オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アイ・オー,単体で1080/60p録画に対応し,再生時に1フレーム単位のコマ送りができるビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/12/14 13:55

ニュース

アイ・オー,単体で1080/60p録画に対応し,再生時に1フレーム単位のコマ送りができるビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を発表

 2016年12月14日,アイ・オー・データ機器は,単体で利用するタイプのゲーマー向けビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を12月下旬に1万6500円(税込,単純計算した税込価格は1万7820円)で発売すると発表した。
 GV-HDRECは,HDMI入力と,遅延ゼロの謳われるHDMIパススルー出力を備えたキャプチャデバイスで,解像度1920×1080ドットの60fps,俗に言う「1080/60p」録画,そして録画データの再生にあたって1フレーム単位のコマ送りにそれぞれ対応するのが大きな特徴だ。

GV-HDREC
アイ・オー,単体で1080/60p録画に対応し,再生時に1フレーム単位のコマ送りができるビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を発表

 GV-HDRECでは,本体側のSDXC対応カードスロット,もしくはUSBポート経由で外付けしたストレージデバイスに録画データを保存できるのだが,本体側では録画モードと再生モードを切り換えられるようになっており,再生モードでは,1フレーム単位のコマ送りと30フレーム単位のコマ戻しが可能だという。
 つまり,格闘ゲーム攻略にあたっての「1フレーム単位の解析」を,GV-HDRECのみで行えるわけだ。録画データをいちいちPCへ移動させて,1フレーム単位のコマ送りに対応したメディアプレイヤーから再生して……という面倒がかからなくなるわけで,正直,これは相当に便利な新機能と言えるのではなかろうか。

GV-HDRECの本体上面にある操作系。[モード]ボタンで録画モードと再生モードを切り替え可能で,再生モードにおいてはカーソルボタンを使って1フレーム単位のコマ送りが行えるという
アイ・オー,単体で1080/60p録画に対応し,再生時に1フレーム単位のコマ送りができるビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を発表

 また,本体には,PlayStation 4やスマートフォンとの接続に対応したヘッドセットをつなぐための4極3.5mmミニピン端子を搭載しており,録画したムービーに対するアフレコ録音が可能。さらに,録画したデータのカット編集や,複数ある録画データのつなぎ合わせ,動画からのスクリーンショット切り出しといった,簡易的な編集機能も持っている。
 ゲーム録画&配信に関する相当な部分を(いろいろこだわらないなら,だが)これ1台で賄えるというのも,刺さる人には刺さるはずである。

GV-HDRECの接続イメージ。録画して再生するだけならPCは不要だ
アイ・オー,単体で1080/60p録画に対応し,再生時に1フレーム単位のコマ送りができるビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を発表

アイ・オー,単体で1080/60p録画に対応し,再生時に1フレーム単位のコマ送りができるビデオキャプチャデバイス「GV-HDREC」を発表
 なお,製品ボックスには,コンポジットビデオと左右アナログサウンドの入力に対応する「AV入力変換ケーブル」も付属しており,アイ・オー・データ機器は,これにより,旧世代のゲーム機から映像を入力することもできるとアピールしている。

 ゲーマー向けビデオキャプチャデバイス市場には先行するメーカーが複数あるわけだが,「録画したデータを単体ですぐに1フレーム単位のコマ送り再生できる」点で,GV-HDRECが格闘ゲーム勢の注目を集めるのはまず間違いないのではなかろうか。
 下にまとめたスペック一覧でも分かるように,録画画質設定は選択式で,しかも細かな設定を行えないなど,こだわり派からすると残念な仕様も散見されるが,「難しいことを考えず,簡単にいろいろ使いたい」というニーズに向けた製品としてはアリだろう。製品の使い勝手が今から気になるところだ。

●GV-HDRECの主なスペック
  • 動作モード:単体録画
  • PC接続インタフェース:なし
  • エンコード方式:ハードウェア(MPEG-4 AVC/H.264対応)
  • 映像の最大入力解像度/フレームレート/ビットレート:1080/60p,1080/30p,720/60p,480/60p(※4段階)
  • 映像の最大録画解像度/フレームレート・ビットレート:1080/60p・36Mbps,1080/60p・28Mbps,1080/30p・16Mbps,720/60p・12Mbps,480/60p・4Mbps(※5段階)
  • 音声の記録サンプリングレート/ビットレート:48kHz/256kbps(AAC)
  • 入力インタフェース:HDMI Type A(ビデオ+サウンド),4極3.5mmミニピン(AV入力変換ケーブル),4極3.5mmミニピン(ヘッドセット),microSD(SD,SDHC,SDXC対応。Class 2〜10およびUHS-Iスピードクラス1〜3対応 ※1080/60p・36Mbps録画にはClass 6以上必須),
  • 出力インタフェース:HDMI Type A(ビデオ+サウンド)
  • パススルー:○(※遅延ゼロ)
  • 生配信:−
  • 対応OS:−
  • 公称本体サイズ:140(W)×60(D)×30(H)mm
  • 公称本体重量:約160g(※付属ACアダプター除く)
  • 発売予定時期:2016年12月下旬
  • 保証期間:1年
  • 動作確認済みゲーム機:PlayStation 4(HDMI),PlayStation 3(AV入力ケーブル),PlayStation 2(AV入力ケーブル),Xbox One(HDMI),Wii U(HDMI),ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(HDMI),セガサターン(AV入力ケーブル),スーパーファミコン(AV入力ケーブル),AV仕様ファミリーコンピュータ(AV入力ケーブル)

アイ・オー・データ機器のGV-HDREC製品情報ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月24日〜08月25日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月