オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アカとブルー公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ガチャがなくても面白い! 4Gamer編集部オススメの有料アプリ計15本をピックアップ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/28 00:00

企画記事

ガチャがなくても面白い! 4Gamer編集部オススメの有料アプリ計15本をピックアップ


「モンスターハンター ストーリーズ」


アカとブルー
 カプコンが2016年10月にニンテンドー3DS用ソフトとして発売した「モンスターハンター ストーリーズ」。そのiOS版が2017年12月4日から配信されている

 2004年に発売された第1作「モンスターハンター」を皮切りに,多くのファンに支持され続けてきたモンスターハンターシリーズは,狩猟を生業とする“ハンター”として自然が広がるフィールドへと繰り出し,大人しい草食動物から凶暴な肉食獣,果ては人間の何倍もあるビッグサイズの生物まで多彩なモンスターを狩るのが目的となるゲームだ。レベルの概念が存在せず,どんなに戦闘を重ねてもハンターのステータスは成長しない。強くなれるかどうかは倒したモンスターから得た素材で装備を作ったり,プレイヤーの技術を磨いたりといった点にあるのが特徴だ。

 モンスターハンター ストーリーズは,そんなシリーズの伝統とも言えるべきシステムとは,まったくの異なる切り口で開発されており,モンスターを“狩る”のではなく“共存する”対象としている。モンスターと共存する人間“ライダー”たちの村「ハクム村」で新米ライダーとなった主人公を中心に,ハンターとライダーの対比や,主人公と仲間モンスターの絆,そして「黒の狂気」と呼ばれる災厄など,濃密なストーリーが描かれる。

 バトルには,フィールド上で敵に触れると発生するシンボルエンカウント方式,およびターン制のコマンド入力バトルが採用されており,王道RPGとして気軽に楽しめる。主人公と仲間モンスターのツーマンセルで戦い,絆ゲージを溜めるとライダーが仲間モンスターの背に乗って連携攻撃を繰り出せる。その状態で絆ゲージを消費すれば必殺技「絆技」を発動することも可能だ。戦闘面以外でも,ライドアクションを駆使することで,広大な大地をモンスターの背に乗って駆け抜けたり,空を飛び回ったり,ギミックを乗り越えたりできる。本作におけるモンスターは頼もしい相棒(バディ)なのだ。(yusuke)

アカとブルー アカとブルー


関連記事:「モンスターハンター ストーリーズ」のプレイレポートをお届け。推しモンスターに乗って冒険に旅立とう!(※ニンテンドー3DS版)


「モンスターハンター ストーリーズ」公式サイト

「モンスターハンター ストーリーズ」ダウンロードページ

「モンスターハンター ストーリーズ」ダウンロードページ



「ライフ イズ ストレンジ」


 カメラ好きの少女マックスが,ふとしたきっかけで“時間を巻き戻す”能力を手に入れ,これを駆使して校内で起きた失踪事件の謎に迫るというアドベンチャーゲーム。
 2016年3月にPC/コンシューマ版がリリースされた同名タイトルを,スマホ向けに調整したゲーム内容である。移動時はタッチで場所を直接指定するシステムで,日本語ボイスが収録されておらず字幕表示となる点には注意が必要だが,それ以外のストーリーなどは基本的に同じだ。

アカとブルー

 タイムトラベルものはアドベンチャーゲームとして鉄板のジャンルだが,本作では時間を巻き戻せるものの,どれかがグッドエンド/バッドエンドというわけではない。主人公のマックスと親友のクロエ,そして失踪したレイチェルらの登場人物は,10代の女の子らしい日常の葛藤やコンプレックスをそれぞれ抱えており,ゲーム内で選択したことの重さを背負い,彼女らなりに必死に生き抜いていくのだ。そのリアルな姿こそ,本作が人気を博した最大の要因といえるだろう。

 2017年12月には,クロエの視点による前日譚「ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム」が海外で配信されており,日本でもいずれ注目を集めそうだ。未プレイの人は,この年末年始に本編に触れてみてはどうだろうか。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「ライフ イズ ストレンジ」公式サイト

「ライフ イズ ストレンジ」ダウンロードページ



「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」


アカとブルー
 レベルファイブが2017年7月20日に発売した「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」iOS / Android)は,人気の“ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー”「レイトン教授」シリーズの続編にあたるタイトルだ。今作では,「エイシャール・レイトン」(レイトン教授)の娘である「カトリーエイル・レイトン」が主人公となっている。直感とひらめきによる強引な推理力が持ち味の彼女は,行方不明となった父を探すためにレイトン探偵社を立ち上げる。

 「何でも屋兼ナゾトキ探偵」としてロンドンを拠点に活動するカトリーエイルは,迷い猫探しから殺人事件の犯人探しまで何でも引き受けては解決してしまうため,飛び込んでくる依頼に奔走する毎日で,父捜しのほうはまったく進んでいなかった。

 そんな彼女を待ち受けるのは,オムニバス形式の物語でさまざまなナゾを描く“新しいナゾトキ大冒険”。プレイヤーはカトリーエイルの視点から,助手のしゃべる犬「シャーロ」と共にロンドンを駆け回ることになる。スマホ版なら「町を歩く」「調査する」「ナゾを解く」というプレイサイクルを,片手操作でこなせるのも嬉しいポイントだ。
 なお,ニンテンドー3DS版とスマホ版の違いが気になる人は,「こちら」の記事を参照してほしい。(yusuke)

アカとブルー アカとブルー


「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」公式サイト

「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」ダウンロードページ

「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」ダウンロードページ



「Bridge Constructor Portal」


 限られた予算内で川や渓谷などに橋を架けて,車をゴール地点まで無事に導くというパズルゲーム。こういったゲームは昔から根強い人気があるが,今作ではValveのパズルゲーム「Portal」とのコラボが行われている。
 ポータルドアやタレット,スイッチ式の開閉ドアなど,Portalにちなんだギミックが多数登場するほか,短いながらもエスプリの効いたテキストメッセージも用意されており,とても洗練されたゲームだ。

アカとブルー

 実際に橋を架けるときは,材料を一直線に通すだけでは強度が足りず折れてしまう。そこで支柱を添えたり,上からワイヤーで吊り下げたりと,あれこれ考えねばならない。また,各ステージではさまざまなアプローチが許容されており,独創的な発想ができる人なら繰り返し楽しめるゲームだ。
 そうやって苦心して築いた橋を,多数の車が走っている光景を眺めるのは格別の一言。往年の名作「レミングス」を連想する人もいるかもしれない。

 2017年は「Poly Bridge」と本作「Bridge Constructor Portal」の登場により,このゲームジャンルが再び盛り上がった印象だ。中世ヨーロッパを舞台にした「Bridge Constructor Medieval」iOS / Android)なども人気なので,興味を持ったら各ストアで関連タイトル情報をチェックしてみよう。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「Bridge Constructor Portal」ダウンロードページ



「Sid Meier's Civilization VI」


 壮大な人類史をテーマにした,ターン制のシミュレーションゲーム。プレイヤーは文明の指導者として,石器時代から近未来に至る約6000年もの歴史を,自分の手で作り上げていく。

 過去には,ゲームシステムを簡略化したスピンオフの「Civilization Revolution」シリーズもスマホに登場しているが,今作は正真正銘のナンバリング最新作である。都市の周囲に施設を築く“区域”や,自ら興した宗教を他文明に広めることで勝利するクリア条件など,VIならではのゲームシステムもきっちり追加されている。

アカとブルー

 歴史がテーマということで,未経験者は尻込みしてしまうかもしれないが,そんな心配は無用だ。むしろ,ゲームを通して技術の発達や文明の成り立ちなどを学べるという部分も,高く評価されているシリーズである。
 スマホには対応しておらず,要求スペックが高く,また価格も3600円と少々お高いのだが(それでも他のプラットフォームのVIと比べて断然お安い),ゲーム開始から60ターンは無料で遊べるので,ぜひ一度触れてほしい作品だ。

 ちなみに「Civilization Revolution 2」は,スマートフォンやAndroid端末でも快適に遊べるので(iOS版は1200円,Android版は1140円),こちらの購入を検討するのもよいだろう。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「Sid Meier's Civilization VI」公式サイト

「Sid Meier's Civilization VI」ダウンロードページ



「INSIDE」


アカとブルー
 少年らしきキャラクターを操り,ひたすら先をめざしていくというアクションゲーム。UIやテキストが表示されない絵画的な見た目とは裏腹のゲーム内容が話題となった「LIMBO」の作者による最新作で,あの独特な魅力は本作でも健在だ。

 操作方法はシンプルで,左右へのフリックで移動,上方向へのフリックでジャンプ,そしてロングタップで適宜アクションを行う。たったこれだけの操作だが,状況に応じたきめ細やかなアニメーションは,職人的なこだわりを感じるレベルのクオリティだ。

 ただしゲームとしての難度は高く,また精神的に結構クるゲームオーバー時の演出には要注意。モノトーンを基調としたグラフィックスで,装飾を極限まで省いているためか,不気味さが際立つ印象だ。
 ゲームの開始直後は,薄暗いなかを悪漢から必死に逃げる少年に思わず感情移入してしまうが,その先で待ち受けている衝撃的な展開は,プレイ後も尾を引くかもしれない。

 もっとも,ゲームプレイの最中はこまめに自動セーブが行われ,取り返し不可能な要素もない。覚悟を決めて挑めば,トライ&エラーで少しずつ先に進められる良質な“覚えゲー”として楽しめだろう。(m.k)

アカとブルー アカとブルー


「INSIDE」公式サイト

「INSIDE」ダウンロードページ

 
  • 関連タイトル:

    アカとブルー

  • 関連タイトル:

    アカとブルー

  • 関連タイトル:

    EGGLIA 〜赤いぼうしの伝説〜

  • 関連タイトル:

    EGGLIA 〜赤いぼうしの伝説〜

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -ブラインドマン編-

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -ブラインドマン編-

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -悪霊編-

  • 関連タイトル:

    真 流行り神 -悪霊編-

  • 関連タイトル:

    大逆転裁判

  • 関連タイトル:

    大逆転裁判

  • 関連タイトル:

    たけしの挑戦状

  • 関連タイトル:

    たけしの挑戦状

  • 関連タイトル:

    探偵 神宮寺三郎 Oldies

  • 関連タイトル:

    探偵 神宮寺三郎 Oldies

  • 関連タイトル:

    信長の野望・武将風雲録

  • 関連タイトル:

    信長の野望・武将風雲録

  • 関連タイトル:

    はたらくUFO

  • 関連タイトル:

    はたらくUFO

  • 関連タイトル:

    半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

  • 関連タイトル:

    半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター ストーリーズ

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター ストーリーズ

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ

  • 関連タイトル:

    レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

  • 関連タイトル:

    レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

  • 関連タイトル:

    Bridge Constructor Portal

  • 関連タイトル:

    Sid Meier's Civilization VI

  • 関連タイトル:

    INSIDE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日