オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アカとブルー公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
ガチャがなくても面白い! 4Gamer編集部オススメの有料アプリ計15本をピックアップ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/12/28 00:00

企画記事

ガチャがなくても面白い! 4Gamer編集部オススメの有料アプリ計15本をピックアップ


「大逆転裁判」


 法廷における証人の発言などから矛盾点を見つけ出し,事件の真相を解明するというアドベンチャーゲーム。2001年に登場した「逆転裁判」以来,連綿と続いている人気シリーズだが,今作では舞台を19世紀の日本と倫敦(ロンドン)に移し,登場人物がほぼ刷新されている。
 長年人気を博しているシリーズは,未経験者からするとなんとなくハードルを感じてしまう部分があるかもしれないが,「大逆転裁判」ならそういった心配は無用だ。

アカとブルー

 また今作では,キャラクターのグラフィックスがフル3Dで描かれており,声優によるボイスもあてられ,従来のシリーズ作と比べて演出面も強化されている。シリーズ未体験の人は,ぜひ本作で“証拠を突きつける快感”を味わってほしい。

 逆転裁判シリーズは良作揃いなので,もし本腰を入れて遊びたいと思ったら「逆転裁判 123HD」iOS / Android)もオススメしたい。そこから先のストーリーは,ナンバリングの続編(4以降),主人公のライバル役にスポットを当てたスピンオフ「逆転検事」,そして「大逆転裁判」の各シリーズに大別されており,どれも甲乙付けがたい魅力がある。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「大逆転裁判」公式サイト

「大逆転裁判」ダウンロードページ

「大逆転裁判」ダウンロードページ



「たけしの挑戦状」


 1986年にタイトー(現・スクウェア・エニックス)が発売したファミリーコンピュータ用ソフト「たけしの挑戦状」を,スマホ向けにリニューアルしたタイトル。

アカとブルー

 サラリーマンの主人公が,島に眠っているとされる財宝を探しにいくというゲーム内容だが,いきなり退職届/離婚届を突きつけたり,マイクに向かって叫ぶ必要があったり,何もせずに1時間待ったりとデタラメな攻略法が当時物議をかもし,今でも“伝説のクソゲー”として名高い。
 当時の経験者などに話を聞いても,「早すぎたグランド・セフト・オート」「ソナチネやアウトレイジに続く北野映画の原点」など,どこまで嘘か本当か分からない散々な言われようである。

 しかも今回のリニューアルでは16:9のワイド画面へ対応しており,無敵モード/ハードモードや新エリアの追加も行われている。不条理なゲームバランスには一切手が加えられていないというのがなんとも憎い。

 優良な買い切り型のアプリを紹介するはずの今回の企画で,いったいどうして本作をピックアップしているのか自分でもよくわからないが,往年のレトロゲームを後世に伝える「TAITO CLASSICS」ブランドに敬意を表して,ということにしておいてほしい。同ブランドでは「タイムギャル」「レイシリーズ(3作品)」もリリースしており,今後のラインナップ拡充にも期待だ。(m.k)

アカとブルー アカとブルー

「TAITO CLASSICS」特設サイト


「たけしの挑戦状」公式サイト

「たけしの挑戦状」ダウンロードページ

「たけしの挑戦状」ダウンロードページ



「探偵 神宮寺三郎 Oldies」


 「俺は煙草に火を点けた」でおなじみのハードボイルド探偵,神宮寺三郎が活躍する「探偵 神宮寺三郎」シリーズの30周年記念作品としてリリースされた「探偵 神宮寺三郎 Oldies」iOS / Android)。これ自体は基本プレイ無料のポータルアプリで,アプリ内には,かつて携帯(ガラケー)モバイルアプリとしてリリースされた「キトの夜」「亡き子の肖像」「明けない夜に」の3作品が収録されている。もちろん,グラフィックスやUIなどはスマホ向けにリファインされており,いずれの作品も,1章を無料で楽しめ仕組みだ(それぞれ,1章終了時に480円を支払うことですべてのストーリーを楽しめる)。

アカとブルー

 “推理アドベンチャーゲーム”という性質上,収録作品の詳細については割愛させてもらうが,いずれも数時間で結末にたどり着けるほどよいボリューム感。雰囲気のいい音楽や,神宮寺三郎,御苑洋子,熊野参造といった主要登場人物が織りなす人間ドラマも魅力的だ。(スマホ向けとはいえ)ガラケー版よりも大画面でプレイできる点も嬉しいポイントである。

 UIや操作性の面でやや気になるところがあるものの,シリーズ30周年の節目にこういったアプリが登場したことは,古くからのファンにとっては非常に喜ばしいことだろう。2017年6月末のリリース時点から大きな動きはまだないが,その他の携帯モバイルアプリ版も続々とリファイン配信される予定とのことなので,大いに期待したい。(yusuke)

アカとブルー アカとブルー

「探偵 神宮寺三郎 Oldies」公式サイト

「探偵 神宮寺三郎 Oldies」ダウンロードページ

「探偵 神宮寺三郎 Oldies」ダウンロードページ



「信長の野望・武将風雲録」


アカとブルー
 コーエーテクモゲームスが1990年に発売した同名タイトルのニンテンドー3DS版をベースに,スマホ向けに最適化を行ったタイトル。この“武将風雲録”は,同社がかつて「信長の野望」30周年記念企画として実施したシリーズ人気投票で,1位を獲得したほどの作品である。

 プレイヤーは戦国大名のひとりとなり,配下の人材を駆使して国を豊かにし,合戦/外交を経て領地を拡大しながら天下統一をめざしていく。そういった「信長の野望」としての基本を踏まえたうえで,今作では合戦だけを短時間で楽しめる“群雄争覇モード”や,武将エディット機能などが盛り込まれている。

 同社はシリーズ最新作「信長の野望・大志」iOS版を2018年1月にリリースする予定だが,こちらは3Dグラフィックスや細かなUIを採用した正真正銘のハイエンド作。どちらかというと,タブレット端末で落ち着いて遊ぶのに向いたタイトルになりそうだ。
 一方で,武将風雲録における各種UIやボタン類は大きく,スマホの画面サイズでもじゅうぶん快適に遊べる。信長の野望として必要なシステムを過不足なく備え,スマホ向けアプリとして最適化された本作は,大志のリリース後も一定の需要があるだろう。(m.k)

アカとブルー アカとブルー

「信長の野望・武将風雲録」公式サイト

「信長の野望・武将風雲録」ダウンロードページ

「信長の野望・武将風雲録」ダウンロードページ



「はたらくUFO」


アカとブルー
 「はたらくUFO」iOS / Android)は,クレーンゲーム(UFOキャッチャー)のように荷物を掴み上げられる,UFOのマイキャラを操るステージクリア型のアクションゲームだ。
 マイキャラのプレイフィールはクレーンゲームに似ており,掴む場所によっては垂直に持ち上げられなかったり,重い荷物を運ぶときは慣性が生じて狙った場所に下ろせなかったりと,もどかしさが見事に再現されている。

 とはいえクリア条件はステージによって異なり,単にクレーンゲームをアプリ化しただけの内容ではない。トラックの荷台からこぼれた荷物を元通りにしたり,設計図どおりに建築材料を積み上げたり,チアガールを一定の高さに到達させたりといった具合で,隠しミッションも含め毎回新鮮に遊べるだろう。

 UFOを模したマイキャラは実に可愛らしく,ゲーム内通貨と引き替えに入手できる着せ替えアイテムは能力が微妙に変わることもあり,思わずフルコンプしたくなる。また,妙に耳に残るBGMはステージごとにアレンジされており,プレイ中は思わず口ずさんでしまうこと請け合いだ。
 本作は,HAL研究所が2017年8月に立ち上げたスマホ向けアプリの新ブランド「HAL Egg」の第一作とのことなので,今後の展開にも大いに期待したい。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「はたらくUFO」公式サイト

「はたらくUFO」ダウンロードページ

「はたらくUFO」ダウンロードページ



「半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!」


アカとブルー
 1992年にスーパーファミコン向けゲームとして発売された同名作を,スマホ向けにリファインしたタイトル。
 プレイヤーは王子として配下の将軍/英雄らを率い,フィールドに点在する居城を敵味方で奪い合う。いわゆるリアルタイムストラテジー(RTS)にも通じるゲーム内容で,内政要素は少なく,プレイヤーはバトルに集中しやすい作りだ。
 そのバトルも,タイミングよくタップするだけの簡単操作で,助っ人の“エッグモンスター”を召喚して戦わせるなど,とても遊びやすく作られている。

 それでいて,メインストーリーは“舞台劇”の手法で進行し,ナンセンスなギャグや同社のFF・サガシリーズなどのパロディが散りばめられており,スクウェア(現スクウェア・エニックス)のなかではひときわ異彩を放っているタイトルである。
 ベースが25年前の作品なので,若い世代の読者に向けてオススメするのはちょっと難しいかもしれないが,経験者が当時を懐かしみながら遊ぶにはちょうど良い作品といえるだろう。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!」公式サイト

「半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!」ダウンロードページ

「半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!」ダウンロードページ

 
(次ページへつづく)
 
  • 関連タイトル:

    アカとブルー

  • 関連タイトル:

    アカとブルー

  • 関連タイトル:

    EGGLIA 〜赤いぼうしの伝説〜

  • 関連タイトル:

    EGGLIA 〜赤いぼうしの伝説〜

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -ブラインドマン編-

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -ブラインドマン編-

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -悪霊編-

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -悪霊編-

  • 関連タイトル:

    大逆転裁判

  • 関連タイトル:

    大逆転裁判

  • 関連タイトル:

    たけしの挑戦状

  • 関連タイトル:

    たけしの挑戦状

  • 関連タイトル:

    探偵 神宮寺三郎 Oldies

  • 関連タイトル:

    探偵 神宮寺三郎 Oldies

  • 関連タイトル:

    信長の野望・武将風雲録

  • 関連タイトル:

    信長の野望・武将風雲録

  • 関連タイトル:

    はたらくUFO

  • 関連タイトル:

    はたらくUFO

  • 関連タイトル:

    半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

  • 関連タイトル:

    半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター ストーリーズ

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター ストーリーズ

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ

  • 関連タイトル:

    レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

  • 関連タイトル:

    レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

  • 関連タイトル:

    Bridge Constructor Portal

  • 関連タイトル:

    Sid Meier's Civilization VI

  • 関連タイトル:

    INSIDE

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月16日〜01月17日
タイトル評価ランキング
86
ゼノブレイド2 (Nintendo Switch)
83
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
68
アズールレーン (iPhone)
2017年07月〜2018年01月