オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ルイージマンション2公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2013/03/20
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
52
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
86
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2012]ハンパでない任天堂の作り込みに脱帽,仕掛け満載の3DS「ルイージマンション2(仮)」は要注目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/06/07 22:52

イベント

[E3 2012]ハンパでない任天堂の作り込みに脱帽,仕掛け満載の3DS「ルイージマンション2(仮)」は要注目

ルイージマンション2
 E3 2012の任天堂ブースでときおり見かける緑の帽子の彼女。3DS用の「ルイージマンション」シリーズの最新作である「Luigi's Mansion: Dark Moon(以下,国内タイトル名の「ルイージマンション2」)」担当のコンパニオンだ。ブース内には彼女のような3DS担当の女性が数人いるのだが,バッテリー交換のために頻繁にいなくなるので,ちょっとした隠れキャラみたいになっていたようだ。

 それはともかく,E3会場の任天堂ブースでは,「ルイージマンション2」に「Castlevania: Lords of Shadow, Mirror of Fate」「KINGDOM HEARTS 3D [Dream Drop Distance]」を加えた3つのニンテンドー3DS用タイトルを遊べるようになっていた。ここではルイージマンション2について紹介してみたい。ルイージマンション2は,3DS発表時から紹介されていたタイトルなのだが,今回ようやく遊べるバージョンが公開となったので,遊んでみた印象をお届けしよう。

 すでに発表されているように,今回は巨大な1つのマンションを探索するのではなく,バラエティに富んだいくつものマンションをプレイしていくようになっている。会場で遊べたのは3つのマンションだ。うち,1つは基本的な操作を習得して,オバキュームを入手してストロボライトが使えるようになるまでの機能強化を行うチュートリアル的なもので,ほかの2つは,謎解き中心のものと,強化されたオバケたちの攻略法を体験できるものになっていた。


 いずれのマンションも,最初に壊れた窓の穴などから中を覗くことができ,攻略のヒントをつかむことができるようになっている。例えば,最初のマンションでは敵の位置や通常では見えにくいところにあるコインの場所を知ることができたり,ほかのマンションでは,入り口にある仕掛けを解くためのヒントがあったりするのだ。覗いている間は,3DSのジャイロ機能により,本体を傾けたりすることで視線を自由に動かせるようになっていた。

 今回プレイしてみて,本作ではとにかく仕掛けの多さを感じさせる。また,ルイージのちょっと情けない感じを強調するような展開が多くていちいち笑わせてくれる。
 最初のマンションでは,いきなり入ろうとすると,ネズミが鍵を持って逃げてしまい,それを追いかけて庭をかけずり回ることに。また,やっとマンションに入っても,トイレの便座に座って一息つくと,壁がどんでん返しになっていてオバケのいる部屋に放り込まれる展開もあったりする。

ルイージマンション2
 また,最初のマンションは簡単なチュートリアルを兼ねたモノとはいえ,これからの謎解きが一筋縄ではいかないこともしっかりと教えてくれる。
 オバケ達によって,シャンデリアの上に隠されたストロボライトのバルブを回収するときのことだ。吹き抜けを上がり,見事に謎を解いてシャンデリアを階下に下ろしたので,近くのコインなどを回収しつつ意気揚々と下に戻っていくと,目の前でシャンデリアがするすると上がっていってしまったのだ! シャンデリアが下がっているのは一定時間だけのようで,もう一度シャンデリアを下ろす作業をすることに……。なんともトホホな展開だが,それがルイージらしいともいえるし,この先気を抜けない展開が待っていることを予想させる,なかなかうまい演出だと思った。

 ほかのマンションでは,一筋縄ではいかないオバケたちにも驚かされた。このゲームではストロボを焚くことでびっくりして硬直したオバケをオバキュームで吸い取っていく。しかし,今回はオバケが壺を持っていたりして,まずはその壺を吸い取って取り上げることで,オバケ本体を吸い取れるようになる。一手間増えるだけと思いきや,放っておくとまたオバケが壺を拾ってしまったりするので,間をおかず連続的に吸い取る必要があったりするのだ。

 さらに,連携して攻撃してくるオバケもいた。うまく連携の綻びを突いていかないと,片方のオバケを吸おうとしている間に別のオバケが襲ってきたりするのだ。


 今回はマンションこそは小振りだが,その分,攻略する面白さが凝縮された印象で,こちらのやる気を駆り立ててくれる。一見大変そうだが,そこかしこに仕掛けられた隠し要素やネタの数々は,見ていて実に面白いし,なにより発見する面白さがある。

 家の外に置いてある雪だるまにオバキュームを使うと,頭だけがピトッと吸い取れたり,さらにそれを逆に吹き飛ばすと,その中からコインが出てきたりするといった仕掛けの細かさにも注目したい。また,壁紙が剥がれかけているところを吸い取ると,その下に隠されたへそくりとおぼしきお金を発見したりするなど,思わず頬がゆるむ展開も。
 その一方で,障害物となるゴミを吸い取っていると,中から虫が出てくることもある。そのまま一緒に吸い取ってしまえばいいのだが,油断していると襲われてしまうなど,ゲームプレイにおける緩急の付け方が実に絶妙で,よいバランスで配置されていることを随所で感じさせられた。


 発表から続報までずいぶんと間が空いてしまった「ルイージマンション2(仮)」だが,その時間をかけただけはあるデキだ。納得いくまでしっかりと熟成期間を設ける任天堂ならではの内容になっていることは間違いない。ガチゲーマーなら見逃せないこのタイトル,発売が待ち遠しい。

4Gamer E3 2012特設ページはこちら

  • 関連タイトル:

    ルイージマンション2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月19日〜05月20日