オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

CPU

このページの最終更新日:2018/10/19 22:00


  • この記事のURL:

キーワード

下線

「Core i9-9900K」レビュー。デスクトップPC向け初の8コア16スレッド対応CPUは何もかも強烈だった

「Core i9-9900K」レビュー。デスクトップPC向け初の8コア16スレッド対応CPUは何もかも強烈だった

 2018年10月19日22:00,「Coffee Lake-S Refresh」ことデスクトップPC向け第9世代Coreプロセッサのレビューと販売が解禁となった。それに合わせて4Gamerではシリーズ最上位モデルとなる8コア16スレッド対応製品「Core i9-9900K」を入手できたので,さっそくテストにかけてみよう。その実力はいろいろな意味で強烈だ。

[2018/10/19 22:00]

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

 デスクトップPC向けAPU「Ryzen Desktop Processors with Radeon Vega Graphics」(Ryzen 2000G)の発売から約8か月が経った。当初3か月に一度のリリースだったドライバはRadeon Softwareの公開タイミングに合わせたリリースに変わったりしたが,果たして性能の最適化はどれだけ進んだのか。テスト結果をレポートしたい。

[2018/10/09 12:47]

Intel,8コア16スレッド対応の「Core i9-9900K」など第9世代Coreプロセッサ3製品を発表

Intel,8コア16スレッド対応の「Core i9-9900K」など第9世代Coreプロセッサ3製品を発表

 北米時間2018年10月8日,Intelは,デスクトップPC向けとしては初のCore i9であり,また8C16T対応モデルとなる「Core i9-9900K」など第9世代Coreプロセッサを発表した。発売日は北米時間2018年10月19日だ。

[2018/10/09 00:00]

AMD,TDP 35Wで税込約7000円のAPU「Athlon 200GE」を9月28日に国内発売

AMD,TDP 35Wで税込約7000円のAPU「Athlon 200GE」を9月28日に国内発売

 2018年9月27日,AMDは,Athlonの名を冠するエントリー市場向けAPU「Athlon 200GE with Vega 3 Graphics」を9月28日に国内発売すると発表した。2C4T対応のCPUコアとVega世代のGPUコアを搭載するプロセッサで,メーカー想定売価は6480円(税込6998円)前後となる。

[2018/09/27 14:42]

[TGS 2018]AMDが「レイトレに関する何らかの発表」を予告。「FreeSync」関連のデモアプリ配布も

[TGS 2018]AMDが「レイトレに関する何らかの発表」を予告。「FreeSync」関連のデモアプリ配布も

 東京ゲームショウの日本HPブースにAMD本社の偉い人が登場し,プレゼンテーションを行った。登壇を終えたところでごく短い時間をもらって話をしたところ,リアルタイムトレーシング関連,そして新しい技術デモについての予告を聞くことができたので,本稿ではその内容をお届けしたい。

[2018/09/21 15:48]

AMD,TDP 45Wの「Ryzen 7 2800H」「Ryzen 5 2600H」を製品リストに追加。ノートPC向け

AMD,TDP 45Wの「Ryzen 7 2800H」「Ryzen 5 2600H」を製品リストに追加。ノートPC向け

 北米時間2018年9月17日,AMDは,ノートPC向けAPU新製品「Ryzen 7 2800H」「Ryzen 5 2600H」を製品リストに追加した。Raven Ridge世代初のTDP 45Wモデルとなる両製品は,デュアルチャネルDDR4-3200メモリコントローラの搭載など,デスクトップPC向けRyzen 2000Gシリーズ比で強化が入っている。

[2018/09/18 11:46]

AMD,「Ryzen 5 2500X」「Ryzen 3 2300X」CPUを発表。OEM向け

AMD,「Ryzen 5 2500X」「Ryzen 3 2300X」CPUを発表。OEM向け

 2018年9月11日,AMDは,デスクトップPC向けのCPUであるRyzen Desktop 2000シリーズのラインナップに「Ryzen 5 2500X」「Ryzen 3 2300X」の2製品を追加した。両CPUとも,基本的には単品販売は行わないOEM向け製品で,Ryzen 5 2500Xは4コア8スレッド対応,Ryzen 3 2300Xは4コア4スレッド対応となっている。

[2018/09/11 19:09]

Intelが秋葉原でPCゲームイベントを開催。シカゴでのeスポーツイベント観戦が当たるキャンペーンもスタート

Intelが秋葉原でPCゲームイベントを開催。シカゴでのeスポーツイベント観戦が当たるキャンペーンもスタート

 2018年9月8日,Intelは,東京・秋葉原で,PCゲームイベント「INTEL CLUB EXTREME GAMERS WORLD 2018」を開催し,同日にスタートしたゲーマー向けキャンペーン「インテルゲーマー応援キャンペーン」を発表した。IntelやNVIDIAによるセッションやゲームの試遊なども行われたイベントの様子をレポートしよう。

[2018/09/08 16:43]

AMD,Athlonを冠したZenベースのAPU「Athlon 200GE」発表。ビジネス向けの第2世代「Ryzen PRO」と「Athlon PRO」も

AMD,Athlonを冠したZenベースのAPU「Athlon 200GE」発表。ビジネス向けの第2世代「Ryzen PRO」と「Athlon PRO」も

 2018年9月6日22:00,AMDは,エントリー市場向けの新型APU「Athlon 200GE」を発表した。また,ビジネスPC向けCPU「Ryzen PRO」の第2世代Ryzenモデルや,Athlon 200GEをベースにしたビジネスPC向けAPU「Athlon PRO」も同時に発表している。各製品を簡単に紹介しよう。

[2018/09/06 22:00]

もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 ドイツ時間2018年8月31日,Huaweiは,同社傘下のHiSiliconが開発したハイエンド市場向け新型SoC「Kirin 980」を発表した。Arm製の最新CPUコアとGPUコアの組み合わせで処理能力を大きく向上させ,従来の「Kirin 970」で弱点だったゲームグラフィックス性能も,Qualcommの「Snapdragon 845」に匹敵するようになったという。

[2018/09/04 00:00]

Ryzen 2000Gシリーズ専用のHotfix版ドライバが公開に

[2018/09/03 11:22]

16C32T対応の新型CPU「Ryzen Threadripper 2950X」は,税込11万6500円前後で9月1日午前11時に発売

16C32T対応の新型CPU「Ryzen Threadripper 2950X」は,税込11万6500円前後で9月1日午前11時に発売

 2018年8月31日,AMDは,第2世代Ryzen Threadripperの16コア32スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 2950X」を9月1日午前11時に国内発売すると発表した。気になる税込の予想実売価格は11万6500円前後となっている。

[2018/08/31 18:29]

AMD,7nmプロセスを使う次世代CPU&GPUの製造をTSMCに委託。GLOBALFOUNDRIESが7nmプロセスの開発を中止した影響が現れる

AMD,7nmプロセスを使う次世代CPU&GPUの製造をTSMCに委託。GLOBALFOUNDRIESが7nmプロセスの開発を中止した影響が現れる

 北米時間2018年8月27日,AMDは,同社公式Blogにて,今後発表予定の次世代CPUやGPU製造に,TSMCの7nmプロセス技術を用いる予定であることを明らかにした。当初,これらのプロセッサは,GLOBALFOUNDRIESで製造する予定だったが,同社が7nmプロセスを断念したことを受けて,製造パートナーを変更したことになる。

[2018/08/31 13:57]

ついに「Kaby Lake離れ」? Intel,薄型ノートPC向けの第8世代Coreプロセッサ「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」を発表

ついに「Kaby Lake離れ」? Intel,薄型ノートPC向けの第8世代Coreプロセッサ「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」を発表

 2018年8月29日5:00,Intelは,ノートPC向け第8世代Coreプロセッサのラインナップを拡充する新型CPUとして,薄型ノートPC向けの「Whiskey Lake-U」と,2-in-1型PCやタブレット端末向け「Amber Lake-Y」の計6製品を発表した。詳細が明らかになっていない点もあるのだが,新CPUの概要を紹介したい。

[2018/08/29 05:00]

2018年中に「Deimos」,2019年には「Hercules」を投入。Armが将来のCPUロードマップを明らかに

2018年中に「Deimos」,2019年には「Hercules」を投入。Armが将来のCPUロードマップを明らかに

 英国時間2018年8月16日,Armは,クライアント向けCPUのロードマップを公開した。2019年のSoCで使われる「Cortex-A76」で大幅な性能向上を実現した後に続くのは,「Deimos」「Hercules」で,これらによりArmはIntelの牙城であるモバイルノートPC市場をも狙うことになる。

[2018/08/22 12:19]

4Gamerベンチマークレギュレーション22.0は「Far Cry 5」「Fortnite」「Project CARS 2」を採用して刷新

4Gamerベンチマークレギュレーション22.0は「Far Cry 5」「Fortnite」「Project CARS 2」を採用して刷新

 GPUやCPU,ゲームPCなどの評価にあたって4Gamerが用いているベンチマークレギュレーションをバージョン22.0へ引き上げたのでお伝えしたい。今回は「Far Cry 5」「Fortnite」「Project CARS 2」を新規に採用し,また「Overwatch」のテスト方法を若干見直している。

[2018/08/22 10:46]

ドスパラ大阪・なんば店が8月25日に第2世代Ryzen Threadripper発売記念イベントを開催

[2018/08/20 18:32]

Intel,「WoW: Battle for Azeroth」などの最適化版となるグラフィックスドライバをリリース。主に第6〜8世代Coreプロセッサ向け

[2018/08/14 21:38]

パソコン工房でRyzen Threadripper 2990WXの取り扱いが始まる

[2018/08/14 13:46]

西川善司の3DGE:最大32コア64スレッド対応の第2世代Ryzen Threadripper,正式発表。進化のポイントはここだ

西川善司の3DGE:最大32コア64スレッド対応の第2世代Ryzen Threadripper,正式発表。進化のポイントはここだ

 日本時間2018年8月13日,AMDはHEDT市場向けRyzenプロセッサの第2世代モデルとなる「2nd Gen. Ryzen Threadripper」を正式に発表した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回のテーマは,史上初めてデスクトップPC向けで最大32コア64スレッド対応を果たしたプロセッサの中がどうなっているのかについてだ。

[2018/08/13 22:00]

「Ryzen Threadripper 2950X」レビュー。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは,買わない理由が見当たらない!?

「Ryzen Threadripper 2950X」レビュー。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは,買わない理由が見当たらない!?

 第2世代Ryzen Threadripperが正式発表となったタイミングで,AMDが「PCマニアとゲーマー向け」と位置づける16コア32スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 2950X」を入手することができた。果たして第1世代からは何が変わり,競合製品との力関係はどう変化したのか。テスト結果をお届けしたい。

[2018/08/13 22:00]

Qualcommが新型SoC「Snapdragon 670」発表。ミドルクラス市場向け端末におけるAI処理性能を強化

Qualcommが新型SoC「Snapdragon 670」発表。ミドルクラス市場向け端末におけるAI処理性能を強化

 米国時間2018年8月8日,Qualcommは,ミドルクラス市場向けの新型SoC「Snapdragon 670」を発表した。従来製品である「Snapdragon 660」と比べて,エッジAIの処理性能が最大1.8倍,GPU性能が最大25%向上したという。搭載製品は2018年第3四半期以降に登場する見込みである。

[2018/08/09 12:53]

「Ryzen Threadripper 2950X」到着。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは今回も特殊な製品ボックス入りだ

「Ryzen Threadripper 2950X」到着。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは今回も特殊な製品ボックス入りだ

 第2世代Ryzen Threadripperの製品ラインナップなどが明らかになったタイミングで,第2世代Ryzen ThreadripperにおけるPCマニアおよびゲーマー向けモデル「2950X」の評価キットが到着した。今回も凝ったデザインになっている製品ボックスを取り急ぎ開封してみたので,ぜひチェックを。

[2018/08/06 22:00]

AMD,第2世代Ryzen Threadripperのラインナップと価格を発表し,実動デモも披露

AMD,第2世代Ryzen Threadripperのラインナップと価格を発表し,実動デモも披露

 日本時間2018年8月6日,AMDは第2世代Ryzen Threadripperのラインナップと価格,発売予定時期を発表した。それによると,32C64Tモデル「2990WX」は13日に1799ドル(税別)で,ゲーマー向けの16C32Tモデル「2950X」は31日に899ドル(税別)でそれぞれ登場予定だ。AMDによるデモの内容と合わせて概要をお伝えしたい。

[2018/08/06 22:00]

AMD,「B450」チップセットを発表。ミドルクラス以下の市場へストレージ高速化技術「StoreMI」をもたらす

AMD,「B450」チップセットを発表。ミドルクラス以下の市場へストレージ高速化技術「StoreMI」をもたらす

 AMDは2018年07月31日22:00,AM4プラットフォーム向けのチップセット新製品「B450」を発表した。「X470」の下位モデルかつ「B350」の後継という位置づけの新チップセットは,ミドルクラス以下の市場へストレージの高速化機能である「StoreMI」をもたらす存在だ。

[2018/07/31 22:00]

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

 Ryzen Desktop 2000シリーズの特徴を掘り下げる記事の後編だ。前編で予告したとおり,本稿では「Precision Boost 2」「XFR2」といった自動クロックアップ周り,そしてストレージ高速化の新機能である「StoreMI」の実態と使い方についてじっくり考えていきたい。

[2018/07/28 00:00]

組み込み向けAPU「Ryzen Embedded V1000」搭載のSapphire向けマザーボードが国内市場に登場

[2018/07/24 12:54]

将来のゲーマー向け周辺機器で使われる? x86ともCortexとも違う独自CPU向け命令セット「RISC-V」とはなにか

将来のゲーマー向け周辺機器で使われる? x86ともCortexとも違う独自CPU向け命令セット「RISC-V」とはなにか

 「RISC-V」という名前を聞いたことはあるだろうか。RISC-Vは,Intelのx86ともArmのCortexとも違う独自CPU向けの命令セットで,組み込み用途向けに普及し始めているものだ。今はまだ,ゲーマーに関係のあるものではないが,将来的には,ゲーマー向け周辺機器に使われることがあるかもしれないということで,その概要を簡単に説明しておこう。

[2018/07/21 00:00]

Intel「NUC8I7HVK」レビュー。Radeon RX Vega搭載のCPU「Kaby Lake-G」はどの程度までゲームを快適にプレイできるのか

Intel「NUC8I7HVK」レビュー。Radeon RX Vega搭載のCPU「Kaby Lake-G」はどの程度までゲームを快適にプレイできるのか

 4C8T対応の第8世代Coreプロセッサと,AMD製のセミカスタム版GPU「Radeon RX Vega」をワンパッケージ化して話題を呼んだ「Kaby Lake-G」。そんなKaby Lake-Gを採用する超小型ベアボーンキット「NUC8i7HVK」を評価したい。「Intel+AMD」のプロセッサは,ゲームを実用的な性能でプレイできるのだろうか。

[2018/07/04 00:00]

ミドルクラスの「Snapdragon 632」とエントリークラスの「Snapdragon 439」「Snapdragon 429」。Qualcommが新型SoC計3製品を発表

ミドルクラスの「Snapdragon 632」とエントリークラスの「Snapdragon 439」「Snapdragon 429」。Qualcommが新型SoC計3製品を発表

 北米時間2018年6月26日,Qualcommは,Snapdragonシリーズの新型SoC計3製品を発表した。ラインナップは,ミドルクラス市場向けの新型SoC「Snapdragon 632」と,エントリー市場向けSoCとなる「Snapdragon 439,429」。いずれも,搭載製品は2018年後半に登場するとのことだ。

[2018/06/27 14:41]

Intelが次に狙うカテゴリ特化型PCは「クリエイター向け」? Intel最新の取り組みが語られたプレスセミナーをレポート

Intelが次に狙うカテゴリ特化型PCは「クリエイター向け」? Intel最新の取り組みが語られたプレスセミナーをレポート

 2018年6月26日,Intelは,東京都内にて「インテル・プレスセミナー Q2’18」という報道関係者向けイベントを開催した。Intelにおける最新の取り組みが語られたこのイベントでは,同社自慢の新製品や新技術が説明されたのだが,今後力を入れて取り組んでいくPCの分野に挙げられていたのは,クリエイター向けに特化したPCであるという。

[2018/06/26 20:28]

「Core i7-8086K」レビュー。「8086」の登場40周年記念モデルはゲーマー必携か?

「Core i7-8086K」レビュー。「8086」の登場40周年記念モデルはゲーマー必携か?

 2018年6月5日,Intelは,同社の創業50周年と,世界初のx86アーキテクチャ採用プロセッサである「Intel 8086」の発表40周年記念のCPU「Core i7-8086K」を発表した。ブースト最大クロックが初めて5GHzの大台に乗る製品だが,果たしてこの記念モデルはゲーム性能を重視するゲーマー必携と言えるのか。テストから占ってみたい。

[2018/06/23 00:00]

[COMPUTEX]8086の40周年記念CPUだけじゃない? Intelのプライベートブースで同社の最新技術や搭載製品をチェック

[COMPUTEX]8086の40周年記念CPUだけじゃない? Intelのプライベートブースで同社の最新技術や搭載製品をチェック

 COMPUTEX TAIPEI 2018期間中,Intelは,基調講演で披露した新製品や関連技術の展示を行うデモ展示を行っていた。目玉は「Intel 8086」40周年記念CPUの「Core i7-8086K」だが,そのほかにもRadeon統合CPU「Kaby Lake-G」搭載PCや,高速ストレージのデモなど興味深いものがあったので,簡単にレポートしよう。

[2018/06/12 00:00]

[COMPUTEX]CPUダイは全部使える? PCIeレーン数はいくつ? 第2世代「Ryzen Threadripper」の秘密をAMDに聞いてみた

[COMPUTEX]CPUダイは全部使える? PCIeレーン数はいくつ? 第2世代「Ryzen Threadripper」の秘密をAMDに聞いてみた

 台北時間2018年6月6日,AMDは,同日に行ったプレスカンファレンスの後で,報道関係者を集めたグループインタビューを実施した。そこで本稿では,グループインタビューの中から,第2世代「Ryzen Threadripper」第2世代「Radeon RX Vega」に関する話題を抜粋してレポートしたい。

[2018/06/07 15:55]

[COMPUTEX]第2世代のThreadirpper,Vega,そしてEPYC。AMDが6月の台北で発表したことまとめ

[COMPUTEX]第2世代のThreadirpper,Vega,そしてEPYC。AMDが6月の台北で発表したことまとめ

 台湾時間2018年6月6日,AMDは台北市内のホテル,The Westin Taipeiでプレスカンファレンスを開催した。第2世代のRyzen Threadripperや7nm世代のVega,そしてZen 2ベースのEPYCなど,AMDが2018年6月の台北で何を明らかにしたのかまとめてみよう。

[2018/06/07 06:00]

[COMPUTEX]AMD,第2世代「Ryzen Threadripper」を予告。Zen+ベースでCPUコア数は最大32基に

[COMPUTEX]AMD,第2世代「Ryzen Threadripper」を予告。Zen+ベースでCPUコア数は最大32基に

 2018年6月6日,AMDは,COMPUTEX TAIPEI 2018に合わせて開催したプレスイベントで,「Zen+」マイクロアーキテクチャを採用するハイエンドPC市場向けCPU「Ryzen Threadripper」の第2世代モデルを2018年第3四半期に市場へ投入すると予告した。12nmプロセスで製造され,CPUコア数は最大32基となる。

[2018/06/06 12:08]

[COMPUTEX]GIGABYTE,“さらにCPUコアの増えるThreadripper 2”対応を謳う新世代X399マザー

[COMPUTEX]GIGABYTE,“さらにCPUコアの増えるThreadripper 2”対応を謳う新世代X399マザー

 COMPUTEX TAIPEI 2018初日となる2018年6月5日,GIGABYTEは「第1世代よりさらにCPUコアの数が増える“Threadripper 2”対応」と謳うマザーボード「X399 AORUS EXTREME」を披露した。より多くのコアに対応すべく電源周りを強化したという製品を概観してみよう。

[2018/06/05 21:39]

[COMPUTEX]創業50周年記念CPUや常時接続PCをアピール。年末登場という28コアCPUのデモも披露したIntel基調講演レポート

[COMPUTEX]創業50周年記念CPUや常時接続PCをアピール。年末登場という28コアCPUのデモも披露したIntel基調講演レポート

 台湾時間6月5日,Intelは,COMPUTEX TAIPEI 2018の併設イベントで基調講演を行った。登壇した上級副社長のGregory M.Bryant氏は,Intel創業50周年記念CPU「Core i7-8086K」をはじめ,常時インターネットにつながるノートPCや,2018年後半に登場予定の新型CPUなど,さまざまな話題を披露した。講演の概要を簡単にレポートしよう。

[2018/06/05 20:55]

[COMPUTEX]Intel,「8086」誕生40周年を記念したCPU「Core i7-8086K」を発表

[COMPUTEX]Intel,「8086」誕生40周年を記念したCPU「Core i7-8086K」を発表

 2018年6月5日,Intelは,同社の創業50周年,および歴史的に名高い同社製CPU「Intel 8086」誕生40周年を記念した新CPU「Core i7-8086K Limited Edition Processor」を発表した。価格は425ドル(約4万6657円)である。

[2018/06/05 16:24]

[COMPUTEX]Qualcomm初のWindows 10搭載PC向けSoC「Snapdragon 850」が発表に

[COMPUTEX]Qualcomm初のWindows 10搭載PC向けSoC「Snapdragon 850」が発表に

 2018年6月5日,Qualcommは,台北市内にてプレスカンファレンスを開催し,新型SoC「Snapdragon 850」を発表した。Snapdragon 850は,スマートフォン向けではなく,Windows 10採用の2-in-1ノートPCやタブレット端末「Always Connected PC」に向けた初のSoCであるという。搭載製品は2018年中に発売となる予定だ。

[2018/06/05 14:40]

[COMPUTEX]2019年のSoCに使われるARMの新CPU「Cortex-A76」と新GPU「Mali-G76」は,一体何が変わったのか

[COMPUTEX]2019年のSoCに使われるARMの新CPU「Cortex-A76」と新GPU「Mali-G76」は,一体何が変わったのか

 既報のとおり,COMPUTEX TAIPEI 2018に合わせて,Armは,新CPU IPコアの「Cortex-A76」と新GPU IPコアの「Mali-G76」,そしてビデオプロセッサ「Mali-V76」を発表した。高性能が特徴のこれら新IP Suiteは,今までと何が違うのかをレポートしよう。

[2018/06/05 00:00]

[COMPUTEX]Arm,新型CPU IPコア「Cortex-A76」と新型GPU IPコア「Mali-G76」を発表。エッジAIの処理性能が大きく向上

[COMPUTEX]Arm,新型CPU IPコア「Cortex-A76」と新型GPU IPコア「Mali-G76」を発表。エッジAIの処理性能が大きく向上

 2018年6月4日,Armは,台湾・台北市で開催した報道関係者向け説明会で,新型CPU IPコア「Cortex-A76」やGPU IPコア「Mali-G76」など3製品を発表した。どちらのプロセッサも,処理性能や消費電力当たりの効率だけでなく,エッジAI処理における性能向上にも重点を置いているのが特徴だ。

[2018/06/04 12:51]

Qualcommが「xR」機器向けプラットフォーム「Snapdragon XR1」を発表。4K解像度のVR映像や6DoFのトラッキングに対応

Qualcommが「xR」機器向けプラットフォーム「Snapdragon XR1」を発表。4K解像度のVR映像や6DoFのトラッキングに対応

 北米時間2018年5月29日,Qualcommは,VRやARなどのいわゆる「xR」対応機器向けプラットフォーム「Snapdragon XR1 Platform」を発表した。Snapdragon XR1は,CPUコアとGPUコア,AI処理エンジンやモーショントラッキング機能などを統合したプロセッサで,4K 60fpsの映像表示や6DoFのトラッキング機能を持つxR機器を実現できるという。

[2018/05/30 14:49]

ゲーム性能が大幅に向上したRyzen Desktop 2000シリーズは,内部で何が変わったのか

ゲーム性能が大幅に向上したRyzen Desktop 2000シリーズは,内部で何が変わったのか

 Ryzen Desktop 2000シリーズの発売から1か月強が経過した。競合製品を上回るマルチスレッド性能と,競合製品に迫るゲーム性能を持ちながら,価格は競合製品以下というのが魅力だが,今回は,そんな第2世代Ryzenの持つ特性を掘り下げてみたい。果たして何が変わったことで性能が向上したのだろうか。

[2018/05/30 00:00]

Intel,第6〜8世代Coreプロセッサ向けWindows 10用グラフィックスドライバ「24.20」をリリース。最新のDRM技術に対応

[2018/05/25 14:10]

Qualcomm,新型SoC「Snapdragon 710」を発表。ミドルハイクラス市場向けにAI処理性能とグラフィックス処理効率を強化

Qualcomm,新型SoC「Snapdragon 710」を発表。ミドルハイクラス市場向けにAI処理性能とグラフィックス処理効率を強化

 2018年5月23日,Qualcommは,ミドルハイクラス市場向けの新型SoC「Snapdragon 710」を発表した。ミドルクラス市場向けSoCである「Snapdragon 660」と比べて,端末側で動作するエッジAIの処理性能を最大2倍に強化し,ゲームプレイ時のバッテリー消費は40%も削減できているとのことだ。

[2018/05/24 13:53]

Intel,東京オフィスのビル内に「コラボレーション・センター」を開設。同社の技術を使った新ビジネスを生み出す場に

Intel,東京オフィスのビル内に「コラボレーション・センター」を開設。同社の技術を使った新ビジネスを生み出す場に

 2018年5月21日,Intelは,同社東京オフィスがある東京・丸の内のビル内に「インテル コラボレーション・センター」という施設を開設すると発表した。IT業界関係者向けの施設で,一般消費者には関係ないものだが,ここで披露された技術や製品が,将来的に消費者の目に触れる形で出てくることもありそうだ。

[2018/05/21 20:03]

「Ryzen 2000G」専用とされる公式ドライバ「Radeon Software Adrenalin Edition Q2 2018」が公開に

[2018/05/21 11:22]

AMD,Vega世代のGPUを統合した「Ryzen PRO」APUを発表。ゲーム性能の高さも謳う

AMD,Vega世代のGPUを統合した「Ryzen PRO」APUを発表。ゲーム性能の高さも謳う

 北米時間2018年5月14日,AMDは,ビジネスPC向けプロセッサ「Ryzen PRO」初のAPU製品を発表した。Vega世代のGPUコアを搭載し,セキュリティ機能「GuardMI」に対応する新製品は,デスクトップPC向けとノートPC向けに7製品が同時展開となる。

[2018/05/16 00:00]

Intel,Coffee Lake-S対応の新チップセット「Z390」を製品リストに追加。USB 3.1 Gen.2ネイティブ対応が見どころに

[2018/05/14 15:40]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ