オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

CPU

このページの最終更新日:2017/03/28 12:10


  • この記事のURL:

キーワード

下線

AMD,エンドユーザー向けのRyzen解説イベントを4月14日に東京日本橋で開催。要参加登録

[2017/03/28 12:10]

ARMの新技術「DynamIQ」なら,とびきり速いプロセッサも,バッテリーが長持ちするプロセッサも作れる!?

ARMの新技術「DynamIQ」なら,とびきり速いプロセッサも,バッテリーが長持ちするプロセッサも作れる!?

 去る2017年3月21日,ARMは,中国・北京で開催したイベントで,「DynamIQ」なる新技術を発表した。これは,次世代の「Cortex-A」を使った新しいマルチコアプロセッサを構成する技術で,既存のプロセッサよりも,CPUコア数を増やしたり,高性能CPUコアと低消費電力CPUコアを柔軟に組み合わせることが可能になるという。

[2017/03/25 00:00]

「Ryzen 5」は4月11日に発売決定。価格は6コア12スレッドの上位モデルが3万3264円,4コア8スレッドの上位モデルが2万5704円に

「Ryzen 5」は4月11日に発売決定。価格は6コア12スレッドの上位モデルが3万3264円,4コア8スレッドの上位モデルが2万5704円に

 2017年3月16日11:00,AMDは,「Zen」マイクロアーキテクチャ採用CPU「Ryzen 5」を北米時間4月11日に発売すると発表した。北米市場におけるメーカー想定売価は6コア12スレッド対応の上位モデルで税込3万3000円強,4コア8スレッド対応の上位モデルで税込2万6000円弱となっている。

[2017/03/16 11:00]

「Windows 10のスケジューラに問題はない」。AMDが「Ryzenに関するいくつかの憶測」に公式回答

「Windows 10のスケジューラに問題はない」。AMDが「Ryzenに関するいくつかの憶測」に公式回答

 北米時間2017年3月13日,AMDは同社公式blogで,Ryzenに関する追加情報を明らかにした。技術部門の広報担当であるRobert Hallock氏が,発売後にメディアやユーザーの間から出てきた疑問へ回答する内容となっていたので,本稿ではその概要をまとめてみたい。

[2017/03/14 13:50]

[GDC 2017]AMDの技術者が語る,「Ryzenに向けた最適化のコツ」

[GDC 2017]AMDの技術者が語る,「Ryzenに向けた最適化のコツ」

 話題の新世代CPU「Ryzen」に向け,ソフトウェアをいかに最適化すべきかという,とてもタイムリーなセッションがGDC 2017にあった。AMDの技術者が,Ryzenのマイクロアーキテクチャにおける細かいポイントから,性能を引き出すためのコツまで,興味深い内容を語ったので,概要をレポートしよう。

[2017/03/09 00:00]

NVIDIA,Pascal世代の新SoC「Tegra X2」を採用する組み込み向け開発キット「Jetson TX2」発表

NVIDIA,Pascal世代の新SoC「Tegra X2」を採用する組み込み向け開発キット「Jetson TX2」発表

 2017年3月8日11:00,NVIDIAは,Pascal世代の新型SoC「Tegra X2」を搭載する組み込み機器向け開発キット「Jetson TX2」と,Jetson TX2ベースの開発者向けボードコンピュータ「Jetson TX2 Developer Kit」を発表した。Jetson TX2単体は2017年第2四半期に399ドル(税別)で出荷開始の予定だ。

[2017/03/08 11:00]

AMDのサーバー向け次世代CPU「Naples」は2017年第2四半期に出荷。32コア64スレッド対応でメモリコントローラは8ch,PCIe Gen.3レーン数128

AMDのサーバー向け次世代CPU「Naples」は2017年第2四半期に出荷。32コア64スレッド対応でメモリコントローラは8ch,PCIe Gen.3レーン数128

 北米時間2017年3月7日,AMDは次世代サーバー向けCPU「Naples」を2017年第2四半期に出荷すると発表し,追加の製品概要を明らかにした。32C64T仕様は発表済みだが,メモリコントローラが8chのDDR4-2400,PCI Express Gen.3レーン数が128ということと,競合との性能比較が新情報として出てきたので,まとめてみたい。

[2017/03/07 22:00]

「データカンパニー」を目指すIntelが,2017年の注力分野となるAIやIoT,5Gを解説

「データカンパニー」を目指すIntelが,2017年の注力分野となるAIやIoT,5Gを解説

 去る2017年3月2日,Intelは,東京都内で「Intelプレスセミナー Q1’17」と題する記者説明会を開催した。2017年にIntelは,こういう方向にビジネスを展開していきますという話をする場であり,ゲーマーに直接関わるような話は皆無だったのだが,現在の同社がどういう方向に注力しているのかを理解する参考としてレポートしよう。

[2017/03/06 18:13]

[GDC 2017]ハンドトラッキング付きVRは無条件に楽しい。Qualcommブースで「Snapdragon 835」+Leap Motion搭載VR HMDを体験

[GDC 2017]ハンドトラッキング付きVRは無条件に楽しい。Qualcommブースで「Snapdragon 835」+Leap Motion搭載VR HMDを体験

 GDC 2017の展示会場「Expo」は,今年もVRに関連した展示が多かった。そんな展示のなかから,Qualcomm製の開発者向けVR HMD「VR Development Kit」をレポートしよう。ハイエンドSoC「Snapdragon 835」を内蔵するVR HMDに,Leap Motionのハンドトラッキング技術を組み合わせたものである。

[2017/03/04 18:44]

いよいよ発売。Ryzen 7と対応チップセットのスペックを総まとめ

いよいよ発売。Ryzen 7と対応チップセットのスペックを総まとめ

 ついに正式発表となった,AMDの新世代CPU「Ryzen 7」。ここでは,そのラインナップと主なスペック,メモリ周り,CPUクーラー,そして対応チップセット情報をまとめてみたので,購入予定の人はチェックしてほしい。

[2017/03/02 23:00]

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキテクチャに迫る

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキテクチャに迫る

 2017年3月3日,「Ryzen」がついに正式発表となったが,果たして新世代CPUでは何が新しくなったのか。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,「Zen」マイクロアーキテクチャの詳細を明らかにすることを通じ,注目のプロセッサが持つ性能の秘密に迫りたい。

[2017/03/02 23:00]

「Ryzen 7 1800X」レビュー。「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をもたらすのか?

「Ryzen 7 1800X」レビュー。「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をもたらすのか?

 AMDの新世代CPU「Ryzen」が,ついに登場した。価格は競合の半額で,性能はそれ以上と謳われる8コア16スレッドCPUを,ゲーマーはどう受け止めればいいのか。発表時点の最上位モデル「Ryzen 7 1800X」を入手できたので,気になるその素性とゲーム性能を,テストで明らかにしてみたい。

[2017/03/02 23:00]

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

 新世代CPU「Ryzen 7」の発売日と価格を予告したAMDは,報道関係者向けイベントの会場で,実機を用いてのベンチマークも披露した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回は,現地で見てきたベンチマークの内容を,ムービー付きでお届けしたい。

[2017/02/23 18:11]

秋葉原のドスパラパーツ館,3月3日の「Ryzen」深夜販売を予告

[2017/02/23 12:56]

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

 2017年2月22日,AMDは,新世代CPU「Ryzen 7」を北米時間3月2日に発売すると発表した。フラグシップ製品「Ryzen 7 1800X」は,競合のi7-6900Kより速く,それでいて価格は半値以下の499ドル(税別)になるとのことだ。西川善司氏による現地レポートをお届けしたい。【3月23日:国内価格情報を追記】

[2017/02/22 23:00]

「Core i3-7350K」レビュー。史上初の倍率ロックフリー版Core i3がゲーマーにもたらすものとは

「Core i3-7350K」レビュー。史上初の倍率ロックフリー版Core i3がゲーマーにもたらすものとは

 2月に国内発売の始まった,史上初の倍率ロックフリー版Core i3プロセッサ「Core i3-7350K」。2コア4スレッドで2万円台中後半という価格設定の本製品は,コストパフォーマンス重視のゲーマーにとって,理想的な選択肢と言えるのだろうか。定格,そして5GHz超級のオーバークロック状態とで,上位モデルと比較してみよう。

[2017/02/18 00:00]

「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告

「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告

 北米時間2017年1月31日,AMDは2016年度の決算を発表し,その中で,次世代CPUアーキテクチャ「Zen」ベースのCPU製品と,次世代GPU「Vega」を採用する製品の出荷時期を予告した。それによると,デスクトップPC向けCPU「Ryzen」は2017年3月に,VegaベースのGPU製品は,2017年第2四半期に出荷開始の予定だ。

[2017/02/02 12:40]

「ムーアの法則の終焉」をどう切り抜けるか? NVIDIAのチーフサイエンティストがディープラーニングのイベントで語った

「ムーアの法則の終焉」をどう切り抜けるか? NVIDIAのチーフサイエンティストがディープラーニングのイベントで語った

 2016年1月17日,NVIDIAは,東京都内でディープラーニング分野の開発者向けイベント「NVIDIA Deep Learning Institute 2017」を開催した。ゲームとはほぼ何も関係のないイベントだが,NVIDIAのChief ScientistであるBill Dally氏による基調講演では,将来のGPUにもつながりそうな興味深い話題があったので,概要をまとめてみた。

[2017/01/18 00:00]

[CES 2017]次世代CPU「Ryzen」対応の新チップセット搭載マザーボードも準備よし? AMDブースで発見した17製品を写真でチェック

[CES 2017]次世代CPU「Ryzen」対応の新チップセット搭載マザーボードも準備よし? AMDブースで発見した17製品を写真でチェック

 CES 2017の開幕直前である北米時間2017年1月4日,AMDはプレスレセプションを開催したが,そこで,AMDの次世代デスクトップPC向けCPU「Ryzen」に対応する新チップセット搭載マザーボード17製品をチェックすることができた。説明書きがないので詳細はまったく不明だが,ひとまず紹介しよう。

[2017/01/06 00:00]

[CES 2017]CES開幕前の先行展示イベントに,AMDの「Ryzen」+「Vega」搭載PCによるゲームデモが登場。Windows Holographic対応HMDも

[CES 2017]CES開幕前の先行展示イベントに,AMDの「Ryzen」+「Vega」搭載PCによるゲームデモが登場。Windows Holographic対応HMDも

 北米時間2017年1月3日,CESの開幕前恒例となっている先行展示イベント「CES Unveiled」が開かれた。そこには,AMDの次世代CPU「Ryzen」と次世代GPU「Vega」によるゲームのデモや,DellとMSIによる「Kaby Lake-H」ベースの未発表ゲームPCなどがあったので,まとめて紹介しよう。

[2017/01/04 15:53]

[CES 2017]Qualcomm,次世代ハイエンドSoC「Snapdragon 835」の概要を明らかに。消費電力は25%下がり,GPU性能は25%向上

[CES 2017]Qualcomm,次世代ハイエンドSoC「Snapdragon 835」の概要を明らかに。消費電力は25%下がり,GPU性能は25%向上

 北米時間2017年1月3日,Qualcommは,次世代ハイエンドSoC「Snapdragon 835」の概要を公表した。Samsungの10nm FinFETプロセス技術を用いて製造されるSnapdragon 835は,従来製品と比べて,モデル消費電力が25%下がり,GPU性能は25%向上するという。搭載製品が市場に登場するのは2017年前半の見込みだ。

[2017/01/04 12:10]

Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ

Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ

 Intelの新世代デスクトップPC「Kaby Lake-S」こと第7世代Coreプロセッサのゲームにおける性能はレビュー記事で検証しているが,本稿では,ゲーム性能以外の部分,基本特性を探ってみたい。一体,何が新しくなっているのだろうか。

[2017/01/04 02:00]

「Core i7-7700K」レビュー。最大クロック4.5GHzの倍率ロックフリー版Kaby Lake-Sはゲーマーに何をもたらすか?

「Core i7-7700K」レビュー。最大クロック4.5GHzの倍率ロックフリー版Kaby Lake-Sはゲーマーに何をもたらすか?

 デスクトップPC向け「Kaby Lake」となる「Kaby Lake-S」が,ついに発表の日を迎えた。4Gamerではそのラインナップや基礎検証レポートを掲載しているが,肝心要の「ゲーム性能」で,Kaby Lake-Sには何を期待できるだろう? 最上位モデル「Core i7-7700K」を入手したので,簡易OCテストも交えつつ,その実力に迫りたい。

[2017/01/04 02:00]

Intel,Kaby Lake世代のデスクトップ&ノートPC向けCPUを一斉発表。第7世代Coreプロセッサ時代が本格的に幕を開ける

Intel,Kaby Lake世代のデスクトップ&ノートPC向けCPUを一斉発表。第7世代Coreプロセッサ時代が本格的に幕を開ける

 2017年1月4日2:00,Intelは,「Kaby Lake」という開発コードネームで呼ばれてきた第7世代Coreプロセッサ34製品とノートPC向けXeon E3 v6計2製品を一斉に発表した。ゲーマーにとって重要な,デスクトップPCや高性能PC向けモデルの登場により,Kaby Lake時代が本格的に立ち上がることとなる。

[2017/01/04 02:00]

4Gamerベンチマークレギュレーション19.0で,2タイトルを刷新,1タイトルをアップデート

4Gamerベンチマークレギュレーション19.0で,2タイトルを刷新,1タイトルをアップデート

 GPUやCPU,ゲーマー向けPCのテストにあたって4Gamerが独自に用いるテストレギュレーション。それをバージョン19.0へ引き上げたので,お伝えしたい。今回はVulkanベースの「DOOM」とDirectX 12ベースの「Forza Horizon 3」を追加し,それに合わせてテスト方法も一部アップデートしている。

[2016/12/27 15:21]

西川善司の3DGE:AMDの次世代CPU,製品名は「Ryzen」に決定! 性能向上を支える5つの要素も明らかに

西川善司の3DGE:AMDの次世代CPU,製品名は「Ryzen」に決定! 性能向上を支える5つの要素も明らかに

 ついに次世代CPUの製品名が判明だ。AMDは,「FX」の後継となるデスクトップPC向けCPU「Summit Ridge」(開発コードネーム)の製品名が「Ryzen」(ライゼン)になると発表した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,2016年12月14日の時点で明らかになったRyzenの概要をまとめてみたい。

[2016/12/14 06:00]

MSI,グラフィックスカード用クーラーの技術を用いたCPUクーラー「CORE FROZR L」発売

[2016/12/01 20:09]

AMD,Zenベースの次世代CPU「Summit Ridge」プレビューイベントを日本時間12月14日6:00から開催

[2016/12/01 12:56]

Qualcomm,次世代SoC「Snapdragon 835」をSamsungの10nm FinFETプロセスで製造すると発表

Qualcomm,次世代SoC「Snapdragon 835」をSamsungの10nm FinFETプロセスで製造すると発表

 北米時間2016年11月17日,Qualcommは,次世代ハイエンドSoC「Snapdragon 835」を,Samsungの10nm FinFETプロセス技術で製造すると発表した。10nm FinFETプロセスは,現行世代の14nm FinFETプロセスと比較して,処理性能が最大27%,電力効率は最大40%向上しているとのこと。採用製品は,2017年前半に登場の予定だ。

[2016/11/18 11:56]

第7世代APU「Bristol Ridge」搭載のゲーマー向けデスクトップPCが国内発売

第7世代APU「Bristol Ridge」搭載のゲーマー向けデスクトップPCが国内発売

 2016年10月20日,サードウェーブデジノスは,AMDの第7世代APU「Bristol Ridge」最上位モデルであるTDP 65W版プロセッサ「A12-9800」搭載のゲーマー向けデスクトップPCを発売した。BTO標準構成価格は7万1258円(税込)となっている。

[2016/10/20 10:00]

数値演算から機械学習へと手を広げるIntelのプロセッサ「Xeon Phi」を,ゲーマーはどう位置づけるべきか

数値演算から機械学習へと手を広げるIntelのプロセッサ「Xeon Phi」を,ゲーマーはどう位置づけるべきか

 NVIDIAのTeslaに対抗する数値演算アクセラレータとして,Intelは「Xeon Phi」という製品を展開している。これが幻の単体GPU計画「Larrabee」に端を発するということで,Xeon Phiベースの何かがゲーム用途に出てくるという可能性を夢想する読者もいると思うが,果たしてそんなことは起こり得るのか。大原雄介氏による解説をお届けしたい。

[2016/10/08 00:00]

AMDの次世代を担う新CPUアーキテクチャ「Zen」の詳細を解説。IPCを40%も向上させた工夫とは

AMDの次世代を担う新CPUアーキテクチャ「Zen」の詳細を解説。IPCを40%も向上させた工夫とは

 AMDの次世代CPUマイクロアーキテクチャである「Zen」の詳細な情報はこれまであまり出てこなかった。だが,Zen採用CPUの第1弾である「Summit Ridge」の登場も近づいてきた2016年8月に,ようやく詳細な情報が公表された。そこで本稿では,Zenの詳細について,従来の「Bulldozer」系マイクロアーキテクチャとの比較を行いながら説明してみたい。

[2016/09/28 00:00]

西川善司の3DGE:PS4 Pro,そして新型PS4はいかなるゲームマシンなのか。現地取材で分かった新型機の深い話

西川善司の3DGE:PS4 Pro,そして新型PS4はいかなるゲームマシンなのか。現地取材で分かった新型機の深い話

 既報のとおり,北米時間2016年9月7日,SIEは,ハイエンドモデルの「PlayStation 4 Pro」と,新しい薄くて小さな新型「PlayStation 4」の2製品を発表した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回のテーマは,ニューヨーク現地取材で見えてきた,両製品の正体だ。

[2016/09/09 00:00]

ソフトバンクグループによるARMの買収・子会社化が完了

[2016/09/06 13:39]

AMD,第7世代APU「Bristol Ridge」デスクトップPC向けモデルの出荷開始を発表。ラインナップも明らかに

AMD,第7世代APU「Bristol Ridge」デスクトップPC向けモデルの出荷開始を発表。ラインナップも明らかに

 日本時間2016年9月5日22:00,AMDは,開発コードネーム「Bristol Ridge」こと第7世代APUのデスクトップPC向けモデルの出荷開始を発表した。ついに,デスクトップPC向けの次世代AMDプラットフォームである「AM4」の登場に向けた,カウントダウンが始まるわけだ。明らかになったラインナップの情報ともども,まとめてみたい。

[2016/09/05 22:00]

Qualcomm,新型ハイエンドSoC「Snapdragon 821」の製品概要を公開。スタンドアロン型VR HMDの開発用プラットフォームも発表

Qualcomm,新型ハイエンドSoC「Snapdragon 821」の製品概要を公開。スタンドアロン型VR HMDの開発用プラットフォームも発表

 北米時間2016年8月31日,Qualcommは,新型SoC「Snapdragon 821」の製品概要を公開した。既存のSoCである「Snapdragon 820」をベースに,CPUやGPUの動作クロック向上によって処理性能を強化したものだだという。またこれとは別に,Snapdragon 820をベースとしたスタンドアロン型VR HMDの開発用プラットフォームも発表している。

[2016/09/02 12:29]

Intel,「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサを発表。第1弾はノートPC向けの2コア4スレッド製品のみ

Intel,「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサを発表。第1弾はノートPC向けの2コア4スレッド製品のみ

 北米時間2016年8月30日,Intelは,開発コードネーム「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサの第1弾,計6製品を正式発表した。改良版の14nm+プロセス技術の採用によって動作クロックの引き上げを図っている。なお,今回発表されたのは,2コア4スレッド対応のノートPC向け製品だけ。4コア以上の製品は2017年1月以降の登場予定だ。

[2016/08/31 13:18]

NVIDIA,自動運転向け新世代SoC「Parker」を正式発表

[2016/08/24 13:48]

Intel,「Merged Reality」を謳う独自のHMD「Project Alloy」や新型RealSenseカメラをアピール。「IDF 2016」基調講演レポート

Intel,「Merged Reality」を謳う独自のHMD「Project Alloy」や新型RealSenseカメラをアピール。「IDF 2016」基調講演レポート

 北米時間2016年8月16日から8月18日にかけて,Intelは,米国で開発者向けイベント「IDF 2016」を開催した。初日の基調講演では,「Merged Reality」対応を謳うIntel独自のHMD「Project Alloy」や,新型の3Dカメラ,組み込み向けモジュールなど,さまざまな技術や製品が発表されている。講演の概要をレポートしよう。

[2016/08/20 00:00]

AMD,次世代マイクロアーキテクチャ「Zen」の技術概要を明らかに。デスクトップCPU「Summit Ridge」は「Broadwell-Eと戦える」

AMD,次世代マイクロアーキテクチャ「Zen」の技術概要を明らかに。デスクトップCPU「Summit Ridge」は「Broadwell-Eと戦える」

 2016年8月18日22:00,AMDは,次世代CPUマイクロアーキテクチャである「Zen」の技術概要を公表した。Zenでは,改良された分岐予測機構や新しいキャッシュメモリシステム,同時マルチスレッディングの導入などにより,大幅な性能向上を実現。「Summit Ridge」では,Intelの「Broadwell-E」と比較できるだけの性能を実現したという。

[2016/08/18 22:00]

2017年に登場するARMの新CPUコア「Cortex-A73」と新GPUコア「Mali-G71」は,どんな特徴を備えているのか

2017年に登場するARMの新CPUコア「Cortex-A73」と新GPUコア「Mali-G71」は,どんな特徴を備えているのか

 2016年5月末に,ARMは,新CPUコア「Cortex-A73」と新GPUコア「Mali-G71」を発表した。2017年から2018年にかけて登場するであろうハイエンドスマートフォンに使われる可能性が高いものだ。これら新CPUと新GPUは,何を狙い,どのような特徴があるのだろうか。ARMが公開した情報を元に解説しよう。

[2016/08/13 00:00]

NVIDIA,Maker Faire Tokyo 2016で「Jetson TX1/TK1開発者キット」の即売会を実施

[2016/08/03 14:39]

ソフトバンク,ARM買収へ約3.3兆円を提示

[2016/07/18 11:18]

機械学習の分野で「Xeon Phi 7200番台」を武器にNVIDIAと対抗するIntel,その戦略を語る

機械学習の分野で「Xeon Phi 7200番台」を武器にNVIDIAと対抗するIntel,その戦略を語る

 2016年7月14日,Intelが機械学習をテーマとする報道関係者向けラウンドテーブルを実施した。そこでは新世代のHPC向けプロセッサ「Xeon Phi 7200番台」の誠品概要が説明になり,さらにIntelが機械学習の分野で何に取り組もうとしているかが明らかになったので,NVIDIAに挑むIntelの動向をまとめてみたい。

[2016/07/15 19:56]

「Core i7-6850K」レビュー。6コア版Broadwell-Eは「ゲーム用途で理想的なハイエンドCPU」か?

「Core i7-6850K」レビュー。6コア版Broadwell-Eは「ゲーム用途で理想的なハイエンドCPU」か?

 2016年5月末に発表となったIntelの新世代ハイエンドCPU「Broadwell-E」。その中で最も動作クロックが高い「上から3番めの選択肢」となる6コア12スレッド対応モデル「Core i7-6850K」を入手したので,テストしてみたい。40レーンのPCIe 3.0を持ち,最大3.8GHzのCPUは,ハイエンド志向のゲーマーにとって理想的な選択肢なのだろうか?

[2016/07/04 00:00]

「フィギュアヘッズ」推奨PCを購入すると抽選で貰えるオリジナルデザイン機体が公開

[2016/06/27 19:22]

Intel,基幹サーバー向け新型CPU「Xeon E7 v4」を発表。CPU 1基あたり最大容量3TBのメインメモリを搭載可能に

Intel,基幹サーバー向け新型CPU「Xeon E7 v4」を発表。CPU 1基あたり最大容量3TBのメインメモリを搭載可能に

 2016年6月6日16:01,Intelは,Broadwellマイクロアーキテクチャを採用する基幹サーバー向けの新型CPU「Xeon E7 v4」ファミリー計11製品を発表した。内蔵CPUコア数が最大で24基,L3キャッシュ容量は最大60MBに増大し,CPU 1基あたり最大容量3TBのメインメモリを搭載できるようになったのが特徴だ。

[2016/06/06 16:01]

[COMPUTEX]西川善司の3DGE:テーマは「Polaris」と「Bristol Ridge」そして「Summit Ridge」。AMDのプレスカンファレンスを総括する

[COMPUTEX]西川善司の3DGE:テーマは「Polaris」と「Bristol Ridge」そして「Summit Ridge」。AMDのプレスカンファレンスを総括する

 2016年6月1日,AMDは台北市内のホテルでプレスカンファレンスを開催した。テーマとなったのは,開発コードネーム「Polaris」こと新世代GPU「Radeon RX 480」,「Bristol Ridge」こと第7世代AMD A-Series APU,そして「Zen」アーキテクチャベースの次世代CPU「Summit Ridge」である。これらについてAMDが語った内容を整理してみたい。

[2016/06/02 17:26]

[COMPUTEX]次世代CPU「Kaby Lake」と「Apollo Lake」は2016年後半に登場。Intelのプロセッサ戦略が垣間見えた基調講演レポート

[COMPUTEX]次世代CPU「Kaby Lake」と「Apollo Lake」は2016年後半に登場。Intelのプロセッサ戦略が垣間見えた基調講演レポート

 COMPUTEX TAIPEI 2016初日である2016年5月31日,Intelは,台北市内のイベント会場にて基調講演を行い,同社のプロセッサ戦略における最新事情を説明した。次世代CPUとなる「Kaby Lake」と「Apollo Lake」の話題や,バックパック型PCを使ったVRのデモなど,ゲーマーにも関わりのあるテーマに絞って,講演の概要をレポートしたい。

[2016/06/02 00:00]

【速報】[COMPUTEX]AMD,「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」のパッケージとスペック概要を公開

【速報】[COMPUTEX]AMD,「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」のパッケージとスペック概要を公開

 2016年6月1日,AMDは,新世代マイクロアーキテクチャである「Zen」採用のCPU「Summit Ridge」のCPUパッケージを公開するとともに,スペックの一部を発表した。Summit Ridgeは8基のCPUコアを集積して,16スレッドの同時実行が可能。IPCは,既存のCPUと比べて40%向上しているとのことだ。

[2016/06/01 12:07]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ