オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS4向け未発売作品の試遊も楽しめる「PlayStation祭 2018」が10月28日より順次開催。今年は大阪,福岡,広島,仙台,札幌が会場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/05 19:25

ニュース

PS4向け未発売作品の試遊も楽しめる「PlayStation祭 2018」が10月28日より順次開催。今年は大阪,福岡,広島,仙台,札幌が会場

PS4向け未発売作品の試遊も楽しめる「PlayStation祭 2018」が10月28日より順次開催。今年は大阪,福岡,広島,仙台,札幌が会場
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日(2018年10月5日),東京ゲームショウ2018のPlayStationブースに試遊出展されたタイトルなどが楽しめる「PlayStation祭 2018」を,10月28日より順次開催すると発表した。会場となるのは,大阪,福岡,広島,仙台,札幌の5都市。スケジュールは以下のとおりだ。

PlayStation祭 2018開催日程
※会場などの詳細は末尾のリリース文に記載

大阪会場:2018年10月28日(日)
福岡会場:2018年11月4日(日)
広島会場:2018年11月11日(日)
仙台会場:2018年11月25日(日)
札幌会場:2018年12月22日(土)

 会場では,スクウェア・エニックスの「KINGDOM HEARTS III」やSIEの「Days Gone」,フロム・ソフトウェアの「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」といった,PlayStation 4向けの未発売タイトルを中心に試遊が楽しめるという。もちろん,PlayStation VRを使ったVRタイトルも複数が試遊出展される予定である。
 また試遊のほかにも,「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」のプロチーム所属選手が出演するステージイベントや,浅井企画ゲーム部所属のタレントがタイトルを紹介するステージイベント「PlayStation presents LIVE SHOW」などを楽しめるとのことだ。

「PlayStation祭」ポータルサイト


ソニー・インタラクティブエンタテインメント
「PlayStation祭 2018」開催のご案内
〜大阪、福岡、広島、仙台、札幌の5都市で開催〜

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下 SIE)は、日本国内にて、「東京ゲームショウ2018」プレイステーションブースで試遊出展したゲームタイトルなどがお楽しみいただける「PlayStation祭 2018」を、10月28日(日)より順次開催いたします。例年のご好評にお応えし、昨年までの3会場から大阪・福岡・広島・仙台・札幌の5会場に規模を拡大いたします。

本イベント会場では「プレイステーション4」(PS4)の未発売タイトルを中心に、『KINGDOM HEARTS III』(株式会社スクウェア・エニックス)、『Days Gone』(SIE)、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(株式会社フロム・ソフトウェア)などを「東京ゲームショウ2018」プレイステーションブースと同様に試遊いただけます。加えて、PS4の魅力を高め、ゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティシステムPlayStation VR(PS VR)で、『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』(SIE)、『みんなの GOLF VR』(SIE)、『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』(グランディング株式会社)をはじめとした、ソフトウェアメーカー各社様およびSIEのバラエティに富んだタイトルも試遊いただけます。

また、「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」で活躍したJeSU認定プロチーム所属選手が出演する『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』(SIE)ステージイベントや、浅井企画ゲーム部に所属するタレントが出演してタイトルを紹介するステージイベント『PlayStation presents LIVE SHOW』を実施いたしますので、ぜひご観覧ください。

各会場のイベント詳細は、「プレイステーション」オフィシャルサイト内の「PlayStation祭」ポータルサイト(http://pscom.jp/matsuri)にて順次ご案内いたします。

SIEは、「PlayStation祭 2018」の開催を通じ、ユーザーの皆様にプレイステーションならではの魅力あふれる作品をお楽しみいただくことにより、ゲーム市場の普及と更なる拡大に努めてまいります。

<「PlayStation祭 2018」開催概要>

イベント名称:
PlayStation祭 2018

日程/場所:

大阪会場 2018年10月28日(日)
/ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター
(http://www.congre-cc.jp/access/)

福岡会場 2018年11月4日(日)
/アクロス福岡 B2F イベントホール
(https://www.acros.or.jp/access/)

広島会場 2018年11月11日(日)
/広島コンベンションホール
(http://www.hir.conventionhall.jp/access.html)

仙台会場 2018年11月25日(日)
/サンフェスタ イベントホール
(http://www.sunfesta.or.jp/map/)

札幌会場 2018年12月22日(土)
/ 札幌コンベンションセンター大ホール
(https://www.sora-scc.jp/access/)

開催時間:
11:00-18:00(予定)

※「プレイステーション」、「PlayStation」および「PS4」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。



<『PlayStation presents LIVE SHOW』出演者>


【10月28日(日) 大阪会場】
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』
  • JeSU認定プロチーム:Libalent Vertex(リバレント ヴァーテックス)
    プレイヤーネーム:Nicochaaaaaaaann(ニコチャン)、sitimentyooo(シチメンチョウ)、E3NCOUNT(エンカウント)、
    Inaba-UR(イナバユーアール)
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』実況:k4sen(カセン)
  • 浅井企画ゲーム部:あらぽん、じゅんご、森田悟、橋本真帆、奥村茉実

【11月4日(日)福岡会場】
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』
  • JeSU認定プロチーム:DetonatioN Gaming(デトネーション ゲーミング)
    プレイヤーネーム:AIiceWonderIand(アリス)、GaIiard(ガリアード)、GenGar AX(ゲンガー)、xAxSy(アクシー)
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』実況:k4sen(カセン)
  • 浅井企画ゲーム部:稲村亜美、じゅんご、森田悟、橋本真帆、畑めぐみ

【11月11日(日) 広島会場】
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』JeSU認定プロチーム所属選手
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』実況:k4sen(カセン)
  • 浅井企画ゲーム部:あらぽん、じゅんご、森田悟、橋本真帆、奥村茉実

【11月25日(日) 仙台会場】
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』JeSU認定プロチーム所属選手
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』実況:k4sen(カセン)
  • 浅井企画ゲーム部:関根勤、じゅんご、森田悟、橋本真帆、畑めぐみ

【12月22日(土) 札幌会場】
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』JeSU認定プロチーム所属選手
  • 『コール オブ デューティ ワールドウォーII』実況:k4sen(カセン)
  • 浅井企画ゲーム部:関根勤、森田悟、畑めぐみ、奥村茉実

※大阪・福岡会場以降に参加の「JeSU認定プロチーム所属選手」も、分かり次第、「PlayStation祭」ポータルサイト(http://pscom.jp/matsuri)にて公開して参ります。


大阪会場参加:JeSU認定プロチーム「Libalent Vertex」


sitimentyooo(シチメンチョウ)
E3NCOUNT(エンカウント)

Inaba-UR(イナバユーアール)
Nicochaaaaaaaann(ニコチャン)


福岡会場参加:JeSU認定プロチーム「DetonatioN Gaming」


AIiceWonderIand(アリス)
GaIiard(ガリアード)

GenGar AX(ゲンガー)
xAxSy(アクシー)

※浅井企画ゲーム部とは?

関根勤
あらぽん
(ANZEN漫才)
じゅんご

森田悟
(スパローズ)
稲村亜美
奥村茉実

橋本真帆
畑めぐみ

e-Sportsの盛り上がりを期に浅井企画のゲーム好きが集まって結成された「浅井企画ゲーム部」は、「e-Sportsはやっても楽しい観ても楽しい」をコンセプトにヘビーユーザーはもとよりライト層やファミリー層に今一度ゲームの楽しさを知ってもらい日本のe-Sportsの盛り上がりを応援している部活です。

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月