オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ファイナルファンタジーXIV公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:363
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIV
公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com/pr/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元
発売日 2013/08/27
価格 オープン価格
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
76
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 人を選ぶ 100
    良い点
    近年稀に見る「FFってこうだった」と思わせてくれる名作だと思います。BGMやストーリーなど、どれをとっても素晴らしいの一言です。私は新生してからプレイして6年以上経ちますがこれからも遊べる10代や20代の方が羨ましいとさえ思ってしまいます。
    悪い点
    ありません。
    総評
    タイトルにもありますが、この作品は人を選びます。他者と繋がるのが嫌いな方、他者を認める事が出来ない方、度量が狭い方は合いません。そういう方はDQXやPSO2で遊んだほうが楽しめると思います。というかオンライン自体がむいていないと思います。このサイトでもそうですがアンチ活動をされている方は、よくギスギスを主張してきます。私から言わせればギスギスしない世界ってあるの?と疑問です。ff14以前にもMMOで遊んでいますが、同じギルドの人に「下手くそやめちまえ」と言われましたし、ff14でも「ちゃんと○○しろよ」と言われたとこがあります。MMO以外でもそうです。チャットで罵詈雑言が飛び交っているのを目撃してきました。だからと言って引退しよう思ったとこはありません。FCやギルドでの思い出や高難易度バトルを攻略した時の手が震える程の高揚感とか、楽しかった思い出がそれを上回るからです。そもそもリアル世界ですら上司や部下の間に入ってギスギスしてるし、オフラインゲームではローディングが遅い、ストーリーが詰まんないとか独りギスギスしてますよね。話が支離滅裂ですが、ようは漆黒まで遊んでみてくれ!それでも詰まらなかったら貴方には合わなかったんでしょう。私はたくさんの方にff14を遊んで欲しいとは微塵も思っていません。ffとff14が好きな方に遊んで欲しいだけです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 5 5
  • 初心者には絶対にオススメしないゲーム。 35
    • 投稿者:でにす(男性/20代)
    • 投稿日:2019/08/10
    良い点
    グラフィックは可もなく不可もなく、このゲーム程度が良いかと思われる。たまにグラが崩壊してるがそこは良い。
    沢山のコンテンツがあり、それが長所でもあり短所。理由は後述。
    悪い点
    初心者晒し、初心者叩きが横行している。つい最近も初心者がTwitterっで日記を晒され、引退に追い込まれるという事件が発生していた。晒した者の言い分としては、これは晒しでなく、公開された日記をTwitterシェアしただけ。とのこと。それで炎上してたら世話はない。正直ドン引き…と言った感じ。なので初心者には絶対オススメ出来ない。ゲーム内で初心者だと言っても誰一人配慮しようとしないし、それに対してユーザの言い分としては自分は初心者のお母さんではない。自分も調べたんだから調べられないやつが悪い等。配慮の欠けらも無い。むしろ反論も許さず、初心者様やライトちゃん等という呼称で呼びつけ影でこそこそと笑いものにする陰湿なユーザーが多い。ある意味社会の縮図。他人に配慮出来るような心のゆとりが無いものが多いのだと思う。
    その分、しっかりと初心者を拾い上げ導いてくれるものもいるが、そうじゃないものも多数。そうして救われた者に関しても、自分は救われた事など棚に上げて初心者叩き。後続が育っていない。
    何かある度に調べろと言うが、どう言ったキーワードで、どういう風に調べるのか、仮に目当ての情報が現れたとしても他の全く知りもしない情報に関してはどうなのか。そういう面を考慮していない。言った通りコンテンツが多く、上級者でさえ仕様を完全に理解出来ていないのに、それを間違えた初心者を叩きあげ。ゲーム内集団いじめ。初心者によって得ている情報に違いがあって当然なのに、初心者がロドストを使ってる時点でサブ垢などと根拠の無い発言。全てを熟知している者などいないのだから配慮するべきである。
    総評
    配慮する事によって通報された。優しく教えたのに通報された。ならばもう関わらなければ良いだけ。よってたかって1人を叩く悪質なユーザーばかり。そもそもライトちゃん等と呼称して馬鹿にする必要はなく、面倒だと思ったら関わらないようにすれば良いのだが、自分から首を突っ込んで反論されると、これだから初心者様は、ライトちゃんは、教えてやってんのに…と上から目線。初心者は反論さえ許されず、上級者の言葉をどんなに不条理だと思っても飲み込まなければいけないのか?
    それがいやなら最初から関わらず、反論されてもしっかりと答えられるならば対応すればいいだけの話。
    このゲームはもはや初心者が触れるべきゲームではない。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
  • オンラインでは稀にみる超良ゲーム 90
    • 投稿者:廃水の陣(男性/40代)
    • 投稿日:2019/07/27
    良い点
    とにかくガチャ重課金でレアアイテム入手、装備強化してPTで俺ツエーといった、いまどきの集金だけしてサービス終了といったスマホゲー/PCオンラインゲーとは違い、FF14というゲームソフトを買い、月1500円で本気で遊びつくせるとても良心的なオンラインゲームタイトルである。

    色々なタイトルをプレイしてきて痛感していることだが、はっきり言って、リアルマネーの重課金ガチャでレアアイテム入手、装備入手/強化という要素が組み込まれたゲームにロクなものはない。FF14はこの要素がないのでとても安心できる。

    FFといえばファミリーコンピューターから始まる歴史に残る良オフラインゲームだが、FF14はオフゲーのように遊ぶことができる上、オンラインならではの楽しみも得られる内容となっている。

    PTコンテンツはシステムが勝手にPT作ってくれる。自分で板つくることもできる。

    グラフィック、サウンドも非常に良い。お高いPC用意して最高設定で遊んでみてください。
    悪い点
    一番重要な戦闘が少し残念ではある。タンクはタゲを取る、ヒーラーは回復する、DPSはひたすら殴る。範囲指定が出たら避ける、ギミックを知り攻略する、どうしてこうなってしまうんだろうが、今ひとつ新鮮味を感じない。
    最近の他メーカータイトルでいえばピーマンのBLESSと戦闘はまったく一緒か。BLESSは通常攻撃が強力だからFF14よりヒドイことになる。

    戦闘はウィザードリーオンライン、ドラゴンネストのような本物のアクション性を求めたい。

    LV70まであげてしまう2700円の課金アイテム。これやっちゃったらせっかくゲーム買ったのにそのお楽しみがなくなってしまうではないか。せめて1職業70になっていることを前提に販売すべきでは?ど新規はエオルゼアからゆっくり楽しんだほうがいい。

    オンラインゲームだからたまに変なヤツがPTにはいってくる。もしマナー悪いヤツがいたらブラリスにポイ。シカトでおk。
    総評
    ゲームのアイテムやら装備のために何万も重課金というお財布に良くないことがまったくないことが何より高評価できるオンラインゲーム。
    そしてFFという世界観でストーリーも楽しい。
    1キャラクターで全職業をマスターでき、職業/装備変更も一瞬で完了。即PTコンテンツを楽しめる。
    白魔+ナイトカンストでホーリーナイトになれてFFTのような聖剣技出せるとかあるといいんだけどなあ。(ココに書くことではないがあえて一言)
    スクエニさんはこれからも日本を代表する良心的なゲームメーカーとして頑張ってほしい。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 昔ながらの「大縄跳び」がまだ続いている 30
    • 投稿者:春秋(男性/70代)
    • 投稿日:2019/07/24
    良い点
    ・自分の経験内ではほぼバグがない。
    ・FF11よりはキャラクターデザインが向上している。
    ・今風の高級グラボなら軽々描画される。
    悪い点
    ・バトル面での「大縄跳び」仕様が未だ続いている。Lv50以上のバトルの多くが普通の人には難しい。
    ・メインクエストが一本道。ゲームを続ける以上、それを拒否できない。
    ・RMT対策だと思うが、アイテム流通にかなり制限がかかっておりMMORPGとしてはつまらなくなってる。
    ・恐らく開発陣にゲームで人を楽しませようという意識が希薄かな。若しくはその方面の能力不足か。
    総評
    新生開始当時に数か月やって「漆黒のヴィランズ」で5〜6年ぶりに復帰したのですが、ゲームの設計思想はあの頃と変わってないのね。
    例をあげれば昔皆がトラウマを持った真タイタン討滅戦のようなものが形を変えてメインクエスト上に数多く続いていて、一つでもクリアできなければそこでゲーム全体がつむというゲーム設計です。
    普通の人が普通のままでは上位コンテンツの普通のプレイは難しいと思う。
    ギスギスオンラインは(運営の取り締まりによって)解消されたという声があるが、あの頃ギスギスしていた原因が全然解消されてない。
    「大縄跳び」と言われたそういう仕様がまだ続いてます。
    更に昔のギスギスは今ではゲームの外で晒しとなって続いているようです。

    アイテムレベル(IL)がどんどん解禁されていったので今では下位になったコンテンツでは上位プレイヤーが上位装備を付けてプロ並みの立ち回りでガンガン勝手にやってくれるので後ついていけばクリアは可能だが、ただそれだけの話で。
    時にはヒーラー死んでてもラスボス楽勝です。

    だが上位コンテンツに進むにつれて難易度が上がってくると昔のような辛い思いをします。
    普通の人には難しい仕掛けが各ダンジョンに千差万別に仕掛けてあって、とてもじゃないが普通にやってられない。
    予習なし新規がまともに動ける余地はないと思う。そして普通の人には予習しても困難だと思う。
    しかしそれらのクリアが強制されていて、クリアなくして一本道のメインクエストは進まない。
    Lv50以降、戦闘職なしで生産・採集オンリーでやるのも困難みたいです。

    普通の人にとってはつまんないお使い風クエをLv40くらいまで長々させられて金取られるゲームでしょう。時間を潰させるのね。
    そして新生50レベル以降の新世界行くには長々とつまらんメインクエストを100もクリアしないと駄目だし、その途中にめんどくさいギミック満載のIDや討滅戦を幾つもクリアせんといかんし、普通は最大そこらへんでギブアップだと思う。
    それらクリアしてもまた次のメインクエストが同じように100もあって、それしないと各コンテンツが解放されませんし、してもその次にまたメインクエストが100も続く。
    この辛い一本道です。

    普通の人が普通ではプレイできない変ちくりんなゲームでして、金払ってしまっても、やるよりやらない方が良いように思える。
    昔のMMORPGの伝統はどこに行ったのだろうか。
    目標を達成するにしてもFF14のようにただの一本道じゃなくて、10も20も道筋があってほしい。慣れない新米がいるから今回は遠回りだが安全な道を行こうとか、100戦錬磨のセミプロメンバーだから途中の大ボスに挑戦してみようとか、事情に応じて選択可能であるのがMMORPGの楽しさだ。
    アバウトに作っておけば自然にそうなるのにわざわざ手間かけてつまらんゲームにしてる。

    昔やめて正解だったし、戻ってくるべきじゃなかった。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 3
  • 不要な追加と、ベテラン勢の常識の温度差により終焉へ 20
    良い点
    BGMとストーリーだけは良い
    コンテンツが多い
    人だけは多い
    悪い点
    ベテラン陣の当たり前行為による。新規・初心者への迫害
    ・コンテンツクリアできて当たり前
    ・装備揃ってて当たり前
    ・習してて当たり前等と上げたらキリがない

    過去より、ゲーム内でのギスギス度は減りました(運営の取り締まり等)
    ですがSNS・掲示板・公式のロドスト等での晒し行為や動画配信等も目立つように

    サーバー間テレポの追加が何といっても改悪
    ・色々な人達と交流できるというメリットは確かにありますが、サーバーによっては生産職人が急激にいなくなる現象も起こってます
    ・他サーバーでのトレード・取引を何故解放したのか?←ここが一番の問題
    ・サーバー間テレポ実装で、モブハントは活性化していますが、タイムスケジュール管理したり仕切り屋がどんどん幅をきかせてきていてるのと、俺様ルールみたいなのが蔓延している
    例として A鯖で12時にモブハン開始 B鯖は13時からやるので対象モブを狩るな
    みたいな感じで、サーバー間移動が起こしている問題は多い
    総評
    正直ソロでストーリー追ってBGMを聞きつつFFの世界観のオンラインとして楽しむだけならまだしも、エンコンや高難易度コンテンツは上記でも書いた通りの
    上級者による"当たり前"行為の蔓延が酷く、新規や初心者はその場で叩かれたり、その場は適当に話合わしておいて、PT解散したらSNSとかで晒す等の陰湿行為が増えてます。
    これに気付いた新規勢がどうなるかなんて、普通に考えれば分かるはずでは?
    上級者さんの、さりげない一言で傷付いたり、楽しめなくなる人達も多いんですよ

    無料体験版で、出来る事が増えて折角人が増えだしてきているのですが
    無料体験版プレイヤーを麻雀乞食とか、パッケも買えない貧民みたいに見下すのはいかがなものでしょうか?

    サーバー間移動はできても、トレードやマーケットの使用禁止と他鯖の人がモブハントしてもメリットが無いようにしない限り、狩り好きプレイヤーや、生産大好きプレイヤー等が肩身が狭くなっている等の改悪点の改善がないと5.0以降も厳しいのでは?

    とにもかくにも人を選ぶゲームという方向性に舵切をした運営が、どう対処するのか?
    サーバー移動が出来ない時代の方が、自由度は間違いなく高かったです

    それとクリゲーとかスマホのMMO慣れてる人には、スクエニのオンゲは、かなりとっつきにくいかもしれませんね

    これから始めてみようかと悩んでる人は
    とりあえず体験版をプレイしてみての判断が適切かと思われます
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 4 4
  • 「ギスギスオンライン」時代からの出戻りレビュー 90
    • 投稿者:ろりんげ(男性/30代)
    • 投稿日:2019/05/27
    良い点
    ☆ほぼ解消されたマッチングでの「ギスギスオンライン」

    …FF14と聞いて「ギスギスしている」という第一印象のプレイヤーは多く
    実際当方も正にギスギス絶頂期、5年と少し前にプレイしました。

    当時のFF14のゲーム内環境と言えば、
    「ムービーを見てる > 除名投票」「初見です > 除名投票」」
    「ギミック失敗 > 人格否定 > 除名投票」「むーたん」
    と言った多種多用、ありとあらゆる殺伐の風がCFを吹き荒れ、
    被害者は一様にFF14を引退した後「FF14はやるな」と口を揃えて言う
    凄まじい状況でありました。
    当方も極タイタンで凄まじい罵り合いの末のパーティー解散を味わい、
    「もうこのクソゲーやってらんねえ!」と当時サービスインしたばかり、
    特攻イベ等催してた頃の某お空へ逃げ出した経緯がございます。

    ではその様なFF14の今はと言いますと、
    運営が暴言、ハラスメントの類に精査、厳罰を処すようになって久しい事、
    プレイヤー全体の高年齢化やコンテンツへの慣れが進み、
    所謂「必死さ」「余裕の無さ」が抜けた事の二点の相乗効果もあり、
    当方が復帰してから現状のエンドコンテンツの入り口にたどり着くまでの
    約1か月半、ゲーム内で露骨な暴言を聞いたことは一度もありませんでした。

    ゲーム全体の空気も何処となくのんびりしており、
    都市でもフィールドでも悠々と過ごしている
    プレイヤーの姿を見ることができます。

    オンラインゲーム界のボットン便所であったあの初期の新生FF14が
    今のようなウォッシュレット付きの水洗便所になるに至るには
    運営、開発の多大な努力があったのでしょう。

    貴方がもし零式、絶等の高難易度コンテンツをプレイしない範疇ならば、
    FF14は最早ギスギスオンラインではないと断言できます。
    ただし、WoWクローンのMMOの常として、高難易度コンテンツに挑むには
    深い深いネトゲ廃人達の心の闇を見る覚悟は必要でしょう。

    --------以下は当たり触りのない浦島太郎レビューとなります----------

    ◎コンテンツ

    5年前のFF14と言えば猫も杓子もインスタンス。
    前のインスタンスをクリアしたら次のインスタンスをプレイする他無く、
    全然技量が追い付いていないのに出荷されてきてしまったユーザーが
    前に進むのに必死で余裕がないユーザーにぶつかり火花を散らす
    サーバー上の積乱雲状態だったわけですが、
    2019年5月現在、4人用或いは8人用インスタンス以外にも
    遊びきれないほどのコンテンツがあり、
    ユーザーが自分に適したコンテンツを選んで遊ぶことができます。
    生産コンテンツも機能しており、取引不能かつ非性能品で腐りにくい報酬が
    サイドコンテンツに設定されている事も多く、
    この点に関してはオンラインゲーム全体の中でも最高峰だと思います。


    ◎ストーリー

    新生当初、2.0のストーリーたるや、悪い意味でお手本のような
    MMORPGらしいシナリオであり、抑揚もなく、
    あまつさえマッチングしたIDではムービー等見ていられない、
    面白味の希薄な内容でしたが、
    拡張パッケージ、蒼天のイシュガルドのストーリーは素晴らしく
    ハンカチ無しではプレイに支障が出るレベルでした。
    続く紅蓮のリベレーターは蒼天に比べるとパンチ力不足ではありましたが、
    それでも魅力的なキャラクターや、印象深いシーンは多々あり、
    FFとしては十分及第点の内容だったと思います。
    2.0の退屈、冗長さに耐えられるなら、
    それ以降のストーリーはパッケージ代分以上の価値はあるでしょう。


    ◎演出、音楽、過去作からの登場人物、モンスター

    旧作ファンがよだれを垂らして喜ぶ演出だらけです。
    新曲も素晴らしいものが揃っており、
    誇張無しで「常時BGMON」でプレイできる数少ないオンラインゲームです。
    敵役も神竜、オメガ、アルテマウェポンと言った有名どころから
    カーラボス、ナンバーXXIV、ハリカルナッソスと言った
    少しマイナーなところまで幅広く取り揃えており、
    特にFF1〜FF6のファンなら確実に満足できること請け合いです。


    〇グラフィック

    今となっては特段写実的なグラフィックではなく、
    正直2世代程度前のクォリティになっているとは思うのですが、
    如何にもFF然としたモデルの数々はやはり魅力的であり、
    描画品質が今後上がるなら大化けする可能性があります。
    悪い点
    ×精妙なゲームデザインが故のインスタンス内での遊びの無さ

    このゲームのコンテンツ毎の難易度は
    「運営が想定するロール毎の動きの理論値に対して何%の働きができるか」
    というデザインがされているように感じられ
    事実序盤のインスタンス内ではタンクとヒーラーが全力の5割程度で動き、
    DPSが機械的に攻撃すればクリアはできる、という様な塩梅になっています。
    エンドコンテンツに行くまでも無く、メインストーリーの進行に従い
    これらのハードルも向上していく為、カンスト手前当たりのIDでは
    全員が少なくとも役割として求められることをこなしている必要があります。
    しかしその為インスタンス内でチャット等する余裕は微塵も無く、
    ミスをして謝ってる暇があればさっさとその挽回をしろといった塩梅で
    メインストーリー進行中のインスタンスはMMOと言うより
    忙しいフローを只管こなしている作業と言う印象が強く残りました。
    この作業そのものがエンドコンテンツの練習になっており
    レベルデザインとして機能している為有意義なものではあるのですが、
    それ故に撤廃も出来ず、FF14には明らかに、コンテンツに対し、
    「合う、合わない」「付いていける、いけない」の問題が発生します。
    これは本来「長時間プレイしてレベルを上げれば誰でもクリアできる」
    という理不尽難易度のアクションゲームへのアンチテーゼとしてスタートした
    JRPGと言うジャンルの看板タイトルとしてはかなり致命的な問題であり、
    この点で「FF14はFFではない」と断じてしまう人が出るのは
    避けられない問題ではあると思います。


    △冗長になってしまったコンテンツへの入場条件

    このゲームは環境エンドコンテンツの入場に
    最新拡張パックのメインストーリー完遂が必要です。
    これには当然それ以前のメインストーリーの完遂が前提です。
    当方がエンドコンテンツの入場条件を得た時
    プレイ時間を確認したところ約460時間ほどでした。
    寄り道の多いプレイで、職業も三つほど跨いだ為
    すんなりいけばこれの半分ほどですが、それでも200時間。
    15年前のMMORPGと比較すればとても少ない時間と言えますが、
    今は娯楽の多様化の中にあってゲームも多様化しており
    また、MMORPGを遊ぶプレイヤー全体も高年齢化に伴い
    自身の可処分時間と言うのは減少傾向にあると思います。
    総じてゲーム一本あたりに掛けられる時間が
    MMORPG全盛期とは違いすぎる今、コンテンツの参加の為に
    これだけの労力が必要なゲームは
    恐らく敬遠されがちでしょう。
    解決の中々難しい問題ではあるのですが、
    此処から更に二つ、三つと拡張パックを重ねたとき
    どうなるかは想像に難くないので、判断に悩む点だとは思います。
    総評
    エウレカ行ってきます!
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 5 5
  • かなり優秀なオンラインゲーム 90
    • 投稿者:ライ麦(男性/20代)
    • 投稿日:2019/05/20
    良い点
    ・メインクエスト、特に新生エオルゼア編終盤の、イシュガルドが絡んできたあたりからの盛り上がりが良い。特に蒼天編のファミコン時代のFFっぽさ全開のストーリーや、紅蓮編中盤で遊べるバトルコンテンツの、ストーリーを絡めた演出は必見。
    ・メインクエスト以外にも、サブストーリークエストやジョブクエストなど、ギャグからシリアスまで幅広いクエストが用意されている。これらはいくつもの連続したクエストから構成される長編なので、バトルコンテンツだけでなく、クエストだけでもかなりのボリュームがある。
    ・極や零式レイド、絶などのエンドコンテンツはそれなりに難易度が高く、クリアした時の達成感が良い。
    ・もちろんエンドコンテンツ以外にも、蛮神戦やノーマルレイド、アライアンスレイドなどの、ライトプレイヤー向けのバトルコンテンツも充実しており、そちらはワイワイ遊べるようなコンテンツが多いので、気楽に遊べる。
    ・FF1〜6、FFT、FF12に近い世界観。ここら辺が好きならやってみる価値アリ。
    ・エンドコンテンツである零式レイドをクリアできなくても、強い装備を手に入れる機会が用意されている。
    ・コンテンツファインダーによるマッチングのおかげで、少なくともインスタンスダンジョンやメインクエストに絡むボスバトルでは自分でPTを探す必要がない。
    ・How Toによる導線が親切。
    ・効果音や環境音の作り込みが素晴らしく、BGMのクオリティもかなり高い。過去作のアレンジも良い。
    ・キャラの着せ替えや、エモートなどのアバター要素がかなり充実している。
    ・公式でスクリーンショット機能が用意されており、カメラの距離や角度だけでなく、エモートや表情の切り替え、顔の向き、光源の配置や光の色の設定、被写界深度における絞り値や焦点距離、画面全体にかけるエフェクトなど、非常に細かく設定できるので、これだけでもかなり遊ぶことができる。
    ・ハウジングの家具が充実しており、これもスクリーンショットと同じくらい遊べるシステムになっている。
    悪い点
    ・新生エオルゼア編序盤から中盤にかけては世界観の説明だったり、有名な「珍味クエスト」のせいでテンポが悪い。
    ・極や零式レイドなどは、旬を逃すとコンテンツファインダーだとマッチングが遅いので、PT募集をする必要がある。
    ・選んだワールドによっては、ハウジングの土地が空いていない。
    総評
    ゲーム序盤のテンポや、一部コンテンツもマッチングなど、改善すべき点がありはするものの、それを忘れさせるほどの楽しさを提供してくれるので、全体的にはかなり優秀なゲームになっている。
    バトルコンテンツを遊ぶときに挨拶をする、助けてもらったらお礼を言うなどの、一般的なマナーや、高難度コンテンツを遊ぶときには装備を整えて、準備をしてから挑むなどの、ネトゲにおけるマナーを守れる人であれば、ネトゲ初心者、経験者問わず自信をもってお勧めできる。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 4
  • まったり,のんびりやりましょう 80
    良い点
    (1)グラフィックが良い(美しかわいいキャラクターデザイン,FFシリーズのモンスター登場,フィールドの風景)
    (2)BGMがよい(フィールドでもバトルコンテンツでも。特にボス戦はGOOD。またFFIIIやFFVなどの,過去作のBGMが聞けることも)
    (3)オープンワールドではないが,それなりに広いフィールド。「蒼天のイシュガルド」からはマウントで飛べる(マウントはかなり多彩)。「紅蓮のリベレーター」からは水域で泳げる・潜れる。採集ポイントはある程度定まっているものの採掘・木こり・釣り・潜り漁ができる。
    悪い点
    (4)装備にランダムパラメーターがつかない(あっても低レベル帯のごく一部にしかない)。装備欲しさに特定のダンジョンを回ることはあるが,出るか出ないかだけなので,追加の楽しみがない。「とんでもないのが出た,うひゃ〜〜」みたいな喜びはなく,むしろ出なかったがっかり感の方が出てしまう。

    ウハウハパラメータのせいで旬の高難度コンテンツが楽にクリアされてしまうのを懸念しているのではないかと思われますが,旬が過ぎた高難度は超える力(強化状態で戦える)や,レベル制限解除で有利に戦わせてくれるので,高難度コンテンツをクリアさせたくないわけではないようです。
    ならば旬の高難度コンテンツだけ,ウハウハパラメータがOFFになるようにすればいいと思う。
    ハクスラ要素が薄いのは残念。
    総評
    良くも悪くもない点を書く欄がないのでここに書きます。

    (5)フィールド・町は他プレイヤーも居るMMOっぽい所。フィールドではモンスの取り合いになることもあるが,雑魚はすぐポップするのでそれほど問題はない。フィールドではFATEという,誰でも乱入して参加できるバトルがある(ランダムに発生)

    (6)ダンジョンやレイドは,突入するパーティーごとに生成されるMOです。他のパーティーと取り合いになることはない代わりに,ギミックが多彩・豊富で,初見だと手こずる可能性があります。
    (6ーa)CF(コンテンツファインダー)で突入する:ランダムにマッチングされます。初心者の初見でも,そのダンジョンをやりまくっているプレイヤーでも,無差別にマッチングされるので,進め方に関する態度の相違から,ギスギスする可能性があります。
    もちろん優しくしてくれるプレイヤーもいますが,怖い人は,CFで突入するのはそのダンジョンを(6ーb)の方法で1回経験するか,攻略サイトを見てからにすることをお勧めします。
    (6−b)「パーティー募集掲示板」で集まってから突入する:「初見歓迎」を初めとして,攻略の姿勢を募集主が書けるので,同じような態度の人が集まりやすく,怖い人はこちらがおすすめです。
    自分でも「クリアしたいです。どなたか手伝って」のようなことを書いて募集すれば,割と早く集まってくれます。最近は複数のサーバーにまたがって募集できるので,違うサーバー(ワールド)の人が来てくれた入りして,利便性が向上しています。

    (7)IL(アイテムレベル)制
    旬の高難度バトルコンテンツを,苦労して何度も練習して,やっと高レベルの装備をゲットしても,新しいパッチで「お古」となります。私自身もある時までは食らいついていましたが,この螺旋階段に嫌気が差して,今は最高難度未満で楽しむようにしています。最高難度未満の装備を揃えきって,あとは最高難度コンテンツに挑むしかなくなったら・・・
    次のパッチが当たるまで他のゲームをするなどしてまったり待てばよいのです。最高難度コンテンツに,何度も挑戦して,時間を掛けて取り組みたい人はそれでもよし。私はそれに費やされる時間を,他の面白いゲームをして過ごす方を選択しています。エウレカとかいうコンテンツも,他のゲームをやったほうが時間の無駄にならなくていいと割り切って無視しています。

    (8)
    他にも生産,ハウジング,着飾り(ミラプリ),チョコボレース,麻雀など,やることはたくさんありますので,プレイ時間によっては,最高難度を無視してもやり尽くせいない可能性すらあります。自分のやりたいことを見つけて楽しむことは,十分にできるでしょう。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
  • もはや語ることもない安心のナンバリングタイトル 90
    良い点
    ユーザーレビューの高得点の多さがすべてを物語っています。

    新規にも古参にも優しいMMORPG、

    優しい世界に浸かれます。

    やればわかる。
    悪い点
    悪い点も含めて評価をできます。

    総評
    タイトル通り、もはや他で散々と語られているので書くことはほぼないです。

    MMORPGをはじめるならコレ。

    やって損はないです。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • やっぱり14は駄作 20
    良い点
    人が多い。それだけ
    悪い点
    まずゲーム全体を通したバランスが悪い。
    プロデューサーのY氏が相当マゾなので全てがマゾ仕様。
    長い、難しい、嫌らしいつまりはメンドクサイのだ。
    クエストの多くはあっちいったりこっちいったりのテレポ強制。それでありながらテレポ費用は法外。
    クエストのギミックは初見では絶対に分からないため回避不能。こうした状況で他のPTメンバーと相談するとかいった土壌が全くない。
    従ってあらかじめ予習してから来いという流れになる。
    答えを見てからプレイする?それはズル、反則なんだよ。それを強制し、そして定常化させる運営もプレイヤーも情けない。
    困難に直面したら、まず諦めない強い心を持つ。そして仲間と一緒に考えながら解決策を模索する。これが王道のゲームだ。
    スクエアエニックスのゲームはマイノリティが集まり内輪だけで受ければいいみたいなゲームばかりだが14もそう。

    人は多いが静かすぎ。11の頃はシャウトでパーティー募集やギルド勧誘はたまた心の叫びが頻繁に飛び交っていた。中にはとても有益な情報もありMMOの醍醐味が十分にあった。
    14にはそれがない。閉鎖的で仲間内だけで盛り上がるしかなく多くはソロ中心なのだろう。
    それに11では移動中ソロプレイヤーが苦戦しているようだとヒール(通称辻ヒール)を掛けてあげて「ありがとう」みたいな状況が良くあった。14にはない。

    ゴールドソーサー目当てで始めたが、麻雀もチョコボレースもトリプルトライアドもLOVも全くつまらなかった。例えばチョコボレースはレースを繰り返しある程度レベルが上がると引退>交配させて次の代でプレイできる、ところがこの代換わりの際のアドバンテージがほとんどない。スキルと血統表とか無意味な物を引き継ぐだけ。さらに成長に伴ってレースにでるグレードがあがるのだがそのバランスがめちゃくちゃ。例えばスピード400まで成長させたと思ったら相手はスピード600はあるだろうってのばかり。ちなみに最終段階まで代替りをさせてドーピングアイテムでフルにブースト(これで有り金の半分以上つかったため大赤字)させてもレースにいけばいつも最下位。こんなやりがいのないゲームを考える奴はゲーム開発者と名乗って欲しくない。
    ゲームはチャレンジとそれを乗り越えた時の達成感を味わえてなんぼなのだ。そんな大原則もわかってない素人なのだろう。
    総評
    FF11をやりこんでサーバートップのLSの主力メンバーにまで上り詰め、人がうらやむレアアイテムをいくつも所持していた。
    そして満を持してのFF14(旧)を始めたがそれはそれはヒドイものだった。
    これが同じゲームを再構築するという前代未聞の波乱を呼んだ。
    そこでたちあがったプロデューサーのY氏の手腕(いや覚悟か)は評価すべきものだが、そういう状況に首を突っ込むのはドMな証拠、その性癖が今のFF14全ての背景に流れている。
    とにかく面倒なのだ、強制ダンジョンなんか2度とやりたくない内容が多々あった。

    一方で初期コンテンツに対するブースト策ははっきり言ってやり過ぎ。
    常に経験値が倍なだけでもあれなのに、メインクエストではいる経験値は数十万単位。

    また不遇と言われたクラフター職はテコ入れすぎで超イージー。1時間もしない内にレベル10は越えてしまう。旧14の時もクラフターをやっていたのでその落差はまさに天と地。

    ゲームの面白さは適度な難易度があってこそだ。14はこのバランスが非常に悪い。
    少しずつ確実に強くなるのがMMORPGなのだ!!

    他の読者が最初はすんなりレベルがあがるけどエンドコンテンツにつきあたると興覚めするというのがよく分かった。

    結論、暇でドMな人にはお勧めします。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 3
  • 圧倒的なコストパフォーマンス 80
    • 投稿者:たろたろ(男性/30代)
    • 投稿日:2019/02/21
    良い点
    ・シナリオ(バージン3以降)
    ・圧倒的なボリュームによるコストーパフォーマンス
    ・高難度ステージをクリアしたときの達成感
    悪い点
    ・難しい
    ・バージョン2のシナリオ
    総評
    普通のゲームは5000円くらいのゲームで50時間〜100時間遊べれば良いほうだと思うが、
    このゲームは1日4時間ずつ(30日で120時間)やっても一通りのコンテンツをやり尽くすのに2年くらいはかかると思う。月額課金だけど、月々1500円程度で遊び放題の圧倒的なボリューム。このゲームだけやってれば、自然とお金が貯まる。安上がりな趣味だと思う。
    また、高難度ステージを何度も挑んで仲間とクリアしたときの達成感といったら、最高に気分がいい。

    ただ、難しい。レベリングダンジョンは簡単だけど、エンドコンテンツと呼ばれるステージは非常に難しくプレイヤースキルの差が出やすい。
    そのため、不用意にエンドコンテンツに挑んで、みんなの足を引っ張って心が折れて、辞めてしまった人も多数いるゲーム。

    また、他のネトゲと違って、2か月くらい遊んでいれば最先端の人に追いつける点も良いと思う。

    時間と心に余裕のある方はお勧めできるRPGだと思う。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 4 5
  • 古臭いMMO「風」RPG 30
    • 投稿者:aibo(男性/20代)
    • 投稿日:2019/02/03
    良い点
    :BGMの種類が多い
    :ダンジョンの雰囲気がいい
    悪い点
    :グラフィックが荒くて悪い。マネキンみたい
    :魅力的なNPCが1人もいない
    :戦闘モーションやエフェクトがお粗末
    :ストーリーや演出が酷い
    :クエストではおつかいばかりやらされる
    :ダンジョンなどで初心者の肩身が狭い
    :業者と思われる人からRMTの宣伝チャットが大量に来る
    総評
    MMORPGを期待してプレイしましたがMMO要素を楽しめるコンテンツが少くメインのコンテンツはIDとよばれるダンジョンを固定人数で挑戦するものが殆どでした。
    そのダンジョンでも経験者は効率ばかりを求めるので息が合わず非常に窮屈なものでした。
    その後、ストーリーを楽しもうと頑張ったものの飛ばしたくなるほど退屈、支離滅裂で光の戦士ゴリ押しには飽きれました。

    いまから始めるにはかなりハードルの高いがっかりゲームだと思いました。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 3 1 3
  • MMORPGをとにかく楽しみたい人におすすめ 90
    良い点
    コンテンツが豊富
    難易度などのプレイヤーの住みわけがある程度できている。
    音楽が凝っていて新しいBGMを聞くたびにお気に入りが増えていく
    運営側もできるだけプレイヤーのフィードバックを反映している
    高難易度コンテンツは攻略する甲斐がある。
    生活系も徐々に増えていっており幅が広がりつつある
    PvPコンテンツも一応ある(個人的には好き)
    ユーザー同士のコミュニティーやイベントなど開催したりしている
    ハウジングがある

    悪い点
    不人気すぎるジョブや高難易度で野良では不採用になりやすいジョブがある
    金策は初心者には厳しい側面がある
    どのオンラインゲームでもそうだが一定数、気分を害するプレイヤーが存在する
    不人気ハウジングエリアが存在する
    新生初期のストーリーやレベリングは退屈かもしれない
    新生初期のお使いはそのまま
    総評
    旧、新とプレイしてきました。
    新生初期は運営も手探り状態でプレイヤー同士のいざこざ所謂、ギスギスオンラインでした。今では考えられないと思いますがノーマル、真蛮神ですらギスギスしていました。バハの邂逅、侵攻、真成攻略後、引退し蒼天はやっていませんでした紅蓮発売を機会に復帰しました。
    最初の感想はすべてが良いほうに変化していて驚きました。

    バトルシステムや難易度の振り分けが明確になっており
    プレイヤーの考え方で極力、衝突が起こらないようになっていました。
    現在もあるにはありますが昔のような感じでは全くないです。
    データーセンターが同じなら考え方がある程度、同じ人と繋がってコミュニティーを形成しコンテンツに挑めますし固定を組むことも容易になりました。

    高難易度は現在、ノーマル→極→零式→絶の順に成り立っています。
    バトルは緩くやりたい人は極まで極では物足りない人は零式など自分で考えて挑戦できます。

    生活系は現在、クラフターやハウジング、演奏、など徐々に増えている感じです。バトルと比べると物足りないですが徐々にプレイヤーのフィードバックで増やしていっている
    感じだと思います。

    コミュニティーは4形態ありフリーカンパニー、LS、サーバー間LS、固定があります。様々な人と繋がれるように今はなっているので昔よりも遥かに人との繋がりはあります。プレイヤー同士のイベントやコンテンツやPvPのイベントなどもプレイヤーが開催したりしています。

    ジョブに関してはプレイヤー間のPSによる問題などがあります。
    理論値は高いですが現在の黒魔は上位固定または上位陣しか扱える人間がいません。機工士が一番最悪で使ってる人間すらごく少数です。5.0ではその辺を含め改善されることを願います。

    昔と比べてとにかく様々な人が楽しめるようになってきていると思います。
    昔のギスギスオンラインはないと言い切れるほどその辺は改善されてると考えます。5.0の拡張が今年の夏に来ますし今からスタートすれば5.0に十分間に合うと思います。

    是非、FF14をプレイしようか考えている人は一度、フリープレイで遊んでみてほしいです。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 新規にも復帰にも優しめのMMO 90
    • 投稿者:amagi(男性/30代)
    • 投稿日:2019/01/03
    良い点
    ・グラフィック(特に光源)の綺麗さ

    ・BGMの壮大さ(フィールド・バトル共に)

    ・新規でも導線が分かりやすく、復帰でも追いつきやすい

    ・出来ることが色々ある(戦闘・採取・製造・PvP・オシャレ等々)

    ・料金が良心的

    ・RMTの必要性がほぼない
    悪い点
    特になし(個人の知識・プレイスタイル・入れ込み様等で色々あるとは思いますが私はないです)
    総評
    サービス開始からプレイし続けています。
    全ジョブカンストしていますし、エンドコンテンツやPvP等も楽しんでいます。
    それでは良いところからレビューしていきます。(グラフィック・BGMは画像や動画を見れば分かるので割愛しますね)

    =======================================

    【新規でも導線が分かりやすく、復帰でも追いつきやすい】

    最初からヘルプやナビ、NPCの説明などでシステムの紹介や、やるべきことは提示されていきますので、始めたばかりでもちゃんと説明を読めば何をすればいいのかは分かると思います。

    またクエストなどをクリアしていくと都度コンテンツが開放されたり、クエストの内容がコンテンツに関わりのある場所への案内も兼ねていたりするので、基本的にはメインとなるクエストをクリアしていけば必要な知識は手に入りますし、ゲームも楽しめます。

    また、装備は主にダンジョンやコンテンツクリアでのドロップ品か、カンスト帯では「トークン」と呼ばれるアイテムを貯めて、一定数のトークンと装備を交換するものになっています。しかも最新装備のトークンは一週間の入手量に制限が入っており、「何時間もプレイすれば早く揃う」という訳ではないので、復帰してもプレイしていれば確実に装備は揃っていくこととなり、復帰しても追いつけないということが少ないです。

    【出来ることが色々ある】

    いわゆるメインコンテンツの戦闘要素以外にも、フィールドで採取をしてアイテムを製造したり、PvPを楽しんだり、装備の外見を色々変えてオシャレを楽しんだりも出来ます。逆に言えば「これをしなければいけない」というものがないので、自分のストレスにならない楽しみ方をそれぞれ探してみるのがいいと思います

    【料金が良心的】

    料金は月額で1500円程です。それ以外の課金要素はキャラクターの外見や名前の変更権、マウントという乗り物の入手、外見を着飾る装備、装備の色を変える染色剤などがあるだけで、「買えば強くなる・持ってないとダメ」なものではありません。ですので基本的には月額1500円で十分楽しめます。

    【RMTの必要性がほぼない】

    これは他のMMOをプレイしていた私も意外だったのですが、このゲームではゲーム内でRMT等で大金を買って使うということがほぼないです。装備に関しては先程書いたように基本的にはダンジョン等でのドロップ品、トークンでの交換となるので、「装備を売り買いする」ことがほぼありません。また装備品の強化もなく、現物を拾うか入手すればそれだけで大丈夫なので装備にお金をかけることもありません。(カンストまで移動費用以外ほぼ使わない)

    また大金を使うとすれば「ハウジング」と言われるコンテンツで「家」を買う際に使うと思いますが、逆を言えばハウジングに興味がなければ大金が必要な場面はそうありません。勿論ハウジングは絶対必要というわけでもなく、「趣味」の領域です。

    =====================================

    次に悪い点ですが、正直思いつきません。
    何故ならMMOやオンラインゲームは「個人の知識・プレイスタイル・入れ込み様」
    などでいくらでもトラブルや不満点は出るものだと思っています。

    決してFF14やスクエニを擁護する訳ではないですし、関係者でもないのですが、あまりに「ギスギスする」「暴言を吐かれる」「晒される」という意見を見かけますし、せっかく新規さんや復帰さんが見て「そんな息苦しいゲームはやりたくない」と思われるのも残念ですので、少し私の意見を書いておきます(あくまで個人の見解ですし、どう思われるかはこれをご覧になった方の自由です。)


    まず、ハッキリと言っておきたいのは、
    それらはあくまで「エンドコンテンツを攻略中orPvPコンテンツ中」の状況くらいです。

    事実私はサービス開始から数年プレイしていてそれ以外の場所で暴言を吐かれたりしたのは片手で数えられる程です。よく「ギスギス」「罵詈雑言」「晒し」などを目にされることがありますが、それらは「最適解が必要な状況・高いプレイヤースキルを求められる場所」に限定されていますし、それ以外の場所で言う人はそうそう会うことはありません。(数年で片手で数えられる、を「運がいいだけ」と判断する人もいますが)

    例えば「真剣にサッカーの試合をする」となれば、それなりの準備が必要ですよね。
    サッカーの知識・経験は当然必要ですし、ユニフォームやスパイク、水分補給のドリンクやタオルなども必要です。しかしその場で「サッカーのルールすら知らない」では周囲が怪訝な面持ちをするのは当たり前です。ユニフォームを持ってなければ「ユニフォームを持ってこい」と言われるでしょうし、ドリンクなども用意していなければ「何で準備してないんだ」と言われるでしょう。これが最高難易度のエンドコンテンツだと考えて下さい

    「最適解が必要且つ高いプレイヤースキルが必要」な場面に知識もなく、装備も揃えず、準備もしていない人が混じれば良い気持ちはしないでしょう。他のメンバーはリアルの時間を費やして参加している訳ですし、高難易度でなかなかクリア出来ないとイライラもしてきます。これが主に「ギスギス」と言われるものです。知識をつけ、装備を揃え、必要なアイテムや練習などをしてくればそうそう暴言は吐かれません。

    このエンドコンテンツは必ずしも挑戦の必要はなく、あくまでも「こういうのを攻略したいならお好きにどうぞ」程度のものです。いわば次のアップデートまでやることがなくなった人がそれまでの暇つぶしにする、というほどです。言い方は悪いですが、「自己満足の領域」でもあります。

    上でも書きましたが、FF14は色々なコンテンツがありますが、それらは決して強制されている訳ではありません。「自分は難しいのはいらない、簡単なのでいい」ならいくらでも楽しいコンテンツはありますし、逆に「高難易度に挑戦する」「レアなアイテムを手に入れる」と考えるなら、相応の時間や熱意を傾けなくてはいけません。

    ゲームはあくまで「自分の意志」でするものですので、自分が楽しい、ストレスの溜まらないコンテンツを楽しんで頂ければと思います。

    Lv35まで無料でプレイできますので、気になった方は始めてみては如何でしょうか?
    (今年のアップデートで、ゲーム内に麻雀が実装されるそうです。プレイはLv15になれば可能になりますし、無料プレイ内で出来ますね)
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 4 4
  • 晒されてもいい人にだけオススメできるゲーム 35
    • 投稿者:やち(男性/20代)
    • 投稿日:2018/12/26
    良い点
    グラフィック
    サウンド
    コンテンツの豊富さ
    ストーリー
    悪い点
    晒しが酷い
    外部ツール(ACT、Logsなど)の存在
    全体的に低レベルの民度
    キャラクリ幅の低さ
    ジョブバランス
    ILの存在
    総評
    【総評】
    長くなったのでまず総評から。コンテンツの豊富さ、グラフィックサウンドともにGOOD。
    ただ、それ以外の要素が低レベル。プレイヤーの民度も低く、犯罪に抵触する晒し行為も正義と信じて存分にやっている。ゲーム内で話し合うということがまずできない。BLに突っ込んで関わらないという選択ができない。当事者も無関係な当事者のFCメンバーLSメンバー、フレンドも晒しで一挙に締め上げることが大好きな人間が多い。
    装備格差でギスギス大好き。外部ツールでPSを推し量ってイキる。低PSはみんなゴミ、晒してBLに突っ込もう!というような風潮が根強い。

    とにかく晒して引退させてみようとする行為が横行しています。

    【良い点】
    グラフィックは世代一歩劣る?くらいだが、まだまだ美麗な部類。サウンドも良く、コンテンツの豊富さは時間が欲しくなるくらいに多い。

    私は全部ジョブカンストし、エンドコンテンツやPvP、地図やギャザクラにハウジングetc色んなコンテンツに手を出しながら遊んでました。まずは飽きは来ませんでした。近頃はPvPにハマりだしてめっきりそっちにかかりっきりです。

    ストーリーは蒼天〜がとても面白く、各ジョブクエでのお話やサブストーリーなどもとても面白かったです。

    【悪い点】
    〇しが酷い
    実際に問題を起こした方もいれば、私怨であることないこと書きこまれている方もいます。とにかく晒しが多すぎる。私は普段5chなどの掲示板は全く見ない方なのですが、風に聞く噂でフレンドが晒されていたり、実際に晒しが原因で引退してくフレンドもいました。
    ゲーム内で解決できそうなことをあえて晒して当事者だけでなく周りも巻き込んでいるので本当にプレイヤーの民度が最低です。
    いつどこで、どんなことで晒されるか全くわからないある意味怖いゲームです。

    外部ツールの存在
    後述するジョブバランスに関係してきます。
    ACTと呼ばれるツールと、それに付随するサイトLogsがFF14には存在しています。端的に申しますとACTはPTメンバーの火力を見れるツールでLogsはその火力をサイトにアップし、ランキング化する...というようなサイトになります。Logsではスキル回しや被ダメ量等のデータも閲覧できるようになっておりPS向上には非常に有用なサイトです。
    ACTに関しても、自分やPTの状態が数値として視えるので、攻略に役立っていると思われます。
    ですが、やはりそれを利用するプレイヤーの民度が問題となってきます。一番ネックになっているのがLogsです。通称、「履歴書」とも呼ばれており、Logsに一度でも掲載されるとキャラ名を検索するだけでそのプレイヤーの数字がすべて閲覧できます。強くても弱くても。
    これらの”数字”が見えてしまっているせいで、エンドコンテンツ初期攻略時にはある特定のジョブを排除する、ジョブハラスメントが横行しています。
    また火力が足りないのが目に見えてしまうせいで、強い人が偉い。というような風潮がやはり根強いです。(これはどのゲームにも言えるでしょうが...)
    ACT、Logsは正しくマナーを持って使えば素晴らしいツール、サイトですが、使っている人間の大半が本当に程度の低い方たちなのが問題です。Logsの数字が低い人間を晒し「こいつ雑魚すぎwwww」などといった晒し行為も存在しています。
    またこれらのツールのおかげで火力至上主義となっており、装備も必要なものがほぼ決まっています。マテリアルも火力が出るものをはめていなければ注意される...ような現状です。


    ジョブバランス
    ACT、Logsのおかげで攻略に必要なジョブの最適解がハッキリと決まっています。好きなものを使うんだ!って意思の強い方はそのままで結構ですが、黒魔導士、モンクなどのジョブはハブられつつあります。もちろんうまい人はとても高い火力を叩きだしているのは事実ですが、それはごく一部です。
    各ジョブの差、それは非常に魅力的な要素であります。それぞれのジョブにそれぞれ違った強さ、魅力が備わっており、とても面白いです。ですが前述したようにACT、Logsの存在がある以上、これもまたうまいこと各ジョブのバランスを調整しなければ特定のジョブはいらない子として受け付けてもられないのです。(黒魔とか侍とかやばかった)(今はモry)

    ILの存在
    FF14の各アイテムに”アイテムレベル”(IL)というものがあります。そのアイテムの純粋な価値、強さのようなものを表した数字になります。ILが高ければ高いほど良い物、良い装備となります。
    しかしこのILがこれまたプレイヤー間でのギスギスを生み出してしまっています。理由は様々ですが
    「装備更新はできなかったがIL的にはコンテンツに申請できるので申請した→装備がゴミ→晒し」
    というような一例もあります。その場で注意で済ます、ということがFF14の民はできない方が一定数います。過去私も初心者時代に、ILは足りてましたが、一部ILが低い装備がありそれを理由に暴言、晒しにあったことがあります。(新生時代のお話ですが)
    IL十二分に足りていても一部低い箇所があれば目についてしまうような現状です。エンドコンテンツのようなものでしたら分からなくもないですが、数人一か所二か所弱い装備があった程度でクリアできないコンテンツに行っているわけでもない、ましてや周りの人間はコンテンツ基準ILのそれ大幅に超えていて”火力的には余裕”なのにも関わらず、そういった現状があることに関して、私は残念に思っています。

    ゥャラクリ幅の低さ
    オシャレ装備がとにかく少ない。キャラクリをモチベにプレイしている方も多数存在していると思います。私もその一人です。
    とにかく、オシャレ装備が少ないです。私はタンクメインでプレイしていますが、ゴツゴツの鎧を着たくはないんです。かと言ってなにか素敵でかっこいい装備があるのかというとほとんど他人とかぶってしまうようなものばかり。
    本当にキャラクリ・装備面での遊び幅が非常に狭いです。ぷそ2見習ってほしい。
    また良いと思った装備もほとんどが課金なのも辛いです。ダンジョンで手に入る装備が使いまわしなのもどうにかなりませんかね?

    ----------------------------------------
    運営は晒し、外部ツールに関して不干渉の意を示しています。晒しはプレイヤー間の問題。公式で火力メーターの実装が面倒、入れた後の対応が面倒等いろいろ理由がありそうですね。しかし一プレイヤーとしてこのような現状を知ってしまっては気持ちよくプレイするなんてちょっとできない。いつ誰にどんな理由で晒されるのか分からない状態でプレイするっていうのは本当に強い(いろんな意味で)人にしか向いてなさそう。

    ジョブバランスに関しては、ちょくちょく調整を加えてくれていますが、その調整はどうなの?という調整も多い。(暗黒とか違うそうじゃないって調整多かったなぁ。機工士に関しては言葉も出ない)

    晒し一歩間違えば裁判沙汰にだってなりえるのにどうにか対応して頂きたいものですね。難しいのはわかりますが。楽しいのに晒しが文化のネトゲって本当に勿体なくて仕方ありませんね。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 2 3 5
  • 時間がもったいないです 20
    • 投稿者:BlueDestiny(女性/40代)
    • 投稿日:2018/11/29
    良い点
    グラフィックとテーマ音楽
    悪い点
    序盤のおつかいクエスト長すぎて挫折してしまいます


    IDと呼ばれるダンジョンが必ず1本道

    アップデートのたびに苦労して手に入れた装備が全てゴミになります

    プレイヤーの民度がかなり低い
    普通にプレイしているだけでかなりの頻度で暴言や指示厨に遭遇し嫌な思いをさせられます。

    即死級ギミックばかりで戦闘は地面とにらめっこ

    RMTやACTが蔓延していてBOTもよく見かけます

    総評
    私がこのゲームをやめようと思ったのはやはりRMTやACTの不正がはびこっているためです。
    運営は公正な立場をとるべきです
    せっかく時間をかけてこつこつギルをためても意味はありませんし、高難易度コンテンツの練習をしても意味がありません。常にすぐ横のプレイヤーはACTを使用していてDPSをのぞかれています。
    ギスギスオンラインといわれてきただけに本当に何度も嫌な思いをしました。

    明らかにもう一度新生したほうがいいですね。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 1 1 1
  • クリアしたときの何ものにも代え難い達成感 85
    • 投稿者:share(男性/20代)
    • 投稿日:2018/11/21
    良い点
    綿密に設計されたゲームデザイン
    コミュニケーションの取りやすさ
    ライトユーザーもヘビーユーザーも遊べる豊富なコンテンツ
    運営とユーザーの距離感
    奥深いストーリー
    悪い点
    2,3世代前のグラフィック
    特定のロールの人手不足
    総評
    主にエンドコンテンツをメインにプレイ

    ギスギスや大縄跳びや、あまり良いイメージが無い本作
    しかし忘れてはならないのはMMOであること
    一緒に遊ぶ仲間はNPCではなく、人間
    中にはコミュニケーションが取れない人が居るのも事実で
    それが問題になる事もあるが、それは極一部

    しっかりとコミュニケーションを取れる人となら
    何も問題なく楽しく遊べる

    エンドコンテンツは他の作品に比べ歯ごたえのあるものに
    その為の予習は不可欠ではあり、何度も立ち向かわなくてはいけないが
    実はそれが一番楽しいところ
    ゲーム内の経験値は上がらないが、自分自身のゲームスキルが上がるのを実感できる

    何度も倒れ、何度も挑戦し、学び苦労した先に得られるクリアという報酬は
    ゲーム内アイテムよりも価値のあるものに

    他のゲームでは得られないこの高揚感をぜひとも経験してほしい
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 5 4 5
  • エンドコンテンツがギスギス大縄跳び 60
    • 投稿者:ぬー(男性/20代)
    • 投稿日:2018/10/27
    良い点
    BGM
    戦闘テンポ
    ボリューム
    悪い点
    エンドコンテンツがギスギス(予習復習必須)
    マッチングがやばいときは1時間〜2時間かかる(ストーリー攻略のマッチング込み)
    装備が速攻ゴミになる
    総評
    2か月近くやってましたが最善線までおいつけました
    最新の装備が取引で簡単に入手できたり、エンドコンテンツにいくための装備集めもそこまで難しくない
    毎週火曜日のメンテの日がリセット日となっておりそこでトークンやアルファN周制限が解除されるので、お金がない人はそこで装備更新するので一部の人は日課に感じるかもしれない
    わざわざこれらに制限掛ける必要ないのにおそらくここで運営は継続課金させるんでしょうね
    ILが高いほど強い設定なので上位の装備は拾ったら速攻入れ替えるので、ほかのゲームのように何年も使い続けたとか、サブキャラに回したとか、人にあげたり売った(一度装備したものは×)ことができないので速攻ゴミになるので愛着はない
    私は経験したことがないけど大体何か月後にくるパッチで装備が緩和されたり、上位の装備が来るので苦労して集めた装備がゴミになる模様である
    でもそのおかげで休止したとしても装備が速攻揃えられるので、復帰はしやすいと思う

    エンドコンテンツは誰かが考えた攻略動画を見てから予習復習が必須になっており練習ptなるものに参加して少しずつ攻略方法を覚える難易度になっている。
    少しずつ知らない人と攻略していく快感があるが、全部のギミックを覚えてからコンプ目的のパーティに入ると、そこから大縄跳びがはじまる
    最初はミスしたら「どまw」「次頑張ろうww」と普通のコミュニケーションに見えるがみんな攻略目的なので「前半何%いってないのでdps足りてませんねw」「ギミック理解してない人いますねww」と。
    1人でも地雷がいるとクリアできない難易度になっているのでそこから除名投稿が始まったり、ギブアップ投稿が開始する
    1時間もするマッチングに耐え、数分にかけてギミック処理の仕方をパーティで話し合い、1戦10分以上の戦闘を行って計2時間以上かけたのにも関わらずパーティは崩壊する
    もちろん経験値やお金はその間入らないし、むしろ食事代で赤字のあり様である。
    このゲームでは下手な人がいるけどフォローしてやるとか、パーティは火力がないけど粘ってぎりぎりクリア(制限時間で全滅技がくる)などのそういった考えはできないので、自分以外の人がみんな敵にみえてくるのである
    ようやくクリアしたとしてもドロップは8人で奪い合いになるので、運が悪いとクリアしても何も報酬なしとかいうこともありえる。

    エンドコンテンツが闇なだけで普通にプレイする分には長く楽しめると思う
    ただしストーリーのマッチングが長すぎるので、30分〜2時間くらいかかることも。
    不足しているタンクかヒーラーでやればすぐだが、この2つは役割が重すぎるので初心者には不向き
    タンクは(ダンジョンの誘導係、ヘイト管理)ヒーラーは(自分が先に死ぬのは×。タンクdpsを死なせちゃいけない)など責任が重い。
    また新生〜蒼天のダンジョンはやや難しく、初心者煽りも存在するのでゲームが下手な人には辛いかも
    「同じスキルばっか使うな地雷」「プロテス、蘇生、回復使え(レベル低いのにおぼえてないのにも関わらず)」「使えないできないタンクだな」」
    等、低レベル帯の初心者における暴言を何度も聞いてきたのでそこで挫折した人がいるのかも。
    紅蓮からはダンジョンは複雑ではないし難易度も簡単なので、そこまで聞いてないが。
    だけど普通に自分の職の役割を自覚して、攻略していけばたとえ何度全滅したとしても、そこまで怒られることはないので怖い人だけではないと覚えてもらいたい。

    悪い部分ばっかり書いたけど、今からやるなら普通のRPG3本分以上はあるので、普通に長く楽しみたいのであればそこそこ楽しめると思う
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 4 5
  • 完全ソロプレイでエンジョイ勢なら十二分に楽しめる 75
    良い点
    ■グラフィック ■音楽(旧作の人気曲のアレンジなど有り)
    ■おしゃれ装備やマウント(乗り物)がゲーム内で殆ど手に入る
    ■過疎鯖でも人口が多い ■凡ゆるニーズに答えるキャラクリ
    ■ゴールドソーサー(ゲーム内遊戯施設)がボリューミーで楽しい
    悪い点
    ■ダンジョンが全体的に無駄に長い
    (強制的に適正レベルにされるので幾ら強い人が集まっても無駄)
    ■ダンジョンやボス戦で予習が必須となるものが多い
    (予習してない人が1人いるだけでパーティー全滅など)
    ■おつかいが幾ら何でも多過ぎる
    (距離的に依頼人が余裕で行けるものが多いのもイライラ要素)
    ■自称ガチ勢たちが自意識過剰過ぎて不快
    総評
    正直、グラフィックだけでプレイする価値があります。
    (どんな批判厨もグラフィックだけは批判出来ないレベル)
    キャラクリも幼児体型や巨人などが作れるのでかなり自由度高めです。
    散歩したり自キャラの写真を撮ったりが、FF14最大の楽しみでしょう。

    基本的に上位コンテンツに足を踏み入れると楽しくなくなってくるので…。
    下位コンテンツでのんびりするのが最も楽しいプレイスタイルだと思います。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 2 5
  • 運営のやる気がないギスギスゲー 20
    • 投稿者:Enncunt1234(男性/20代)
    • 投稿日:2018/04/18
    良い点
    グラフィック
    BGM
    ハウジング関連
    悪い点
    バランスの悪いエンドコンテンツ
    PVP全般
    圧倒的なタンク不足
    しゃきらないコンテンツ
    零式の週制限
    新生、紅蓮のストーリー
    運営のやる気不足
    プレイヤーの民度
    ILの存在
    総評
    まずいい点からグラフィックは流石FFといった所でMMOとしてはかなりきれいな部類じゃないかなと、BGMに関してははパクリとか云われているもありますがそれを除いてもかなりいい物が多いです、ただ蛮神の後半BGMは評価がかなり分かれる曲だと思います。

    ハウジング関連については他人のハウスを見てるだけでも楽しい良コンテンツだと思います、ただハウスの数が限られてるので出来る人と出来ない人が出てくるのは最近のパッチで少し改善されたので大体の人ができるようになりました。

    エンドコンテンツは調整が下手なのか大体どれかジョブがハブられるのを最初期からずっと続けてるので多分これからも改善されることはないと思っているのでほぼ諦めてます。

    PVPは海外ではBotだらけになったり日本ではサブ垢が上位100の殆どを占めていたりするうえに人気がないのに今でも調整されている謎コンテンツです、なぜかカッコいい装備やマウントもここに追加されます、本当に謎です。

    タンク不足で中々しゃきらないのに関しても最初期からずっと続いているので諦めたほうがいいでしょう、そもそも運営がタンクを減らす調整しかしていないので・・

    零式の週制限は月額を続けさせるためのものなのだと思いますが、これでやめていった友人がわりといるのでせめて4層まで消化してもロットに全く勝てなくて更に何一つ出ずにログ以外手に入れれないというのを無くしてほしいです。

    新生編が面白くないのは最初だから仕方ないとしてなんでイシュガルドのようなストーリーが作れたのに紅蓮で新生レベルまで落ちるんですかね?

    運営のやる気不足は昔からこういう運営なので仕方ないかなと思ってますがせめて隠す努力をしてほしいですね

    零式などのエンドコンテンツならまだしも(それでも駄目ですが)初心者の行くようなIDでまだ若葉の付いてるような人を晒したりする民度ですので民度の悪さは日本産オンラインゲームで一番だと思います。

    ILの存在で装備の自由度などが一切なくなっていますので、自分の好きなステータスを上げるということは出来ないです。

    ゲームとしてはかなりの駄作ですがFFブランドのおかげで人はそれなりに多いので、人とはそれなりに関われると思います、個人的におすすめは出来ないゲームです
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 1
  • 良くも悪くも母数の多いゲーム 90
    良い点
    運営の姿勢
    BGM
    ストーリー(拡張ディスクから)
    ライト勢でもほとんどのコンテンツを楽しめる
    1キャラですべての職を極めることも可能
    過去作品のオマージュや、過去作品ファンサービスが多い
    悪い点
    序盤〜新生編終了までのストーリーのテンポの悪さ
    まれに心無いプレイヤーと遭遇する
    エンドコンテンツに挑むとなるとライトプレイヤーではとても厳しい
    一部コンテンツ開放が面倒
    MMOならではの大人数狩りはあるにはあるが、拡張最新まで進めてから
    総評
    色々とオンラインゲームを廻ってきましたが、熱意の見える運営という印象です。
    旧版からの急ごしらえな新生部分はいささか面倒なところが多く残るも、拡張以降は流石月額。
    過去シリーズを色々と触ってきた身としては、あちこちにちりばめられている土地名、単語、ストーリーに嬉しさを覚えます。
    開始当時は暴言や意識の高いプレイヤーが多い、という評判を聞いていたので身構えたものの、私の運がいいのかめぐりが良かったのか、質問などには親切に説明してくださる方が多かったです。
    他国の方ともPTを組むことはありますが、定例文などを使っての最低限の意志疎通は可能なのこともありがたいです。

    一方でたくさんのプレイヤーが居る関係上、どうしても耳に痛い、心を抉る表現をされる方もいらっしゃいます。
    また、職間バランスも逐一変わったりすることもあり、特にエンドコンテンツに挑まれる方々の論争の的になっています。

    良い点、悪い点ありますが、自ら人と関われる方にとってはおすすめのゲームです。
    フリートライアルである程度まで無料でできるようにもなりましたので、気になる方は少しだけ触ってみるのもおすすめです。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 4 5
  • 何このゲーム、いままで生きてきた中で1番つまらん時間の無駄 35
    • 投稿者:悲しみ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/03/20
    良い点
    グラフィック
    植松さんが作った曲のみ
    悪い点
    パクって作られたBGM
    常に同じ事の繰り返し5年間
    ゲームシステムに発展がない
    バランス悪すぎ
    PvPのバランス最悪
    無能な開発供
    総評
    まずゲームバランスが非常に悪い印象です。その理由からもプロデューサーが使っているジョブを最強に仕上げるという本人の口からも言ってましたがそれが権限のようです。
    特にPvPにおいては他のジョブを弱体化し、自分が使用している黒魔道士を強化するなどの徹底ぶり、その為ゲームバランスが崩壊、皆がそのジョブを使い全く個性がないゲームへと仕上がる。また音楽に至ってはディレクターがあらゆる方面から音楽をパクリ盗み取った只のアレンジ編をあたかも自分が作曲したかのような驚きの発言連発。やってる事が中国の企業と同レベルです。その成果オンラインゲームランキングでは500位以降という誰も振り向かない程のランキングを守位。やっていてもつまらない、見ていてもつまらないゲーム故、時代の流れであるyoutubeやニコニコ動画で配信しても視聴数が全く伸びず、またフォーラムを用意してあるも自社に都合の悪いコメントは全て不適切な投稿と片っ端から削除する始末。ハッキリ言って開発供の脳みそが末期です。ユーザーなんてものは一切大切にしないゲーム。時間の無駄やるだけ人生の無駄な時間を過ごす事になります。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 1 1
  • 古参にいじめられて、小バカにされます 20
    • 投稿者:偏西風(女性/30代)
    • 投稿日:2018/02/15
    良い点
    FFの世界に浸れる。FF好きにはたまらない。
    (逆に言えば、ただそれだけ)
    悪い点
    ・必要なコマンドが多い割に洗練されていないUI、特にパッドで始めると自分で設定変更しないとRTキーを押しっ放しで戦闘させられる、指が痛くなる仕様。キャラの操作などという基本的な部分で不案内なのはどうかと思います。(変更手順その他は特にガイドなし。設定変更画面でも略語が多く意味不明)

    ・他の人のレビューにあった「散々光の戦士と持ち上げられて、やる事はパシリ」というのを見て噴きました(笑)。まさにその通り、ただのマラソンが多いです。

    ・ダンジョンで「不慣れですけど」と事前に言っていても、その場では何も言わず後になって「こんな事も知らねーのかよ?」的な事を言う嫌味な人が多いです。快適に遊びたかったらアクティブな仲間を最低3人、できれば10人は確保して自分達の世界を作り上げて、他人が干渉する余地をなくしてしまうのが無難です。
    (参入申請不可の少人数フリーカンパニーが多いという事実が、それを物語っているでしょう)

    ・前項に関連しますが、ダンジョンは4人強制参加なので、ソロではフィールドのMob叩きやパシリクエしかできませんし、メインクエストでもダンジョンがあるのでそこで手詰まり。そして仕方なくコンテンツファインダーで野良ダンジョンに挑んで、痛い人と遭遇して引退という流れです。野良で文句を言われないのはLv50あたりまでがせいぜい。優遇サーバで本気でやれば2〜3日で到達します。体験版で到達できるレベルでは、その闇は全然垣間見えもしないでしょう。

    ・レベルシンクというシステムで、フィールドボスと戦うにはその時だけ適正レベルにダウンさせられる。おかげで何十レベル下のボスキャラ相手でも難儀します。レベルが上がった実感がありません。

    ・NPCの名前はカタカナばかりなのに、どういうわけか自キャラはアルファベットの名前しかつけられません。

    ・今時コスが装備と一緒くたの仕様で、そのまま着ても実戦に耐えられない。現行の防御力で外見を変えようと思ったら、入手が面倒なアイテムが必要。(最近そのアイテムのクラフトレベルが50→15に緩和されたようですが、たかがコスのために素材収集の要あり。)

    ・公式サイトから、全キャラクター情報が(所属サーバ、キャラ名、全ジョブレベルから現在の装備品まで)赤の他人からでも全て見られてしまう気持ち悪い仕様。

    ・大事な事なので最後にもう一度言いますが、このゲームは実質ソロプレイ不可能です。
    総評
    FF自体は大好きなので、それだけにこの仕様はとても残念です。私自身は、これ以上FFが嫌いになりたくないのでやめました。そういう人、他にも大勢おられるのではないでしょうか。

    大概、初心者に優しい人は同じ初心者だけです。初心者マークがついていない人は冷酷だと予め思っておいた方が傷は浅く済みます。私の実例ではダンジョンで倒れた時、PTメンバーに無言で囲まれたり、そのまま置いて行かれた事もありました。

    このゲームを快適に遊べている人は、恐らく初期の頃に覚えるべき事をスパルタで覚えた人か、或いは一緒に遊ぶ仲間が充分いる、外様と関わる必要がない人だと思います。

    ※このゲームに対する評価の焦点は、ソロ&初心者お断りのダンジョンシステムとプレイヤーの民度の低さが最たるものですが、あいにくその評価項目がありませんので、総合評価をかなり低くしました。その問題さえなければ、FF自体は大好きなので続けたいと思っていただけに本当に残念です。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 3 3
  • がんばっているのは良く分かるんだけど・・・ 75
    良い点
    ・世界観がしっかりとしていて、シナリオ(メインクエスト等)が非常に面白い。
     全FF作の中でも一番面白いかもしれない。
    ・アクションゲーだけど操作がシンプルでわかりやすい
    ・音楽が全く飽きない。楽曲が良い。
    ・グラフィックはきれいなほう(発売当時は世界最先端だったけど・・・)
    ・FF11の反省を踏まえ(?)運営がわりとオープン。
    ・FFシリーズから他ゲームまでのパロディ要素が良い。
     (こちらはプレイをして探してみてください。)
    悪い点
    ・やりこみ系要素がどこか中途半端
    ・レベル上げがかなり単調
    ・レイド系のボス攻略が大縄跳びゲーになってしまっている
    ・新しい要素があまり感じられない。ある意味FFらしくない。
    総評
    上記にも書きましたが、シナリオはすこし大人向けになっている分
    (生と死、暴力などのシーンもあるという意味)本当に面白いと思います。
    旧作での失敗をうまくつかっているなーと。
    運営側も新しいことを試しながら、さらにメディアなどで発信をしながら
    旧14からここまで良く立て直して、運営しているのには感服しております。

    が、所轄すでに10年以上前に流行った昔のMMORPGのスタイルを
    そのまま引き続いているためか中だるみが発生しやすいゲームでもあります。
    とにかく何をやるにも、単調です。

    運営側が色々な要素・ゲームを真似ては導入しているようですが
    さらに中だるみに拍車をかけている用に思えます。

    ですので、せっかくのFFのナンバリングタイトルですので、
    今までのFFになかった、新しい要素を加えるつもりで
    何か新しいことを考え、導入して中だるみを払拭して
    もらいたいものです。

    元が某洋ゲーなのは良く分かっていますが、
    FFはリリースするたびに、チャレンジングな要素を考え、
    成功してきているのですから。

    今後に大いに期待したいです。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 3 4
  • ゲームとしてはバランスがよく楽しめるが、オンライン・コミュニティ要素がまだまだ弱い 75
    • 投稿者:rc39(男性/30代)
    • 投稿日:2017/07/21
    良い点
    ●メインクエスト(シナリオ)を進めるのがとにかく楽しい
    メインクエストに力を入れているところもあり、冒険を進めていくのがとにかく楽しくなります。 「1〜2日でクリアするぞ!」 なんてコアゲーマ―でもない限り、毎日少しずつ進めていくのであれば「コンテンツルーレット」のデイリー経験値ボーナスもあり、クエスト進行のレベル制限にかかることも少なくテンポよく遊べます。

    (それでも…はやく次のお話見たさにレベル制限にかかることもありますがね…)

    ●とにかくBGMが素晴らしい
    メインクエストを盛り上げていったり、蛮神戦の戦闘BGMも毎度素晴らしいですが、一般のダンジョンBGMでもとにかくカッコイイ曲が多いです。

    ●プレイヤーと向き合う運営の姿勢
    一度失敗した、という部分が大きいのかもしれませんが、ここまでプレイヤーとの対話をしているオンラインゲームも珍しいかと思います。

    特に凄いなと思うのは、「できること」だけでなく「できないこと」をきちんと説明しているということ。 そして不具合や調整不足などについてもしっかりと「謝罪」をすること。
    悪い点
    ●メインクエストに力を入れているが故の拡張直後の遊びにくさ
    周囲のプレイヤーと足並み揃えてスタートできたのは今回の紅蓮のリベレーターが初でしたが、特にこの拡張直後に至ってはFF14の最大の特徴である「メインクエスト」が遊びにくさを生んでいるように感じます。

    FF14のほとんどのコンテンツはID(インスタンスダンジョン)となっており、突入に際しレベル制限があります。 さらにロールの縛りもあり、規定人数を揃えられない場合は、4人(TANK1、HEALER1、DPS2)、8人(TANK2、HEALER2、DPS4)の構成でしか遊ぶことができません。 フレンドとメインクエスト進行の足並みが揃わない、ロールが被っている、などの理由により、初動は一緒に遊ぶことが非常に困難です。

    ●CF(コンテンツファインダー)によるオンライン/コミュニティ要素の希薄化
    上記で述べたように、各種コンテンツはほとんど規定人数で遊ぶことが前提となっていますが、規定人数以下でもコンテンツに申請してパーティを自動マッチングしてくれる「コンテンツファインダー」という存在。

    これが一見便利なように見えますが、フレンドのログイン時間が合わなければ先に遊びに行ってしまうこともよくあります。 そのせいでコンテンツ突入中にログインしたフレンドが別のコンテンツに遊びに行ってしまうなど、すれ違いの原因にもなっています。

    特にLv70到達後、極蛮神や零式(高難易度レイド)にチャレンジしないプレイヤーにとっては、デイリーの「コンテンツルーレット」ぐらいしか遊び場が無いのに、「今日分、消化終わってしまった…」となってしまえば一緒に遊ぶことができません。

    高難易度コンテンツについても、コンテンツファインダー対応に加えて難易度を下げたこと、固定パーティを組まずとも少人数で「行きたいときに遊びに行ける」基盤が整ってしまったこともあり。 各々が自由に遊びに出掛けてしまうため、とにかく「一緒に遊びに行く」というのが難しいです。
    総評
    「みんなで遊びに行こう!」といったような雰囲気が築きにくいです。 「ソロ」でも遊びやすい環境が整いすぎているからです。

    結果、開幕ダッシュでひとりで勝手に遊びに行って、ひとりで勝手にクリアして、みんなと遊ぶ間もなく終わってしまい「やることねー」とか言ってるプレイヤーさんがとても多いです。


    ・パーティを組む、コミュニティを築くことにメリットが無さすぎる
    ・コンテンツに突入してしまったら20〜60分ははすれ違いになってしまう
    という部分が、2.0時代からずっと変わっていないからだと思います。


    ゾディアックウェポン(2.x)/アニマウェポン(3.x)のような時間のかかる「武器育成コンテンツ」は、ステータス振りもできたり、事実上最強の武器を作れてしまう所もあり。 ソロ指向が強い上に育成中はジョブ縛りがかかってしまうなど、結果として遊びの幅を狭めるコンテンツとなってしまっています。


    「トレジャーハント」や「ディープダンジョン」、「雲海探索ディアデム諸島」などは、旧世代のMMOにあったようなハクスラ的なゲームですが、これといって目新しい感じも無いばかりか、爽快感も無く。 現代のプレイヤーのスタイルに合っているか? と言われるとやや疑問。


    パーティを組んだりIDなどに入ることなくIN/OUTが自由にでき、参加した時間に応じて「個人報酬」だけでなく「コミュニティに対する報酬」が得られるような「コミュニティを軸」としたコンテンツが欲しいところ。

    協力することで個人の週制限トークンが素早く稼げたり、価値のある素材が入手出来たり、特別なダンジョンに突入できるキーアイテムが手に入ったり…など。 フリーカンパニーの対抗要素などもあると良いかもしれません。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 4
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月