オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
アリババゲームズ 2017年戦略発表会。グローバルパブリッシングを本格始動
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/03/17 20:30

リリース

アリババゲームズ 2017年戦略発表会。グローバルパブリッシングを本格始動

アリババゲームズ、2017年戦略発表会を開催
配信元 アリババゲームズ 配信日 2017/03/17

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

アリババゲームズ、2017年戦略発表会を開催
1億4千万5百万ドルを投資してIPエコシステム構築、
グローバルパブリッシング本格的始動


3月16日、アリババゲームズは北京で2017年の戦略発表会を開催した。発表会で、アリババゲームズの代表のSimon Shi氏はアリババゲームズは本格的ゲームパブリッシングに乗り出し、2017年に1億4千5百万ドルを投資してIPエコシステム構築し、アリババ文学、アリババピクチャーズ、YOUKUと提携して展開予定の「IP多角化計画」を発表した。

また、Mail.Ru、TFJoy、Efun、OneMTなどのグローバルパブリッシャーと提携してグローバル戦略を発表し、中国ゲーム会社の海外進出及び海外のゲームの中国進出を支援すると発表した。

発表会には、中国(台灣、香港、マカオ地区を含み)、北米、ヨーロッパ、日本、韓国、中東などの国内外のゲーム業界の関係者1500人余りが出席した。

1億4千5百万ドルを投資して「IPの多角化ビジネス」を展開
リサーチ会社の分析によると、2016年月売り上げ145万ドル以上のゲームの中でIPを利用したゲームは70%を超え、IPの重要性が証明され、IPを利用したゲームの爆発的な成長に基づき、IPのリソースは極めて不足な状態からIPの価格は急に上がり、海外のIPのハードルがますます高まって来る問題に遭っている。

これらの問題から、アリババゲームズは以下の3つの対策をとっている。第一、アリババデジタルメディアエンタテインメントグループ傘下のUC、YOUKU、アリババピクチャーズ、アリババの文学の長所を統合してゲームを中心でドラマ、映画、文学、アニメなどの多角のIPビスネスを開拓し、エコシステムの中でより多くの価値を創造する。

第二、ドラマ、映画や小説、アニメをベースにしてゲームを開発するだけではなく、ゲームのIPを利用したドラマ、映画や小説、アニメを製作して、より多くのユーザーを確保し、IPの価値を最大化する。第三、アリババのグローバル市場でのブランド価値とアリババデジタルメディアエンタテインメントの長所を利用して、グローバルの資源を統合し、多角のビジネスを展開する。

そして、アリババゲームズはIP協力のオープンプラットフォームを公開し、アリババデジタルメディアエンタテインメント保有のすべてIPの多角ビジネスを提案している。。一方、1億4千5百万ドルのIP事業に必要な制作費用及びユーザー確保費用を支援する。


厖大なユーザートラフィック
アリババゲームズはiOSと多様なAndroidプラットフォームをカバーするパブリッシング能力を備え、アリババグループ内の資源の統合しアリババゲームズの長所を発揮して、パブリッシング実力を一層アップグレードした。

そして、アリババゲームズはビックデータに基づく専門の広告プラットフォーム「SHANQUE」を発表した。「SHANQUE」はアリババゲームズの既存の累計のゲームデータとアリババグループの資源のデータに基づいて、正しいユーザー分析が可能になり、分析データに基づき効果的広告が可能になる。即ち、ビックデータを通してユーザーの好みを分析し、好みの変化の傾向を通じて予測が可能になり、アリババグループのユーザーデータに基づき、ユーザーと広告をマッチさせて、広告を正しく執行する事ができるようになる。

また、ゲームのCBT/OBTなど段階で「SHANQUE」プラットフォームはユーザーの特徴と標準化されたユーザーゲーム習慣に関わるデータベースによって、開発者たちに科学的かつ合理的な改善案を提案できる。


パートナー会社と提携して、グローバルパブリッシングを本格的始動
ここ数年、中国のゲーム市場は成長を続け、2017年中国のゲーム市場規模は145億五千万ドルを突破すると予測される。海外市場でも、中国のゲーム会社の成長が目立っていて、2016年の海外での売り上げが72億ドルを突破し、中国のゲームの海外進出が優先課題となっている。

現在、海外のゲーム市場は主に北米とヨーロッパ、日本と韓国、中東、ラテンアメリカ、東南アジアなどの地域に分けされ、北米とヨーロッパ、日本と韓国は成熟した市場で、中東の市場のこの2年高速で成長しているし、ラテンアメリカ、東南アジア市場は潜在力がある市場である。リサーチデータによると、2016年インドモバイルインターネットユーザー数は3.7億人を突破し、2017年には5億人に見込まれ、2017年2月の時点でインドネシアモバイルインターネットユーザーは1億人突破した。

アリババUCモバイルビジネスグループ傘下の代表的なビジネスであるUCブラウザ、UCニュース、9APPSはもう海外で膨大なユーザートラフィック誇り、成功した広告プラットフォームに位置づけられている。UCブラウザはグローバルで月4億人の利用者数を突破し、四半期単位の利用者数は6億人を突破した。UCニュースは昨年インド、インドネシアでサービス開始してから五ヶ月でインド、インドネシアのニュースアプリランキング1位にランクされ、インド、インドネシア市場で最も急速に成長したニュースアプリに位置づけられた。

2017年3月現在、UCニュースのインドの月利用者は8300万人を突破した。そして、9APPSはグローバル範囲で2.5億人の月利用者数を確保し、9Appsマーケット内のコンテンツは日3500万、月11億のダウロードを誇り、インドネシアで最も人気のある第三者マーケットに位置づけられた。

また、アリババゲームズは強力な海外マーケティングチームを持っていて、数年間の経験に基づいて中国の企業の海外進出を支援できるし、Mail.Ru、OneMT、TFJoy Efunなどのパブリッシャーと一緒に「グローバルパブリッシング同盟」を結成して、中国の開発会社のために体係化されたグローバルパブリッシングサービスを提供する。
  • この記事のURL:

キーワード

下線
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日