オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
クライシス コア -ファイナルファンタジー VII-公式サイトへ
読者の評価
64
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

クライシス コア -ファイナルファンタジー VII-

クライシス コア -ファイナルファンタジー VII-
公式サイト http://www.square-enix.co.jp/ccff7/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元
発売日 2007/09/13
価格 6090円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
64
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • FFファン向け 40
    良い点
    PSPの能力を最大限に利用したグラフィック
    悪い点
    ストーリーはあまり良くないと思う
    というより、薄い
    FFファン対象なので、そうでない人は、おそらく面白さがあまり理解できない

    セリフがちょっと、いちいちカッコよすぎ
    あきらかにクサイ

    アクション面は悪い
    これだったら、FF主流の選択式の方がよかったのでは
    総評
    明らか、FFファン向け
    FF7が人気なので、作ったというような程度
    あまり、手を込んだ作品ではないと思う
    もっと力を入れれば、よかった
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 1 3
  • FFシリーズ。…それだけじゃない! 80
    良い点
    ・ストーリー
     なんといってもストーリーがFF7とリンクしているのは強い。
     このゲームのED後にFF7を探しました。

    ・システム
     アクションっぽいRPG
     攻撃速度的に、「連続攻撃」するのは難しい。
     十分新システム的な感動を味わえました。

    ・グラフィック
     PSP「なのに」?それとも「だから」?
     きれいです。
     ムービーシーンは見返します。
    悪い点
    ・システム
     というかレベルアップシステム。
     確率を上げられるといっても、基本的に「リアル運」であることはゆるぎないわけで…
     その他、サブイベント的なもので「リアル運」を要求された時があったので、そちらもちょっと…

    ・ステージ
     容量の問題なんだろうが、「ステージの使い回しが多すぎる」
     サブミッションでは同じようなステージを延々と回り続けながら敵とエンカウント。
     疲れます…
    総評
     FF7好きはとりあえずやってみましょう

     ストーリーがサブ的な意味合いが強いので、クリアするだけならあっという間。
     デメリットに挙げた点は、「本筋とは関係ない」ため、ストーリーを楽しむ分には何の問題もない。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 4 4
  • 男たちの哀しき生き様にただ涙 85
    良い点
    ・ゲームを始めてすぐに映し出される美麗ムービーに身が震える。「これがPSPの実力か!?」と感じずにはいられないグラフィックは、見事の一言。近年の『FF』シリーズの特徴である、“実写と見間違えるほどの美しいムービー”を期待しているファンなら、十分満足できるはず。キャラクターの肌の質感や、着ている洋服の厚み、シワのリアルな描写など、見所は数え切れない。睫毛の1本1本が数えられる程、細かいところまで緻密に描かれている。ゲーム中の随所で発生するムービーからは目が離せない!

    ・主人公ザックスの過酷な運命を、洗練された音楽が彩る。ゲーム序盤では、無邪気で活発なザックスに合わせたテンポの良い曲が流れるが、ストーリーが後半に進み、ザックスが苦難に直面するにつれ、BGMが物悲しいものに変化していく。そういった音楽演出の上手さに、プレイヤーはドンドン物語へと引き込まれてしまう。そして、本作の感動にトドメを刺すのが、このゲームのテーマ曲になっている『Why』(歌:絢香)だ。EDムービーに合わせて流れるこの曲は、挿入タイミングが実に絶妙。ゲームクリアの苦労が報われる、鳥肌全開間違いなしの名曲だ。

    ・全部で100種類を越えるミッションが、やりこみ魂を揺さぶる。難易度の高いミッションは、ザコ敵との戦闘でもゲームオーバーになる恐れがあり、常に気が抜けない。ミッションの最後に待ち受けるボス敵には、攻撃ボタン連打のゴリ押しが通用しないので、装備品やマテリアの組み合わせが重要となる。苦戦していた敵も、攻略法を変えたらあっさり倒せたりするので、戦術を練る行程は非常に奥が深い。また、ミッションでは数多くのレアアイテムが獲得できるので、それらを集める楽しみも味わえる。
    悪い点
    ・ムービーのスキップ機能が無いことが、とにかく不便。クリアデータを引き継いで2週以上遊べるシステムなのに、テンポ良くプレイできないのはストレスになる。戦闘中のリミット技や召喚獣の演出も、オプションなどでショートカット選択ができれば良かった。
     
    ・全体的に見てロード時間が長め。特に、ミッションを受けてから開始までのロード時間が割と億劫に感じる。メニューボタンを押してから画面が切り替わるまでの時間など、細かいところでつっかかる部分が多く、快適にプレイしづらい。

    ・レベルアップには、D.M.W(デジタル・マインド・ウェーブ=戦闘中に自動で回転する3つのリール)で特定の目を揃える必要があるが、運の要素が強いのはどうかと思う。もちろん、ゲームをクリアするのに支障が出ないほどに調整されてはいるが、それでも自分の思うようにレベルが上がらないのは不便に感じる。普通に、経験値を溜めるとレベルアップ! という方式では駄目だったのか?
    総評
    『FFVII』では語られなかった事実を描いた、外伝的な作品。『FFVII』を既にプレイ済みの人が楽しめるのはもちろん、未プレイのユーザーでもまったく問題なく楽しめるので、『FFVII』に興味を持つ良いきっかけにもなるはず。欲を言えば、クリア後の特典として、ゲーム中のムービーを好きな時に観られる“シアターモード”みたいなのがあれば嬉しかった。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 4
  • FF7ファンにおすすめ 50
    • 投稿者:スイカ頭(男性/40代)
    • 投稿日:2008/10/07
    良い点
    クラウド、ザックス、セフィロス、エアリスと、FF7の前の話が遊べる。PSPだけど、グラフィックがすごく綺麗だった。声もついていてすごい。キャラと声は合っていたと思う。ストーリーは、いつものFFらしく、王道でドラマチックで感動系だった。
    悪い点
    クエスト形式のミニゲームが沢山あった。その量がちょっと多すぎるように感じた。ゲーマーの性で、どうしてもクエストコンプに張り切ってしまうので、自分にとってこのゲームは“ひたすら淡々とミニゲームをやってた”という印象だった。ストーリーもミニゲームをやってるうちに、なんだか記憶がぼんやりと…。ミニゲーム自体がさほど面白くなかったのも残念だった。あとは、読み込みが時々もたついた。PSPなので仕方ないと思うが、それならば、PSPじゃなくてPS2でやりかたかったと思った。
    総評
    FF7のキャラクターたちが大好きな人におすすめです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 3 4
  • DMWシステムをどう見るか 65
    • 投稿者:ライト(男性/20代)
    • 投稿日:2008/10/05
    良い点
    ・ムービーは「携帯機でここまでやるか!」というほどのクオリティ。まさか召喚獣の演出にまでプリレンダムービーを使うとは思わなかった。リアルタイムのデモシーンも表情豊かで、PSPソフトとしては間違いなくトップクラスのグラフィックス。

    ・戦闘はあくまでコマンドが主体だが、攻撃に回避、ガードとアクションとして一通りの要素は揃っている。背面からの攻撃は確実にクリティカルになるのも○。

    ・エンカウントした時にその場で戦闘に入るのはいい。
    悪い点
    ・DMWというシステムは確かに目新しいし、やろうとしている事もわかるのだけど、リーチがかかるたびに戦闘が中断されるのは困る。回転するのは自動で、目押しする事はできず、リミットブレイクや召喚獣まで運任せと、プレイヤーが干渉できる要素がないというのも個人的にはイマイチ。

    ・成長が運任せというのは、キャラの成長は補正のようなものがかかっていそうなので特に気にならなかったが、マテリアの成長に関してはさすがにランダム要素が強すぎる。

    ・ゲームテンポが悪い。ムービーが飛ばせない、会話中のモーションが終わるまでスキップできない、リミットブレイクの演出がカットできないなど様々なところでストレスを感じる。
    総評
    DMWはどうも受け付けなかったけど、それ以外に関しては水準以上のゲームではあると思うし、原作のファンであれば楽しめる内容なんじゃないでしょうか。(勿論、後付の設定などを良く思わない人もいるでしょうけど)
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 2 2 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2016/05/05)
クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版)
Video Games
発売日:2007-09-13
価格:8096円(Amazon) / 630円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月