オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Logitech G,初のスピーカーセットとなる2.1chモデル「G560」を世界市場で発表。USBとアナログ,Bluetooth接続をサポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/19 15:45

ニュース

Logitech G,初のスピーカーセットとなる2.1chモデル「G560」を世界市場で発表。USBとアナログ,Bluetooth接続をサポート

 北米時間2018年3月15日,Logitech International(以下,Logitech)は,ゲーマー向け製品ブランド「Logitech G」(※国内ではLogicool G)初のスピーカー製品となる2.1chスピーカーセット「G560 RGB PC Gaming Speakers with Game-Driven Lighting」(以下,G560)を2018年4月に世界市場で発売すると発表した。

G560。Logitech G/Logicool Gの製品型番は2桁めが製品ジャンルを規定するが,6はスピーカーということになるようだ
Logitech G/Logicool G

 G560は,USBおよびアナログのワイヤード接続だけでなく,Bluetoothによるワイヤレス接続もサポートする点,そして,同じタイミングで発表となったキーボード「G513 RGB Mechanical Gaming Keyboard」と同様に,Logitech Gのイルミネーション同期技術「LIGHTSYNC Technology」(以下,LIGHTSYNC)に対応したカラーLEDイルミネーションを備える点,そしてPCとのUSB接続時にはオブジェクト指向のバーチャルサラウンドサウンド機能「DTS:X」を利用できる点が大きな特徴となっている。
 北米市場におけるメーカー想定売価は199.99ドル(税別,約2万1163円)となっている。

G560を正面から見たカット。サテライトスピーカーは円錐から先端を切り取ったような形をしており,左側スピーカーは右に,右側スピーカーは左にスタンドとなる輪のような部分がある
Logitech G/Logicool G

 LIGHTSYNC用のLEDは,サテライトスピーカーの底面側と背面側の2か所にある。底面側の光は,輪のようなスタンド部分の内側に反射して見える間接照明として機能する仕様だ。

スピーカーのLEDイルミネーションのありかは底面と背面の2か所
Logitech G/Logicool G Logitech G/Logicool G

 G560のLEDイルミネーション機能で面白いのは,合計4か所にあるLEDを,ゲームと連動して光らせられることだ。統合ソフトウェア「Logitech Gaming Software」(日本では「Logicoolゲームソフトウェア」)から,ゲーム内の色傾向をリアルタイムで分析して,その色で机や背面の壁を照らせるようになっているのである。下に示したのはLogitech Gが示している例だが,ゲームの進行状況に応じて,プレイヤー周辺の色を異なる色で2分割したり,机と壁を使って4分割したりできるのだ。

「Battlefield 1」を用いたLIGHTSYNCの動作イメージ。個々では左右で異なる色が出ている
Logitech G/Logicool G

こちらは4分割のイメージだ。「League of Legends」の画面内4か所の色傾向をリアルタイムで分析し,その色で机と背後の壁を照らしているのが分かる
Logitech G/Logicool G

 実際にどんな感じで色が移り変わるのかは,Logitech GのG560プロモーションムービーを見てもらうと分かりやすいだろう。


 サブウーファに内蔵する3ch(=2.1ch)アンプの出力は最大240W,平均120W。現在のところ,Bluetooth接続時に利用できるプロファイルやコーデックの詳細は明らかになっていない。

 間接照明によるLEDイルミネーション機能は,対応ゲームの有無やPC周辺の環境に左右される面があり,誰にとっても有用というわけではないが,ゲームへの没入感を高めるアイデアとしては面白いだろう。実機での光具合を確かめてみたいところであり,国内市場への投入を期待したい。

●G560の主なスペック
  • 最大出力:240W
  • 周波数特性:40Hz〜18kHz
  • 出力音圧レベル:97dB
  • 感度:84dB@1m/1w
  • インピーダンス:10KΩ
  • 入力:USB,3.5mmミニピン,Bluetooth 4.1
  • 出力:スピーカー×2,サブウーファ(2.1chステレオ)
  • Bluetooth対応プロファイル:未公開
  • Bluetooth対応コーデック:未公開
  • サイズ:約166(W)×118(D)×148(H)mm(スピーカー1本),約255(W)×207(D)×404(H)mm(サブウーファ)
  • 重量:約1.79kg(スピーカー1本),約5.5kg(サブウーファ)
  • ケーブル長:2.5m(付属USBケーブル),2.2m(サブウーファ〜スピーカー),2.2m(電源)
  • 消費電力:未公開
  • 保証期間:1年間

LogitechのG560製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Logitech G/Logicool G

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日