オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/02/20 00:25

イベント

[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

 2月17日の「AOU 2012 アミューズメントエキスポ」KONAMIブース特設ステージで,各BEMANIタイトルを担当する開発陣によるプレゼンテーションが行われた。

 はじめに紹介されたのは,2012年1月に稼動したばかりの「SOUND VOLTEX BOOTH」だ。ニコニコ動画などで人気のアーティスト達がBEMANI曲のリミックスやオリジナル楽曲にエフェクターを加え,音の変化をつけて楽しむという本作。3月上旬のアップデートでやり込むごとに隠し要素が解禁されていく,新システム「STATION」が導入され,これに合わせて,追加楽曲の収録が発表された。

今回収録された新曲のジャケット写真を公開。AOUのプレイアブル筐体では,先行で遊べた
画像集#001のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#002のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
画像集#003のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#004のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

 さらに,プレイヤーが楽曲やアピールカード(プレイ中に表示できるアイコン)などを応募できる公募サイト「SOUND VOLTEX FLOOR」も始動する。ここに自分の作品を投稿し,見採用されればアミューズメント施設で稼動している「SOUND VOLTEX BOOTH」で遊べるようになるのだ。

アピールカード
画像集#023のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#024のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
画像集#025のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#026のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

 趣味で楽曲を作る人や音楽やイラストを仕事にしたい人は,「SOUND VOLTEX FLOOR」に投稿するところを始めてみよう。

画像集#005のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
「GuitarFreaksXG3&DrumManiaXG3」mito氏
 ギターとドラムの演奏感を楽しめるギタドラシリーズ最新作「GuitarFreaksXG3& DrumManiaXG3」の魅力を,サブディレクターのmito氏が熱弁。本作はプレイヤー同士のコミュニケーションを盛り上げるべく,さまざまなシステムやイベントを仕掛けていくそうだ。
 例えば,全国のプレイヤー達とオンライン上でセッションが可能になり,プレイヤーの目印としてアバター要素も実装される。

 全国で好評稼動中の「jubeat copious」のディレクターまっする氏は,iPadアプリ「jubeat plus」が2011年度iPadアプリセールス率No1を獲得したと発表し,それがアミューズメント版の収益にもつながっていると,同シリーズの好調ぶりを伝えた。3月中旬には楽曲追加のアップデートを行い,すべてのBEMANIシリーズと連動するイベント「APPEND TRAVEL」も開始するそうだ。さらに,昨年開催されたKONAMI公式大会「Konami Arcade Championship」(以下,KAC)を今年も実施するという告知がされた。

画像集#006のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
「jubeat」シリーズディレクターのまっする氏
画像集#007のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
KACのテーマは絆。プレイヤーとアミューズメント施設,メーカーのすべてが盛り上がれる大会が開かれることを期待したい


画像集#030のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#029のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

画像集#027のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
DrumManiaXG3
画像集#028のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
GuitarFreaksXG3

画像集#039のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
jubeat copious
画像集#040のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#041のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
画像集#042のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

「jubeat copious」ジャケ写
画像集#031のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#032のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#033のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
画像集#034のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#035のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#036のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
画像集#037のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#038のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート


アミューズメント施設の新型コミュニケーションツール「BEMANI名刺」ってなんだ


画像集#008のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
BEMANI名刺の立役者Yuei氏。なお名刺は,コナミIDを取得すれば,簡単に作れる
 続いてBEMANIプレイヤーに向けた新コンテンツ「BEMANI名刺」の仕掛け人Yuei氏が登場。BEMANI名刺とは,プレイヤー同士の交流を図るために作られた,BEMANI専用のSNS「e-AMUSUMENTGATE」内のBEMANIFanSiteや,携帯電話などを使って交換できる名刺のことだ。
 自分の遊んでいるBEMANI機種や好きなアーティストなどをアピールして,同じ趣味の人を見つけたり,アミューズメント施設で遊んでいる人と交換してお互いを知るきっかけに活用できそうだ。なお,AOU会場では,各BEMANI機種のオリジナルデザインフレームやBEMANIアーティスト達の限定名刺が配布されていた。

画像集#010のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
ディレクターのナカムラマサル氏
 最後はKinectを活用した,新型リズムアクションゲーム「DanceEvolution ARCADE」のディレクターであるナカムラマサル氏が登場し,Xbox 360版との違いや収録曲の概要を説明した。さらに,デモンストレーションとして,ダンサーによるゲームプレイが行われ,BEMANIプレゼンテーションの幕は閉じた。「DanceEvolution ARCADE」の詳しい情報を知りたい方は,ナカムラマサル氏のインタビューやプレイ動画を掲載した記事を見てほしい。


BEMANIスタッフとトップランカー達が集結。白熱のBEMANIステージ


画像集#012のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
 2月18日には,BEMANIシリーズの各タイトルで活躍するアーティスト達と,2011年に行われたKACで優勝したプレイヤー達によるステージイベントが開催された。トークイベントをはじめ,クイズイベント「N.E.X.T危機7連発」なども行われるなど,イベントは終始和やか。終了後には,BEMANIアーティストから名刺が配布され,ファン達との交流がみられた。


はるか先に見えるBEMANIの文字付近がイベントステージ会場。ものすごい人で溢れていた
画像集#013のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#014のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

画像集#015のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
「beatmaniaIIDX」部門,アジアチャンピオン ROCK*氏(左),日本チャンピオン DOLCE.氏(右)
 トークイベント終了後は,KACアジアチャンピオンと日本チャンピオンによるエキシビションプレイが行われた。有名プレイヤーによる超絶プレイに来場者は釘付け。なかでも韓国のSI-OT氏は「REFLEC BEAT」と「jubeat copious」の両方で見事なプレイを披露し,会場を沸かせた。ここ数年でBEMANIシリーズのアジア諸国の普及率は高くなり,プレイヤーレベルも上がってきているのだろう。


画像集#016のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
「DrummaniaXG2」部門,日本チャンピオン MISTER.S氏
画像集#017のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
ステージ上ではプレイヤーの手元とゲーム画面が映し出された

画像集#043のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート
AOU2012,KONAMIブースの最後を締めくくるのは,恒例のBEMANIスペシャルライブ。BEMANIアーティスト達の演奏に,来場者も大盛り上がりだった
画像集#018のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート 画像集#021のサムネイル/[AOU2012]2012年もBEMANIシリーズが熱い。各タイトルの開発陣によるプレゼンテーションとKAC優勝者を招いたイベントをレポート

■AOU2012 BEMANI SPECIAL LIVE セットリスト
  • 凛として咲く花の如く(アーティスト:96, PON, Qrispy Joybox & 猫叉Master)
  • ヒマワリ(アーティスト:96, PON, Qrispy Joybox & 猫叉Master)
  • ポップンミュージック論(アーティスト:96, PON, Qrispy Joybox & 猫叉Master)
  • Red Goose(アーティスト:泉陸奥彦&肥塚良彦&シャッチョー)
  • Snowy India(アーティスト:泉陸奥彦&肥塚良彦&シャッチョー)
  • [E](アーティスト:Sota Fujimori & 猫叉Master)
  • Far east nightbird(アーティスト:Sota Fujimori & 猫叉Master)
  • FLOWER+I'm so Happy(アーティスト:DJ YOSHITAKA)
  • fffff(アーティスト:wac & 村井聖夜)
  • Attitude(dj TAKA & L.E.D.)
  • INTO YOUR HEART(Ruffage remix)(アーティスト:TAG & U1 & Des-ROW)
  • concon(アーティスト:全員)
  • 関連タイトル:

    GuitarFreaksXG3 & DrumManiaXG3

  • 関連タイトル:

    SOUND VOLTEX BOOTH

  • 関連タイトル:

    jubeat copious

  • 関連タイトル:

    jubeat knit

  • 関連タイトル:

    DanceEvolution ARCADE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月18日〜01月19日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月