※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
4インチ液晶搭載の「iPhone SE」と9.7インチサイズの「iPad Pro」が3月31日に発売。予約受付は3月24日から
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/03/22 04:54

ニュース

4インチ液晶搭載の「iPhone SE」と9.7インチサイズの「iPad Pro」が3月31日に発売。予約受付は3月24日から

 北米時間2016年3月21日,Appleはカリフォルニア州クパチーノでスペシャルイベントを開催し,多数の新製品を公開した。本稿では画面サイズが4インチの「iPhone SE」と,同じく9.7インチの「iPad Pro」に絞って,それぞれの概要を紹介しよう。

 iPhone SEは,日本を含む12か国で3月24日より予約受付がスタートし,3月31日に出荷される。ストレージ容量別に16GBと64GBの2モデルが用意され,カラーバリエーションはシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールドの4色展開になる。価格は16GBモデルが5万2800円,64GBモデルが6万4800円(いずれも税別)だ。OSはiOS 9.3がプリインストールされている。

iPhone本体

 SoC(System-on-a-Chip)は,iPhone 6s / 6s Plusと同じく64bitアーキテクチャの「A9」を搭載しており,iPhone 6sシリーズと同等のスペックになるとのこと。ただし,3D Touchは利用できない点に注意してほしい。

iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体

iPhone本体
 続いて9.7インチ版iPad Proについて紹介しよう。こちらも3月24日に予約受付がスタートし,3月31日に出荷される予定。ストレージ容量別に32GB,128GB,256GBの3モデルがあり,iPhone SEと同じくシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールドの4色が用意される。価格はWi-Fiモデルが容量順に6万6800円,8万4800円,10万2800円,Wi-Fi+Cellularモデルは8万2800円,10万800円,11万8800円(いずれも税別)だ。
 SoCは12.9インチ版と同じく「A9X」で,解像度は2048×1536ドット(従来モデルは2732×2048ドット)になる。
 アクセサリは専用スタイラスApple Pencilを利用できるほか,新モデルのサイズに合わせたSmart Keyboardも用意される。こちらの予約受付も3月24日にスタートするとのことだ。

iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体

「iPhone SE」製品情報ページ

「iPad Pro」製品情報ページ


Apple、iPhone SEを発表-4インチディスプレイの最もパワフルなスマートフォン
A9チップ、先進の12メガピクセル iSightカメラそしてApple Payを搭載

もっと見る

iPhone本体
2016年3月22日、Appleは本日、4インチディスプレイを搭載した最もパワフルなスマートフォンとなるiPhone SEを発表しました。多くの人々に愛されているコンパクトなアルミニウムのデザインは、面取りしたマットなエッジ、ボディの色に合わせたステンレススチールのAppleロゴ、そしてローズゴールドを含む4つのゴージャスなメタリック仕上げなどの特長と共にアップデートされました。iPhone SEは、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusで使われているのと同じ64ビットのA9チップによる、無類のパフォーマンスを提供し、高速性、より長いバッテリー駆動時間、より速いワイヤレス速度、Live Photosや4Kビデオ機能を持つ12メガピクセルのiSightカメラ、そしてApple Payに対応したTouch IDといった機能を特長としています。

「iPhone SEはわくわくする新しいアイデアです。多くの人々に愛されている象徴的なデザインをベースにしながらも、それを徹底的に再発明しました。その結果は、4インチディスプレイを搭載した、世界で最も美しくパワフルなスマートフォンです。iPhone SEは、美しい4インチのRetinaディスプレイ、モーションコプロセッサを搭載した先進の64ビットA9チップ、より長いバッテリー駆動時間、True Toneフラッシュ、Live Photos、4Kビデオ機能を持つ12メガピクセルのiSightカメラ、より速いLTEおよびWi-Fi、そしてApplePayに対応したTouch IDといった機能を持っています。少し小さめのスマートフォンが欲しいと思っておられる皆さんは、きっとiPhone SEを気に入っていただけると思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

iPhone本体
4インチディスプレイの最もパワフルなスマートフォンiPhone SEは、多くの人々に愛されている象徴的なデザインをベースにしつつもそれを徹底的に再発明したもので、お客様はどのモデルを選ばれてもすべての機能を搭載したパワフルなiPhoneを手にすることができます。iPhone 6sとiPhone 6s Plusで初めて採用された64ビットのA9チップは、iPhone 5sと比較してCPU性能で2倍、GPU性能で3倍上回るパフォーマンスを提供します。しかもこれらすべてがエネルギー効率を高めているため、バッテリー駆動時間もさらに長くなっています。A9には、Appleの次世代モーションコプロセッサであるM9が組み込まれているため、例えば、iPhoneを持ち上げずに「Hey Siri」を起動させたり、歩数や距離の計測など様々なフィットネストラッキング機能など、より多くの機能をより少ない電力で常時使用することができます。iPhone SEのユーザは、コンテンツのブラウズ、ダウンロードそしてストリーミングを、Wi-Fiを使った場合iPhone 5sより最大3倍速く、LTEでは最大50%速く行うことができます*。iPhone SEはまたより多くのLTEバンドに対応しているため、より優れた世界各国でのローミングが可能であるほか、Voice over LTEおよびWi-Fi通話に対応し、より高品質な広帯域を使った通話を行なうことができます。
使いやすいインターフェイス、驚くような機能、そしてセキュリティーをコアに持つiOS 9は、iPhone SEの基盤であり、メッセージ、FaceTime、写真、ミュージックそしてマップといったパワフルな内蔵アプリケーションをiPhoneユーザにもたらします。iOS 9はインテリジェンスもより強化され、iPhone SEでは予測機能を備えたアシスタンス機能、パワフルな検索、改良されたSiri機能のほか、新しくNight Shift機能が加わり、iPhone SEの時計と位置情報を利用し、日没後は暖色寄りになるようにディスプレイの色合いを自動的に調節することで、夜心地よい眠りをとりやすくなるよう、お手伝いします。
これらすべてのイノベーションが、手に心地よく収まるようデザインされた軽量かつコンパクトなボディの中に詰め込まれています。ボディはビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせたアルミニウムと、面取りしたマットなエッジ、ボディの色に合わせたステンレススチールのAppleロゴ、そして明るい4インチのRetinaディスプレイを特長としています。

iPhone本体 iPhone本体

世界で最も多く使われているカメラ
iPhone SEは先進の12メガピクセルiSightカメラを搭載しています。このiSightカメラは、高度なピント合わせのためのFocus Pixelテクノロジー、Appleの設計による画像処理プロセッサ、先進のノイズリダクション、第3世代のローカルトーンマッピングそしてより改良された顔認識といった特長を持ち、iPhone 6sで撮ったような、これまで以上にシャープでディテールに富む写真を撮ることができます。iPhone SEのLive Photos機能を使うと、スナップショットを超えた、動きのある瞬間を捉えることができ、忘れられない思い出を音と一緒に再生することができます。Live Photosは、タッチすると、そのショットの前後の瞬間を表示できる機能で、これまでのような時間を止めた一瞬よりもさらに生き生きとした思い出を楽しむことができます。
このほかにもカメラには以下のような先進機能が含まれています。

― 4Kに対応した3840×2160の解像度でのHD撮影機能。4Kビデオを撮影した後は、Mac、Windows PCまたはiPadで編集を行うことができるほか、iPhoneの最新版のiMovieを使うと、iPhone SE上で2本の4Kストリームを同時に編集することができます。

― Retina Flash。True Toneライティングテクノロジーを使ってディスプレイを一瞬3倍の明るさにする機能で、暗いところでもFaceTime HDカメラを使って素晴らしく明るいセルフィーを撮ることができます。

― 最大63メガピクセルのパノラマ写真、1080pビデオでは最大60fpsで、スローモーションでは最大240fpsで撮影できるビデオ撮影機能、ビデオ手ブレ補正および映画レベルのビデオ手ブレ補正の付いたタイムラプスなど、iPhone 6sで初めて搭載された機能の数々。

【価格と販売について】
― iPhone SEにはスペースグレー、シルバー、ゴールドそしてゴールドメタリック仕上げの16GBおよび64GBモデルが用意され、Apple Store、Apple.com、Apple製品取扱販売店そして一部の通信事業者を通じて販売されます。価格は399ドルから、または米国内のApple Store限定で24ヶ月払い月額17ドルからとなっています**。新しく発表された、米国内のApple Storeで提供される割賦購入での買い替えプログラムの一環として、iPhone SEを24ヶ月払い月額10ドルから購入することもできます*******

― オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米国バージン諸島そして米国のお客様は、3月24日(木曜日)からiPhone SEの注文が可能となります。販売は3月31日(木曜日)から開始されます。

― アルバニア、アンドラ、オーストリア、バーレーン、ベルギー、ボスニア、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、ギリシャ、ガーンジー、ジャージー、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、マン島、イタリア、コソボ、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、モルジブ、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、トルコそしてアラブ首長国連邦では、4月上旬からiPhone SEの販売が開始します。

― Appleがデザインしたアクセサリは、39ドルで提供されるブラックおよびミッドナイトブルーのレザーケースや、現在49ドルで販売中のボディの色に合わせたメタリック仕上げのLightening Dockと共に、Apple StoreおよびApple.comを通じて販売されます。

― AppleでiPhone SEをご購入の全てのお客様には、メールをセットアップしてiPhoneのカスタマイズをお手伝いしたり、App Storeからの新しいアプリケーションを紹介したりするPersonal Setupが店内またはオンラインで無料で提供されます。

― iPhone SEまたはiOS 9についてより詳しくお知りになりたい方は、Apple Storeで提供されている無料ワークショップに登録することができます。

*データプランが必要。LTEは一部の市場で一部の通信事業者を通じて提供されています。速度はサイトの状態および通信事業者によって変動します。LTE対応状況に関する詳細は、お使いの通信事業者にお問い合わせいただくか、www.apple.com/iphone/lteをご覧ください。
**価格は一番近いドルに丸めてあり、24ヶ月割賦払いを前提としています。適格なクレジットカードをお持ちのお客様のみ。2年ローンが必要。ご購入に際しては割賦代金の初回分、税金およびアクティベーション料金のお支払いが必要な場合があります。通信事業者の条件もしくは他の条件および適格性が適用されることがあります。
***価格は一番近いドルに丸めてあり、24ヶ月割賦払いを前提としています。完全に作動するiPhone 5sの下取りが必要です。下取り価格および端末の毎月の支払額は、下取りしたスマートフォンの状態とモデルにより異なります。割賦購入での買い替えは、適格なクレジットカードを持つ有資格の米国のお客様のみに提供されています。2年ローンが必要。ご購入に際しては割賦代金の初回分および税金のお支払いが必要。諸条件が適用されます。
****米国での販売状況です。
Apple、9.7インチiPad Proを発表
最も人気のサイズのiPadに、画期的なPro機能と先進的なディスプレイテクノロジーを搭載

もっと見る

iPhone本体
2016年3月22日、Appleは本日、まったく新しいモデルとなる9.7インチiPad Proを発表しました。この新しいモデルは重さ約450g未満のボディに、従来より明るく広色域で、反射率が低く、Night Shiftモードを備えた新しいプロ仕様のRetinaディスプレイを装備し、新しく搭載したTrue Toneディスプレイテクノロジーにより、ホワイトバランスをダイナミックに調節することが可能です。この新しいiPad Proは、64ビットのA9Xチップ搭載によりほとんどのポータブルPCに匹敵する素晴らしい性能を誇るほか、従来のモデルよりも2倍のパワフルな4スピーカーオーディオシステム*、新しい12メガピクセルiSightカメラによるLive Photosや4Kビデオの撮影、5メガピクセルのFaceTime HDカメラ、さらに高速になったワイヤレス機能なども備えています。iPad Proは、革新的なApple Pencil、新登場の9.7インチiPad Proにフィットするように設計された新しいSmart Keyboardカバーにも対応しています。

「iPad Proは新しい世代のiPadであり、毎日の生活にはなくてはならないものです。非常に没入感の高い体験を提供するとともに、iPad Proを使うことで、人々はより生産的かつ創造的にものごとを行うことができます。iPad Proは驚くほど軽快に動くだけでなく、持ち運びやすく、指先でも、Apple Pencilでも、Smart Keyboardでも、とても自然に操作でき、新たに2つのサイズで登場しました。9.7インチiPad Proは、True Toneテクノロジーを搭載した新しいRetinaディスプレイ、4スピーカーオーディオシステム、超高速なA9Xチップ、12メガピクセルiSightカメラ、5メガピクセルのFaceTime HD、さらに速くなったワイヤレス機能を備えて、Apple Pencil と Smart Keyboardも標準サポートしています。iPad Proは既存のiPadユーザにとって究極のアップグレードになるほか、PCユーザにとってもパソコンを置き換えるのに最適なデバイスです。」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

いち早くiPad Proを使い始めたデザイナー、イラストレーター、ビジネスユーザは、以下のように働き方を変革しています:

「コンピューターアニメーションを製作する上で、どれほど手描きが必要とされているかを理解している人は実に少ないのです。iPad ProとApple Pencilは、実際に紙に描く体験に限りなく近いものを、デジタル世界で実現しています」と、Pixar and Walt Disney Animation Studiosでチーフクリエイティブオフィサーを務めるJohn Lasseter氏は述べています。

「最新のサイクルウェアのデザインを含むあらゆる作業をiPad Proでこなしています。iPad Proはどこにでも持っていけるので、ノートパソコンばかりか、今や紙のノートとしても使使っています。Raphaのデザインチームにとって、iPad Proは標準のツールになりつつありますよ」と、Raphaのデザイン部門ヘッド、Alex Valdman氏は述べています。

「Citiでは、iPad Proがまさに私たちの働き方を変革しつつあります。iPad ProとApple Pencilは、新しい革新的な顧客体験を作り出すという、新しいCitiデザインチームの作品の主要部分を為しています。私たちはiPad ProとApple Pencilを使って新しいデザインのコンセプトを描いたり、作品のプレゼンテーション、メールの返信、Adobe Creative Cloud上のデザインファイルで作業し、世界中にいる他のデザインチームとFaceTimeで行うミーティングに参加したりしています」と、Citi Global Consumer Bankingのデザイン部門ヘッド、Stephen Gates氏は述べています。

Pro仕様のディスプレイ
9.7インチiPad ProはTrue Toneディスプレイという先進的なディスプレイテクノロジーを採用しています。これは新しい4チャンネルのセンサーを使ってダイナミックホワイトバランスを調節し、ディスプレイの表示を環境光に合わせることにより、白色を表示する場合にもより自然で正確に表示することができます。この先進的なRetinaディスプレイは、iPad Air 2に搭載されているものより25パーセント明るく、反射率も40パーセント低減されているので、屋内でも屋外でも、コンテンツがいっそう見やすくなります。新しいRetinaディスプレイは、iMac Retina 5Kディスプレイモデルと同様の広い色域を採用しており、色の彩度が従来より25%高く、よりいっそう鮮やかなを表示します。また、カスタム仕様のタイミングコントローラー、光配向、酸化物TFTにより、素晴らしい色合い、コントラスト、鮮やかな色彩をもたらします。iOS 9.3に含まれるNight Shift機能は、iPad Proの時計と位置情報を利用し、日没後は暖色寄りになるようにディスプレイの色合いを自動的に調節することで、夜心地よい眠りをとりやすくなるよう、お手伝いします。

iPhone本体

Pro仕様のパフォーマンス
新しいiPad Proはわずか6.1mmの薄さ、約450g未満の軽さながら、機能性においては実に革新的で、インターネットやワイヤレスでの接続性に優れ、どんな用途にも使える多機能性を兼ね備えています。パワフルなA9Xチップは第3世代の64ビットアーキテクチャーで設計され、多くのラップトップやグラフィック専用機に匹敵する性能を発揮しながら、丸一日使えるバッテリー駆動時間**を誇ります。超高速なワイヤレス機能は、MIMOテクノロジー採用の802.11ac Wi-Fiで、従来よりも最大50パーセント高速なセルラー接続***を可能にする超高速なLTEAdvancedと、現行のタブレット製品の中では最も多いLTEバンド****をサポートし、どこでもインターネットに接続することが可能です。新しいiPad Proは最初からApple SIMを内蔵しており、世界100以上の国・地域を旅行する際には、iPad Pro本体から直接対応する携帯電話会社のワイヤレスデータプランを選択し接続できるので非常に簡単で便利です*****

iPad Proは、先進的な12メガピクセルのiSightカメラのセンサー部にピントを素早く合わせるFocus Pixelsに加え、Appleが設計した画像信号プロセッサー、先進的なノイズ低減する機能、第3世代のローカルトーンマッピング技術、優れた顔検出機能、これらの総合的な技術により、シャープで細部まで美しい画像、63メガピクセルのパノラマ写真、Live Photosを撮ることが可能です。また、True Toneフラッシュにより、暗い場所での撮影や書類をスキャンしても優れた画像が得られます。新しいiSightカメラは4Kビデオ撮影に対応したいるので、新しいiPad Proはプロ品質のビデオの撮影、編集、共有にも最適なデバイスになりました。前面の5メガピクセルFaceTime HDカメラも改良され、新しいiPad Proはビデオ会議のほか、親しい仲間とのビデオチャットにも最適です。

Pro仕様のオーディオ
4スピーカーオーディオシステムにより、オーディオ出力数の2倍以上も迫力ある明瞭でリッチなステレオサウンド*が楽しめます。iPad Proをどのような向きで持っていても、内蔵センサーがそれを検知して自動的に音の出方を調節・最適化します。iOS 9.3ではDolby Digital Plus方式でエンコードされたオーディオを含むビデオの再生に加え、Apple Lightning Digital AV Adapterを使ったマルチチャンネル音声の出力にも対応しています。

Pro仕様のアクセサリー
別売のApple PencilとSmart Keyboardは、革新的なレベルの精緻さと応用力をiPad Proにもたらします。Apple Pencilに仕込まれた先進的なセンサーは、筆圧と傾きの両方を検知するので、自然な手描き、注釈の書き込み、ノートテイキングが可能になります。新しいSmart Keyboardは9.7インチiPad Pro専用デザイン、そして薄型ながら耐久性のあるキーボードで、充電やBluetooth経由のペアリングが不要、さらに中に折り畳むこともできるので保護用のSmartCoverとしてもお使いいただけます。新登場のLightning - SDカードカメラリーダー、Lightning - USB3カメラアダプタを使えば、デジタルカメラの写真やビデオを、iPad Pro本体に簡単に読み込めます。また、同じく新登場のLightning to USB-Cケーブル、Apple 29W USB-C電源アダプタで高速充電が可能です。

iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体

【価格と販売について】
・9.7インチiPad Proは、シルバー、スペースグレー、ゴールド、新色のローズゴールドのメタリック仕上げで、エントリーモデルは32GB Wi-Fiモデル66,800円と、32GB Wi-Fi + Cellularモデル82,800円となります。両モデルとも容量は32GB、128GB、そしてiOSデバイスとしては最大となる新登場の256GBから選べます。
詳細については www.apple.com/jp/ipad をご覧ください。

・以下の国と地域では、9.7インチiPad Proは3月24日(木)よりApple.com、Apple Storeで受注を開始し、一部の携帯電話販売店ならびにApple製品取扱店では3月31日(木)より受注を開始します:オーストラリア、カナダ、中国(Wi-Fiモデルのみ)、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米領バージン諸島、米国。

・以下の国と地域では、9.7インチiPad Proは4月初めより販売開始予定です:
アルバニア、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、オーストリア、ベルギー、ボスニア、ブルガリア、ケイマン諸島、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、ギリシャ、グリーンランド、グアム、グアテマラ、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、マン島、イタリア、コソボ、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マカオ(Wi-Fiモデルのみ)、モナコ、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ(Wi-Fiモデルのみ)、トルコ、アラブ首長国連邦。

・Apple Pencil、Smart Keyboardチャコールグレイはそれぞれ、11,800円、16,800円での提供となります。ポリウレタン製のiPad Pro Smart Cover、9.7インチiPad Pro用シリコンケースでは鮮やかな新色を取り揃え、各色それぞれ、6,500円、8,800円での提供となります。

・Lightning - SDカードカメラリーダーは3,500円、Lightning - USB3カメラアダプタは4,500円、Apple 29W USB-C電源アダプタは5,800円、Lightning -USB-Cケーブル(1m)は2,800円、Lightning - USB-Cケーブル(2m)は3,800円での提供となります。

・iPad ProをAppleより購入されたお客様には、店舗またはオンラインでのパーソナルセットアップを提供し、メール設定、App Storeで入手できるアプリケーションのご紹介などを通じて、お客様のiPad Proのカスタマイズをお手伝いします。

・新しいiPad Pro や iOS 9について学びたい方は、Apple Storeにて開催している無料ワークショップに参加登録することもできます。

*iPad Air 2と比較しています。
**バッテリー駆動時間はデバイスの設定、使用方法、その他の要因によって変わります。実際の結果とは異なります。
***理論値に基づく速度で、実際の速度とは異なります。
****データプランが必要です。LTEは一部の国・地域で特定の携帯電話会社により提供されています。実際の速度は各国・地域での状況により異なります。LTE対応に関する詳細は、携帯電話会社に問い合わせるか、www.apple.com/ipad/LTEをご覧ください。
*****iPad Pro(9.7インチモデル)に組み込まれたApple SIMは、一部の携帯電話会社から購入した場合に無効になっている場合があります。詳細については各携帯電話会社にお問い合わせください。Apple SIMと組み込みのApple SIMは中国では利用できません。
  • 関連タイトル:

    iPhone本体

  • 関連タイトル:

    iPad本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日