オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/29 00:25

連載

ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚



NHN JAPAN
佐藤 豪

代表作:「雷電II」,「VIPER PHASE ONE」,「チョコットランド」,「DAME×PRINCE」など

●ナムコサウンドミュージアム from X68000

画像(050)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
2018年ももうすぐ終わろうとしてますが、今年も気になったゲーム音楽CDを1枚取り上げてみたいと思います。今年も沢山のCDが発売されましたが、自分的には「ナムコサウンドミュージアム from X68000」を選ばせてもらいました。X68000は自分の世代には語らずにはいられない思い出のハードで、リリースされたコンテンツ的にも、多くの人に多大な影響を与えてきました。このX68000で奏でる旧ナムコサウンドを今こうして聴いてると、オリジナルとはまた違った良さが再確認できます。中でも思い出深いのは、アーケード版「ボスコニアン」を移植した「ボスコニアン for X68000」で、アーケード版にはないオリジナルBGMが追加されて、当時は物凄い話題になりました。特に「FLASH FLASH FLASH」はアップテンポでかっこよく、一番人気の高い曲だったと記憶しています。当時をリアルタイムで通ってきた人は、間違いなく当時の気持ちに戻れると思うし、知らない人は、今、古き良き時代の1ページを知ることができる良いCDだと思うので、是非一度聴いてみて欲しいと思います!

画像(004)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
ナムコサウンドミュージアム from X68000
[発売日]2018年2月22日
[価格]6800円(税抜)
[発売元]SweepRecord
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 143



DETUNE
佐野電磁

代表作:「鉄拳3」,「リッジレーサー」,「ドラッグ・オン・ドラグーン」,「グルーヴコースター」,「KORG Gadget for Nintendo Switch」など

●スーパーマリオ オデッセイ オリジナルサウンドトラック

画像(051)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
いたずらにノスタルジーに浸らず、とは言え今どきを狙わず、安易に豪華さに走らず、あくまでもゲームを盛り上げる要素としての絶妙な距離感であの頃の「スーパーマリオ」のDNAを確実に感じさせる音楽。自分もいつの日かこんな純粋なゲーム音楽を作りたいという気持ちも込めて。


画像(006)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
スーパーマリオ オデッセイ オリジナルサウンドトラック
[発売日]2018年2月28日
[価格]4600円(税抜)
[発売元]ビーイング
(C)2017 Nintendo

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 149



ユニークノート
柴田徹也

代表作:「デビル メイ クライ 2,3,4」,「モンスターハンター」,「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」,「メルクストーリア -癒術士と鈴のしらべ-」,「FINAL FANTASY XV」など

●ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド オリジナルサウンドトラック

画像(052)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
「ゼルダの伝説」は私が小学生の時にファミコンのディスクシステムのソフトとして出たタイトルです(友達の家でめちゃくちゃプレイしました)ので、もはや宮崎駿アニメと同じくらい長く触れて来ているコンテンツです。
音楽はどの「ゼルダ」をプレイしても非常に印象深く、哀愁のある美しい「ゼルダワールド」な旋律を奏でてくれます。
安心・安定のサントラでおススメです!


画像(053)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド オリジナルサウンドトラック
[発売日]2018年4月25日
[価格]5000円(税抜)
[発売元]日本コロムビア
(C)2017 Nintendo

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 154



タイトーサウンドチームZUNTATA
下田 祐

代表作:「アリス・ギア・アイギス」,「レイクライシス」(TAITO CLASSICS版 アレンジBGM),「たけしの挑戦状」(TAITO CLASSICS版 追加BGM),「ロックマン9 野望の復活!!」,「エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜」など

●Death Crimson Soundtracks

画像(054)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
山水館の渡辺邦孝氏が還暦を過ぎて人生をまとめるため、代表作「デス・クリムゾン」の楽曲を今の音源で再アレンジ。「デスマスク」「赤の扉」はエクゾティカや民族音楽の要素がある妖しく技巧的な曲で、そこに怪しいゲームの思い出が重なってきて聴くとじわじわ笑えてきます。タイトルからして意気込みの伝わる渾身のボーナストラック「クリムゾン・デスの宮殿(In the Court of Crimson Death)」など、渡辺氏の人柄の出た傑作です。今年一番プログレッシブなゲーム音楽アルバムだと思います。


画像(055)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
Death Crimson Soundtracks
[発売日]2018年11月14日
[価格]2500円(税抜)
[発売元]アンコール音楽工房
(C)Encore Musique Atelier

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 168



ノイジークローク
白澤 亮

代表作:「デジモンリアライズ」,「GITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE(Drastic Your Dream)」,「ワールド オブ ファイナルファンタジー(エンディングテーマ「ワールド・パレード」)」,「DDR A(Pursuer)」,「pop'n music peace(Dive to the sky)」など

●交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

画像(056)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
ノイジークロークの白澤亮です。
ゲームをプレイしてはサントラを買う、という事を繰り返してます。
もはや説明不要の1枚かと思いますが、CD2枚組の全19曲収録で、メドレーになっているものも多く、実際には曲数以上のボリュームに感じられると思います。
個人的なお気に入りは「時の祭壇」と「オーレ!シルビア!」です。
「時の祭壇」はウッドブロックとフルートとシンプルな楽器構成ながら、ゲームの世界観にとてもマッチしていてとても神秘的な印象です。
対照的に「オーレ!シルビア!」はすごく賑やかな曲で、木管が忙しく動いていますが、どこか気品や艶っぽさを感じられるところがシルビアのイメージにもとても合っているな、と思いました。これまでの伝統通りブックレットには収録楽曲の譜面が付いていて、譜面を眺めながら曲を聴くとより一層楽しめるかと思います。
オーケストレーションや、すぎやま先生の音楽を学びたいと思っている人には、教材としてもいいんじゃないでしょうか。

画像(057)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて
[発売日]2018年1月24日
[価格]4000円(税抜)
[発売元]キングレコード
(C)SUGIYAMA KOBO



スタジオエデン
杉浦勇紀

代表作:「戦刻ナイトブラッド」,「薄桜鬼」シリーズ,「DIABOLIK LOVERS」シリーズ,「ネプテューヌ」シリーズ,「東京喰種 トーキョーグール JAIL」など

●スーパーロボット大戦V オリジナルサウンドトラック

画像(058)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
今回、私が選ぶ2018年のこの1枚は、「スーパーロボット大戦V」のサントラです。「スーパーロボット大戦」シリーズはスーファミ時代から遊んでいたので懐かしく、今も熱い魂を感じる作品です。ロボット登場時にアニメの印象的なテーマ曲が流れるんですが、「きたー!」とつい声が出てしまいます。今回の「スーパーロボット大戦V」のサントラも、期待以上の素晴らしさです。懐かしい曲も当時の印象を残しつつ、音色を差し替える等アレンジされているのですが、これが力強くてカッコいい。ゲームオリジナル曲も素晴らしく、何度聴いても爽快感があり、アガります。ゲームファンの方はもちろん、これからコンポーザーを目指す方にも、自信を持ってオススメします。

画像(059)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
スーパーロボット大戦V オリジナルサウンドトラック
[発売日]2018年4月4日
[価格]4000円(税抜)
[発売元]ランティス
(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
(C)賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
(C)カラー
(C)Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning
(C)サンライズ
(C)SUNRISE/PROJECT ANGE
(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
(C)創通・サンライズ
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 153



セガゲームス
瀬津丸 勝

代表作:「サンバDEアミーゴ」,「龍が如く」シリーズ,「ファンタシースターオンライン2」など

●東亜プラン ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.10

画像(060)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
毎度毎度レトロゲームサントラに焦点を当てております、瀬津丸です。今年もそうです。なぜか昨年「達人王」の人気が再燃しました。とある雑誌の歴代シューティングゲームランキングで8位に入ってみたり。そんな「達人王」の曲が私は好きです。正確に言うと、「達人王」の曲の「音」が好きです。東亜プランのシューティングといえばノリノリのリズムに、ギターを模したFM音源特有のギャンギャン鳴るサウンドが特徴でした。それが「達人王」になってから、柔らかめの音色を前面に据え、複数チャンネルを使ったディレイを多用して、透明感のある音作りを全面に出しています。発売直後の「達人王」をゲームセンターでプレイした際、「これは今までの東亜BGMと全く違うぞ!」とワクワクしました。しかしゲームが難しすぎて、1面BGMだけを繰り返し聴くハメに……。ようやく2面へ到達すると、BGMがダークな雰囲気に一変します。シューティングゲームの曲としてはテンポ遅めなのが、むしろメリハリを効かせていると思います。3面以降のBGMは、ゲームをしながら聴いた事がありません! なにしろゲームが難しすぎて……。この原稿をしたためる合間に、「達人王」1面BGMをギターで弾いていました。透明感のあるサウンド、皆様にも伝わりますように。

画像(061)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
東亜プラン ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.10
[発売日]2018年9月26日
[価格]2700円(税抜)
[発売元]クラリスディスク
(C)TOAPLAN Co., Ltd.
(C)TATSUJIN Co., Ltd.



サウンドプレステージCEO,トゥーキョーゲームスCOO
高田雅史

代表作:「ダンガンロンパ」シリーズ,「夢王国と眠れる100人の王子様」,「デジモンストーリー サイバースルゥース」,「地球防衛軍」シリーズ,「killer7」など

●Piano Collections NieR:Automata

画像(062)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
「NieR:Automata」の音楽とても大好きです! そのピアノコレクション。もの悲しく切なく美しく絵画のよう。とても印象的なメロディ。ピアノバージョンにより、よりいっそう意識に強くゲームプレイ時の情景が蘇ります。音楽の力によって、このセカイとプレイヤーの隙間を満たしてくれているような気がします。


画像(063)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
Piano Collections NieR:Automata
[発売日]2018年4月25日
[価格]2800円(税抜)
[発売元]スクウェア・エニックス
(C)2017, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



アクワイア
田崎寿子

代表作:「デビルサマナー ソウルハッカーズ」,「AKIBA'S TRIP」シリーズ,「おさわり探偵 小沢里奈」シリーズ など

●OCTOPATH TRAVELER Original Soundtrack

画像(064)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
トータル85曲、237分。2018年ベストバランスJRPGのBGMと言って過言ではないアルバム(っていうか、こんなに曲数があったのか……西木さん凄いな……)。何が凄いって、この「OCTOPATH TRAVELER」は開発画面が出来あがる前に曲が発注され、全曲書き上げられていました。今回、「OCTOPATH TRAVELER」のイベントスクリプトを全チェックさせて頂いたのですが、私は画面がどんな感じか見えないと合致した曲を書けるか不安になる派なのですが、西木さんが書かれた曲は演出にばっちりはまっていて感動しました。プロの仕事って凄い! 主要キャラのテーマ曲があるのですが、キャラの性格に寄せるのかイベント内容に寄せるのかって普通わけわかめになるんですが、どちらにも寄せてあって使う側からすると神曲ばかり。ちなみに私が好きな曲は、フロストランド地方の曲。雪の質感を感じる音がたまらなく切ないです。

画像(039)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
OCTOPATH TRAVELER Original Soundtrack
[発売日]2018年7月13日
[価格]3800円(税抜)
[発売元]スクウェア・エニックス
(C)2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 161



フリーランス
谷岡久美

代表作:「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」シリーズ,「ファイナルファンタジーXI」,「チョコボの不思議なダンジョン」シリーズ,「ラグナロク オデッセイ」シリーズ,「逆転オセロニア」など

●FINAL FANTASY Record Keeper Original Soundtrack vol.3

photo by Yutaka Nakamura
画像(065)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
私も参加させていただきました、「FFRK」のサウンドトラック第3弾です。「FF」シリーズは実に15作にのぼり、植松さんを中心に様々な作家の方々がその世界の音楽を作り上げています。
この「FFRK」では、その音楽を新たにアレンジした曲、そしてオリジナルの曲など、さらにたくさんの作家の方々の手によって音楽が作られています。今回は私の作った「ShadowLoad」もカッコよくアレンジしていただいています。
たくさんの方々の曲が集まっているのに、やっぱりどこか「FF」であるという雰囲気。
それぞれの個性が感じられるのに、なぜかひとつにすっとまとまっている。
とても「FFRK」らしさが感じられる一枚だと思います。

画像(066)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
FINAL FANTASY Record Keeper Original Soundtrack vol.3
[発売日]2018年9月26日
[価格]2500円(税抜)
[発売元]スクウェア・エニックス
(C)SQUARE ENIX CO., LTD.
(C)DeNA Co., Ltd.



プロキオン・スタジオ
土屋俊輔

代表作:「アナザーエデン 時空を超える猫」,「ステラグロウ」,「リボルバーズエイト」,「超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido」,「もし、この世界に神様がいるとするならば。」など

●Detroit: Become Human Original Soundtrack

画像(067)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
心を揺さぶる演出と寄り添うように流れる音楽の妙が素晴らしい本作ですが、僕は中でも「カーラのテーマ」に心を奪われました。最初はシンプルな構成から始まり徐々に楽器が増えていく構成は、感情を持たないアンドロイドのカーラが、次第に人間らしい感情を持つようになる様と見事にシンクロしており、とても印象的です。また本曲中を通して奏でられる16分音符の速いパッセージは、彼女の様々な感情の萌芽やこれからの旅路の困難を表現しているよう。このサントラを聴くとゲームを体験した時の感情が自然と思い起こされ、クリアした今もまた本作をプレイしたくなるのです。

画像(026)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
Detroit: Become Human Original Soundtrack
[発売日]2018年6月22日
[価格]6000円(税込)
[発売元]Sony Interactive Entertainment
(C)2018 Sony Interactive Entertainment Europe



タイトーサウンドチームZUNTATA
土屋昇平

代表作:「ダライアスバースト」シリーズ,「グルーヴコースター」シリーズ,「SPACE INVADERS GIGAMAX」,「ピリオドゼロ」,「Wizrogue 〜Labyrinth of Wizardry〜」など

●BeatSaber(Original Game soundtrack)

画像(068)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
今年もたくさん良いゲーム、良いゲーム音楽が出すぎてしまい、てんてこ舞いです。それで今年はこちらをご紹介できればと思います。おそらく私が今年一番ヘビロテしたVGMです。作曲のJaroslavさんはDJやってたり、トレーラーミュージックとかを制作するプロダクションに所属してたりもして、とても幅広い音楽性を持っている方だと思っています。「スタークラフト2」のカットシーンの音楽でG.A.N.Gという著名なゲームサウンドのアワードを取ったり、Forbes「30 under 30」に取り上げられたりしてスーパーマンな感じです。この「BeatSaber」の曲は、EDMなんだけどEDMにしちゃなんか妙で不思議な曲です。フロアミュージックとトレーラーミュージックがいい具合に混ざったのか、なんかとにかく不思議な魅力があるんですよね。ぜひ聴いてみてください。

画像(069)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
BeatSaber(Original Game soundtrack)
[発売日]2018年4月30日
[価格]1500円(税込)
[発売元]Epic Music Productions
(C)2018 Epic Music Productions



イニスジェイ
TECHNOuchi

代表作:「CHAINDIVE」,「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」シリーズ,「DEMON'S SOULS/DARK SOULS」,「The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -」など

●GALAXY VOYAGER ORIGINAL SOUNDTRACK

画像(070)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
今年はちゃんとゲームのサントラを選びました! ……ですが「架空」のゲームサントラなので、ゲームは実際には発売されていません!(笑)。
架空ゲームのサントラをゲームコンポーザーが寄ってたかって作るシリーズは、サントラを聴きながらゲームを脳内で想像(創造?)して貰おうという普通とは逆のコンセプトで成り立っており、今回で3作目となる本作はシューティングゲームを想定したものとなっています。
今年2月の“東京ゲーム音楽ショウ2018”でリリースされ、シューティングに特化したライブイベントであったり、アレンジバンドが誕生したり、更にリミックス盤がリリースされたり……と、派生の展開もすごかった印象です。すでに東京ゲーム音楽ショウ盤は完売しており、あとは参加作家さん各々のジャケットのものをイベントなどで探して購入するしかないのですが……。
余談ですが来年の東京ゲーム音楽ショウでは架空シリーズ第4弾が登場するみたいで、こちらも要チェックですよ!

画像(071)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚 GALAXY VOYAGER ORIGINAL SOUNDTRACK
[発売日]2018年2月24日
[価格]2500円(税込)
[発売元]VVGSSプロジェクト
(C)&(P)Virtual Video Game Music Project 2018. All Rights Reserved.



オストロム
豊田竜行

代表作:「不思議の幻想郷 -ロータスラビリンス-」,「乃木坂46 川後陽菜PV」,「Live Wandererプロジェクト」など

●スーパーロボット大戦V オリジナルサウンドトラック

画像(072)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
自分の生まれる以前に放映された作品から、ごく最近の作品まで、様々なロボットアニメ音楽を一気に聴けるのは、「スパロボ」サントラならではの醍醐味です。
CD全5枚組の特大ボリューム。劇中オリジナル音楽は、重厚でカッコいいオーケストラが中心で、「スパロボ」を詳しく知らなくても、劇伴が好きな方ならきっと気にいることでしょう。
個人的には、DISC2の「マットブラック・バレット」がお気に入り。
好きなアニメ作品の曲を聴きこむもよし。オリジナル曲で「スパロボ」世界にドップリ浸るのもよし。
楽しみ方がたくさんあります!

画像(059)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
スーパーロボット大戦V オリジナルサウンドトラック
[発売日]2018年4月4日
[価格]4000円(税抜)
[発売元]ランティス
(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
(C)賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
(C)カラー
(C)Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning
(C)サンライズ
(C)SUNRISE/PROJECT ANGE
(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
(C)創通・サンライズ
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 153



dIGIFLOYD
中潟憲雄

代表作:「プロ野球 ファミリースタジアム」,「源平討魔伝」,「サンダーセプター」,「暴れん坊天狗」,「NEO平安京エイリアン」など

●Death Crimson Soundtracks
●GALAXY VOYAGER REMIXERS

画像(073)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
 1枚めはセガサターン伝説のクソゲーとして名高い「デス・クリムゾン」。しかしそのサウンドは渡辺邦孝氏のプログレッシブロック魂が炸裂し、キングクリムゾン、ELP、時としてアモンデュールなどを彷彿させ、変拍子に思わず体が動いてしまう快作となっている。
 2枚め、「ギャラクシーボイジャー」は架空シューティングゲームサントラとして企画された作品だが、本作はそれを私も含め業界歴戦の勇者達がアレンジしたリミックス版で、多様性に富んだ創造性豊かな作品に仕上がっており、シューティングファンのみならず多くのゲーム音楽ファンに聴いて貰いたい作品だ。

画像(055)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
Death Crimson Soundtracks
[発売日]2018年11月14日
[価格]2500円(税抜)
[発売元]アンコール音楽工房
(C)Encore Musique Atelier

画像(074)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2018年この1枚 GALAXY VOYAGER REMIXERS
[発売日]2018年8月19日
[価格]2860円(税込)
[発売元]VVGSSプロジェクト
(C)VVGSS Project 2018. All Rights Reserved.

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 168

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月15日〜11月16日