オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アーケードTCG「機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー」,オフィシャルCBTレポートが公開に。PS Vita「EXVS-FORCE」初回特典にPRカードが付属
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/22 19:08

ニュース

アーケードTCG「機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー」,オフィシャルCBTレポートが公開に。PS Vita「EXVS-FORCE」初回特典にPRカードが付属

PRカード「RX-78-2 ガンダム」
 バンダイナムコエンターテインメントは本日(2015年12月22日),2016年に稼働を予定しているアーケードTCG「機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー」のクローズドβテストレポートを公開した。

 このクローズドβテストは,抽選によって選ばれたテスターによって,11月末に行われたもの。稼働に向け,ブラッシュアップが続けられている本作の制作状況についても触れているので,本作に期待する人はチェックしてほしい。
 また,12月23日に発売されるPlayStation Vita用ソフト「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」には,本作のPRカード「RX-78-2 ガンダム」が封入されることも明らかとなっている。

「機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー」公式サイト


クローズドベータテストレポート


クローズドベータテストの概要


 2015年11月下旬、『機動戦士ガンダムU.C.カードビルダー』のクローズドベータテストが実施された。同テストには、応募者のなかから抽選で選ばれた複数名が参加。CPU戦と、参加者同士での対戦プレイを体験してもらった。対戦プレイにおいては、2016年の稼動開始時に実装予定のカードの一部を使い、各々デッキを構成した上で戦っている。なお、参加者のなかには、2015年7月と8月に行われたアルファロケテストにて、本作のプレイ経験がある人も含まれていた。

 クローズドベータテストでは、アルファロケテストを経て、新要素の実装ならびに各種機能の調整が行われている。テスト参加者の声とともに、それらを紹介していこう。


クローズドベータテストで実装された要素と機能


【ポイント1】本作の醍醐味の1つ「対戦モード」がプレイ可能に

本作には、1人で気軽に遊べるCPU戦の「ミッションモード」と、全国のユーザーまたは店舗内でのバトルを楽しめる「対戦モード」が用意されている。ロケテストではCPU戦のみ実装されていたため、対戦プレイを体験できるのは今回が初。参加者からは、「CPU戦とはスピード感や駆け引きが大きく変わる」「覚えることは多いが、理解すればするほど楽しくなる」といった意見が挙がった。
 なお、対戦は複数回行われたため、参加者もテスト終了時にはゲームへの理解度が深まった様子。後述の新たな攻撃方法を試したり、画面内の表示情報を確認したりと、細かい部分までチェックしている人も多かった。

機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー
ゲームモード選択画面
機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー
バトルで直接動かすユニットは最大3つ。対戦では、CPU戦以上に素早いカード操作を行うユーザーが多かった。


【ポイント2】強力かつMSごとの演出が魅力的な「ストライクアタック」を導入

 本作の敵ユニットを攻撃する方法には、フィールド上で敵をロックオンすれば自動的に行われる「通常攻撃」と、強力かつ個別のカットシーンが挿入される「ストライクアタック」、アシストデッキとの連携による大ダメージが期待できる「ストライクオペレーション」の3つが存在する。そのうち「ストライクアタック」はアルファロケテストの参加者から寄せられた「もっとMSごとの演出をたくさん見たい」「バトルの展開にメリハリがほしい」などの意見を元に追加された要素だ。

 「ストライクアタック」は、敵ユニットをロックして通常攻撃を当て続けた後、専用のゲージがいっぱいになったときに物理ボタンを叩くと発動できる。威力が高いうえ、敵に「スペックブレイク」という能力低下効果を付与できる。比較的頻繁に発動可能なため、いかに敵をロックするかと、それにどう対処するかの、新たな駆け引きが生まれた。クローズドベータテストの参加者からは「バトルのテンポが良くなった」「ボタンを叩く機会が多くなりカードビルダーらしくなった」「大きなダメージを狙える要素と、バトル中に考えるべきことが増えて、より戦略的になった」「MSごとに演出が違うので、いろいろ見てみたくなる」などの意見が挙がった。

 そのほか、ストライクアタックならびにストライクオペレーション使用後、タッチパネル上のカードを現在地から遠くに置くとダッシュができる機能も追加。いったん敵から離れる、一気に距離を詰めるといった行動が可能になり、早速使いこなして優位に立ち回る参加者もいた。

機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー
ストライクアタック発動時。テンポの良いカットイン演出が発生する。
機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー
命中すれば大きなダメージが期待できるストライクアタック。各MSに用意されたデモシーンのダイナミックな演出も大きな魅力だ。


【ポイント3】メインとアシスト、自由な組み合わせが可能なデッキ構築

 本作のユニットは、メカニックカード1枚とパイロットカード1枚で構成される。バトル中に直接動かすのは、最大3組のメインユニットだが、メインユニットそれぞれに対し、援護役のアシストユニットを編成できる。アシストユニットは、フィールド上で攻撃を行う「TROOPER(トルーパー)」と、ストライクオペレーション時に攻撃・防御に参加する「STRIKER(ストライカー)」の2種類がある。こちらも、それぞれ最大3ユニットを編成できるため、デッキ構成は非常に自由度が高いのだ。

 前述のとおり、参加者には、稼動時に実装予定のカードの一部を用いて自由にデッキを組んでもらったのだが、 「これならロマンデッキも追求できそう」「低コストのユニットだけで高コストのデッキに立ち向かえるのが良い」 「使ってみたいMSが多いので、持ち帰ってじっくり考えたい」「組んで試して、というトライ&エラーはやり応えがありそう」と、熟考する様子が見られた。最終的に選んだカードは、パラメータ重視、好きなMS中心、原作を再現したチーム、スキルの相性を考えて、など、ユーザーごとにさまざまだった。

 なお、稼動後は、ゲーム中だけでなく、本作の連動Webサイトでもアシストユニットの編制が可能になる予定。同サイトを利用すれば、ゲームセンターだけではなく自宅や出先でもじっくりとデッキ編成を考えられるだろう。

機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー
メインユニット編制画面。メカニックカードとパイロットカードを組み合わせて、ゲーム中に操作するユニットを最大3機まで編制できる。
機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー
アシストユニット編制画面。メインユニット1体に対し、TROOPER3体とSTRIKER3体を編成できる。コスト次第ではあるが、1つのデッキには最大で21体のユニットを使用可能だ。


2016年の稼動に向けて


■さまざまな要素をブラッシュアップし、制作進行中!


 上記のほかにも、ロックオン対象を示すラインや、ダメージ表示の仕方、ストライクオペレーション発動前に表示されるゲージといったユーザーインターフェースも、アルファロケテストの参加者から挙がった意見を元に改善が行われている。今回のクローズドベータテストを踏まえ、新たな調整や機能追加も進行中とのことだ。

■さらなる最新情報も、まもなく公開!


 2016年の本稼動に向けて、今後は情報の発信ペースもアップするようだ。まずは、近日中にゲームやカードに関する新たな情報が、各種媒体および公式サイトで公開予定とのこと。同じタイミングで、本作に関する重要な発表も予定されているようなので、期待してほしい。


PS Vita「EXVS-FORCE」明日12/23発売! 本作プロモーションレアカードを世界最速封入!


 『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』本稼働時に使用できるプロモーションレアカード≪RX-78-2 ガンダム≫が初回特典として世界最速封入される、PlayStation Vita『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』が、いよいよ明日、12月23日(水)に発売される!ここでしか手に入らない限定カードを見逃すな!

機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー

■『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』公式サイト:http://gundam-cardbuilder.com/

※初回封入特典は数に限りがございます。なくなり次第終了となりますのでご了承ください。
※特典は、PlayStation Vita『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』製品内に封入されております。
※写真・イラストはイメージです。内容・仕様は予告なく一部変更になる場合がございます。
※一部店舗では取扱いの無い場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。

「機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー」公式サイト

  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月