オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ボーダーランズ プリシークエル公式サイトへ
  • 2K
  • 発売日:2014/10/30
  • 価格:6300円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
65
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
77
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ボーダーランズ プリシークエル

ボーダーランズ プリシークエル
公式サイト http://borderlandsthegame.com/
発売元 2K
開発元
発売日 2014/10/30
価格 6300円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
65
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ゲームは楽しいが動作は重い。PS4/XboxOne版がないことが悔やまれる。 75
    • 投稿者:MMGames(男性/30代)
    • 投稿日:2014/11/26
    良い点
    ・シリーズの芸風を踏襲した完成度の高いシューター部分、北斗の拳とマッドマックスを足して2で割らなかったかのようなぶっ飛んでてイカれた世界観、アメコミ超のアクが強くも味のあるトゥーンレンダリング、射撃感覚までもが異なるため理想の武器を求めていつまでも収集したくなるハクスラ要素、難度上昇によりあらゆるイベントに価値を与える周回システム、などは完全に維持されており、RPGシューターの元祖としての役割を完全にこなしている。

    ・月の重力という設定で取り込まれた浮遊感のあるジャンプ。このジャンプの挙動に合わせて、過去作よりも空中戦に重きがおかれており、マップもかなり立体的なものになっている。これにより従来にはなかったようなアクロバティックなプレイが可能になっておる。

    ・空中から急降下してダメージを与えるスラム攻撃が地味に使い勝手が良い。大型の敵に発動したりメインで使ったりするものでは間違ってもないが、うるさい雑魚(ぶっちゃけ鳥)を一掃するのにとても重宝する。

    ・新属性のクリオのバランスがとても良い。前作はスラグ属性がとにかく強く、とりあえずスラグ、という状態であったが、今作ではスラグのかわりにクリオが導入された。この属性は氷の攻撃により敵を凍らせて一定時間行動を封じるもので、一見非常に強そうであるが、実はダメージは他属性よりもかなり抑えられており、動きを止めてから他属性で攻撃、という流れた前作のスラグよりも自然に実現できている。

    ・メインストーリーが過去作の中でもっともわかりやすい。このシリーズはストーリーの語り方が下手くそで、特に第1作はストーリーがあるのかどうかすらよくわからないというひどい有様であったが、本作はストーリーテリングが大変わかりやすく、少なくとも全体の大筋については容易に理解できる。

    ・武器合成。ハクスラがメインとなるため、どうしても大量のゴミ武器を持ち歩くことになり、前作まではそれらゴミ武器は売り払ってしまうしかなかったが、今作では合成により1ランク上の武器を生み出すことができる。

    ・エリジウムならぬムーンストーンの利用法が大幅に広がっている。前作では全ての強化パーツを購入してしまうとエリジウムはほぼ不要となってしまっておりとても無駄な要素となっていたが、今作では、一定時間パワーアップできるモクテル、上記の武器合成に投入して合成結果を確定で1ランクアップ、と消費型の使い道が導入されており、不要な石を持て余すことがなくなった。

    ・自動販売機で購入できる武器にほぼ確定でレアクラスのランクが含まれる。金額は張るものの確実に良い武器を入手できる。これと武器合成をあわせることで、前作では持て余し気味だった、カネ、ゴミ武器、エリジウム(ムーンストーン)、のいずれもが最高レベルに到達した後でも使い道のあるリソースになっている。







    悪い点
    ・元々動作がカクカク気味でフレームレート低下も激しいシリーズではあるが、本作は過去作よりも酷い。マップが立体的で広くなったことによる悪影響だと思われる。はるか遠くの敵をズームで狙うときや特定のスキルを発動するときに確定でカクカクになることもあり、また動作がずっとカクカクになったら一旦ゲームを終了させて再開すると治る、というあからさまにメモリが解放できてませんという挙動も見せる。コンシューマーゲーム機向けとしてはお粗末なチューニングと言わざるをえない。

    ・過去作からの人気キャラクターであるクラップトラップが今作でプレイアブルキャラになったのだが、困ったことにクラップトラップだといっそう動作がカクカクする。特にスキル使用時が酷い。(ゲーム環境まで狂わせるというのはある意味クラップトラップらしくはあるが・・・)多数の効果の中からランダムでスキルが発動するという独特のシステムのせいだと思われる。個人的にはプレイの継続を断念せざるを得ないレベルで、ウィルヘルムでプレイし直すこととなった。

    ・中盤の中だるみ。ラストはかなり面白いものの、中盤はいまいち面白みのない展開が続く。前作に比べて登場するNPCが数と質の両面で劣っており、(別にファンに人気があるわけでもない)ハンサムジャックとの益体のない会話がずっと続く。

    ・一人の男が英雄になりそして暴君になる様を描く、などど宣伝されていたものの、ハンサムジャックのエピソード自体はかなりテキトウであると言わざるをえない。一応裏切りや粛清などのそれっぽいイベントはあるが、最初の登場時から十分悪人なのでまるでインパクトがない。リリスなどのシリーズレギュラーキャラクターとの絡ませ方も雑。もっとも、本シリーズの経験者であればハナからストーリーになど期待していないので問題では無いのかもしれないが。

    ・全体として前作からの小改良にとどまっている。システム面はびっくりするほど前作そのままで、パッチによる改善でももっと改善しているゲームがいくらでも思いつくほど。良くも悪くも前作からの使い回し感がありありと感じられ、新作というよりも超大型DLCと言う感じを受けてしまう。

    ・ストーリーの終わり方が完全に「次回に続く・・」な終わり(笑)
    総評
    ゲーム自体の出来栄えはすごく良いにもかかわらず、それ以外の部分で評価を落とさざるをえないのがもったいないゲームです。評価を落とした理由は主にチューニング不足や前作からの改良点の少なさです。前作経験者にとってはとにかく使い回し感が強く、新作としては寂しいです。

    また、チューニングに関してはPS4版がリリースされていれば問題なかったのではないかと思わせるだけに実に残念なところです。実際北米の売り上げランキングでも前作は初週1位だったにもかかわらず今作は3位ですが、内訳を見ると360版だけならトップクラスの売上となっており、PS4/XboxOne版があれば売上を大きく伸ばせたのではないでしょうか。グラフィックはPS3版と同等でも構わないのでPS4版を出して欲しかったところです。

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 4 4
  • アメコミ風のキャラクターを操作するFPS 55
    良い点
    ・頭身が高いデザインの立体的なキャラクターなので、ディフォルメが苦手な人でもそれほど気にせずできる

    ・音楽、SE、ボイスなど音量調整できるので、セリフが聞き取りやすくできる

    ・使用キャラクターの独り言を設定で消せる(動作するときの掛け声は消せない)

    ・コントローラー設定のプリセットが多いので、たとえば左利きの人でも専用設定が使えるなどのように、プリセットの選択肢が多い

    ・標準的な洋FPSを踏襲してるので、それらが好きならすんなりとできる

    ・付加されたギミックがある
    悪い点
    ・地形が代わり映えしない

    ・シリーズを通してやってないファンには興味を持つのが難しいゲームデザイン

    ・欧米のFPSらしいFPSなので、全く苦手な人には興味をもてる点が少ない
    総評
    オーソドックスないわゆる洋ゲーのFPSゲームという感じです。アメコミ風のデザインや成長要素を付加していますがあくまでも一般的な洋ゲーFPSなので、アクションゲーム的なものや、TPSの地球防衛軍のようなアクションゲーム寄りなシューディングを求めていて、一般的な洋ゲーFPSにあまり興味のない場合は、飽きるのも早いのではないかとおもいます。
    また、あくまでもシリーズの拡張といった、シリーズファン向けのファンサービス作品という色合いが強く、シリーズをやったことのないユーザーには魅力が半減している気がします。
    ビジュアルは日本のゲームにはない独特の魅力があり、個人的には好みです。
    今現在、敵かカボチャ頭のキャラクターになるというイベントがおこっているらしく、制作会社の遊び心やちよっと変わったギミックを楽しみたいFPSファンは体験してみるのもいいのではないでしょうか。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 2 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月24日〜08月25日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月