オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/12/14 10:00

レビュー

従来のシリーズと比較しても“攻め過ぎ”なギリギリのサービスシーン満載

白銀のカルと蒼空の女王

Text by K.サワノフ


 2002年発売の「蒼い海のトリスティア」に始まり,「蒼い空のネオスフィア」「暁のアマネカと蒼い巨神」と続いてきた,工画堂スタジオの「蒼い」シリーズ。その第4弾にして最新作が,本作「白銀のカルと蒼空の女王」だ。オリジナルとなるWindows版が発売されたのは2010年6月だが,2011年にPSPへと移植された。PSP版ではイベントCGや楽曲,オープニングムービーなどが新たに追加されている。

「白銀のカルと蒼空の女王」公式サイト


画像集#001のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
本作の主人公であるカル・ルスラン。先の統一戦争で滅亡した小国「ルスラン」の姫君だが,現在は古代パシアテ文明保存管理局のエージェントとして帝都で活動している。抜群の美貌とプロポーションの持ち主だ
画像集#002のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
帝国ジュニアアカデミーに通う学生という一面も持つカル。しかし,アカデミーの中では決して成績がいいほうではないため,激務と学業との両立がうまくいかずに,いつも四苦八苦している
PSP版だけの追加シーンもあり
画像集#044のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#045のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

 本作は,これまでのシリーズ作品と世界を共有している。主人公カル・ルスランは,前作「暁のアマネカと蒼い巨神」に登場しているほか,「アマネカ」以前に発表された小説「白銀のカル Cal&Toara」でも主役を務めており,シリーズのファンにとってはおなじみのキャラクターといえるだろう。

画像集#003のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
カルに付き従う従者,ファルツ。執事然としているが,実際は口の悪い皮肉屋で,カルに対しても遠慮せずに物を言う。もっともその忠誠心は疑うべくもなく,主人のためならいつでも命を捨てる覚悟を持っている。もとは王国の重機動騎士団に所属しており,生身での戦闘能力はカルを遥かに凌ぐ
画像集#004のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
子供の頃からカルの世話を勤めている女従者,プラウラ。モデルのような美貌とスタイルを持ち,人当たりもよく,料理も得意。だが,その本質は冷酷かつ非情で,カルとルスラン王国のためには,顔色一つ変えずにどんな汚れ仕事でもやってのける。戦闘能力も高く,射撃が得意
画像集#005のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
空中王国ネオスフィアの元女王,エリンシエ・ヤースロップ。「蒼い空のネオスフィア」にも登場したキャラクター。帝国ジュニアアカデミーに留学生としてやってきたが,それはあくまで表向きで,実質的には帝国に差し出された人質であった。カルは学園内で彼女の護衛を命ぜられる
画像集#006のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
生まれながらにさまざまな能力を備えた“パーセプター”,ミルスキ・リーンネ。パーセプターばかりを集めた部隊「ヤクトファルク隊」のリーダーであり,カルとは任務上で協力することになる。「魔法使い」などと呼ばれ,何かと差別されることの多いパーセプターの地位向上を目指している
画像集#007のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
トアラ・ラボアキン。小国「ラボアキン王国」の王弟で,帝国ジュニアアカデミーに留学中。カルとは,留学初日にテロ事件に巻き込まれたところを救われて以来の知り合い。アカデミーでの成績はトップクラスで,遅れがちなカルの勉強をちょくちょくサポートしている
画像集#008のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
前作と同じくフルクラム帝国の帝都が舞台。各ポイントを移動しながら,物語を進めていこう



巨大帝国が支配する世界で
祖国復興のために頑張る亡国の姫君


 パシアテと呼ばれる古代の超文明が滅んでから,1万年が過ぎた世界。パシアテが残した超科学の断片は「Eテクノロジー」と呼ばれ,一部の国家だけが保有する,強力な魔法のようなものと認識されていた。

 しかし,新興国家であるフルクラム帝国において,1人の天才技術者がEテクノロジーの一端の解析に成功したことで,歴史が動き始める。Eテクノロジーは体系化された技術となり,オリジナルより劣化はあるものの,大量生産さえも可能になった。これにより,他国を圧倒する力を持った帝国は,先の統一戦争において世界を事実上支配するに至った。

超重機動兵「アルパー」。代々ルスラン王家に伝わってきた古代兵器で,現存する唯一の有人型戦闘重起動兵。操縦するためには生まれ持っての才能と,王国に伝わる特殊な技術の習得が不可欠。カルはこの胸部に乗り込んで戦う
画像集#009のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

 世界統一を果たしたフルクラム帝国は,次にすべてのEテクノロジーを管理下に置こうとする。低レベルのEテクは人々が生活に利用できるよう社会の発展のために普及させるが,高度のEテクは規制し,独占的に研究を進めていこうというわけだ。この高度Eテクを管理するために作られた組織が,「古代パシアテ文明保存管理局」,通称「ライブラリ」。その詳細な活動内容は,帝国でも一部の関係者しか知りえない機密情報とされている。

 統一戦争では多くの国家が帝国に膝を屈し,いくつかの国家は完全に滅ぼされた。戦争終結から15年が過ぎた現在でも,帝国の強引さ,傲慢さに対して不満を唱える者は多い。帝国の支配に反抗しようとするテロリストも後を絶たず,あちこちで火種が燻っている状態だ。

画像集#010のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

 こうした反帝国テロリストは,帝国の手から漏れた高度Eテクを利用することがある。そんなとき矢面に立つのがライブラリだ。ライブラリは,軍や警察にも許されていない高度Eテクを駆使し,「違法」なEテクを使うテロリストに対抗していく組織という面も持っている。

 本作の主人公カル・ルスランは,統一戦争で滅びた「ルスラン王国」の姫君だ。戦後,祖国を失った彼女はその類稀なる戦闘力を買われ,将来的な国の復興を条件にライブラリのエージェントとして活動することになった。かくしてカルは,王国遺臣達の期待とサポートを一身に受けつつ,学生とエージェントという二足のわらじを履き,日夜奮闘しているのである。

アカデミーの試験を控え,戦々恐々としているカルのもとに,ライブラリ副局長ウィナプスからの指令が舞い込んでくる
画像集#011のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

 本編ストーリーは,海軍高官の連続殺害事件で幕を開ける。犯人が用いたのは,ライブラリが把握していない高性能の起動兵と,簡単に携帯できるサイズの小型熱反応爆弾。いずれも通常のテロリストが使う兵器とは一線を画す,高度なEテクであった。現在は帝都万博が開催中であり,さらには平和条約会議の開催も控えている,帝国にとって非常にデリケートな時期。さっそくライブラリが事件の調査に当たることになった。

 同僚エージェントの殺害,財閥会長の誘拐,空中王国ネオスフィアからの留学生の護衛,謎の人型兵器「ガラクシア」。捜査の過程でさまざまな問題が発生し,それらがやがて1本の糸として縒り合わせられていく。一連の事件の背後に隠された恐るべき計画とは……? というのが本作の物語となる。

一連の事件の背後にいたのは,「ガラクシア」と名乗る存在。帝国を憎み,復讐に燃える人型兵器だ
画像集#012のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー



メインのシステムはコマンド選択式のアドベンチャー
「カードバトルパート」「探索パート」などの特殊要素も


 本作のメインパートは,コマンド選択式のアドベンチャーゲーム。「話す」「調べる」「移動」などのコマンドを選ぶことで,物語が進行していくのだ。もっとも,基本的には一通り選択肢を試せば先に進むようになっているので,進行に詰まる心配はないだろう。ごく稀にゲームオーバーに直結する選択肢もあるが,すぐやり直せるようになっているので安心だ。

 ただし,ストーリーに組み込まれている「電話番号探し」は,いくらか難度が高い。ストーリー中に幾度か,「電話をかける」コマンドで正しい6桁の電話番号を入力しない限り,先に進まない場面があるのだ。もちろん,手がかりは会話やアイテムに隠されているから,少し考えれば正解は導き出せるはずだ。頭を絞ろう。

画像集#013のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
基本は「話す」と「調べる」。これを繰り返していけば,自然と物語が展開していく
画像集#014のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
「話す」や「調べる」を選ぶと,次の選択肢が現れるので,これをしらみつぶしにしていこう
画像集#015のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
「電話をかける」コマンドは,要所要所で出現する。リストから相手を選ぶか,番号を直接入力しよう
画像集#016のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
時にはさまざまな手がかりをもとに,6桁の電話番号を推理して,そこに電話をかける必要もある
ストーリーとはとくに関係のない場所に移動して「調べる」を実行すると,6桁の数字が書かれたメモを発見できる。この番号に電話をかけるとお遊びコメントが聞けるのだ
画像集#017のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#018のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

 メインパート以外には「カードバトルパート」「探索パート」という2種類のサブパートがある。

 カードバトルパートは,敵と戦闘になった際に移行するパート。あらかじめ編成しておいたデッキから,1ターンにつき2枚ずつカードをセットしていく。カードの組み合わせでバトルの勝敗,与えられるダメージが変化し,先に相手の体力を0にすれば勝利となる。

 カードには「攻撃カード」「防御カード」「回避カード」「技カード」などの種類があり,「攻撃」は「回避」に強い,「防御」は「攻撃」に強いなど,カード間に相性が設定されている。相手が何を出してくるかを予想し,それに勝てるカードを出していくわけだ。

 だが実際のところ,相手のカードを読む有効な手段はほとんどないうえ,デッキをちゃんと編成しておきさえすれば力押しでなんとか勝ててしまうので,それほど頭を使う必要はない。もし負けても,すぐコンティニューが可能だ。ゲーム性はあまりなく,単なる障害ポイントにしかなっていないのが少し残念ではある。

カードバトルパート。1ターンにデッキから2枚のカードをセットする。1枚目のカードで勝利すると,2枚目のカードで大ダメージを与えることができる
画像集#019のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#020のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
画像集#021のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
相手の体力を0にできれば勝利だ。勝利するたびに,新たなカードを2枚入手できる
画像集#022のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
強いカードを入手したら,次のバトルまでに編成画面でデッキに組み込んでおくべし

 一方の「探索パート」は,いわゆる“脱出ゲーム”の要領。画面の怪しいと思われる部分をカーソルでクリックし,手がかりやアイテムを探し出して,脱出するための方法を見つけ出していくのである。こちらも,それほど難度が高いというわけではない。気になる部分を一つずつクリックしていけば,道が見えてくるはずだ。

画像集#023のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
重要なものにカーソルを合わせると,カーソルのアイコンに「!」がつく。変化を見逃さないように
画像集#024のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
アイテムを発見したら,それを選択して,画面内をクリックしてみよう。それまでとは違う反応が返ってくる



ますます広がりと深みを見せる
「蒼いシリーズ」の世界観


 全4章から成る物語は,かなりの密度とボリュームを誇る。重厚なストーリーと軽妙な会話で,帝国の統一戦争によって生まれた世界の歪みがはっきりと語られており,これまでの世界にさらに深みと広がりが加えられた。システム的なギミックは多いが,物語のテンポがそれで阻害されたりすることはない。シリーズの魅力的な世界観にたっぷり没入できるはずだ。

 もちろん,本作だけでちゃんと完結しているので,シリーズ未体験の人がいきなりプレイしても問題はない。ここから入って,ほかのシリーズ作品に手を広げていくのも当然アリだろう。

画像集#025のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#026のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
画像集#027のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#028のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
画像集#029のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#030のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

 そして忘れてはいけないのが,物語を彩る可愛い女の子達と,彼女達のあざといまでのサービスイベントだ。シリーズのこれまでの作品と比較しても,かなりギリギリの勝負をしてきている。CEROレーティングがCからDへ引き上げられただけのことはある攻めっぷりで,これだけを目当てに購入しても,後悔はしないはずだ。

緊迫する物語が進展していく間にも,サービスシーンは頻繁に挿入される
画像集#035のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#036のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
画像集#037のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#038のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー
画像集#039のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー 画像集#040のサムネイル/“蒼い”シリーズ第4弾のPSP版は過激なサービスシーン目当てで買うのもアリ? 「白銀のカルと蒼空の女王」レビュー

「白銀のカルと蒼空の女王」公式サイト

  • 関連タイトル:

    白銀のカルと蒼空の女王

  • 関連タイトル:

    白銀のカルと蒼空の女王

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
67
DEKARON (PC)
67
63
BLESS UNLEASHED (PC)
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
21
2021年03月〜2021年09月