オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
LINE,イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」で事業戦略を発表。LINE GAMEの展開や,新サービス「LINE MUSIC」などが続々と明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/10/10 19:42

イベント

LINE,イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」で事業戦略を発表。LINE GAMEの展開や,新サービス「LINE MUSIC」などが続々と明らかに

 2014年10月9日,千葉・舞浜アンフィシアターにて,LINEによる事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」が開かれた。このイベントでは,同社のコミュニケーション用アプリ「LINE」に関連する新たな展開が発表された。

LINE GAME

 イベントの冒頭,森川 亮氏(LINE 代表取締役社長)によって,LINEの登録ユーザー数は世界で5億6千万人,月間アクティブユーザー数は約1億7千万人といった,同サービスにおける最新の利用状況が公開された。
 続いて森川氏は,「LIFE」をテーマとして掲げ,LINEがオンライン・オフラインの垣根を越え,より生活に密着した存在となることを目指すとしつつ,新サービスやパートナーシップ戦略など,今後の事業構想に関してもコメントした。

LINEの現状報告などを行った,LINE 代表取締役社長 森川 亮氏
LINE GAME

LINE STOREが,2014年内に東京・原宿にオープンすることもアナウンスされた
LINE GAME LINE GAME

LINEの事業戦略のテーマは「LIFE」
LINE GAME LINE GAME


ゲーム,漫画,音楽の3分野からLINEのエンターテイメント領域を強化


 LINEのエンターテインメントプラットフォーム領域の展開として,まず発表されたのが,「LINE GAME」における提供タイトルの拡充についてだ。

 これまでのLINE GAMEでは,「LINE:ディズニー ツムツム」「LINE レンジャー」などのカジュアルゲームを中心に提供してきたが,今後は9月24日に発表されたばかりの「LINE レヴァナントゲート」を筆頭に,ミドルコア〜コアゲームも含めた多様性のあるラインナップでの提供を目指すという。

LINEのエンターテインメントプラットフォーム領域のプレゼンを行ったLINE 上級執行役員 舛田 淳氏
LINE GAME

LINE GAME

 具体的には,カジュアルゲームとして「LINE POP2」(パズルゲーム)と「LINE トリオ」(パズルゲーム),ミドルコア〜コアゲームとして「LINE アルビオン戦記」(シミュレーションRPG)と「LINE 英雄の軍団」(シミュレーションRPG)などが,2014年秋以降にリリースされる予定とのことだ。

LINE GAME LINE GAME

 続いて,サイバーエージェントとグリーの共同出資による新会社設立に,それぞれ基本合意したことが発表された。いずれの新会社も,サイバーエージェントおよびグリーが培ってきたノウハウを活かし,LINE GAME向けにゲームコンテンツを開発・提供していく予定だという。

 サイバーエージェントとの新会社の社名は現在協議中で,代表取締役社長には,サイバーエージェント 副社長の日高祐介氏が就任する。
 一方,グリーとの新会社Epic Voyageの代表取締役社長には,グリーの取締役 執行役員である荒木英士氏が就任するとのこと。

LINE GAME LINE GAME

 日本国内のゲームコンテンツデベロッパおよびゲームコンテンツへの投資を目的として設立されたLINE Game Global Gatewayの出資先第1号として,トランスリミットが選ばれたことも発表された。
 トランスリミットは,北米やアジア圏を中心に,世界150か国以上のユーザーに利用されている対戦型知的ゲーム「BrainWars」などを開発したデベロッパである。LINEの海外展開を推進するうえで,グローバルに通用する開発力を持つトランスリミットは最適のパートナーだという。今後発表される新作にも期待が高まるところだ。

LINE GAME LINE GAME

 エンターテインメントプラットフォーム領域の第2のトピックとして紹介されたのは,「LINE マンガ」のグローバル展開を目指して設立された「LINE Book Distribution」である。これは,講談社,小学館,メディアドゥ,LINEの4社による合弁会社で,サービスの開始時期は2014年内が予定されている。サービス当初は,英語および中国語(繁体字)版を配信していくとのこと。

LINE GAME LINE GAME

 第3のトピックとして発表されたのは,音楽に関するものだ。会場では,エイベックス・デジタルおよびソニー・ミュージックエンタテインメントとの3社共同出資による新会社LINE MUSICの設立について,基本合意に至ったことが発表された。
 同社は,サブスクリプション型の音楽ストリーミングサービスを手がけていくとのことで,サービスインは2014年内が予定されている。
 具体的なサービス内容については,追ってアナウンスされるとのこと。

LINE GAME

ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレイト・エグゼクティブCOO 村松俊亮氏(左端)と,エイベックス・グループ・ホールディングス 代表取締役副社長CSO 千葉龍平氏(右端)
LINE GAME

 そのほか,音楽アーティストの活動をサポートする「Artist Value Chain」が発表されていた。
 アーティストやタレントなどの著名人が,購読者に限定した情報を配信できるサービス「LINE有料公式アカウント」や,ブログサービス「LINE公式ブログ」が展開されるという。

LINE GAME LINE GAME


テーマ「LIFE」に基づくLINEの新サービスが続々と発表


 会場では,テーマ「LIFE」に基づくLINEの新たなサービスも続々と発表された。

 1つめは「LINE Maps for Indoor」だ。これは,ショッピングセンターなどの商業施設内のナビゲーションに特化した地図アプリ。施設内で行きたいショップやレストランを指定すると,現在地から目的地までの最適なルートを地図で案内するというものだ。営業時間や電話番号なども掲載される。
 サービスインはAndroid限定で,2014年秋が予定されている。

LINE GAME LINE GAME

 2つめの「LINE Pay」は,LINEおよびLINE関連サービス,提携サービスでLINEアプリ上から決済できる新たなシステムだ。
 クレジットカードはもちろん,提携銀行(みずほ銀行および三井住友銀行)などの口座を通じて行えるようになるという。
 同サービスならではの特徴として,LINEでつながっているユーザー同士であれば,決済した商品やサービスの購入費用を複数人で“ワリカン”したり,相手のLINE Pay口座宛に送金したりできる点が挙げられた。

LINE GAME

 サービスインは2014年冬が予定されているが,まずはLINEおよび提携Webサービスでの決済利用がスタートし,追って順次,オフライン店舗などでの利用にも対応されるという。
 また,セキュリティ面では,LINE本体とは別の2次認証パスワードやApple Touch IDによる指紋認証でのパスワード照会(iPhone 5S以降),PCサイト利用時のスマートフォン認証が採用される予定とのこと。

LINE GAME

 3つめの「LINE TAXI」は,日本交通との提携により,LINEアプリおよびLINE TAXI専用公式アカウントから,タクシーを呼べるサービスだ。
 GPSを使ったり,建物の情報を入力したりすることで,指定した場所にタクシーを配車できる。支払いは上記のLINE Payで決済可能。
 今冬に東京限定でサービスが開始され,ゆくゆく全国で展開されていく予定という。

LINE GAME

 4つめの「LINE WOW」は,韓国にてフードデリバリーを展開するWoowa Brothers Corp.との共同出資により設立した新会社LINE Bros.による,オンデマンドECサービスだ。
 その第1弾としてフードデリバリーサービスが,2014年秋に開始される予定。始めは東京・渋谷区内に配達エリアは限定されるが,順次,メニューや店舗,エリア,配達時間などが拡大されていく予定とのこと。
 さらに将来的には,フードに限らずあらゆる分野のデリバリーサービスが行われるという。

LINE GAME LINE GAME

 5つめの「LINE@ ID」は,すべてのLINEユーザーがもう1つのLINEアカウントを持てるというサービスとなる。
 従来のLINEアカウントはプライベートなコミュニケーションでの利用が前提とされていたが,LINE@ IDは法人/個人を問わず,情報を発信したり,商用で使ったりできるものになる。
 サービスインは2014年内が予定され,詳細は追って発表されるとのこと。

LINE GAME LINE GAME

会場では,LINE 上級執行役員 法人ビジネス担当 田畑信太郎氏により,LINEの法人向けサービスについてのプレゼンも行われた
LINE GAME

 イベントを締めくくったのは,LINE 代表取締役COOの出澤 剛氏だ。出澤氏は,LINEに関して,人と人のコミュニケーションをつなぐプラットフォーム,そしてエンターテイメントのプラットフォームを両軸としてグローバルに成長していきたいとコメントし,「世界中の人達の生活をもっと楽しく,もっと便利に,もっと豊かにするLINEにご期待ください」と述べていた。

LINE 代表取締役COO 出澤 剛氏
LINE GAME

「LINE」公式サイト

  • 関連タイトル:

    LINE GAME

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月