オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Prey公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
Prey
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Prey

Prey
公式サイト https://prey.bethesda.net/ja/
発売元 Bethesda Softworks
開発元
発売日 2017/05/18
価格 7980円(税抜き)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
82
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • SFホラーとして手堅くまとめた佳作 75
    良い点
    SFホラー色が強く、ストーリー展開上もゲームプレイ上もドキッとさせられる場面が多い
    △曚匹茲ぅ好ル・武器バランス
    そこそこのボリューム
    悪い点
    ^き継ぎプレイができない
    後味の悪さ
    総評
    全体として「世にも奇妙な物語」の1エピソードにありそうな展開で、いかにもSFホラーといった感じのテイストがうまくちりばめられている秀逸な作品である。

    【よい点】
    .好函璽蝓偲験もSFホラーで、主人公そのものがゲーム上の謎となっており、最後まで飽きさせない。登場人物も癖があり、マップ上にはメインストーリーとは直接には関わらない断片的な小エピソードもちりばめられており、世界観がよく表現されていて没入観も高い。ベセスダの開発ではないが、ここらへんはベセスダっぽいコンセプトが感じられる。ゲームプレイ上もほどよい難易度があり、敵が死角から襲ってくるドキドキ感、徘徊している気配のするゾクゾク感が味わえ、低難易度でもかなりの緊張感を味わえる。
    ▲好ルバランスもとがって強いスキルがあったりせず、便利スキル系と強化スキル系のバランスがよく、自分なりの攻略ができる工夫がされている。この点はスキルがピーキーで特化優位なところのあるベセスダらしからぬ良点である。
    それなりの広さのある宇宙船を冒険することになるが、これがほどよく迷わない程度でよく考えられている。いわゆるファストトラベルはなく、何度も行ったり来たりして若干移動に煩雑さを感じさせるが、それが苦痛にはならないくらいのギリギリラインの広さ。絶妙である。ストーリーもダラけない程度の長さでちょうど宇宙船の構造がだいたい把握できた頃に終わる仕組み。後半の難易度は若干高いが、それを除けば初見殺し的なところは最近のホラーゲームにしては少ない。

    【悪い点】
    ^き継ぎプレイが出来ない。スキルビルドをやり直せないのと素材が限られているせいもあって強くてニューゲームが個人的にはほしいところ。
    ▲好函璽蝓爾呂△泙蠍緻はよくない。後半はいろいろ選択が迫られ、どれを選んでもハッピーエンドとはいいづらい。

    【総評】
    DOOM的SFホラーFPSの派生型として、よりストーリーテーリングとホラー色を高めた良作。アクションギミックが多く、攻略方法が多様であるため、単調さがないのも美点。とはいえ、不朽の名作といえるほどのインパクトはなく、ボリューム的にも今一歩的な不足感がぬぐえない。前作が一応あるもののほぼ完全に別物で、シリーズ物というよりはリヴァイヴァル単発作品として小気味よくまとまっている。難易度を変えて3周し、2周目などはかなり寄り道もしてプレイしたのでやりこんだ印象だが、Steamによるとプレイ時間は72時間ほど。ゲームの時間軸が違うとは言え、最近では「シャドウ・オブ・ウォー」「アサシンクリード:オリジンズ」「信長の野望・大志」などが2週間〜1ヶ月で100時間をこえる時間食いだったのと比べると、ボリューム感の違いは明瞭であろう。ただ逆に言えばライトプレイヤーにはほどよい時間感覚とも言え、個人的にはおすすめである。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 2
  • ホラーというよりSFミステリーもの? 90
    • 投稿者:Gammmer(男性/20代)
    • 投稿日:2017/05/29
    良い点
    ・映画のようなストーリー
    ・物質に擬態する敵や巨大で神出鬼没な敵による適度な恐怖
    ・簡単すぎないゲームバランス
    ・サブクエストの豊富さ
    ・自分の行動によって変化するシナリオ
    ・資源集めによる探索の楽しみ
    悪い点
    ・ベセスダゲーおなじみのいくつかのバグ
    ・前作のPreyとの共通点はあまりない
    ・武器のカスタマイズは性能強化のみで種類も少なめ
    ・値段が結構高め
    総評
    前作Preyは未プレイ。

    初回クリアで探索もほどほどにガツガツ進めて10時間ほど。
    現在はプレイ時間が40時間に到達しました。

    サブクエストが豊富でマルチエンディングになっている上、船内を物色して資源をかき集めることでプレイヤーがどんどん強化されるのでプレイ時間はどんどん伸びます。

    ストーリーが面白いだけでなくスキルツリーでプレイヤーの能力強化やエイリアンのスキルを取得できるため、ゲーム性も高く何周もしてしまいます。


    プレイヤーの行動の自由度が高く
    ・物語の進行を補佐してくれるオペレーターを最序盤で破壊することで他のオペレーターから別の指示を受けられたり
    ・色々頼み事をしてくる怪しいおっさんをさっさと射殺したらサブクエストである人から感謝されたり
    ・色んな人物の生死を決定できたり
    ・エイリアンスキルを縛ることで評価が変わったり

    など、自分の本能に従って行動できてそれが後々のストーリーや評価が変わってきます。
    この自由度にもしっかりと理由が設定されているので是非自分の思うがままにプレイして頂きたい。


    値段は8000円ほどで高い部類になりますが、購入に後悔はなく楽しめています。

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日