オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
OVERHIT公式サイトへ
レビューを書く
準備中
OVERHIT
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2017]Nexonのスマホ向けRPG「OVERHIT」開発者への合同インタビューを掲載。個性溢れる120種類以上のヒーローが登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/11/20 18:42

イベント

[G-Star 2017]Nexonのスマホ向けRPG「OVERHIT」開発者への合同インタビューを掲載。個性溢れる120種類以上のヒーローが登場

OVERHIT
 G-Star 2017の会期中,Nexonが開発中のスマートフォン向けRPG「OVERHIT」iOS / Android)の開発マネージャーを務めるSungwook Choi氏への合同インタビューが行われた。 なお,OVERHITは日本における展開が決定しているが(関連記事),今回のインタビューでは原則として韓国版が対象となっている。日本版ではカルチャライズが予定されており,各種仕様が変更となる可能性がある点に注意してほしい。

関連記事:[G-Star 2017]あの「HIT」をどうやって超える? 日本展開も発表されたヒーロー収集型RPG「OVERHIT」プレイレポート

「OVERHIT」公式サイト


──「OVERHIT」のゲーム概要をあらためて教えてください。

「OVERHIT」開発マネージャー Sungwook Choi氏
Sungwook Choi氏(以下,Choi氏):
 OVERHITは,全世界で2500万以上のダウンロード数を記録したスマホ向けRPG「HIT 〜Heroes of Incredible Tales〜」iOS / Android)を手がけた開発会社,NAT Gamesの最新作です。
 一言で表現するなら,「マルチヒーロー型」のRPGとなります。韓国版は配信時点で120種類以上のヒーローが登場し,それらの組み合わせによって,さまざまな戦略を実現できるのが大きな見どころです。

──タイトルにはどのような意味が込められているのでしょうか。「HITを超える」という解釈もできますね。

Choi氏:
 OVERHITというタイトルは,本作のプロジェクトに対して名付けられたものでした。しかし,HITを超える成果を出し,既存のモバイルゲームを超えたいというプロジェクトの方針にマッチしていたので,正式にタイトルとして採用したんです。
 先日,OVERHITの日本における展開を発表しましたが,タイトルを変えるべきか悩みました。しかし,日本でもHITのサービスが好調で,また,それを超えるゲームにしたいという思いもあり,タイトルを変えない方向で進めています。

OVERHIT

──「HIT」が成功した要因をどのように分析していますか。また,その分析をOVERHITではどのように生かしていますか。

Choi氏:
 HITは韓国で約2年前に配信を開始していますが,当時,このジャンルは数多くのタイトルがひしめく飽和状態でした。それでも,HITは「優れたグラフィックス」と「戦闘時のアクションの演出」に注力した結果,成功を収められたと分析しています。
 先ほどお伝えしたように,OVERHITには120種類以上の個性的なヒーローが登場します。そこで,「優れたグラフィックス」と「戦闘時のアクションの演出」というHITの経験を生かしつつ,さらに「複数のヒーローによる戦術」に注力しています。

OVERHIT

──OVERHITの開発期間を教えてください。

Choi氏:
 HITのローンチ後,約1年半をかけて開発しています。

──今回の来場者に対して,とくに注目してほしいポイントはありますか。

Choi氏:
 OVERHITの特徴である,戦闘時のアクションの演出に注目してほしいですね。

OVERHIT

──正式サービス開始後,ヒーローの追加予定はありますか。

Choi氏:
 毎月2体以上のヒーローを実装したいと考えています。

──昨今,日本では海外産のアプリが注目を集めるようになってきました。この状況について,どのように受け止めていますか。

Choi氏:
 面白いゲームは時代や国籍に関係なく,広く伝わるものだと思います。ですので,OVERHITも日本で受け入れられると期待しています。

──試遊台では,各ヒーローにはストーリーが用意されているのでしょうか。

Choi氏:
 はい,そのとおりです。メインシナリオとは別にヒーロー個別のストーリーを用意しています。OVERHITはストーリーにも注力しており,日本版のリリースに際して韓国版とはまったく違うシナリオの導入も検討しています。

写真上:OVERHITスキル / 写真下:特定のヒーロー同士で発生するストーリー
OVERHIT
OVERHIT

──ヒーローの個性に注力しているようですが,それぞれのヒーローに対するファンを増やしたいという狙いがありますか。

Choi氏:
 OVERHITは「マルチヒーロー型」のRPGなので,一部のヒーローだけに注目が集まる状況は好ましくないと考えています。より多くのヒーローに注目してもらうために,さまざまな個性をもたらしています。

OVERHIT
──日本版のカルチャライズの進捗を教えてください。

Choi氏:
 現在,韓国版の開発チームとは別に,日本版の開発チームが活動しています。チームを分離することで,より日本向けに特化した開発ができるものと期待しています。このように,国別にチームを分けているのは日本版だけです。

──そこまで注力する理由は?

Choi氏:
 我々にとって大切な国だからです。
 NAT Gamesにとって前作にあたる「HIT」でも,日本向けのカルチャライズにリソースを割きましたが,その甲斐があったと考えています。

──韓国版のOVERHITは11月28日にローンチを予定されています。同日にはNetmarbleの「TERA M」も配信開始となりますが,意識はされていますか。

Choi氏:
 私も「TERA M」をプレイしましたが,非常に良いゲームです。OVERHITもTERA Mも個性的なタイトルなので,シェアを奪い合うのではなく,お互いに良い成果を上げて,韓国のゲーム市場を活性化したいですね。

──本日はありがとうございました。

「OVERHIT」公式サイト

4GamerのG-Star 2017記事一覧

  • 関連タイトル:

    OVERHIT

  • 関連タイトル:

    OVERHIT

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月19日〜07月20日