オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アイ・オー,USB 3.0接続で1080/60p録画対応のゲーマー向けキャプチャデバイス「GV-USB3/HD」を9月末に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/09/20 11:00

ニュース

アイ・オー,USB 3.0接続で1080/60p録画対応のゲーマー向けキャプチャデバイス「GV-USB3/HD」を9月末に発売

 2017年9月20日,アイ・オー・データ機器は,PCとUSB 3.1 Gen.1(=USB 3.0)接続してバスパワー給電しながら利用する,ソフトウェアエンコード仕様のゲーマー向けビデオキャプチャデバイス「GV-USB3/HD」を発表した。9月下旬に2万1800円(税込2万3544円)で発売予定だ。

GV-USB3/HD
アイ・オー,USB 3.0接続で1080/60p録画対応のゲーマー向けキャプチャデバイス「GV-USB3/HD」を9月末に発売

GV-USB3/HDの宣伝用ちらしデータより。アイ・オー・データ機器によると,PowerDirector 14 for I-O DATAはテロップの挿入をサポートするだけでなく,各種エフェクトを適用したり,映像の一部をリピート再生させたり,スローモーションを適用したりできるという。ソフトから直接,YouTubeやニコニコ動画へアップロードすることも可能だそうだ
アイ・オー,USB 3.0接続で1080/60p録画対応のゲーマー向けキャプチャデバイス「GV-USB3/HD」を9月末に発売
 アイ・オー・データ機器は2016年に単体で解像度1920×1080ドットの60fps,いわゆる「1080/60p」に対応し,HDMIパススルーもサポートするキャプチャデバイス「GV-HDREC」を市場投入済みだ。そちらと併売になる今回のGV-USB3/HDは,1080/60pとHDMIパススルー出力対応はそのままに,ゲーム映像とWebカメラの映像を同時録画できる専用キャプチャソフトウェア「HD Mix Capture」,そして録画した映像を編集するためのCyberlink製ソフトウェア「PowerDirector 14 for I-O DATA」が付属し,さらに「Open Broadcaster Software」(以下,OBS)などのサードパーティ製ソフトウェアもサポートしたのが特徴となっている。

 GV-HDRECが録って見ることに特化した製品だとすれば,GB-USB3/HDは,録って編集でき,やろうと思えば生配信にも対応できる製品と言うことができるだろう。

標準で付属するスタンドを使うことにより縦置きも可能
アイ・オー,USB 3.0接続で1080/60p録画対応のゲーマー向けキャプチャデバイス「GV-USB3/HD」を9月末に発売
 本体にエンコーダを搭載しないこともあって,PC側ではハードウェアエンコード機能を持った単体GPUもしくは統合型グラフィックス機能が必須とされ,かつCPUも3.4GHz以上で動作する持つCoreプロセッサが必要と,クロック要求が相応に高め。ここ数年の間に出たゲーマー向けデスクトップPCだと非対応のものを探すほうが難しいものの,ノートPCだとゲーマー向けモデルでも要件を満たせない可能性があるので,この点は押さえておきたい。
 また,GV-HDRECにあったアナログ入力系がカットされ,入出力はHDMIのみとなっている点も注意しておきたいところである。

 専用キャプチャソフト付きで1080/60p録画とHDMIパススルーに対応するような製品は競合からも出ているが(関連記事),その中にあって,ビデオ編集ソフトが標準で付属する点に惹かれるなら,検討する価値があるだろう。


●GV-USB3/HDの主なスペック
  • 動作モード:PC周辺機器として動作
  • PC接続インタフェース:USB 3.1 Gen.1
  • エンコード方式:ソフトウェア(MPEG-4 AVC/H.264対応)
  • 映像の入力解像度/フレームレート/ビットレート:1920×1080ドット/60fps/30Mbps,1920×1080ドット/60fps/24Mbps,1920×1080ドット/60fps/18Mbps,1280×720ドット/60fps/8Mbps,1280×720ドット/60fps/6Mbps,1920×1080ドット/60fps/4Mbps(※6段階)
  • 映像の録画解像度/フレームレート/ビットレート:入力と同じ
  • 音声の記録サンプリングレート/ビットレート:未公開
  • 入力インタフェース:HDMI Type A(ビデオ+サウンド)
  • 出力インタフェース:HDMI Type A(ビデオ+サウンド)
  • パススルー:○(※遅延ゼロ)
  • 生配信:○(※サードパーティ製ソフトウェア利用時)。
  • 必須動作環境:GeForce 6シリーズもしくはIntel HD Graphics 4000以上の単体もしくは統合型GPU(※ハードウェアエンコード機能必須),第3世代かつ動作クロック3.4GHz以上のCore i3 CPU,容量4GB以上のメインメモリ
  • 推奨動作環境:第4世代で動作クロック3.4GHz以上のCore i7 CPU,容量8GB以上のメインメモリ
  • 対応OS:64bit版Windows 10・8.x・7
  • 公称本体サイズ:80(W)×117(D)×27(H)mm(※突起部除く,横置き時)
  • 公称本体重量:約160g
  • 発売予定時期:2017年9月末
  • 保証期間:1年
  • 動作確認済みプラットフォーム:PlayStation 4,Xbox(※シリーズ名未公開),Nintendo Switch,iPhone(※「Lightning - Digital AVアダプタ」必須),iPad(※「Lightning - Digital AVアダプタ」必須)
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月