラフィックがきれい
    ・マップが広いため会敵するまでゆったりと航行できる。
    ・戦艦や巡洋艦、駆逐艦で直接攻撃するもよし。空母でSLGの様に友軍艦隊を支援できる。
    ・敵艦船のどこに何を当てるか、距離を考えAPとHEを使い分ける等専門知識も役に立つ。
    ・課金なしでも十分楽しめる。(課金で各艦船が劇的に強化できるわけではないので)
    ・雷撃の見越し照準等アシスト機能もある為しっかり狙えば当てるのも簡単。
    ・敵艦を誘爆や雷撃、砲撃等でワンパン出来たときの爽快感。
    悪い点
    ・航空機の迎撃は自動…(手動でもできたらなぁ…雰囲気的に)
    ・現段階では艦船の種類が少ない。(と言っても主な艦船はあるけど…)
    ・現段階では赤城・加賀・エンタープライズ等が登場していない。(今後に期待)
    ・各種艦船の一番艦しかツリーにない。
    ・体力制な為、小型艦(戦艦から見て)でもHPがあればごり押しで突撃してくる…。
    ・重巡古鷹や最上等史実とは各砲の門数が違ったり、近代化改装が中途半端なものもある。
    (ゲームバランスの問題なのかなぁ…最上に航空甲板を!)
    ・空母に搭載できる航空機の種類を選らばしてほしい…(それによって戦闘Tierを変えるとか)
    ・現在クラン等の設備がなくフレンドが作りにくい…(WoTメンバーやリアフレとやってます)
    総評
    CBT時代からやっていますが、OBTを経て正式版で再スタートし不満があった点も徐々にアップデート等で修正されています。
    正式版が始まってまだ間もなく今から始めようという方はちょうど良い頃合いかもしれません。
    しかし前作のWoTからのプレイヤーも多くピーク時は二万人近く(もしかしたらもっとたくさん?)プレイされています。
    私も多少の不満はありますが(マニア的視点でw)、ゲームとしては大満足です。
    新規プレイヤーさん戦場でお待ちしています。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • いろいろやりようがあったが、残念な結果に終わった迷作 35
    • 投稿者:カシス(男性/50代)
    • 投稿日:2015/11/01
    良い点
    その1。歴史的な各国軍艦の3Dモデリングをジオラマのように眺められ、操作できる。
    その2。課金の有無で戦力的に目に見える影響はほとんどない。
    その3。艦と艦長の進化育成がわかりやすい。
    その4。魚雷命中と防郭命中による一発撃沈が楽しい。
    その5。海戦ゲームで多人数参加の対戦ができる。
    悪い点
    その1。歴史的に対立している国家ユーザー同士の鯖を分けなかった。
    そういう配慮の仕様も今後実装予定が無い。
    その2。特定国家軍艦のみ旗変更と、フォーラムの投稿内容規制は、ロビー活動と
    受け取られかねず、対象国家に明確な不公平感と改悪の印象を与えた。
    その3。攻撃を命中させる難易度が高い上、基本何度も当てる攻撃仕様は、
    攻撃を当てているのに相手を倒せないストレスを与えると同時に試合が長引く。
    その4。軍艦の移動が遅いため、会敵まで時間がかかり、増速回頭の鈍さは、
    操作性の悪さと試合遅延にも繋がる。
    その5。味方同士の密な連携が求められる仕様で、試合開始時に孤立したり、
    放置する味方が何人か出た時点で長い消化試合になる。
    その6。戦艦と空母の操作が専門的で、熟練者と初心者の戦力差が激しい。
    その7。逆転要素に乏しく、味方同士密集して、射程に入った数的不利や
    突出した相手を攻撃して有利にする戦術以外に有効なものはなく、単調である。
    総評
    最高にいい素材を、腕のない料理人が調理して出したようなゲーム。
    評価されてるのはWoTから引き継いだ仕様ばかりで、後発なのにオリジナル性に
    欠ける。艦種ごとのリバランスも場当たり的で、その面での再評価も期待できず。
    戦争に使われた軍艦を扱う以上、特に気を使わなければいけない歴史的問題を
    中立性を保ったまま解決しない致命的なミスもした。これではeスポーツに使う
    ゲームとしても不適格だし、一方的な主張で旗を変更された国家ユーザーの
    市場開拓は望めないだろう。このゲームをやるようなミリタリー好きは
    史実や資料に基づかない変更をかなり嫌うため、マイナス要素を最初から
    抱えたことになる。ゲームビジネスであることを忘れ、ロビー活動を行った
    者しか喜ばない内容になった。もっと時間を掛けて骨組みし、開発運営が
    中立姿勢を貫けば、評価は違うものになったであろう残念な作品。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 2 3
  • 運営とプレイヤーマナーの悪さが目立つ 30
    • 投稿者:桐生(男性/30代)
    • 投稿日:2015/10/29
    良い点
    ・艦船のグラフィック
    ・効果音などの音響効果
    悪い点
    ・戦闘がもっさり、再現度は高いがゲームとしての爽快感は薄い

    ・「日本国」だけ異常な制限を設けられている。「旗問題」で検索すればすぐ分かります。某国の要望により旭日旗を削除。
    ・アジアサーバー等、外国人と混在マッチング。アジア鯖登録の人からゲーム中のチャットで余裕でJAP等差別用語が飛んできます。
    総評
    オープンβから数ヶ月プレイしましたが、
    似たような海戦ゲームが他にもある中、わざわざ日本人が貶められているゲームをやる必要はないと言う総評。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 3
  • グラフィックがすばらしい 80
    • 投稿者:tanitani(男性/60代)
    • 投稿日:2015/10/28
    良い点
    Bテストから参加しています。これまで海戦ゲームは何度も体験したが、このゲームは自艦を自由に操作でき、相手艦を沈める(撃沈)することができる。逆に撃沈させらることもある。
    よい点はグラフィックがすばらしい。海のリアルな波の様子や戦艦金剛がこんなに美しいフォルムと実感できること、主砲を発射した時の音、煙、炎。いずれもすばらしい。精密な模型を眺めるだけの感覚ではなく、その模型を自由自在に動かせる醍醐味がある。参加回数をこなせば、いずれほしい船を手に入れることができる。
    悪い点
    課金はないが、強い船を手っ取り早く手に入れるには、それないりの資金が必要。資金差が戦闘の優劣を決める要素の一つ。ある程度のグラフィック対応のパソコンが必要です。また、投稿でも議論になった「日本海軍」の軍艦旗が採用されないこと。日の丸では雰囲気が半減します。現在は、日本、アメリカの艦船が主体で、ドイツ、イギリス、ロシアの艦艇が少ないことも不満の一つです。今後のゲームの要素として、実際の海戦モードがあれば楽しいかも。物量の差で日本海軍の負けは確実でしょうが。
    総評
    海戦ゲームとしてはおもしろい。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 4
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月