オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/10/20 16:53

イベント

[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

 SPIEL'16の新作カタログ展示会レポートの第2弾をお届けする。

画像集#078のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

 改めて説明しておくと,本稿で紹介しているのは,ドイツ・エッセンににおいて2016年10月13日から16日の日程で開催された「Internationale Spieltage SPIEL」(以下,SPIEL)の,カタログ展示会に出展されていたタイトル群だ。そのタイトル数は膨大で,ここに掲載したものもほんの一部でしかない。気になるものをピックアップして紹介しているつもりなのだが,会場を一回りした頃には,満足感と疲労感が混ざった奇妙なテンションになってしまった。
 掲載がやや遅くなってしまったが,写真多めでお届けするので,ボードゲームファンはぜひチェックしてほしい。

■関連記事

4Gamer内「SPIEL’16」記事一覧



カタログ展示会レポート(その2)


Fibonacciの「Grand Bazaar」は,アゼルバイジャン史上初(!)の商業ゲームだとか。相場を見ながら3種類の宝石の売買を行う
画像集#002のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Blue orangeの「Single Card Game」は,その名の通りカード1枚でプレイするゲーム
画像集#003のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

同じくBlue orangeの「Vikings on Board」。ヴァイキング船の模型が印象的
画像集#004のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Antler Gamesの「Salt Lands」は,荒廃した大地で生き残るポストアポカリプスもののサバイバルゲーム。砂嵐の風向きなどもゲームに影響するとか
画像集#005のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

ielloの「Kanagawa」は,その名の通り日本がモチーフの作品。絵具の色に気をつけつつ,葛飾北斎のような見事な風景画を描くのが目的となる
画像集#006のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
画像集#007のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

こちらもielloの「Der Misteriose Wald」。リュックサックの中の様々なアイテムを利用しながら,森の中を探索するゲームのようだ
画像集#008のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Jumboの「Stratego Pirates!」は,立体的な海賊船が特徴的
画像集#009のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「Rone」は今回の新作カタログでも人気テーマのポストアポカリプスもの。ビジュアルブックを見る限り,舞台背景まで綿密に考えられた作品のようだ
画像集#010のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Llama Diceの「Mondrian」は,画家ピエト・モンドリアンが得意とした抽象画のデザインを利用したダイスゲーム
画像集#011のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

ドイツのビール祭り・オクトーバーフェストが題材の「Orctoberfest」(Meeples)。ただし登場するのは人間ではなく,オークである
画像集#012のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

OriGamesの「Sabotage」は,自分の船の船体を伸ばして強化しつつ,砲撃でほかのプレイヤーの妨害していくゲーム。船体パーツの種類はかなり豊富だ
画像集#013のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Czech Games Editionの「ADRENALINE」は,ボードゲーム版のFPS。戦闘判定にダイスを使わないのが特徴
画像集#014のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Tiki Editionsの「1001」は,アラジンの乗る魔法の絨毯をうまく導いて,資源を回収していくゲーム
画像集#015のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

立体的な構造が印象的なMoondanceの「Dwarf War」。なんとなく,「キン肉マン」や「魁!! 男塾」の決闘会場を思い浮かべてしまうのは筆者だけだろうか
画像集#016のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Stronghold Gamesの「Terraforming Mars」は,火星を舞台にした本格的ストラテジーゲーム。すっきりとまとまったコンポーネント印象的
画像集#017のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

19世紀ロンドンを舞台にした推理ゲーム「13 Clues」(dV Giochi)。人・場所・凶器を手掛かりに犯人を見つけるというシステムは,ありがちだが面白そう
画像集#018のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

荒事慣れしていそうなシンデレラや王子のイラストが目を引く,dV Giochiの「Dark Tales: Cinderella」。2014年に発売された「Dark Tales」の拡張セットとのこと
画像集#019のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

ドイツゲーム賞で金の羽根賞(模範ルール部門)を授賞した,Hans im Gluckの「STONE AGE Junior」
画像集#020のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

HABAの「DrachenTURM」は王子(が描かれた棒)を使って囚われのお姫様を救出するゲーム。塔から張り出した木組み部分の礎石を,右側の竜が引っ張っていて,時間が経つと崩れてしまう。それがタイムリミットになっている
画像集#021のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

同じくHABAの幼児向けゲーム「Gute Nacht」。幼児向けであっても,コンポーネントはかなり細やかに作られている
画像集#022のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Game Brewerの「Pixie Queen」は,様々な方法で妖精の女王のご機嫌を取りながら勝利を目指す,ワーカープレイスメントゲーム
画像集#023のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

進化をテーマにした「EVOLUTION」(Rightgames)に拡張版が登場。今回は植物に焦点が当てられている
画像集#024のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Hueberの「Deutschland Entdecken」は,ドイツの社会地理が楽しく覚えられそうなゲーム。ちなみにタイトルは「ドイツ発見」という意味だ
画像集#025のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Hueberの「Interpol Ermittelt」「Sprach Memo」。語学教材に定評がある出版社が製作した,外国語学習のためのゲームとのこと
画像集#026のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

今回のSPIELで大々的に紹介されていた作品の一つである「ICECOOL」。ペンギンを指で弾いて門を潜らせ得点していくゲームで,方向性は日本のおはじきに近い(関連記事
画像集#038のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
画像集#027のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

手品がテーマの「TRICKERION」(Corax games)にドイツ語版が登場。コンポーネントが充実したゲームで,このごちゃごちゃ感がたまらない人も多いのでは?
画像集#028のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「Not Alone」(Corax Games)は,不時着した惑星で人類とエイリアンが戦うゲーム。エイリアン役1人にほかのプレイヤーが挑む,非対称型の対戦となる
画像集#029のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「GREAT WESTERN TRAIL」(Stronghold Games)は,19世紀アメリカを舞台にしたゲーム。中世の牧歌的な雰囲気の中で,近代的な鉄道網を整備していく
画像集#030のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

鉱山の開発を進めていくカードゲーム「Gluck Auf」(Pegasus)。ちなみにタイトル名は,鉱夫達の挨拶が元になっている
画像集#031のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

マンチキンの新バージョン「MUNCHKIN: Christmas Light」(Pegasus)。クリスマス用の贈答品として好まれそうかも?
画像集#076のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Pegasusの「Chariot Race」。競馬レースものは数多いが,本作のようにレーンを行き来するのはちょっと珍しい
画像集#032のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「JORVIK」はヴァイキングの農耕民・職人としての側面に注目した作品。「倉庫の街(Die Speicherstadt)」のデザインが流用されている
画像集#033のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「Gierige Goblins」(Pegasus)は,ゴブリンの一団を率いて宝石を集めていくゲーム。ダイナマイトを使いすぎると鉱山が破壊されてしまうので,その匙加減が勝利の鍵になる
画像集#034のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Reiner Knizia氏の新作「Yangtze」(Piatnik)。名デザイナーとして知られる氏が,中国史という題材をどう料理したのかが気になるところ
画像集#035のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

1996年に発売されたWolfgang Kramer作品のリメイク「EXPEDITION」(Amigo)。探検路を示す矢印型のコンポーネントが特徴的
画像集#036のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「Privacy Numbers」(Amigo)は,2004年に発売されたパーティーゲームの別バージョン。質問の内容が,数字に関するものに限定されている
画像集#037のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Zochの「Kilt Castle」は,5×5の限られた盤上に城を築き上げていくアブストラクトストラテジー
画像集#039のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

同じくZochの「Dreams」は星座がモチーフ。カードに描かれたイラストを,新しい星座としてマップに配置していく。夜空を模した楕円形のマットがユニーク
画像集#040のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Smart Gamesの1人用ゲームシリーズ。ドイツでは列車やバスで長旅をすることが多いので,こういうゲームがあると意外と便利だったりする
画像集#042のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
画像集#043のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
画像集#044のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

rudy gamesの「Leaders」には,新拡張として日本とアルゼンチンが追加。タブレットに計算を任せることで,PCゲームに近い複雑さを可能にしている
画像集#045のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Treflの「nomino Planet」は,惑星探検の途中で発見した新生物の命名を競い合うゲーム。クリーチャーのデザインも親しみやすい
画像集#046のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

同じくTreflの「Mistakos」。1999年に出された椅子積み上げゲームのリメイク作品
画像集#047のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「Thunderbirds: The Hood」は,コアなストラテジーをいくつも送り出しているModiphius Entertainmentの製品。コンポーネントの多さが特徴で,悪役ザ・フッドにフォーカスした謀略戦が楽しめる
画像集#048のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

立体的な構造のプレイエリアと,かわいらしい羊のイラストが印象的な「BAAAAA!」(Vioviva!)。ビジュアル的にも一般受けは良さそう
画像集#049のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

立体的な盤上を忍者達が飛び回る,2MT Gamesの「Ninja Arena」。コンポーネントがかっこいい
画像集#050のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Ravensburgerの迷路ゲーム「Das verruckte Labyrinth」。タイルを組み合わせて迷宮を作り,宝物を集めながらゴールを目指す。子供向けながら,大人でも楽しめる戦略性があるという
画像集#051のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Hasbroの雪山登山ゲーム「Yippie Yippie Yeti!」。途中で記念写真を撮りながら山を登っていくのだが,撮影の結果,雪崩が発生したりして登山路が変化していくのが面白い
画像集#052のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Hasbroの「Klar Text」は,写真のようなマウスピースをはめたうえで,与えられたお題についてうまく説明しなければならないという,なんというか大変そうなゲーム
画像集#053のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

動物達の王位継承戦を扱った謀略ゲーム「Mit List und Tucke」(KOSMOS)。イラストを見る限り,かなりダークな展開になりそう
画像集#054のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

KOSMOSの「TARGI: Die Erweiterung」は,2012年に発売された砂漠の部族経営ゲームの拡張版。新要素として「水」のエレメントや特殊な女性キャラクターが登場する
画像集#055のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

KOSMOSの言葉当てゲーム「Word Slam」。カードに書かれた概念しか説明に使ってはいけないルール。なお,Piatnikの同名ゲームとは関係ないとのこと
画像集#056のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

2017年の宗教改革500周年に合わせて作られた作品の一つである「Luther」(KOSMOS)は,マルティン・ルターの功績を辿っていくゲーム。この手の作品は学習目的であることも多いが,これはゲームとしてもかなり面白そう
画像集#057のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Zochの「Mea Culpa」も同じく宗教改革もの。贖宥状の売買などをルターに批判された聖職者・皇帝・大商人にフォーカスしている。ちなみにタイトルは「私の罪」という意味で,地獄に落ちない程度に悪徳を積み重ねたプレイヤーが勝者となる
画像集#041のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

今回のSPIELのトレンドである「脱出ゲーム」の一つ「EXIT: Das Spiel」(KOSMOS)。ひとまず3種類のシナリオが用意されているようだ
画像集#058のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

「アンドールの伝説」(KOSMOS)の拡張セット「Die Letzte Hoffnung(最後の希望)」。2013年のドイツゲーム賞を獲得したアンドールは,今でも根強い人気がある
画像集#060のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
画像集#059のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

LudiCreationsの「They Who Were 8」。崇拝する神々の逸話を取捨選択しながら,彼らの名声を高めていくゲーム
画像集#061のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Fibonacciの「Sail Away」 は,お金を集めて船を建造し,資源を集めることでポイントを競うゲーム。船乗りの歌専門の合唱団を呼んでプロモーションする気合の入りっぷり
画像集#062のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結
画像集#001のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Schmidtの「Bibi&Tina」は女の子向け(?)の乗馬ゲーム。なお,ドイツでは「女の子は大抵馬好き」というイメージがあるらしい
画像集#063のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Amigoの「Mino&Tauri」は,対面する2人のプレイヤーの前に立てられたマップの上を,マグネットでつながった駒で移動していくゲーム。つまり,自分の駒を動かすと,相手の駒も動くというわけ
画像集#064のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Devirの「Checkpoint Charpie」は,冷戦期のベルリンが舞台のスパイもの。ただし登場人物は犬と猫のみというのが面白い
画像集#065のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

オリエント急行をテーマにした経済ゲーム「First Class」(Hans im Gluck)。カードで表された車両をつなげて列車を構築し,サービスを受ける乗客の満足度を競う
画像集#068のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

去年に続き今年も出展されていた「DR. EUREKA」(Pegasus)。ビーカーの中のボールを入れ替えながら,カードに書かれたパターンを作り出すパーティーゲーム
画像集#069のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

パブで行われるクイズ大会をボードゲーム化した「Kneipen Quiz」(moses.)。ちなみに発祥はイギリスなのだとか
画像集#070のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結 画像集#071のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

今でも毎年のように新バリエーションが登場する「モノポリー」。このバージョンは,ホテルを建てる条件などを緩和することで,ゲームのテンポアップを図ったものだそうだ
画像集#072のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

PC用の名作ストラテジー「Master of Orion」にボードゲーム版が登場。詳しいルールは分からなかったが,SFモチーフであるにも関わらず,宇宙を表現するボードが存在しないのが気になる。ちなみにPC用のリメイク版も,Wargamingから8月に発売されている
画像集#073のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

Vesuvius Mediaの「Centauri Saga」「Cosmic Planeters」。こうしたSFものの人気もやはり根強い
画像集#074のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結 画像集#075のサムネイル/[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

4Gamer内「SPIEL’16」記事一覧

  • 関連タイトル:

    海外ボードゲーム(ホビージャパン)

  • 関連タイトル:

    ボードゲーム(アークライト)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月04日〜08月05日
タイトル評価ランキング
68
64
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年02月〜2021年08月