オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/01/13 18:39

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ / 第13回:「韻」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ
第13回:「韻」

 

image

著者近影

 地下駐車場に車を止めてエレベーターに乗ると,酔っ払ったスーツ姿の若者がエレベーターの中で寝ていた。年始のフレッシュマンは大変だなあと思いながらエレベーターを降り,用事を済ませて小一時間後にエレベーターへ戻ると,スーツを着ていたはずの若者が,パンツ一丁になって寝ていた。人って,一時間足らずでこんなに変われるんだ,ということを新年早々若者に教えられた男色ディーノです火曜日だよこんにちは。むしろ変わらず寝てたことのほうが凄いのかなあ?

 

image

 先週からずーーーーっと「幻想水滸伝ティアクライス」の全キャラクターをとりあえずレベル50まで育て上げる作業に没頭していたわ。全員が50超えを果たしたとき,達成感があるかなー感動できるのかなーって思ってたら,案外喪失感のほうが強かったことに感動してしまった今日この頃,皆様いかがお過ごしでしょうか男色ディーノです火曜日だよこんにちは(二度め)。
 RPGでは基本的にクリアまでたどり着けないこの私が,ここまでムキになるってのは,この作品っていうかシリーズが,私にとってドラクエに匹敵するぐらいにでかい存在だからなのかもしれないわね。ストーリー加減から察するに,クリア直前って感じでもないんだけど,なんでこのタイミングで頑張ってるのか自分でも本気で分かんない。うしろに未開封の「テイルズ オブ ハーツ」が控えているというのに,ここで時間とっとる場合じゃないんですがのう。ま,とりあえず,来週までにクリアはしときますわ。

 

 

image

 で,今週は先週さらっと予告した「シヴィライゼーション レボリューション」も。私が遊んだのはPLAYSTATION 3版なんだけど,まずタイトルから厳正かつ的確に突っ込ませていただこうかしら。
 何,韻踏んでやがんだ,と。ダジャレか,と。こればっかりは我慢できないわ。やってることは「パンナコッタはやなこった」「総理が謝ってソーリー」と変わらんわよコレ。もっとなんかなかったのかしら。
 しかもゲイム内容は革命って感じではなくて,むしろ正当なシヴィライゼーションだったわ。テクノロジーを紡いでいって自分だけの歴史を作る感じは相変わらずテンション上がるし,コンシューマゲーム機向けに開発されたタイトルだけあって,グラフィックスが従来のようなPCゲイムっぽさはなくてポップな感じだし,操作性も悪くはないし,敵のターンでもロード時間はほぼない。それだけに,タイトルの件は残念で仕方ないわ。ホント,猛省を促したい。

 

image

 ところで,このシリーズって私だけじゃなくて,シミュレーション好きなら誰でもテンションが上がるゲイムじゃない? 私はスーパーファミコンで初めてプレイしてから,もうテンション上がりっぱなし。さしずめシヴィライゼーション ハイテンショ……おっとあぶねえミイラ取りがミイラになるとこだったわ。
 とにかく,このシリーズをプレイしててテンションが上がる一番の要素は,テクノロジー開発にあると思うのね。例えば火薬を開発しないとライフル兵を作れないとか,法律を開発しないと裁判所を作れないとか。実際の人類の歴史が詰まっているわけだから,いわば壮大すぎる歴史シミュレーションだと思うの。
 シミュレーションファンならこれでテンションが上がらないほうがおかしいし,逆にテンションが上がらないシミュレーションファンがいるならば,二度と大阪城には足を踏み入れてもらいたくないし,「破竹の勢い」みたいな三国志ことわざを使うな! とも言ってやりたい。さらにいうなら人類に謝ってほしい。それほどまでにテンションが上がるってことなのよ,このゲイムは。
 だから,シミュレーションゲイム好きを自称したいならば,このゲイムは避けては通れない。それぐらいのテンションで臨んでほしいって話。

 

image
image
image
image

 

 

 さて,今回はややハイテンションで空回り気味にお送りしてしまったわけですが,来週のこの時間は“男色的ゲイムアワード2008”を発表してみようかと考えております。ああ今さらな。
 結局,私は2008年に,いったいどういうゲイムをプレイしていたのか? そして,その場のノリで面白そうにプレイした風に書いているけれども,年を越してちょっと冷静になって思い返したときにも,果たしてそのゲイムは本当に面白かったのか? などの(私が)確認したい情報を中心に,ダイナミックかつアカデミックにお届けしようかと。……イヤ韻踏んだわけではなく。……それでは,お楽しみに! また来週みなの衆! ……だから謝んねーぞ。

 

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
近頃,年齢的な問題なのか「世の中のことに興味がなくなってきたっていうか,新しいことに意識が向かないのよね」というディーノ選手。でもそれじゃ寂しいってことで,「今週は新しいことにチャレンジするわ! 何か分からないけど」と前向きな意欲を表明したところで,「シヴィライゼーション レボリューション」のニンテンドーDS版が1月29日(木)に発売されるということを伝えてみたら,「え,本当? 待てば良かったわ……」と,意気消沈してしまいました。でもきっと,DS版も買うんだろうなぁと期待。
  • 関連タイトル:

    シヴィライゼーション レボリューション

  • 関連タイトル:

    シヴィライゼーション レボリューション

  • 関連タイトル:

    シヴィライゼーション レボリューション

  • 関連タイトル:

    幻想水滸伝ティアクライス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日