オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
テクノブレイン,「マイクロソフト フライト シミュレータ X」の追加データ「東京国際空港」を2013年1月22日にリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/11/13 12:44

ニュース

テクノブレイン,「マイクロソフト フライト シミュレータ X」の追加データ「東京国際空港」を2013年1月22日にリリース

FSアドオン コレクション 東京国際空港
 「ぼくは航空管制官」シリーズでおなじみのテクノブレインは,「マイクロソフト フライト シミュレータ X」(以下,FSX)の追加データである「FSアドオン コレクション 東京国際空港」2013年1月22日に発売すると発表した。価格は7140円(税込)。この追加データをインストールすることにより,これまでゲームでは再現されていなかった第四滑走路(D滑走路)や新国際線ターミナルなどが,羽田の東京国際空港に姿を現すことになる。

 テクノブレインは今後,国内主要空港やミッションなどの追加データを順次リリースしていく予定で,シリーズ第一弾となる今回の東京国際空港には,最新のボーイング787の機体データも収録されている。これにより,羽田空港の新滑走路に最新鋭機で離発着できるほか,世界中の空港を舞台にした787のフライトも楽しめるのだ。

テクノブレイン公式サイト


 テクノブレインによると,本作は「飛べてナンボ!」をコンセプトに制作されており,空港の雰囲気を正確に捉えつつ,PCにできる限り負担をかけないように設計されているという。ディテールに凝りすぎるあまり,ハイエンドPCを要求するようなアドオンもあるようだが,こちらは,フレームレートを落とすことなく,よりリアルな空港の風景が楽しめるわけだ。

 欧米で2006年に,日本では2007年にリリースされたFSX。それまで2〜3年に1作のペースでリリースされてきたシリーズだったが,FSX以降,ナンバリングタイトルは制作されておらず,2012年に登場した「Microsoft Flight」では,基本料金無料のタイトルになったものの,現在のところ飛べる範囲は限られている。
 唯一のコマーシャルフライトシミュレータであるFSXだけに,コアなファンも多く,こうしたアドオンが登場することにより,今後も長く遊ばれていきそうだ。
  • 関連タイトル:

    FSアドオン コレクション 東京国際空港

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月05日〜12月06日