オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
黒い砂漠MOBILE公式サイトへ
読者の評価
20
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/05 13:09

プレイレポート

スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 パールアビスジャパンは,2019年2月26日に配信を予定しているスマートフォン向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」iOS / Android)のクローズドβテスト(以下,CBT)を,1月31日から2月2日にかけて実施した。

画像(001)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

「黒い砂漠MOBILE」公式サイト

「黒い砂漠MOBILE」ダウンロードページ

「黒い砂漠MOBILE」ダウンロードページ


 4Gamerの読者ならばご存じだと思うが,「黒い砂漠MOBILE」は,世界各国でサービスされているPC向けMMORPG「黒い砂漠」(日本ではゲームオンがサービス中)のスマートフォン版とも言うべきタイトルだ。オープンワールドのMMORPGである「黒い砂漠」がどうスマホに収められているのか,気になっている「黒い砂漠」ファンやMMORPGファンも多いことだろう。

 今回4Gamerは,そんな黒い砂漠MOBILEのCBTに参加できたので,プレイフィールやインプレッションと共に,スマホでどのように再現されているのかをお伝えしよう。

画像(002)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

CBT開始前にクライアントをインストールすると,闇の精霊を操作するアクションゲームが楽しめた。意外に難しい
画像(003)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか


プレイヤーが選べるクラスは5種類

細かな設定ができるキャラメイクは健在だ


 本作の特徴の1つとして挙げられるキャラクターメイキングは,スマホ版でも健在だ。選べるキャラクターは,「ウォーリア」「レンジャー」「ウィッチ」「ジャイアント」「ヴァルキリー」の5クラス。クラスと性別が固定されているため,性別の変更はできないが,それ以外の部分,髪型や目を始めとした顔全体や,体型などを細かくカスタマイズできる。

画像(004)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(005)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(006)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
上から順に,ウォーリア,レンジャー,ウィッチ,ジャイアント,ヴァルキリー。キャラクターメイクが苦手という人のために,いくつかのプリセットも用意されている
画像(007)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(008)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

画像(009)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(010)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(011)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(012)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(013)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(014)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
キャラメイクの項目は多岐にわたる。顔の各部分はタップして縮めたり延ばしたりと,正に“手作業”が可能だ。形だけでなく肌や唇の色つや,チークの色とその範囲など,とことんこだわれる。体型は身長の変更を始め,各部分の長さやボリュームアップ/ダウンを調整可能だ
画像(015)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

画像(018)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(019)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
装備やアバターを着たキャラクターの姿も確認できる。ピンチイン/アウトで拡大縮小も思いのままだ
画像(020)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか


記憶を失い,闇の精霊に導かれて旅に出る

細かなチュートリアルで初心者も安心して楽しめる


 キャラクターメイクが完了すると,オープニングムービーを挟んでゲームがスタートする。スタート地点はベリア村の海岸で,PC版とは異なるのだが,そのまま闇の精霊を通じてチュートリアルが始まる点は同様だ。

スタート地点のベリア村のレイアウトはPC版とはちょっと違っていて,PC版を遊んでいる人ほど新鮮な気分が味わえる
画像(021)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(022)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

ストーリーに関わる重要なNPCはフルボイス。さらにバストアップキャラクターがアニメーションするなど,PC版よりも豪華な印象だ
画像(023)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(024)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 チュートリアルをこなしながら,プレイヤーは冒険に旅立つこととなる。操作や戦闘の仕方などゲームの基本的な内容は最初に紹介され,そのほかの内容についてはレベルアップなどの機会に,必要に応じてチュートリアルが挟まれる。チュートリアルを無視することもできるが,ひととおり見ておいたほうがいいだろう。

チュートリアルは,あとになって確認する方法がないので,必ず見ておきたい。あらためて詳しい内容を知りたいときは,公式サイトの「ゲームガイド」を参照しよう
画像(025)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(026)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 ゲームの進行は,闇の精霊や街のNPCから請け負うイベントを順次クリアしてメインイベント(本作のイベントは,一般的なクエストに相当する)を進めていくという,今どきのスマホのRPGではオーソドックスなスタイル。画面右側には進行中のイベントが表示されていて,これをタップすることで,目的地まで自動で移動できる。クリア条件を満たすと色が変わり,タップすればその場で報酬を得られる。

イベントの条件を満たすと,イベントバーがオレンジ色になり,これをタップすればクリアとなる。イベント報酬はシルバー(ゲーム内マネー)や経験値,貢献度のほか,装備品などのアイテムがもらえることもある
画像(027)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(028)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 CBTではあったが,イベントを進めることでストーリーがどんどん展開していき,実のところどこが限界かは見極められなかった。CBTの範囲内で筆者がたどり着けたのは,ストーリー上でも重要な役割を果たすNPC「ジョルダイン・デュカス」が政略に嵌められ,ピンチに陥るところまでだった。ここまでのストーリーは,多少順番が前後することはあっても,大筋はPC版を忠実に踏襲しているような印象だ。

ストーリーの見せ場となるイベントではカットシーンが挿入され,否が応にも盛り上がる。謀略によって陥れられたジョルダインの,そして成長する闇の精霊の力と共にあるプレイヤーキャラの運命は……?
画像(029)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(030)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(031)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(032)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか


オープンワールドな「黒い砂漠」を本作なりに再現?

広大な世界へ自由に足跡を刻もう


 PC版の黒い砂漠は,シームレスにつながるゲーム内世界を特徴とするオープンワールドゲームだ。ゲーム開始直後からでも,メインクエストなどを無視して自由に移動できる。スマホ版である本作でも,それが可能かどうか気になるファンもいるはず。ここからは本作のフィールドやマップについて紹介していこう。

 最初に,CBT時点でのワールドマップについて紹介しておこう。PC版とは違い,スマホ版では地域ごとに分けられている。その地域をタップすると,その地域内の街や拠点,フィールド,ダンジョンなどを見られる。

画像(033)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(034)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

移動先をタップすると,自動で移動できる。また,PC版とは違いファストトラベルの概念があり,「記憶の祭壇」のある地域間(主に街と街)を一瞬で移動できる
画像(035)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(036)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 地域内の拠点は,ラインによってつながっている。このラインは,その拠点やフィールド同士が陸続きでつながっていることを示している。つまり,自分の足で歩いていけば,未知の拠点やフィールドに行けるということだ。

 ということで,CBTのメインイベントはセレンディア自治領周辺で止まっていたが,その先にあるカルフェオン地方へと行ってみることにした。カルフェオンの首都へのルートは,中立国境地帯を経た先のカルフェオン北方直轄領内だ。

 結論からいえば,無事に首都カルフェオン,そして西端の港町エフェリアへ到着できた。そこまでの進路上に出現するモンスターは,レベル60以上と高いため,1〜2撃攻撃を喰らうとやられてしまうが,序盤に手に入る馬に乗ることで,攻撃を受けずに移動できる。騎乗時の移動スピードが速いため,少々操作が難しいが,時間をかければたどり着けるというわけだ。

苦労してたどり着いた首都カルフェオンの街並み。他の街と同様にPC版よりも狭くなっているが,図書館や会議場など,カルフェオンの特徴でもある建築物は再現されている
画像(037)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(038)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(039)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(040)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

高台から見える海が美しいエフェリア。海岸には生き生き働く漁師達の姿が見られる
画像(041)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(042)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(043)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(044)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 CBTではここまでプレイヤーが来ることを想定していなかったためか,街中でサウンドが流れず,またNPCと話をしてもボイスを聞けなかった。また,どちらの街も「記憶の祭壇」を使っての瞬間移動も不可だったようだ。これについては,おそらくだがメインイベントで訪れたというフラグが立っていないと機能しないからではないかと推測する。記憶の祭壇については少々残念だが,完全な地続きではないとはいえ,広大なマップは本作でも健在であることが明らかにできたのは嬉しい限りだ。正式サービス後は,ぜひメインイベントをほったらかして,自由に活動する楽しみを味わいたい。


オートバトルで初心者でも安心

インスタンスエリアやワールドボスなど強敵バトルも


 本作のバトルは,フィールド上のモンスターを倒すタイプで,インタフェースは画面左下のバーチャルパッドでキャラクターを動かし,画面右下のスキルボタン群で攻撃という,スマホRPGとしてはオーソドックスなものだ。

バーチャルパッドでの移動は少々慣れが必要。スキルボタン群は,中央が通常攻撃で,周囲の4つがスキルショートカット。右下は回避ボタンで,連続して3回まで使用でき,時間経過で使用数が回復する。スキルスロットは2つあり,スキルボタン群を右か左にスワイプして切り替えられる
画像(045)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 本作ではオートバトル機能も用意されていて,HPバーの左にある2本の剣が交差したアイコンでオートバトルのオン/オフを切り替えられる。正直なことをいえば,戦闘はほぼオートバトルに頼り切りでも問題ない。HPを消耗するとHP回復ポーションを自動で使ってくれるので,多少格上の狩り場でも,ポーションさえ買いだめしておけばオートで何とかなってしまう頼もしさだ。
 オートバトル中でも,バーチャルパッドやショートカット,ポーション使用などの操作ができるため,ボス戦などでは任意に介入できる。移動や回避はともかく,攻撃についてはオートに頼ってもいいだろう。

フィールドの視点は自由に変更できる。ただし戦闘しやすい視点となると,敵の位置が把握しやすいクォータービュー視点がベターだろう
画像(046)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(047)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

オートバトルはかなり優秀で,HP回復ポーションの数さえ万全なら,完全放置でお任せできるほど。ポーションの自動使用については,システムメニューで設定できる
画像(048)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(049)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 戦闘は通常のフィールドで行われるほかに,インスタンスエリアでのボス戦や精鋭任務,ワールドボス,「古代遺跡」で戦える特殊ボスなどがある。

 インスタンスエリアのボス戦は,メインイベントの1つとして発生する。インスタンスエリア内は一本道で,進むごとに次々と敵が出現し,行き止まりにいるボスを倒すとクリアだ。途中,中ボス的な存在が出現することもある。通常のイベントと比べて難度は少々高いが,それに見合った報酬が得られるのが特徴だ。

画像(050)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(051)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(052)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(053)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 精鋭任務は,ストーリー上の重要なボス戦に相当する。内容はインスタンスエリアのボス戦と違いはないが,ボスの強さがより際だっている印象だ。オートバトルに完全お任せだとやられてしまう可能性が高いので,移動や回避などで手動操作を行うことをオススメする。

画像(054)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(055)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
カットシーンが挿入されると共に登場する精鋭任務のボス。結構強いので,舐めてかかると危ういところがある。取り巻きのモンスターも多いので,まずはその数を減らしてから一騎打ちに持ち込もう
画像(056)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 MMORPGの華ともいえるレイドボスは,本作ではワールドボスとして実装されている。CBTでは「クザカ」と「ヘッサ・マリー」の2体のレイドボスが実装されていたが,事実上,戦闘できたのはレベル30以上のキャラクターが参加できるクザカのみだった。
 その強さはレイドボスに恥じないもので,戦闘フィールドの狭さもあってかコロコロとよく死んだ。回避のタイミングを見誤るとあっさりと転がるところなど,正にレイドボス戦といったところだ。筆者が参加できたクザカ戦は,多くのプレイヤーがよってたかって1時間攻撃し続けて,ようやく討伐できたほどのタフさだった。デスペナルティがないのが救いだ。

地面から這い出るように姿を現すクザカ。プレイヤーキャラクターと比べると,どれだけ巨大なのかがよくわかる
画像(057)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(058)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

クザカの攻撃は,とにかく強力で範囲が広い。おかげで1,2発喰らっただけで昇天する。リスポーン地点はクザカのいるエリア内なので,すぐに戦闘に復帰可能。ただし,リスポーン後,90秒間は攻撃力ダウン状態となる
画像(059)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(060)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(061)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(062)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

クザカを倒すと,インスタンスエリアや精鋭任務とは比べられないほど多くの報酬をゲットできる。ダメージを多く与えたプレイヤーほど良い報酬が得られ,また一定確率で強力なクザカ武器が手に入る
画像(063)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 古代遺跡は,後述する「領地」からチャレンジ可能な5人パーティ専用の特殊なバトル。古代遺跡に入るとボスと戦闘できるルームを作るか,すでに作られているルームへの入場かを選ぶことができる。

ルームの作成も,既存ルームへの入場も「石版」というアイテムを消費する。石版はイベントなどのクリアで入手可能。ルームの作成,または入場すると自動でマッチングが行われ,5人集まるとバトル開始となる
画像(064)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(065)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 古代遺跡はほかのバトルと違い,ちょっとしたギミックがある。これを解かないと,倒すことはできないようだ。今回は1番めの部屋だけしか参加する機会がなかったが,2番め,3番めには,よりやっかいなギミックが仕掛けられているかもしれない。

カブアミレスにダメージを与えると,ギミックが発動! このギミックを解除しないと,カブアミレスを倒すことはできない
画像(066)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(067)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 バトル関連の最後に,PvPコンテンツ「決闘」についても紹介しておこう。決闘は,メインメニューから参加できる1vs.1のPvP。自動マッチングで対戦する「闘技場」と,知り合いのプレイヤーと試合できる「親善試合場」の2つのモードがある。

闘技場では自動でマッチングが行われ,相手が決まると円形のフィールドで対戦となる
画像(068)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(069)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

闘技場ランキングが設定されており,上位プレイヤーを見ることもできる。腕自慢は,決闘に通い詰めてPvP最強の座を狙ってみてはいかがだろうか
画像(070)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか


採集や釣りなど生活系コンテンツも充実

ハウジング要素も兼ねた「領地」で

引き籠もり生活もできる!?


 多様な生活系コンテンツで,バトルをしなくともレベルが上げられるのも黒い砂漠の大きな特徴だ。これについてもスマホ版に受け継がれている。ただ,その全てがそのまま受け継がれているわけではなく,少々形が変わったものも少なくない。

 まず,プレイヤーキャラクターが行える生活系コンテンツだが,草花などを集める「採集」,木を切って木材を集める「伐採」,鉱石などを発掘する「採鉱」,魚を釣る「釣り」の4つのみとなった。

採集,伐採,採鉱,釣りの各レベルは,メインメニューの「自分の情報」でチェックできる
画像(071)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 PC版では,伐採ならば斧,釣りならば竿を装備する必要があったが,本作では装備を変更することなく,それぞれの行動が可能になった。もちろん,それぞれの行動を行うことで,各生活レベルが上がっていく。

フィールド上にある採集できる草や伐採できる木に近づくとアイコンが表示され,タップすると行動する。採集などの行動を行うと「行動力」を消費し,行動力は時間経過で回復する
画像(072)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(073)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

釣りができる水場に足を踏み入れると,一定時間後に竿を持って釣りができるようになる。魚がかかるとミニゲームが始まり,クリアすることで釣り上げられる。なお,本作ではPC版と異なり,水中で泳ぐことができない
画像(074)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(075)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 では,それ以外の生活系コンテンツがどうなったかというと,本作オリジナル要素「領地」へと集約された。領地はイベントの中でも特別な「家門依頼」をクリアすることで,手に入れられる。

特定の家門依頼をクリアすると,NPCのジャネットから領地を賜(たまわ)る
画像(076)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

領地へは,画面右上にあるアイコン群の左から2番め(旗のあるテントのアイコン)をタップすることで,いつでも移動できる。領地に入ると,ドアのマークに変更され,タップすると通常フィールドに戻る
画像(077)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 受領した領地には,あらかじめいくつかの施設が建てられている。これをベースに,領地を発展させていくことで,さまざまな生活系コンテンツを実行できるようになる。

 領地でできることは,作物を栽培したり,装備の強化に必要なブラックストーンを生成したり,装備そのものを作ったり,労働者を雇ったりと多岐にわたる。その根幹となっているのが「労働者」と「建築」だ。

領地は通常マップと同じ一般モードと,上空から見下ろせる管理画面モードを,右下のアイコンで切り替えられる。管理画面から建築物をタップすれば,直接指示を出すこともできる
画像(078)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(079)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 領地でのプレイヤーは,領主として建築物や領地民に指示を出すことしかできない。領地を管理,発展させるには,領地民を招いて働かせる必要がある。しかし,領地をもらいたての状態では,領地民が一人もいないため,「酒場」で人を集める必要がある。

領地民を雇うには,イベントなどで入手した「貢献度」を消費する。能力の高い領地民ほど,雇用に多くの貢献度が必要になる。労働者の中には,PC版にはいなかったラッコ族の姿も見られる
画像(080)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 領地民を増やしたら,「採集」で資材を集めたり,「建築」で建物を建てたりしてもらえる。採集は,領地周辺での採集と,ワールドマップに遠征する「ワールド採集」の2つがある。

採集や建築を領地民に行わせる指示は,画面下のアイコンを通じて出せる。採集は,領地民が領地周辺で指示された採集を行うコマンドだ
画像(081)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(082)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

ワールド採集は,行ったことのあるマップへ領地民を派遣し,採集を行う。領地周辺よりも多くの,より多彩な素材が得られるが,それに伴って必要な時間も長くなる
画像(083)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 採集で得た資源を使って「建築」,または建築物の「増築」を行える。新しい建築物を建てれば新たな生産活動が行え,増築を行うと建築物の効率などがアップすると考えてもらっていい。それぞれに結構な数の素材が必要となるので,常に領地民を採集に派遣して,素材を集めるのがコツだ。なお,建築や増築を行うにも領地民が必要となる。

建てられる建築物の一部を紹介。精製所を建てれば,一定時間ごとにブラックストーンが手に入る
画像(084)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

画像(085)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(086)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
倉庫や厩舎は,領地内に建築物を建てることで使用できる。また,菜園を建てると,その中で野菜など農作物を栽培できる。栽培した農作物は「食糧」として,領地民の活動に使われる
画像(087)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

領地の中心ともいえる指揮所は少し特殊で,増築するにはキャラクターのレベルのほか,特定の建築物の建設とレベルアップ(増築)が必要となる。条件を満たして指揮所の増築に成功すると,建築できる建築物が増えたり,領地の拡張したりすることが可能となる
画像(088)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 領地内の建築物の中には,戦闘に関わるものも2つある。1つは前述した「古代遺跡」へのポータルゲートだ。古代遺跡へのチャレンジはここから行うこととなる。

画像(089)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 もう1つの「討伐掲示板」は,メインイベントで撃破したボスモンスターと,もう一度戦えるというもの。戦うためには「推薦書」というアイテムが必要だが,これはイベントのほかに,モンスターのドロップアイテムとしても入手できるので,それほど困ることはない。何度も挑戦できるだけでなく,ボスの強さも指定できるので,より歯ごたえのあるボスとの戦闘を楽しめる。何度もチャレンジすることで,ボス固有の装備品などを狙うことも可能だ。

古代遺跡と討伐掲示板は,領地を得たときの初期建築物として存在する。うまく活用してレベルアップと装備の充実を図りたい
画像(090)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(091)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

馬の捕獲は調教レベルに関係なく,捕獲用のロープと黒砂糖を持っていれば行える。馬に乗ったあとは,ミニゲームをクリアすれば捕獲できる……が,ちょっと難しい
画像(092)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(093)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

貿易はなくなったが,モンスターのレアドロップアイテムや,釣った魚などは,特定の街へ持っていくと高く売れるという形で面影を見ることができる
画像(094)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(095)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 PC版にはない「領地」は,PC版の部屋を飾るハウジングと,生産系コンテンツを組み合わせた新しいコンテンツとなっている。「シムシティ」や,町や村を発展させる「村ゲー」などが好きなプレイヤーには,ドンピシャな内容だ。領地民の採集にかかる時間をみると,本編の合間にプレイする設計だと思われるが,採集の合間に本編をこなすといった遊び方をしたくなるほど面白い。領地を発展させることで,できることも増え,またプレイヤーの強化にもつながる。

ほかのプレイヤーの領地を視察できる。CBTでは,領地をくれたジャネットの領地を見ることができたが,もらったばかりの自分の領地とは違い,かなり近代的な発展を遂げている。ちょっと羨ましいが,ここまでできるという意味での張り合いになるのではないだろうか
画像(096)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(097)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか


スマホ版でも小ささを感じない「黒い砂漠」

広大な世界でお手軽に冒険生活を送ろう


 スマホ内に広大な世界観を有する「黒い砂漠」が収まるのか,危惧しているファンも多いのではないかと思う。筆者もその一人で,どう違うのか確認するようにプレイしていたのだが,遊んでみれば,これはまごうことなき「黒い砂漠」だと断言できる。

画像(098)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(099)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 もちろん,PC版がそのまま入っているわけではなく,スマホでのプレイに合わせたシステムの変更やチューニングが行われており,ストーリーなども再構成されている。しかし,プレイしてみれば「黒い砂漠」であることが感じられるはずだ。PC版のファンからすれば,ファストトラベルについては賛否両論ありそうだが,これはもうスマホのタイトルとして「そういうものだ」と割り切るべきだろう。

 PC版の再現にとどまることなく,初心者でも簡単に派手なバトルを体験できるオートバトルや,生活系コンテンツをまとめた領地など,スマホ向けに新たな要素が盛り込まれており,同じ黒い砂漠でありながら,新鮮な感覚でプレイを楽しめたというのが正直な感想だ。

画像(100)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(101)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

 CBT終了後,2019年2月26日に正式サービスがスタートすると発表された。現在,事前登録受付が行われているので,PC版のファンも,スマホでMMORPGが遊びたいという読者も,ぜひ一度プレイしてみて,手のひらサイズのスマホの中に再現された広大な「黒い砂漠」の世界を感じてもらいたい。

画像(102)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(103)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
画像(104)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか
「スクリーンショット撮影派」向けに伝えたいのが,本作にもスクリーンショット機能が実装されている点だ。画面効果を指定したり,撮影中にアクションをさせられたりと,PC版に勝るとも劣らない機能が満載である。さらに縦画面への切り替えもできるなど,スマホらしい機能も搭載されている
画像(108)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか 画像(109)スマホ向け新作MMORPG「黒い砂漠MOBILE」CBTプレイレポート。あの広大な世界と,底の見えない遊び応えはどこまで再現されたのか

「黒い砂漠MOBILE」公式サイト

「黒い砂漠MOBILE」ダウンロードページ

「黒い砂漠MOBILE」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    黒い砂漠MOBILE

  • 関連タイトル:

    黒い砂漠MOBILE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月19日〜05月20日