オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ウマ娘 プリティーダービー公式サイトへ
  • Cygames
  • 発売日:2021/02/24
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
72
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービー
公式サイト https://umamusume.jp/
発売元・開発元
発売日 2021/02/24
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
72
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 現段階では『良ゲー』ではない、しかし『クソゲー』ではない 65
    良い点
    キャラクターの魅力
    ・キャラクターの表情、仕草が完ぺきですげぇかわいい。
    ・各キャラクターの背景が丁寧に描かれていて、愛着が湧きやすい。

    ゲームのシステム
    ・育成は、フレンドや運も絡み、基本無料でありながら長時間遊べる。
    ・レースの勝敗が絶対的数値依存ではない。(チーム競技場など)

    コンテンツとしての強み
    ・各媒体(アニメなど)のコンテンツも幅広く比較的触れやすく、楽しみやすい。
    ・実際の競馬と合わせて楽しめる。
    悪い点
    ゲーム全体として
    ・育成において運(フレンド、サークル、イベント、ガチャ)による振れ幅が非常に大きい。

    現在の開発状況として
    ・ゲーム開始から一定水準まで進行した後のプレイコンテンツが少ない。
    総評
    全体的に、今の状態では『いまひとつ』といった所。個人的には、キャラ育成ゲームとしては、他のゲームから飛び抜けている部分が多いと思うが、どこか引っかかるという印象。

    理由としては、運が非常に絡んでくる点が大きい。こういったゲームの場合、プレイヤーはガチャが冴えない結果(いわゆる爆死)でもプレイヤーの裁量、組み合わせを変更したり、プレイ時間を増やすなどしてキャラクターを納得できる所まで強化して、勝ちの向上もしくは、安定させることに楽しさを感じる。

    しかし、この『ウマ娘』では、ガチャが冴えないとなると育成に難が生じて、それ以降のプレイすべてを我慢して遊ばなくてはならなくなる。このゲームの育成は、連鎖方式になっており、例えば『トウカイテイオー』の育成が上手くいく、そのうまく育成できた『トウカイテイオー』を『シンボリルドルフ』に組み合わせると強くなると言った運びになるが、現状ではその上手くいく育成を出来る人と出来ない人に分かれている。要因は、各ステータスの種類が多く、ステータスを向上させるための『サポートカード』の数が少ないことが挙げられる。対策としてサポートカードガチャを多く引いて量を確保しても肝心の育てるウマ娘がいないということになりかねない。正当な攻略法は重課金しかないだろう。

    そして、このポイントは、プレイヤーそれぞれによって異なるだろうが、恐らく勝ち組層と負け組層がハッキリしすぎてしまい、プレイヤーコミュニティにおける攻略情報の齟齬が大きくなりすぎてしまう傾向があると筆者は感じている。こうした構造で生じる問題は、勝ち組層に属する人の実況動画やTwitterなどでのプレイ報告・感想などを見てプレイし始める人が、「いまいちこのゲーム面白くないな」となってしまうことだ。

    私は、ここで言う負け組に類している。3月終わり頃から無課金でプレイし始めたのだが、最初期の各種キャンペーンを逃しているためか、どうにも釈然としないゲームだなと感じている部分が多い。せめて、育成における日ごとのレンタル上限がなければ、ガチャ爆死でもある程度、納得できる育成ができるのではないかと思うが、収益モデルを考えると難しい話なのだろうと思う。
    更に言えば、このゲームは、フレンドなど他のプレイヤーが関わってくるサークルなどの機能が重要であるが、上記のようなことでプレイヤーの出入りが激しいとまともに遊べなくなるのではないかと不安もある。

    だが、未だサービス開始から日も浅く、配布アイテムなども絞っていると感じ、育成シナリオなど今後増えていくコンテンツも発表されている。今後、ユーザーの流出入が落ち着いて、どの程度の収益が見込めるのかがハッキリすれば、無課金微課金ユーザーもある程度遊べるゲームにはなるだろう。しかし、現状では課金前提で始めた方が良いと言える。

    もしも、これから始めようという方へは、まずは無課金で始め、ゲームのルールやシステムをよく理解した上で、☆3キャラをこの人数にするなどの目標をしっかり持ち、課金上限をしっかりと定めてから始めると良いとアドバイスしておきます。

    最後に、このゲームは良い所と悪い所が混在しており、現状ではハッキリとしたレビューを出来ない。しかし、今後PC版へのサポート増加(とりわけ画面サイズの点)やUIの改良などから始まりゲームバランスの見直しを通じて今よりずっと良く面白くなるかもしれないという期待が非常に大きいゲームで興味があるならば始めた方が良いと言える。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 4 4
  • 売り切りゲーのプレイ感覚とソシャゲの融合の成功例 80
    良い点
    ・パワプロのサクセスモードに準じたテンポ良い育成

    本作はソシャゲとしては独特なゲーム性です。毎回パワプロのサクセスモードとほぼ同等のシステムで育成を行って、ウマ娘を鍛えてレースに勝つことが目標となります。なお、1回の育成にかかる時間は30分〜1時間くらいです。

    特徴的なのは、育成中には一切課金が絡まないこと、そして、ソシャゲとしては異例なほどに育成のゲーム側に比重が置かれていることです。ウマ娘のレア度、サポートカードなどいわゆるデッキやパーティーに相当する部分は課金ガチャとなりますが、育成そのものについては課金する要素が一切なく、純粋にウマ娘のステータスと目標レースのパラメータを比較しながら適切な値に鍛えていく必要があります。

    このため、育成中のプレイ感覚はほぼ売り切りゲームと全く変わりません。いい意味でソシャゲ感が薄れています。特にパワプロ経験者であれば(本家のソシャゲ版以上に)まったく違和感なくプレイできるでしょう。育成中にはソシャゲであることを忘れる瞬間があるほどです。

    ・意外に熱いストーリー

    本作のストーリー展開はいわゆるスポ根に近く、絵面のシュールさからは想像もできないほど熱い展開となっています。また、元ネタの現実の競走馬の設定の拾い方も見事です。また、周回前提のゲーム性のおかげで、ソシャゲであるにも関わらずストーリーは短く綺麗に
    まとまっています。メインストーリーが半年も更新されてないとか、途中でサービス終了したとかそういうこともありません。


    ・ハイクオリティなグラフィック

    グラフィックのクオリティはとても高く、スマホゲーとしてはトップクラスでしょう。PC上でもプレイ可能ですが、(基本縦画面なのを除けば)PCの大画面でもまったく違和感がないいほどです。特にウマ娘のモーションは驚くほど豊富であり、彼女たちをレースで勝たせたいという気にさせてくれます。
    悪い点
    ・昨今のソシャゲとしてはストイックすぎるゲーム性

    昨今のほとんどのソシャゲは蓄積系の育成システムであり、基本的には、プレイを継続さえしていれば確実に強くなっていく設計となっています。(よほどアホなプレイをしない限りは)プレイが無駄になることはなく、プレイした分だけ育成リソースがたまり、確実に強化されていくゲーム性です。

    しかし、本作はそうではありません。育成をこなしても、失敗してしまって、レースに勝てるウマ娘が作れないことはザラです。そして、育成に失敗し「前回よりも弱いウマ娘」になってしまった場合、その周回は(強化リソースをちょっと稼げることを除き)ほぼ無意味です。そして、育成はウマ娘とレースのパラメータを見比べながら計画的に行うそこそこガチなものであり、テキトウにプレイすると確実に失敗します。

    つまり、普通のソシャゲは、下手な人でも延々とプレイしていればどんどん強くなるようになっており、ゲームによっては全自動化されていて下手という概念自体が存在しないほどです。しかし、本作は下手な人がいくらやってもまったく強くなりません。昨今の全自動ソシャゲに慣れきったユーザー達にはかなり厳しいゲームだと感じられるのも無理はないでしょう。

    ・あまりにシュールな絵面

    レースの絵面は美少女が個性の強い(レース向きとは思えない)服装で競馬場を全力疾走するというとてつもないシュールなものです。何度見ても違和感が拭えませんので、正直レースは見ていません。まあ、これ以外の表現方法があるのかと言われたらなにも思いつきませんが・・・。


    ・かなり運に左右される育成

    本作の育成はかなり運に左右される要素が大きくなっています。ランダムイベントが多く、レース前に突然不調になったりします。育成のパラメータ上昇量はサポートカードの配置によってかなりかわりますが、この配置もランダムなので、育成したいパラメータを伸ばせないことが多々発生します。そして、レースそのものもにもかなりランダム性があり、8位だったのがコンティニューしたら1位なんてのはザラです。

    運要素が皆無だとしたら、すぐに最強のウマ娘が育成できてしまって、ゲーム寿命が大幅に縮まることが予想されるので、運要素が非常に強いことは納得ではありますが、それでも非常にもどかしく感じることは否めません。

    ・課金による強化が限定的

    課金によって強化される度合いは微々たるもの・・・とまでは言いませんが、普通のソシャゲに比べるとかなり控えめです。しかも、課金で強化すればそれでいいわけではありません。獲得できるのは育成イベントやスキルなので、それらを取るように育成しないと、課金が無駄になることすらあります。


    ・納得はできるがヘビーなデータ量

    例によって7GBというヘビー級の容量を要求されるゲームです。このグラフィッククオリティなら仕方がなくはあるのですが。低画質モードはレンダリング解像度を下げているだけであり、データ量は全く変化しないのが辛いところです。飽きてしまった場合にはアインストールの筆頭候補になることは避けられないでしょう。なお、セーブデータ保全のためにDMM版との連携を強くおすすめしておきます。
    総評
    当初はまっっっっっっっっっっったく期待していませんでした。リリース当日もガン無視しておりましした。しかし、歴戦のゲーマー達がやたらと話題にし始めたので、まあやることはやっておくかと始めてみたところ、そのソシャゲ感の薄いゲーム性に驚かされました。これはゲーマー向きのソシャゲと言ってしまっても良いでしょう。

    何よりも、売り切りゲーとソシャゲの融合に成功しているところが素晴らしいです。原神がソシャゲとオープンワールドの融合に完全に失敗していびつなゲーム体験になっているのに対して、本作は育成中のプレイ体験は売り切りゲーそのものであり、さながらDLCをガチャで買うゲームであるかのような作りです。私のように昨今の全自動ソシャゲが大嫌いな人にはジャストフィットするでしょう。

    逆に言えば、従来型の全自動ソシャゲを好むユーザーにとっては厳しすぎるゲーム性ではあります。ですが、そちらを好む人には同社のプリコネがあるので、そっちをやってくれって割り切りだと思われます。

    しかし、サクラ革命、原神、オクトパストラベラー、ニーア、とがっかりさせられ続けて、まさかウマ娘が楽しめるとは夢にも思いませんでした。やはりゲームは何が起こるのかわかりません。だからこそ楽しいのでしょうね。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ