オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
シルバー2425公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「シルバー2425」,4つめの追加シナリオ「UTSUTSU」の存在が明らかに。「white out」「black out」「YUKI」の追加情報も公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/01 15:00

ニュース

「シルバー2425」,4つめの追加シナリオ「UTSUTSU」の存在が明らかに。「white out」「black out」「YUKI」の追加情報も公開

シルバー2425
シルバー2425
 日本一ソフトウェアから,2018年3月15日に発売される予定のPlayStation 4用ソフト「シルバー2425」。本稿では,発売が近づいてきた本作の概要をあらためて紹介しよう。
 本作で追加される新シナリオ「UTSUTSU」の情報も公開されているのでお見逃しなく。

 本作は,グラスホッパー・マニファクチュアから1999年にPlayStation用ソフトとして発売された「シルバー事件」,2005年に携帯用アプリとして配信された「シルバー事件25区」の2タイトルを,PlayStation 4向けにリメイクしてまとめて収録したものだ。もちろん,須田剛一氏がプロデューサーとして制作に関わっている。

シルバー2425 シルバー2425

 本作は,謎解きやダンジョン探索のような要素を含んだアドベンチャーゲームだが,ただ文章を読み進める形にならないように工夫されている。
 画面内にイラスト,キャラクターアイコン,文章など複数の“窓”が表示され,表示位置や大きさが異なるだけでなく,ムービーを見ながら文章を読み進めるなど,マルチタスク風の演出が行われることもあるなど,演出面に力が入れられている。

シルバー2425 シルバー2425

シルバー2425
「シルバー事件」の「メニュー・ウィンドウ」は,「M」「C」「I」「S」のアルファベットのみ表示される。それぞれ「MOVEMENT」(移動),CONTACT(接触),INPLEMENT(道具の使用),SAVE(セーブ)を意味する
シルバー2425
「シルバー事件25区」では,PlayStation 4でプレイしやすくするため,インタフェースは一新されている

 リメイクにあたり,高画質化やインタフェースなどシステムのブラッシュアップがなされている。また,追加シナリオとして,以前「こちら」の記事でも取り上げた「white out」「black out」「YUKI」の3本に,「UTSUTSU」を加えた4本が収録される。

シルバー2425
 まずは,物語の概要から説明しよう。
 「シルバー事件」は,国家によって計画され造られた,カントウ国家経済行政特別自治区の「24区」が舞台。
 この都市の治安維持機構である「24署」の凶悪犯罪課に所属する特別捜査官達が,謎の連続殺人事件を追いかける中で,かつて24区で起きた伝説的な事件「シルバー事件」の犯人「ウエハラカムイ」の姿が浮かび上がる。
 捜査を進めるにつれ,幾多の事件と「シルバー事件」のつながり,そしてウエハラカムイとは何者なのかなど,さまざまな謎が解き明かされていくことになる。

シルバー2425
Transmitter編 〈デコイマン〉より
シルバー2425
Transmitter編 〈パレード〉より
シルバー2425
Placebo編 〈ユメ〉より

『シルバー事件』ストーリー
シルバー2425
シルバー2425
国家によって完全に計画され造られた都市「カントウ24区」。
24署凶悪犯罪二課のクサビは、帰宅途中に突如何者かに発砲される。
そこから次々と謎の連続殺人事件が発生する。

クサビは事件を追う内に、20年前の伝説的事件「シルバー事件」の犯人、ウエハラカムイに行き当たる。
はたしてカムイとは何者なのか、「シルバー事件」とは何だったのか。

幾多の事件は「シルバー事件」へと回帰する。

『シルバー事件』キャラクター

シルバー2425
クサビ テツゴロウ

24署凶悪犯罪課のベテラン捜査官。20年前に起きた「シルバー事件」でウエハラカムイを逮捕し、その功績が認められ公安部所属となるも、かつての上司だったコトブキの誘いにより凶悪犯罪課発足時のメンバーとなる。私生活では娘に嫌われることを恐れる普通の父親だが、捜査においては本能的な直感を発揮する。
シルバー2425
コダイ スミオ

クサビとパートナーを組む24署凶悪犯罪課捜査官。生真面目な性格で、犯罪抑止・事件解決に情熱を注ぐ。意図的にエリートコースを外れたとも思える経歴を持ち、そこには隠された目的があるように思える。
シルバー2425
ウエハラ カムイ

「シルバー事件」の容疑者。強度の精神症と診断され、24区内IMM病院精神科に収容されカウンセリングによる治療を受けていた。
シルバー2425
ハチスカ チズル

24署凶悪犯罪課の紅一点。頭脳明晰でいて眉目秀麗な彼女だが、廻りから煙たがれているのも事実である。科学的な根拠やデータを元にした捜査が得意なため、直感を重視するクサビとは対立することもしばしば。
シルバー2425
コトブキ シンジ

24署凶悪犯罪課を設立した凶悪犯罪対策本部長。足で捜査することこそ少ないが、凶悪犯罪課を後方で支え、個性の強い面々をひとつにまとめる人望の厚い人物。いかなるときも冷静な判断を下す、信頼の出来る頼れる上司。
シルバー2425
モリカワ キヨシ

クサビの古い同僚で、クサビと同じ24署凶悪犯罪課のベテラン捜査官。署内には不在のときが多く、まわりには気分屋と思われているが、その実、丹念な調査や聞き込みなど、着実に足で確かな情報を見つけている。他刑事のサポートにも力を惜しまず、派手な活躍こそないが、冷静沈着でそつがない敏腕刑事。

シルバー2425
 「シルバー事件25区」は「シルバー事件」の約6年後の物語となる。24区構造をテストサンプルとした新たな管理社会「カントウ25区」が舞台で,中央警察組織「凶悪犯罪課」や郵政事業連盟「地域調整課」によって,犯罪や差別のない“理想的な社会”が形作られていた。
 しかしある日,外傷のない女性の死体が,大量の血痕が飛散したタワーマンションの一室で発見されたことをきっかけに,異常な事件が次々と発生していく。
 ゲームでは,「凶悪犯罪課」「地域調整課」そして元ジャーナリスト「モリシマトキオ」それぞれの視点から描いた,「-Correctness-」「-Matchmaker-」「-Placebo-」という3つのストーリーが展開され,25区に隠された秘密に迫っていくことになる。

シルバー2425
〈Correctness〉より
シルバー2425
〈Matchmaker〉より
シルバー2425
〈Placebo〉より

『シルバー事件25区』ストーリー
シルバー2425
24区構造をテストサンプルとした理想管理社会「カントウ25区」。
25区内の犯罪因子となりうるものを排除する中央警察組織「凶悪犯罪課」や郵政事業連盟「地域調整課」によって、25区は犯罪や差別のない、理想的な社会が象られていた。
しかし、ある日25区の中心ともいえるベイサイドタワーランドで、謎の死体が見つかる。
身体に無数の穴をあけ、エレベーター内で立ったまま死んでいたマンション管理人の死体と、損傷のない女性の死体。そして、部屋に飛び散った大量の血痕。
突如起きたこの異常な殺人に、「凶悪犯罪課」、「地域調整課」がそれぞれ動き出す。

『シルバー事件25区』ではこの殺人事件を、
中央警察組織「凶悪犯罪課」の視点で描いた〈Correctness〉
郵政事業連盟「地域調整課」の視点で描いた〈Matchmaker〉
元ジャーナリスト・モリシマトキオの視点で描いた〈Placebo〉
の、3つのストーリーから追っていく。

『シルバー事件25区』キャラクター

シルバー2425
シロヤブ モクタロウ
(凶悪犯罪課)

“ジャブロー”と愛称で親しまれる若手刑事。“犯罪は伝染する”とされる25区で、凶悪犯罪を追う。
シルバー2425
クロヤナギ シンコ
(凶悪犯罪課)

仕事中にエステに行ったり、コンパニオンやチャットレディを副業とするなど、傲慢な性格と型破りな行動から「和製ダーティハリー」と呼ばれる。凶犯課の中でも頭は切れ、腕も立つ。
シルバー2425
ツキ シンカイ
(地域調整課)

過去にヤクザ「オキアイ組」や、24区公安警察特殊部隊に所属した複雑な過去の持ち主。口うるさい面もあるが、後輩であるオオサトをなにかと目にかける、世話焼きの一面もある。
シルバー2425
オオサト ヨウタロウ
(地域調整課)

ツキの下につく新米刑事。常に緊張感が薄く、指示を聞き間違えることもしばしば。本人は知らないが、自身の持つ秘密の為に地域調整課に手厚く保護されている。

主人公

シルバー2425
『シルバー事件』でも『シルバー事件25区』でもプレイヤーは凶悪犯罪課の一員として事件の捜査に加わっていく。自ら喋ることはなく、自身についても過去についても、謎の人物となる。

■〈シルバー事件〉
24署の公安特殊部隊に所属し、ウエハラカムイ逃走時に捕獲作戦に参加する。捕獲作戦以降、凶悪犯罪課特別捜査官として24署の面々とカムイを追う。上司にあたるクサビには「デカチン」とニックネームで呼ばれる。

■〈シルバー事件25区〉
25区凶悪犯罪課のひとりとして凶悪犯罪を追っていく。ベイサイドタワーランドでの事件から、シロヤブ、クロヤナギらと捜査をともにする。

モリシマトキオ

シルバー2425
本タイトル中の『シルバー事件』、『シルバー事件25区』の両方に関わる大事なキーパーソン。

24区でのウエハラカムイ逃亡当時、フリージャーナリストとして事件を追っていたが、記憶を失ってしまう。
自分が誰なのか、ここはどこなのか、何も分からない状態で目が覚めたのは、25区内の、謎の男が所有した一隻のボートの中だった。
モリシマに、25区での事件を調べるよう次々と依頼をする謎の男。

この男は何者なのか、そして何故自分は記憶を失ったのか−。
記憶を取り戻すためにも、モリシマは謎の男からの依頼を遂行していく。
『Placebo』では、24区と25区、それぞれの裏の顔が、モリシマの手によって語られていく。

 追加シナリオ「white out」は,時系列的に言うと,「シルバー事件」から「シルバー事件25区」に続く物語で,「シルバー事件25区」のメインキャラの一人である「シロヤブ」が,凶悪犯罪課に所属するきっかけとなった事件が描かれる。
 「black out」は「シルバー事件25区」の全チャプターをクリアすると開放されるシナリオで,その内容は一切明かされていない。
 「YUKI」では,新たな登場人物「ユキ」を中心とした物語が展開される。
 女子高校生のユキが通学に利用する「雛代駅」では,連続で人身事故が発生していた。ユキはその原因に心当たりがあるのだという。この物語が,「シルバー事件25区」とどのように関わってくるのかは,ゲーム内で確認してほしい。

 そして,今回明らかにされた4つめの追加シナリオ「UTSUTSU」は,モリシマトキオの物語となる。かつて24区で起きた一連の事件を深く知る男が,自身による“24区の総括”を,ある人物に送付する。
 シルバー事件やウエハラカムイをモリシマトキオがどう総括するのか,そして総括を送る人物は何者なのか,内容が気になるところだ。

追加要素

既に熱烈なファンを多数もつ『シルバー事件』シリーズ。
『シルバー2425』は、リメイクにあたっての高画質化や、システムのブラッシュアップなどが行われているだけでなく、『シルバー2425』独自の要素として、4つの「新規シナリオ」が追加される。

■追加シナリオ〈white out〉
時系列的に『シルバー事件』と『シルバー事件25区』の間の物語。25区のメインの1人であるシロヤブが、凶悪犯罪課に所属するキッカケとなった事件が描かれる。

■追加シナリオ〈black out〉
『シルバー事件25区』に収録されたすべてのチャプターをクリアすることでアンロックされるシナリオ。気になる内容については、是非自分の目で確かめてほしい。

■追加シナリオ〈UTSUTSU〉
「シルバー事件」とは何だったのか?その容疑者「ウエハラカムイ」とは何者だったのか?フリージャーナリスト・モリシマトキオは、自身による"24区の総括"をある人物に送る―。

■追加シナリオ〈YUKI〉
現代を舞台とした、新たな登場人物「ユキ」の物語。女子高生であるユキが通学に使用する雛代駅では、ここのところ連続で人身事故が発生している。そして、ユキにはその原因に心当りがあった。

シルバー2425
〈white out〉内のイベントシーン
覆面の謎の男。佇まいから不気味な様子が伺える。シロヤブと、どう関わるのか。
シルバー2425
〈YUKI〉内のイベントシーン
通勤時間の女子高生という日常の横に、目を惹く異様な人物。その正体とは。

「シルバー2425」は通常版のほか,初回限定版も販売される。初回限定版に同梱される特典は,アートブックと4枚組のサントラCDとなる。日本一ソフトウェアの公式通販サイトでは,Tシャツ付き「Nippon1.jpショップ限定版」の予約を受付中
シルバー2425 シルバー2425

「シルバー2425」公式サイト

  • 関連タイトル:

    シルバー2425

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2018/03/30)
シルバー2425 【Amazon.co.jp限定】PS4用オリジナルテーマ 配信
Video Games
発売日:2018-03-15
価格:11639円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月