オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「トラックボール操作を任意の入力に変換するハード」のKickstarterプロジェクトが始まる。ビット・トレード・ワン「TracXcroll」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/11 16:00

ニュース

「トラックボール操作を任意の入力に変換するハード」のKickstarterプロジェクトが始まる。ビット・トレード・ワン「TracXcroll」

 トラックボール操作を任意の入力に変換するというUSBアダプター「TracXcroll」(トラックスクロール)のKickstarterプロジェクトが始まった。
 これは,ゲーマー向けキーボードなどで知られるビット・トレード・ワンがイラストレーターのJACO氏とともに立ち上げたものだ。ビット・トレード・ワンとJACO氏は2017年に,片手用デバイス「Rev-O-mate」のクラウドファンディングを成立させているが,今回のTracXcrollプロジェクトはそれに続く第2弾となる。2019年1月18日までに出資金が50万円を超えれば製品化となる予定だ。

TracXcrollとJACO氏(Kickstarterプロジェクトページより)
画像(002)「トラックボール操作を任意の入力に変換するハード」のKickstarterプロジェクトが始まる。ビット・トレード・ワン「TracXcroll」

TraXcrollのKickstarterプロジェクトページ


 TracXcrollでは,市販のトラックボール操作を縦横のスクロールやショートカットキーに割り当てられるようになっており,搭載するボタン類にも任意の機能を割り当てが可能だ。ビット・トレード・ワンとしては基本的にイラストレーター向けという扱いだが,「(右でマウス操作する場合に)トラックボールを左手用デバイス化できる」という観点においては,MOBAで画面のスクロールをトラックボールに割り当てる,などといったゲーム用途での応用は十分に可能だろう。
 プロファイルは最大3つ持てるそうなので,イラスト系とゲーム系といった具合に,用途別に設定を用意するのもアリと思われる。


画像(004)「トラックボール操作を任意の入力に変換するハード」のKickstarterプロジェクトが始まる。ビット・トレード・ワン「TracXcroll」
 なお,同社ではKensington Computer Products Group,ロジクール(日本以外ではLogitech),サンワサプライ,エレコムという主要なトラックボールメーカーの協力を得て,実機での動作確認をすでに終えているとのことだ。動作確認済み製品のリストはKickstarterプロジェクトページにあるのでチェックしてもらえればと思うが,基本的に最近のトラックボールなら使えるという理解でいい。

 TracXcroll自体はあくまでも入力変換アダプターで,単体では機能しない点に注意が必要だが,予定市価5800円(税込6264円)のところ,4000円からの投資額で入手できるので,興味を持った人はビット・トレード・ワンのKickstarterプロジェクトに賭けてみてはどうだろうか。
 なお,プロジェクト成立の場合,最短では2019年4月に製品を入手できるとのことだ。

TraXcrollのKickstarterプロジェクトページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月