オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ARM,64bit命令セット対応のエントリーCPUコア「Cortex-A35」を発表。搭載SoCは2016年後半に登場の予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/11/12 12:59

ニュース

ARM,64bit命令セット対応のエントリーCPUコア「Cortex-A35」を発表。搭載SoCは2016年後半に登場の予定

Cortex-A35のブロック図
Cortex-A
 英国時間2015年11月10日,ARMは,モバイル機器や組み込み機器向けの新型CPUコア「Cortex-A35」を発表した。ARMの64bit命令セットアーキテクチャ「ARMv8-A」を採用するCPUとしては,ローエンド向けといえる製品で,低価格スマートフォン向けのSoC(System-on-a-Chip)にも,ARMv8-Aに対応するCPUコアを統合できるのが特徴だ。
 Cortex-A35を採用するSoC製品は,2016年後半に登場する見込みだという。

 ARMによると,現在,スマートフォン向けSoCで広く利用されているCPUコア「Cortex-A53」と比べて,Cortex-A35では,半導体ダイの面積が25%小さく,CPUコアあたりの消費電力が約33%低くなっているとのこと。また性能面では,既存のエントリーSoC向けCPUコア「Cortex-A7」よりも,32bitアプリケーションで20%高性能であるという。
 このCPUコアを採用した製品が市場に出回るのは,早くとも2017年以降になると思われるが,エントリー市場向けスマートフォンの性能向上を期待できそうなだけに,早期の登場を期待したいところだ。

ARMによる当該プレスリリース(英語)


#### 以下,リリースより ####

「新しいCortex-A35プロセッサが、モバイル/組み込み市場へのARMv8-Aアーキテクチャ普及を促進」
Cortex-A35は、ARMv8-Aアーキテクチャに対応する新しい超高効率プロセッサファミリーの最初の製品

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下ARM)は、効率性の点で64ビットプロセッサの新しい基準を確立するARM Cortex-A35プロセッサを発表しました。このCortex-A35は、新しい超高効率ARMv8-Aプロセッサファミリーの最初のCPUであり、急成長中のモバイル/組み込みアプリケーションを対象としています。また、64ビットと32ビットの演算能力および各種の暗号化機能を備えたARMv8-Aアーキテクチャを生かし、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するよう設計されています。ARMは、2016年後半までに、パートナー各社によるプロダクションシリコンでのCortex-A35の出荷を見込んでいます。

CPUグループのジェネラルマネージャーであるJames McNivenは、次のように述べています。
「Cortex-A35は、フットプリントの小さなCortex-A7の自然な後継モデルです。Cortex-A7は、最高水準のエネルギー効率を誇り、すでに10億台以上のスマートフォンやタブレットに搭載されました。世界で最も高効率の64ビットモバイルプロセッサの発表により、ARMとそのパートナーは、64ビット処理のメリットをさらに10億人以上のスマートフォンユーザーに届けることになります」

<世界で最も効率の高い64ビットモバイルプロセッサ>
Cortex-A35は、ARMが設計した中で最も効率の高いCortex-AクラスのCPUです。
Cortex-A35は、Cortex-A7の消費電力とARM big.LITTLEマルチコア構成に加え、ARMv8-Aアーキテクチャの成熟したソフトウェアと64ビット処理性能を備えています。
Cortex-A35は、32ビットの各種モバイル負荷においてCortex-A7より平均して20%高い性能と効率を提供する一方、プロセスノード28nm、1GHz動作の場合、コアあたりの総消費電力を90mW未満に抑えます。全体としてCortex-A35プロセッサは、ミリワットあたりの性能ではトップであり、完全で妥協のない64ビットのモバイルユーザーエクスペリエンスを実現します。

ARMとそのパートナーが構築する64ビットのエコシステムは急速に成長しています。
ARMv8-AアーキテクチャベースのSoCは、出荷されるスマートフォンの50%以上に搭載され、そのうち64ビットのCortex-A53が大半を占めます。Cortex-A35は、Cortex-A53と比べ、コアあたりの消費電力が約33%少なく、シリコン面積は25%縮小されています。

MediaTekの執行副社長兼共同最高執行責任者(COO)であるJeffrey Ju氏は、次のように述べています。
「MediaTekは、ARMv8-Aアーキテクチャの拡張性を備えたARMのCortex-A35プロセッサを歓迎します。Cortex-A35により、当社は今後も高い効率と統合度を
備えた64ビットSoCを世界市場に提供することができます」

<さらに多くのアプリケーションにARMv8-Aの革新を>
新しい超高効率プロセッサファミリーの最初の製品であるCortex-A35により、シングルボードコンピュータや車載機器など、消費電力に制約のある組み込みアプリケーションにもARMv8-Aアーキテクチャの特性を統合可能となります。
このプロセッサファミリーは、消費電力を抑えつつ、多くの機能や特徴が求められる市場に対応する上で、業界で最も魅力的なIPオプションです。ARMは、組み込みアプリケーションの差別化と迅速な導入をサポートするため、新しいプロセッサファミリーとともに、パートナーにトレーニングや設計支援サービスのフルパッケージも提供する予定です。

  • 関連タイトル:

    Cortex-A

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月21日〜05月22日