オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
CRYSTAR -クライスタ-公式サイトへ
読者の評価
58
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

CRYSTAR -クライスタ-

CRYSTAR -クライスタ-
公式サイト http://www.cs.furyu.jp/crystar/
発売元 フリュー
開発元 ジェムドロップ
発売日 2018/10/18
価格 7980円(税抜)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
58
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 個人的には楽しめた。でも人は思いっきり選ぶと思う 70
    良い点
    ・キャラ
    最初に興味を持つきっかけになっただけあって、主人公のキャラ造形などは純粋に評価できる。そしてこの手のゲーム(というか男性向け作品)の女性主人公にありがちな、ガワだけ女で中身ほぼ男というタイプじゃないのも好きになれた要因だった。
    (よ○く○とか酷かったしなぁ・・・)
    登場人物ほぼ、特にパーティーメンバーは全て女性キャラとなっているが、「泣く」事をコンセプトとしているので、必然性とか考えたら妥当だとは思う。男がメソメソ泣いてたら見苦しいだけだし。
    そしてワンコ。ワンコかわいいよワンコ!

    ・シナリオ
    ちゃんと完結する、プレイヤーに想像丸投げとか無い。まずはここ。
    全力でダーク寄りだしパーティーメンバー達は途中からギッスギスだしで人は選ぶけど、そういうのがアリな人なら見てて楽しめるかと。
    一連の不幸が全て黒幕の仕込んだ事でしたっていうあたりに若干の陳腐さを感じないでも無かったが、それだけに撃破した時の達成感に繋がるからそれも悪くないかなと。

    ・音楽
    これについては文句の付けようが無いかと。
    一度登場した曲はサウンドモードでほぼ全部聴けるし(歌は仕方ない)、何より最近の3Dゲームにありがちな、音楽の主張を無くす映画的(笑)演出じゃないのが良かったと思う。
    悪い点
    ・アクション
    プレイヤーの誰もが突っ込んだであろう欠点。
    攻撃の発生が全体的に遅い(いわゆるもっさり系)。移動周りが十分快適なだけにその落差が気になるところ。そしてキャンセル、というか技同士で繋いだりする要素も無いので、コンボゲーとして見るのも厳しい。差し合いや一撃の爽快感を重視するタイプじゃなければ、今の時代それこそD○Cやブ○イ○ルーのようなアクションに行き着くと思うが、さすがにそこまでは要求しないにしてももうちょっと繋いでる感のあるアクションに出来たと思う。
    スキルに空中技が無く、マップも敵もフラットなアクションを要求してくるからそこもまた物足りない要因になってしまっている。
    スキルはいっそ物理攻撃系を全部無料にして、悪魔も泣き出すコンボの構築が出来ても良かったように思う。現状スキルの為に通常攻撃でSPを稼ぐ劣化○ース7みたくなっているので。
    一応前述の通り移動周りは快適で、一定時間走ると加速する、元々そこまで遅くない移動や、実は空中でも可能な回避ダッシュ等、見るべき所が無いわけではない。やはりバトル周りがきついのだ。

    ・システム
    流行り(笑)のガチャゲー要素を盛り込もうと考えたのか、装備の入手や強化周りは心底面倒な仕様になっている。装備品に強化アビリティを装着できる等のシステムはいいのだが、いいアビリティが出るかどうかは運任せ。最強武器防具以外の装備の入手も運任せ、その武器防具にスロットがあるかどうかも運任せ。これ要る?

    ・バランス
    難易度に対するバランス面は特に言うことも無いのだが、やはりプレイアブルキャラ同士のバランスが問題。
    遠距離キャラの777が強すぎる、というより他3人が弱すぎる。元々の難易度が高いわけじゃないから誰使っても十分進めるのだが、前述のコンボ周りの爽快感の無さを考えると、わざわざ近距離で戦う意味が無いのが痛い。
    近距離キャラに突進技(某ス○リークやら某ヘ○ズファ○グみたいな)も無いので接近の起点が無く、そういう部分での快適さが無い。
    殆どのスキルの発生が遅すぎて誰も使わない技ばかりの小衣やSP回収効率悪すぎて終盤肉壁にしかならない千は悲惨。かといって零も器用貧乏さが祟り、わざわざ使う意義を感じさせない。
    結局通常弾1ヒットでSPが4回復出来て極悪ビームや極悪カッターを持つ777が不動の大エースになってしまう。
    守護者解放時の性能の弱さもせっかくの「泣く」システムを無意味にしてしまって辛い。メインのダメージソースはスキルなのにスキル使用時に追撃入れてくれない、必殺技も全然強くない(特に物理攻撃力に劣る777)。1.01パッチでダウンされなくなったのはいいが、本当に欲しかったのは火力だと思う。

    ・マップ
    狭い通路と敵のいる開けた部屋の組み合わせばかりで単調なので、元々の難度が高くないのも相まって確実に途中でダレる。ランダムマップならまだしも、固定でこの単調さであそこまで広くする必要がそもそも無いかと。
    立体的なアクションマップにしてもうちょっとボリューム減らしていたら一変してたと思う。

    ・敵
    それぞれの敵に個性がないわけではないが、バリエーションの少なさが最大のネック。開発秘話にあった効率化の煽りを最も受けてしまっていて、ラスボス以外のボスがザコ敵の強化版ばかりだったのがますます単調さを後押ししてしまっている。

    ・グラフィック
    絵的にそんなに悪いわけではないのだが、ローポリ気味なキャラモデルが足を引っ張る。背景の画質は悪くないのだが。
    走るモーションの違和感、イベントシーンにおける動きの無さ等も気になったが、最大の違和感は人間キャラの身長がみんな一緒だったところかw
    零のモデルをベースにしているらしいが、さすがに身長の調整くらいはしとけと。
    167cm設定の小衣と135cm設定の777が同じ身長のモデルなのはいくら何でも無理がある。二頭身ドット時代じゃないんだから。

    ・その他
    エンディングのスタッフロールで字のテロップだけだったのはかなり寂しいと言うか、スタッフロール見せる気を疑うレベル。エンディングアニメ入れろとまでは言わないにしても、せめて後日談を見せる感じの一枚絵をいくらか載せるくらいは出来たと思う。エンディングそのものもかなりあっさりした感じで、現実世界での零のその後とかも無かったし。
    総評
    色々粗もあったし言いたいことも言った感あるが、遊べないほど不快な代物でもないし、個人的には楽しめた。汚点、欠点はあってもゲームはやはり総合力なんだなとか思ったり。

    何よりこのご時世にゲーム業界大手とかでもないメーカーが、オリジナルタイトルで、コンシューマー専売で、しかもパッケージソフトを、それもギャルゲ乙女ゲなどのノベルじゃないアクションRPG(個人的に大好きなジャンル)で出せたというその事実を評価したい。
    もし続編が出るのなら、皆が言うような欠点をしっかり改善した物が出るといいなという希望を込めて、このタイトルを支持したいと思う。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 2 4 4
  • ストーリーは良作! 75
    • 投稿者:you(男性/30代)
    • 投稿日:2018/11/19
    良い点
    あくまでもシナリオ、サウンドの点数です。良い点はストーリーの世界観、出来事によりキャラの葛藤などの精神的に追い詰められる描写。完全にクリアした後の余韻&感想は良作に入るゲームだと感じました。泣いて戦うRPGということでストーリーは基本的にシリアスなストーリーです。心理描写は人によって共感得たりと様々なので。作中、キャラの豹変に理解できないこともあると思いますが。そういう状況下という立場を考えたら感情移入しやすく引き込まれるストーリーの出来でした。
    悪い点
    悪い点は、プレイした人は誰もが思うと言わざるを得ないアクションシステムの悪さです。他会社作品のアクションRPGとは天地の差と感じてしまいます。RPGとしてのシステムは悪くはありません(レベル、武器強化や能力付与システム)しかし、敵のAIシステム(攻撃動作が単調すぎる)、アクションシステム(モーションが硬い)が悪いせいで、先ほどのRPGとしての良い部分が台無しに感じてしまいます。
    総評
    キャラ別や全体ストーリーのみで考れば本当良くできています。伏線も回収し、プレイヤーに謎は残さない作りになっています。なので純粋にRPGとして楽しむ方には微妙だと思います。ストーリーが暗いのでそういうのが好きな方にはオススメです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 5 3
  • 泣いて戦うアクションRPG、ただし泣くのはプレイヤー。 30
    • 投稿者:8bit(男性/40代)
    • 投稿日:2018/10/26
    良い点
    ・世界観
    ・独特のグラフィック
    ・サウンド
    悪い点
    ・爽快感のないアクション
    ・魅力的なキャラを徹底的に台無しにする精神の壊し方
    ・マラソンゲーム
    ・装備品の強化が苦難の道
    総評
    まず良い点から。
    独特のグラフィックが目に惹きます。キャラ自体は見た目可愛い。
    サウンドも最初の頃は地味な感じでしたが聞いていると、だんだん好きに。
    世界観自体もなるほど面白いという感じ。
    褒められる部分が少ないのが難点ですが、舞台設定はそれなりに良いと思います。

    悪い点について。
    制作チームはアクションゲームを未プレイで作っているのではないかと疑いたくなるほど、謳い文句にもなっている大事な部分を台無しにしています。
    泣いて戦う?主人公が泣くよりもプレイヤーが泣くレベルでアクションがつまらない。
    何をするにも硬直があり、爽快感のあるスピーディなバトルはありません。
    スキル使った後なども硬直によって回避が間に合わず敵の攻撃をもらうことが多いです。
    他のメーカーのアクションゲームを存分に遊んで学んでから作って欲しかった。
    難易度も上げた所でなんら変わらず、特に酷かったのは中盤以降のボスでひたすら状態異常を繰り返して爆発攻撃か多方向への弾幕をしているだけという攻撃。
    前述したとおりに下手に手を出しても硬直するので回避行動が間に合わないという状況です。
    制作側はテストした時点で、面白いか面白くないか判断できなかったのか、これで面白いと思うのであれば、それはもう経験不足から起こる最悪の出来じゃないかと思います。

    登場人物についても、せっかく魅力的なキャラが多いはずだったのに精神的に壊れた描写を強く表現したいばかりにキャラが偏屈になったり底意地の悪い性格に変貌したりというだけで、魅力を台無しにしていくという残念な設定になってます。
    ストーリー進行も思わせぶりなことを言う割に結局キャラの精神を砕けば、それで良いような流れにするだけになっていて残念。

    シレンと呼ばれるシナリオは、全てマラソンフィールド。とにかくゴールまで走るだけ。
    装備品の強化に必要な素材もフィールドを繰り返し走ることを前提になっています。
    この素材集めが苦痛にしかなりません。なにせマラソンフィールドです。
    前述の出来の悪いアクションシステムのせいでバトル全てがストレスの溜まる周回レース状態に。

    購入前はかなり期待していたのですがPVに騙されたと今は後悔しています。
    もし購入するのなら、それらを納得して購入か、安くなるまで待ったほうが良いでしょう。
    ネガティブ評価しかしていないのが申し訳ないですが、どんなに我慢してもネガティブになってしまう内容のゲームなので散々な評価になりました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日