オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/17 15:59

ニュース

[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に

 CES 2018の期間中,メカニカルスイッチのCherry MXシリーズで知られるCherryは,背の低さが特徴の新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」(以下,MX Low Profile RGB)を発表した。既存のCherry MXシリーズが持つ特性を備えつつ,薄型キーボードやノートPCにも応用できるスイッチであるという。
 ゲーマー向けキーボードやゲーマー向けノートPCにも採用されそうな新スイッチの概要を紹介してみたい。

MX Low Profile RGBのCGイメージ。これはRed(=赤軸)モデルの例だが,軸を円筒で囲むようなデザインになっているのと,明らかに薄いハウジングが見どころと言えるだろう。詳細は後段で
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に

一般的なCherry MXシリーズの外見。写真はCorsairのK95 RGB PLATINUMが採用する「Cherry MX Speed RGB」である
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に
 Cherry MXシリーズといえば,基板から立ち上がった背の高い台座のようなハウジング部分に,十字型のキー軸(ステム)が載った形状がよく知られている。ハウジングの下側は,ベースプレートに埋め込まれているとはいえ,実際にはキー軸の上にキーキャップが載るのだから,キーボード全体の高さは相応に高いものとせざるを得ない。少なくともこの仕様が,一般的なサイズのノートPCへ組み込むのを困難にしているのは間違いないところだ。

 そういう市場の声もあってか,たとえばSteelSeriesは,2015年に発売したキーボード「Apex M800」で,低背(ていはい)タイプの独自メカニカルキースイッチ「QS1」を採用するに至った。また,キースイッチのメーカーであるKaihua Electronics(以下,Kaihua)やTrantek Electronics(以下,TTC)も,低背タイプのキースイッチを展開しており(関連記事1関連記事2),これらを採用するゲーマー向けキーボードやゲーマー向けノートPCも実際に登場してきている。
 Cherryとしても,低背タイプのメカニカルキースイッチを求める声に応える必要があり,その成果として登場したのが,今回のMX Low Profile RGBというわけだ。

MX Low Profile RGBの分解イメージ
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に

 さて,そのMX Low Profile RGBだが,既存のCherry MXシリーズとは,だいぶ異なる見た目をしている。通常モデルで台形をしているハウジングの形状は四角くなり,十字型のキー軸は,円筒で囲まれたような形となった。背が低くなったことは一目瞭然だ。

MX Low Profile RGBを側面(左),および真上(右)から見た状態。今までのCherry MXとは似ても似つかぬ……とは言い過ぎだろうが,かなり異なる印象を受けるのは確かだ
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に [CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に

 Cherryが公開した資料によると,既存のCherry MXが下端からキー軸上端まで18.5mmの高さがあったのに対して,MX Low Profile RGBは11.9mmと,およそ64%程度の高さにまで小さくなった。画像を見る限りでは,ベースプレートより上に露出する部分は,全体の半分程度となる6mmくらいしかなさそうだ。

Cherryが公開した比較画像。左が定番のCherry MXで,右が新しいMX Low Profile RGBだ。背が大幅に低くなった
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に

 背が低くなったことにより,MX Low Profile RGBのアクチュエーションポイントは,Cherry MX Redの2mmから1.2mmに,ストローク(トータルトラベル)は4mmから3.2mmへと,それぞれ短くなっている。ただ,今回例に挙がっているRedスイッチモデルの場合,45gのキー荷重やリニアな打ち心地,そして約5000万回の打鍵に耐える強度は通常版Cherry MX Redスイッチとまったく変わっていないとのことである。

 名称に「RGB」とあるとおり,MX Low Profile RGBは約1677万色に光るカラーLEDを半透明のハウジング部分に内蔵している。この構造は,既存のCherry MX RGBシリーズと同じもので,実際にLEDを光らせると,ハウジング部分全体が光るように見えるようだ。

Cherryが公開したMX Low Profile RGB搭載キーボードのサンプル。フローティングタイプだが,キーキャップ自体も背の低いタイプを使っているので,全体が薄く見える。LEDの光がハウジング全体を光らせているので,光り方はけっこう派手だ
[CES 2018]Cherry,低背タイプの新型メカニカルスイッチ「Cherry MX Low Profile RGB」を発表。既存スイッチと比べて背丈は64%程度に

 KaihuaやTTCに加えて,メカニカルスイッチ大手のCherryも低背化スイッチをリリースしたことにより,2018年以降のゲーマー向けキーボードでは,低背化という新しいトレンドがやってくる可能性は高いだろう。
 筆者も背が低くてストロークの浅いキーボードを好むほうなので,MX Low Profile RGBを使ったゲーマー向けキーボードの登場が,今から楽しみだ。


 ちなみに,Cherryは2008年にドイツの部品メーカーであるZF Electronicsの傘下となっていたが,2016年10月に部門ごと在独の投資家グループGENUIへ売却され,現在は「GENUI傘下のCherry」として活動している。本稿で社名をZF ElectronicsではなくCherryと呼んでいるのは,それが理由だ。

CherryのMX Low Profile RGB 製品情報ページ(英語)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月