オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
信長の野望 Online公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:21
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

信長の野望 Online

信長の野望 Online
公式サイト http://www.gamecity.ne.jp/nol/
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元 コーエーテクモゲームス
発売日 2004/02/04
価格 7140円(税込)+1280円(税込)/30日
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
59
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 久々に面白いと思ったMMO 85
    • 投稿者:ファズ(男性/40代)
    • 投稿日:2015/06/07
    良い点
    プレイ期間4か月目です


    ・徒党(PT)を組まずにPTプレイで遊べる
    巻き込み戦闘というシステムがあり近くにいる人が戦闘に入ると
    PTを組んでいない状態でも自動で最大7人までが自動でPT戦闘に入るという
    システムがありPTの募集あるけど挨拶とかが面倒でPTに入りたくない人や
    時間はあんまりないけど皆とPTプレイをしたい人が気軽に
    遊べるのでこれが気にいっていて毎日通っています
    巻き込み戦闘のon/offもあるのでソロで遊びたい人はoffにするだけでOK
    またその場ですぐPTを組まれるので開幕敵と味方の編成を見て瞬時の判断で
    行動を決めなければいけないのと他職の技能がどういう効果があるか
    覚えて行けるのでPTスキルを磨くにももってこいのシステムになってます


    ・家臣システム
    自分はNPCを狩りに連れていけるゲームが好きなんですが信オンだと
    自分以外に戦闘に参加してくれる家臣(狩りに連れていけるNPC)を
    作ることが出来ます、自分が回復職ならアタッカーの家臣を作って
    ソロも出来るし巻き込み戦闘に連れて行く事もできアタッカーなのに
    盾タイプのステ振りなどを作ったりかなり楽しめます
    また戦闘中の行動パターンや装備の種類も
    自分で細かく設定できるので相当はまります
    自分は体験期間中にこれにはまって課金しました
    城下町を発展させたり忘却の魔境という家臣を複数出せる
    IDを攻略していくと最大9人まで家臣を持てます


    ・城下町、屋敷
    他のMMOだと自分専用の敷地を持とうとするとゲーム内通貨で
    大金が必要だったり一か月限定のレンタルだったりしますが
    信オンだと課金した段階で自分専用の城下町と屋敷を持て
    自分好みに作ったり他のプレイヤーが見に来ることができます
    (自分以外入れなくする事も可能)
    屋敷は自分専用のキャラ放置場所にしたり休憩したりする時に使ったり
    城下町は施設を育成する事により家臣の育成をしたり家臣の装備を
    販売する施設が出来たり名所を配置したりする事が出来ます


    ・狩場のほとんどがID形式の為軽く自分のやりたい事にあった狩場がある
    フィールド狩場もありますが基本的にID狩場の方が敵を探す手間がなく
    戦闘後すぐ敵との戦闘に入れるので時間的にも楽なので気楽に行けます
    家臣を育成するポイントが欲しい場合秀吉戦記に通ったり
    お金を貯めたい場合はもののふ道場のクエを受け力の源を売ったり
    レア装備や装備を強化する為のアイテムが欲しい場合
    ボス討伐クエを受けるなど


    ・チャットをしながらゆったりプレイできる
    シネマチック戦闘と言うコマンドを入力して行動を見ていく戦闘で
    リアルタイム戦闘ではなくコマンドを選び行動順によって行動を
    していくので基本的にはかなりまったりできますがLVが高い
    巻き込み戦闘とかでは開幕に真っ先にコマンドを押さないと行けなかったり
    回復職はちょっと忙しい場面が多いかもしれません
    また対人戦になるとその待っている間に敵PTとの技能の読み合いを楽しめます


    ・初心者装備がかなり強い
    lv50になると配布される忠義装備or御恩装備という装備の性能が
    かなり優秀なのでLVがカンスト(LV70)してもそのままプレイできます
    もののふ道場のクエをするだけで初心者装備を交換するポイントが自動で
    貯められるのでNPC戦やボス戦でもこの装備で普通にいけます
    高LVボスや対人をやるとなるとさすがにこの装備よりは上を
    目指さないといけないのでお金はかかると思います


    ・LVカンスト後もキャラを強化できるシステムがあるので飽きない
    自分はオンラインゲームではLVをカンストすると飽きが来て別キャラに
    浮気をしたり引退しちゃうパターンが多いんですが信オンの場合
    LVカンスト後は潜在能力(キャラの基礎能力アップ)と
    覚醒技能(スキルの威力を上げたり行動順番を早められる事が
    出来るようになったりするので技能のカンストを目指すことによって
    さらにキャラが強くなっていきます


    ・簡易チャットや所作(挨拶などの動作が豊富でボタン1つで出来る
    戦闘開始前や戦闘後の挨拶もデフォルトで組まれているので
    チャットを打たないでも良いし文章も自分好みに変更できるので
    気持ちのこもった挨拶も気軽に打てる
    悪い点
    ・装備が消耗品
    大航海オンラインのような戦闘でダメージを受けたり攻撃することにより
    装備が消耗し最大耐久度と耐久度が下がるので一定値を超えたら
    修理をしないとステータスが大幅に下がったりするので
    こまめな手入れが必要なので修理屋の行き来が面倒


    ・改修費が高い
    修理だけだと耐久度だけが回復し最大耐久度という数値は回復せず
    装備ごとに決められており費用がものすごい高いので基本的に
    装備の修理が出来なくなった時点で使い捨てになり
    がんばって強化した装備も破棄になる
    このため対人用のガチ装備は使い捨てと言う訳にはいかず金策が大変
    狩り用の御恩装備や対人用の本気装備を分けるほうが財布に優しいです
    総評
    色んなMMOをやりましたが久々にはまりました
    もっと初期の頃から知っていればよかったと思わせてくれる作品です
    去年末のアップデートと鯖統合もありゴールデンタイム以外も人が多く
    最近はじめましたと言う初心者の方もよく見かけるので
    体験期間だけでもやってみるのをお勧めしたいです
    連続クエストを進めて行くだけでLVと技能をどんどん覚えて行けるし
    家臣を連れて行けるのでソロでもそんなに苦ではないと思います
    LV50超えたぐらいからものすごい楽しい狩場が増えたりします

    またシステム的に3Dですがものすごい軽いです
    グラフィックが良いものにしたければHD版と言うのも出ているので
    そちらをDLすると良いと思います
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 4
  • 信長の野望 Online  20
    • 投稿者:ひろぞう(男性/40代)
    • 投稿日:2014/06/18
    良い点
    かつてはユーザーがたくさんいて
    活発なコミュニティーが存在した。
    悪い点
    壮絶なユーザー間によるゲーム外での足の引っ張り合い。
    それを助長した運営。
    総評
    β1から参加しました。
    このゲームは開始当初から多少の問題があったにせよPVPがあるのに
    ゲーム自体の設定がゆるくFF11等のがちがちに縛られたゲーに疲れたユーザーなどに支えられて、自由で開放的な雰囲気のコミュニティーを形成していました。
    戦闘中に攻略法を皆で考え出したり、戦の参陣方法を考えたりユーザー間のコミュニケーションをかなり楽しみました。
    効率ばかりでないそうしたコミュニティーや生活を皆で楽しんでゲームしていました。
    しかしそれをぶっ壊したのはご多分にもれず馬鹿な運営で
    具体的にいうと大多数のユーザーとはかけ離れた、一部、声のでかい圧力をかけるユーザーの意見ばかりに耳を傾けた運営がなされて今まで主力だった職業に対しての度重なる下方修正ばかりを行い。
    具体的にいうと最初に陰陽、そして神職にはげしい下方修正がなされクラスとしてまったく戦にも狩りにもボス戦にも、まったく存在が許されない職業になりました。
    一転主力になった忍者ユーザーなどは大喜びでしたが、この結果を見たユーザーは自所有クラスに有利になるようロビー活動を激しく行い、またそうしたユーザーの声にだけ耳を傾けた運営が引き続きなされて。
    公式掲示板などで各クラス間のすざまじいののしりあいが繰り広げられました。
    もちろん各種バランス取る事はゲームにとって重要ですが、このゲームの場合不遇クラスの浮上策というより、主力クラスの下方修正をおこなう事に重点をおいてるように思います。
    そして海底まで落とした職業は二度と浮上させない運営方針はどういうつもりなのか聞いてみたい気がします。
    職業格差が努力で補いきれない事態となって嫌気が差し、抜けるユーザーが増えコミュニティーは崩壊、結果効率を重視するユーザーだけが残り。
    このゲームの最大の魅力、自由で柔軟性のある緩やかなユーザー間の関係が崩壊してゆきました。
    そうしたゲームの本質的な魅力を理解しない、運営がおこなわれている事でこのゲームはもう死んでいるのですが。
    個人的には開始直後に楽しんだこのゲームの雰囲気は独特でまた魅力的で懐かしく、もし新たに仕切り治す、2が出るのならまた参加してみたい郷愁に駆られます。
    もう古参ユーザーは何人このゲームに残っているか知りません。
    まあこの体勢が引き継がれると同じ悲劇が繰り返されるのでしょうが。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 4 3
  • 信長始めて二ヶ月ですが 80
    • 投稿者:おもも(男性/30代)
    • 投稿日:2014/05/13
    良い点
    初心者にやさしい
    最初の町(安土)で何をするのかわからなくてクソゲって思ったけど
    ゲームパッドの設定2でやったらやりはじめた

    気軽にできます
    死んでも減るものなし
    名声といってどうでもいいようなやつが減りますが
    悪い点
    助力といって初心者を助けるシステムありますけど
    これは単に報酬がほしいだけでただついてくるだけのプレイヤーがいます
    道も案内せずさっさとおわらせようとする人ですね

    とにかく文句言う人が多いです

    覚醒といって別ゲーでいうとスキルレベルみたいなやつで
    これを上げるのが時間かかって
    ライトユーザーを引退にした原因らしいです
    これを上げないことには強いボスに挑めないです
    全て覚えるにはたぶん毎日10時間ぐらいやって一年ぐらいかかると思います
    ただヘビーユーザーの攻撃職が来てくれればボスを一撃でやる
    チーター並みの火力ある人もいます

    キャラの動きが使いまわしです

    あとイライラする声優の声もあります
    本気だからねー!とかあれそうとうストレスですね
    使ってる人どういう神経してるんだろう

    生産が分かり図らいです
    ただ覚えればなんてことないですが
    総評
    やることが少ないですね
    社会人が多いので平日の昼間は人がほとんどいません
    夜はうじゃうじゃいます
    土日はパーティーたくさん組めるのでかなり楽しいです^^
    他のゲームと違って簡単に最強になれると思います
    別ゲーなら武器一本数万とかですが、
    これは1万も出せば一式作れます
    ただ最初から買うと失敗するのでレベルがマックスになってから買ったほうがいいです
    パッケージで5000円、お金に1万ぐらい投資したら最強です
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 3 4 2
  • 既にMMOですらない堕ちたゲーム 20
    • 投稿者:シルバー(女性/30代)
    • 投稿日:2013/03/23
    良い点
    ・チャットのしやすさ。
    ・他にない、リアルタイムシネマティックバトルの迫力。
    ・戦国時代を扱う番組に採用されるほどの優れた音楽。
    悪い点
    ・いつまでもPS2ユーザーばかりを気にして一向に上がらないグラフィック(PC版)
    ・複数アカウント推奨とも取れるパッケージの販売
    ・多くの人と組むより、まず自分の複アカを徒党に入れることを優先する、ユーザーの質。
    ・ダンジョンによっては自分以外すべて家臣で徒党を構成できるようになり、
     他人と組む必要がなくなったシステム
    ・同じ一門にいても、合戦場や城下町にいる同じ一門の人はログインしているかどうかもわからない。挨拶を返さない人ならなおのこと。
    総評
    数年前までは業者の対応が悪いなどの不満はありつつも、野良も含めてオンラインらしい徒党での戦闘が楽しめた。

    現在は複数アカウント推奨。自分の思い通りに動く家臣という名の人形使いゲーム。
    オフラインゲームとの差は全くない。


    去年から今年にかけて復帰してみましたが、あまりの活気のなさに現在休止中。
    復帰する価値はないと思っています。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 5 1 4 4
  • 食わず嫌いにされがちな名作 80
    • 投稿者:きゃみー(男性/40代)
    • 投稿日:2013/02/24
    良い点
    ・課金ガチャ等がないので月額利用料だけで十分遊べる点
    ・ターン戦闘形式なので育成狩が他タイトルに比べて楽
    ・一般ダンジョンの多くに戦闘参加してくれるNPCが配備されている
     またスキルをマクロ設定できるNPC家臣も実装されたのでソロでも3人PTが組める
    ・毎日クエスト2種、週間クエスト3種をリストから選べるので狩場で悩む事が少ない
     それらのクエストを皆受けるので同目的のパーティメンバーを探しやすい
    ・8つの職業それぞれに異なる生産コンテンツが用意されている
    ・ボス部屋の多くはID形式なので他PTとトラブルになる事がなく、
     またそのID部屋に入場してればギルドメンバーもレアアイテムを獲得できる
    ・Lvカンスト後も潜在能力やスキル覚醒などの育成要素がある
    悪い点
    ・ユーザー登録や課金方式が独自なので初心者が馴染みにくい
    ・月額制という理由で避ける人が多く食わず嫌いな人が多い(気がする)
    ・PS2/PS3でプレイを可能にする為にグラフィックが向上しない
    ・世界観を重視しているので流行のおしゃれなアバターが登場しない
    ・10年経過しているMMOなので、もう誰もやってないコンテンツも残っており
     初心者がそれを把握する為のガイドライン・外部サイトが不足している
    ・装備強化すると維持費(修理代)も上がるので初心者は少し大変
    ・大型アップデート時に更新料がかかる(PS版が存在するため)
    ・最初の新規無料期間ですべてのコンテンツを体験できないこと(家臣団など)
    総評
    レビューが少ない&内容がイマイチだと感じたので初投稿。

    新作ネトゲの多くはエンドコンテンツ不足でLvカンスト後にやる事が限られてしまう・無くなってしまう作品が非常に多いと思います。逆にこのゲームは「やれる事が多すぎて戸惑ってしまう」ボリュームなので長期間遊べます。
    利用料金は月額制ですが、ゲーム内に影響を及ぼすような課金ガチャは無いので月額利用料だけで十分遊べます。有料パッケージ販売は存在しますが、あくまでの育成補助アイテムが少し入っている程度で留められているので課金で差が付くことはほぼありえません。

    総合的に見ても「国産、大手ゲーム企業運営、過剰摂取なし、世界観維持、コンテンツ充実、対人要素あり」という条件を備えたMMOは現状、数少ないと思いますので高評価にしました。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 5 3 4 5
  • 家臣を育てるのが楽なら帰りたいけど 70
    • 投稿者:時雨坂(男性/50代)
    • 投稿日:2012/08/20
    良い点
    パット使える。
    毎日クエストある。
    PS3orPCを2台以上用意できれば2赤以上できます。
    2キャラ以上で追尾させれば1人で戦闘できてLV50行けます。
    購入前に試着ができ試せる。
    技能書を貰わなくても自動で入手できる書もある。
    お供が付けれる。
    生産、知行がある。
    悪い点
    決まりイベント七夕、夏祭りなどばかり。
    装備の外観を変えれるアイテムありますが、職違いだと使えない仕様。
    これに不満出てます。
    里出ると生産クエがなく経験値あげづらい。
    上に行くほど経験値が上がり材料の種類、知行アイテムが多くなり時間かかる。
    家臣を育てるのが難しい。
    総評
    家臣なんて新キャラか新参者用じゃなかと思う。
    後衛職では無理。
    育てるダンッジョンが適正でないのと自キャラが盾じゃないのでLVが低くて死んでしまうので育成が難しい。
    毎日クエストではLVが高い。
    他人の家臣見てると死ぬ回数が多く、見てても疲れる。
    三方原の戦いなどの合戦場の追加ばかりしてます。
    それでイベントと言うと報酬が強化石とか両国銀ばかりくれる。
    生産を緩くすると言ってましたが、いつまでするのか不明?なのでしてません。
    家臣用の成長支援箱とかを貰えないと苦しい。
    ソロだとクエストが無いので飽きる。
    数時間でできるコンテンツがなく楽しめない。
    仕事をしてる人が2時間ぐらいしかないのに、徒党組むのに1時間、攻略して数時間では時間ありません。
    家臣に成長支援箱の修得之書があればやる気あります。

    大勢でしたい人、1人で寂しい人には良いと思いますよ^^
    思いを込めて評価70^^
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 2 2
  • 今後に期待はできる。現状には期待しないほうがいい。 60
    • 投稿者:球磨川禊(男性/30代)
    • 投稿日:2011/09/13
    良い点
    良い点とは関係ないが、わかりやすくするためにまずはじめにこのゲームではパーティーのことを徒党と呼ぶ。以下、徒党=PCによるパーティー。

    チャットシステムが他に類をみないほど秀逸。
    くわえて大人が多いので気が合う人とは仲良くなりやすいし、一緒に遊びやすい。
    仲のいい知人ができるだけでもゲームを継続する理由になる。

    BGMの評価は高い。

    貴重な日本の戦国時代を舞台にしたMMORPG。

    シンボルエンカウント方式による行動入力ターン制バトルの奥が深い。
    上級者になると秒単位でのコントロールが勝敗をわかつ。
    コマンド入力したらあとは自分の番が来るまで見守ることしかできないので雑魚狩りはのんびりできる。
    育成の合間に読書やテレビ、ネットサーフィンできるのは○。
    もちろんボスではそんな暇は無く、たとえ自分の番がまだでも常に状況分析は必要だ。


    たびかさなる改良により徹底的にユーザーが遊びやすく、育成しやすい土壌を形成していってる。
    もちろんそれが全ていいことばかりかというとそうではないが、低レベル帯からは慣れれば数日で抜け出せるくらい最初の育成は楽。


    同じ職業でも特化という上位技能の選択により8職業24特化に分類されている。
    優遇不遇は当然あるが、どの特化でも極めれば徒党に貢献できる。
    ただし、不遇特化でその領域に到達するにはいわゆる廃人プレイが必要。
    悪い点
    せっかくの戦国時代、名だたる武将たちがいるのに影が薄い。
    一部の武将は上位ダンジョンのボスや味方NPCとして設置されているがストーリーはただの読み物レベル。
    武将がからんだ物語には期待しないほうがいい。
    またゲーム全体を通してもストーリー性は、ほぼ無いといってよい。
    あくまでも仮想戦国時代を生きるゲームだと認識してはじめること。

    低レベル帯をあまりに簡易化してしまったために、素人同然の高レベルキャラが多数存在する。レベルだけでその人の能力を見極めるのは危険。
    自分の特化の技能すら把握できていない人も少なくない。

    シンボルエンカウントによるターン制バトルは奥が深いのだが、NPCのAIが脆弱なためボスNPCには専ら反則技を使わせることで難易度調整が施されている。
    このため上級者向けのボスに勝つには自分たちの強さよりも運の要素のほうが大きい場合が多々ある。
    せっかく育成を頑張ってもこれでは頑張り甲斐がない。

    例としてはPC全体の術を高確率で封じる技能だったり、ノーリスクで高い確率で使ってくる止める術がない蘇生アイテムだったり、育成頑張った盾職業をいともたやすく殺してしまう高すぎる攻撃力だったり。

    またこれにより、キャラクタの強さよりも徒党(特化)構成のほうが重要視されることが多々ある。
    ガチガチの優遇キャラばかりで徒党をかためて少しでも勝率をあげようというものである。
    もちろん不遇キャラでも極めれば十分に戦える素質はあるのだが…。
    徒党人数の上限が7人であることに対して特化が24もあるので当然、徒党に入りづらい特化がでてくるのである。




    総評
    数年前までは、
    正確には争覇の章というグレードの覚醒の刻というパッチが来るまでは優遇不遇はあったもののまだ奥が深いバトルが楽しめたし、育成する楽しみもあった。

    だが今は度重なるアップグレードにより強化され続けるPCへの対抗手段として、ボスNPCにはインチキ技能ばかりを使わせてPCが勝ちにくくするということしかできていないのが現状である。
    この最大の原因はやはりNPCのAIの脆弱性にあるだろう。
    コマンド入力方式のターン制バトルなのでAIが賢くなったとしても、ある程度のランダム性や意外性がないとPCには敵わないのは当然なのだが・・・・。
    賢いAIが型にはまった行動をしてもPCにとってはかっこうの的になるだけなので・・・・。
    この点でこのゲームの戦闘難易度の調整というものは非常に難しいものであると言える。

    24特化中、アタッカー特化はサブアタッカーも含めると11特化という半数近くを占めるのだがあまりにも理不尽なNPCを前にひたすら火力のみを追求される傾向になってきている。
    アタッカーが11特化もあっても募集されるのは常にその中の数種類程度なのだ。

    またメイン回復特化も4特化あるにも関わらず募集されるのは特に回復能力に長けている1特化のみという…。
    もちろん他の3特化でも十分戦えるのだが。

    ここまで悪いところばかりかいてしまったが、まぁ私はもうこのゲームを8年も続けている。
    不満は数え切れないほどあるが自分に合っているのだろうか。
    やめられない。
    他のMMOにも手を出してきたがこれしか続かない。

    はまる人は、はまるゲームです。
    まぁまったりMMOしたいという人にはおすすめできるゲームです。

    ボスの攻略難度、雑魚狩りへの参加のしやすさも選んだ特化によってかわりますが、今はどの特化でも育成しやすい土壌で、育成難易度については昔ほどの理不尽な違いはありません。

    また今日の不遇特化もパッチ次第では優遇特化へ変貌します。
    今まで大半の特化が優遇と不遇両方を体験済みです。
    ただし、いまだに一度も日の目をみたことがない特化も存在します。
    そんな特化でも極めれば活躍できます。

    そのあたりはとにかく奥が深いです。
    自分は根性があって逆境なほど燃えるタイプだと自負できる人は
    とりあえず、僧兵、神典、密教のどれかを選んでください。次点で殺陣あたりですね。
    とってもドMなプレイができること間違いなしです。

    逆に甘やかされたい人は医術、忍法、召喚、能楽あたりをどうぞ。
    ただし、いつか地獄に突き落とされる日が来るかもしれませぬ。

    散々、悪いことばかりかいてしまいましたが私はこのゲーム好きです。
    何とかいいゲームになってほしいです。
    昔はボス戦も奥が深く楽しかったです。
    またあの頃の熱量を感じたい。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 2 1 5
  • 8年を迎えて今後の展開に注目 85
    • 投稿者:伊達政宗(男性/30代)
    • 投稿日:2011/08/08
    良い点
    数年前までは、成長システム上育てるには一定以上の時間が必要でした。
    現在序盤〜中盤までは、確実にレベルを上げられるように緩和されています。

    一緒に戦ってくれるNPCなるものも登場しますので、人数を揃えずとも短時間で狩りを楽しめたりも出来ます。
    また上級者向けダンジョンが続々と追加されており、少数の人数でも戦えるようにNPCの配置がされています。
    上級者ダンジョンでは、武将をお供に出来たりもします!

    一門(ギルド)システムの導入によりグループを作れるようになりました。
    一門専用ダンジョンも存在します。

    勿論勢力に所属は当然出来ます!
    現在は、合戦で勢力専用の技能が使えたりしますので、比較的敵数の少ないのであれば専用技能で対処できたり。

    そしてなんといってもプレイ年齢層が高い所。
    悪い点
    ボスNPCのアルゴリズムが少し滅茶苦茶な点
    反則といえるであろう技能を多用してくる所
    勢力によって武将の能力に大きな隔たりがあり、合戦での優位性にも影響がでています。
    有名な勢力ほど武将が使用する専用技能が反則の域。

    違法行為特に不在戦闘に対する対応が全くない所。
    これを利用することにより、一般人とは桁違いの速さで成長と遂げている、極一部のプレイヤーが存在している。

    開発の考えがいまいち分からない。
    8月3日から戦闘システム上変更になった点にもおかしな部分が存在します。
    本来そのためにあった技能が、戦闘システムの変更によって全く使えなく技能になってしまった所。
    総評
    数年前までと現在とでは全く違った雰囲気になっていますので。

    過去のレビューのまま始めると、そこまで酷いのか?って思える所もあるかと思います。

    運営サイドもユーザーの声には反応しているみたいです。

    ただ、それが斜め上な点が否めません。

    全員が納得するのは当然不可能に近いと思いますが、毎度のアップが極端なのがユーザーからの評価に影響しているのかもしれません。

    今後の開発側の頑張り次第ではまだ化ける可能性はあると思います。
    ユーザーの声に耳を傾けている姿勢は、インタビュー等でも答えていらっしゃるようなので。

    良い点でも言いましたが、このゲームは大人人口が大多数ですので、多少の過ちは許してくれます。
    その点が本当に良い所かもしれません。

    8年も続けられている所と、ps2・ps3・pcと3つの機種で遊ばれている所。
    ps2でMMOはもうこのオンラインゲームしかありません。
    愛されているMMOなんです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 拭いようのない末期感 20
    • 投稿者:Jastice(男性/30代)
    • 投稿日:2009/03/17
    良い点
    発売当時ですら時代遅れでどこも採用しなかったクローズバトル/ターンバトル制が、結果として独自の要素になっている点。
    それによる操作の簡易さと、単純なボタン押しだけのシステムは誰にでも分かりやすい。
    国内タイトルの中ではMO要素(インスタンスダンジョン)をいち早く取り入れ、先駆けとなった点。
    戦国時代の日本がモデルらしい、他には少ない世界観。
    悪い点
    運営全般。
    RMT、BOT、ハラスメント、バグ利用などに対する取り締まりはないに等しい。
    なぜならもうそれらの課金がなければ成立し得ないほど人が少なく、彼らを切り捨てることは即刻終了を意味するからである。
    不都合な点をユーザーへ発表する際は小さく但し書き、ひどい時はあとからこっそり追記などということもあり
    最近は企業としての誠実さが疑われるようなことを多数しでかしてしまっている。
    定額制のはずなのにより多くの金を出したものが有利になれるという不思議。

    ユーザーの質。
    すでにゲームをゲームと割り切れないような気味の悪い連中がはびこっている。
    PvP要素においては相手に嫌がらせをして意欲をくじくことがもっともポピュラーな戦術であり、それによって人はどんどん減っていくばかりである。
    またPvEにおいてはクローズバトルのためパーティの人数が限られており、遊びや余裕が全くない戦闘ばかりである。

    ゲーム内容全般。
    敵を倒すことしか目的がない。
    キャラを育成しそれを披露するための場所は用意されているが、その場が上記の気味の悪い連中に取り仕切られており最終コンテンツとしてきちんと機能していない。
    従って、より高いキャラ育成の狩り場で戦うためだけにキャラ育成をしたり、それらへの入場権を得るためだけにボスを倒すという救いようのないループ。
    総評
    4月に引退した者の意見。
    運営の悪さや人減りが激しいことは他の人が言っている通りで末期感が非常に強い。
    末期感を感じない、または感じないふりをしているのは上記のような気味の悪い連中だけである。
    サーバー統合を決行して目に触れるキャラクター数は一時的に増えたものの、全体として大幅に減っているのは明らかである。
    ユーザーの質は極めて悪く、「遊びじゃない」とか「忠誠心」「裏切り」など、ゲーム内にいるということを忘れているかのような発言があちこちでみられる。
    そういった連中が意欲過多を出せば出すほど周りのユーザーはドン引きし、このゲームを去っていっている。

    最近の拡張パックで導入されたギルドのようなチーム機能が、人との結びつきを強めるのではなく利益によって強要するものであったために、
    本来引退の最終防波堤となるはずのものが逆に引退の新たな原因となってしまっている。
    上記のような意欲過多な連中がチームを仕切っていることが多く、ログインすると確実に把握される仕様になっているため無理やり長時間ゲームにつき合わされ、
    断ると忠誠心ややる気などといった痛い言葉で(ゲームと現実の区別が付いていないため)嫌がらせを受け引退に追い込まれることになる。
    その上それらのハラスメントには罰則が科されることは皆無である。

    複数アカウントが異常なほどに進行しているために一見それほど人が少なくないように見えるが、実際にはキャラ数の10分の1ほども中味の人はいない。
    そういった中味がスカスカの状態でコミュニティなど成立しうるはずもなく、街中でも会話はなく末期感を強めている。
    一人のユーザーが辞めれば多数のアカウントが失われる体質であり、崩壊が始まればあっという間に終わってしまうだろう。
    実際私もたくさんのアカウントを所持していたが、それらを全て課金停止にした。

    同社の三國志オンラインの終了が発表され、次はこれが危なそうである。
    なによりこのレビュー数を見ればどれだけスルーされているかがわかるだろう。
    今から始めるのは絶対にお勧めしないし、どうしても始めたいなら公式掲示板の異常な世界を見て覚悟してからにしたほうがいい。

    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 2 1 1
  • 人が減ってきて遊び難い 25
    • 投稿者:十一(男性/30代)
    • 投稿日:2009/11/09
    良い点
    パーティでの戦闘が中心なので
    いろいろな人と組んだり衝突したりする機会が多い


    最大7人のクローズバトルで、戦闘のバランスが程よく厳しい
    自キャラもレベル、潜在、覚醒などと成長させられる部分が多く、育てがいがある
    悪い点
    拡張パックが出るごとに強装備や数倍稼げる狩場が追加されるので
    コンテンツの殆どは実装から1,2年すればゴミ同然に
    やり込めばやり込むほど拡張の季節になると切なくなる


    世界観が戦国時代から離れ
    統一感のないファンタジーが中心になってるのが残念
    昨日は黄泉の国、今日は関が原、明日は竜宮城へ、と
    いろいろなフィールドを楽しめるのはいいものの
    信長の野望シリーズの面影は全くない感じ
    総評
    24の職業(特化)から、バランスの取れた7人パーティを組まないとプレイできず
    さらに、メンバー全員の時間の都合(大体2時間)も合わせないといけないので
    人が減ってきた今ではパーティを組めない事が多い


    コンテンツの豊富さやシステムの独特さなど、いい部分も沢山あるものの
    人がいなくて満足に組めず遊べずの状態が一年以上も続いていると
    ゲームの内容がどうこうという以前の話に
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 4 2 2 4
  • うーん、、、世界観は良いが、、、 30
    • 投稿者:kazu1203(男性/30代)
    • 投稿日:2009/07/01
    良い点
    ・独特の世界観
    ・レベルがさくさく上がる
    ・そこそこ駆け引きのある戦闘
    ・合戦
    悪い点
    ・必要とされる職、されない職がはっきりしている
    ・レベルがさくさく上がるのはいいが2回目からは作業
    ・プレイ人数が減少気味で時間帯によってはかなり過疎っている
    ・レベル50ぐらいまではクエストだけでレベルが上がるため、それまでは基本ソロ、MMORPGらしさを微塵も感じさせない
    ・合成品で稼げる物、稼げない物がはっきりしており同じ物ばかり作ることになる
    ・レベル50以降、レベル上げ以外にやることがない
    ・合戦も最初は斬新だが慣れてくると同じ事の繰り返しで単調
    ・初期ステータス振でその後の人生が変わる
    総評
    長編ストーリー的なクエストもなく、単発完結型のクエストをたんたんとこなすだけ
    ほとんどが○○集めてこい、○○倒してこい、この2つで面白みにかけます
    装備もレベル50まではクエストですべて貰えるため金策も全く不要ですが、逆に言えばおもしろくない
    無料ゲーム含め多数のMMORPGをやりましたがこの作品が一番オンラインゲームである必要性を感じない
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 2 2 2
  • 信長の野望 Online  20
    • 投稿者:カズ吉3(男性/40代)
    • 投稿日:2009/04/17
    良い点
    戦国時代を扱ってるという点では老舗ということもあり、それなりの雰囲気をだしている。
    里や瓦版や中級者クエストにより新参者には優しい仕様になりつつある。
    音楽に関しては正直かなりのできになっているだろう。
    PS2ユーザーも多いのかグラフィックに難があるというが、切り捨てないところは運営の寛大な点ではないだろうか。
    悪い点
    運営がかなりの低レベル、ユーザーの気持ちを理解できていないことがこのゲームの最大の難点だろう。
    いまユーザーが何を求めているか、どうしたらより楽しいものになるのかがまったく分かっていない。
    最近のやる気は評価できるが、中身が伴ってこないのでユーザーの期待だけが先走り各所で運営叩きが止まらない。
    総評
    最高の素材に最低の料理人でひどい料理になりつつある。
    本当に素材がいいだけに非常にもったいないと思う。
    だいぶ長寿のゲームではあるが、運営陣次第でまだまだ面白く続けれるゲームなのに残念で仕方ない。
    飛龍の前からどっぷりハマっていた側から言わせて頂けば、最近のやる気だけは非常にいいと思う。しかしやる気を見せたらユーザーは当然期待をしてしまう。
    その期待を裏切る行為はプロとしてどうかと思う。
    繰り返すようだが、《素材は最高》です。が、運営陣を総入れ替えするくらいの覚悟で挑まないとこのゲームは終焉を迎える日を早めてしまうと感じました。
    老舗ということに胡坐をかかないで気持ちを一新して頑張っていただきたいです。
    どこかでこれを見た運営が気づいて欲しいという気持ちを込めて、辛口ですがあえて20点です。

    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 1 3 2
  • PS2プラットホームの限界 45
    • 投稿者:naughtypork(男性/50代)
    • 投稿日:2009/02/06
    良い点
    .押璽狒論期の最大の欠点(時間のかかるソロ狩り)に打開策が出た(毎日クエ)
    ▲ぅ戰鵐伴期が短くなってきた
    悪い点
    ‘餔彭戮旅發ぜ蹐蠑譴呂笋呂蠑魴錣変わらない
    ▲侫襭丕圈陛姪沺砲料備とスキルが全て高くないと壊滅したりする
    2燭茲蠅皀灰潺絅縫謄が希薄すぎ
    て馘┘リアを目指すため結局RMTの助長に
    ィ劭唯團廛譟璽筺爾優位になりやすい土壌なので態度もマナーも悪いのが多い
    最後には雰囲気が悪くなって人口も減ってきた
    総評
    制作・運営会社を責めるつもりはなくて、ただただ最初の土壌にPS2を考えたのが足かせになっているゲームです。PS2対応のためにチャットが極めて軽視されてます。

    オンラインゲームの最大の継続条件(あるいは要件と言ってもいい)であるコミュニティを軽視してしまったのが、プレーヤーの継続課金を難しくしていると思います。

    音楽・効果音等は非常に優秀なだけに、上記の点が返す返すも悔やまれるゲームです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 2 1 2
  • MMORPGの楽しさ 85
    • 投稿者:Keith(男性/40代)
    • 投稿日:2008/12/14
    良い点
    ○戦闘が独特

     コンピュータRPGの原点は、やはり戦闘。戦闘が「クリック」というボタンを押すだけの「作業」と化しているゲームが多い中で、敵や味方の行動を4秒、5秒、7秒などの長さに分類し、画面右から左へと流れて行く「行動バー」として画面に表示することで、次に敵がどんな行動をとってくるのかを読み、自身の行動や仲間との連携を図る戦闘方式は斬新。
     確かに、1戦闘あたりの時間は長い。しかし、行動バーの存在によって、敵の行動を読み合って、自分が次にどんな行動をとるのか声を出し(チャット入力し)てボスなどの強敵を倒した際の達成感は、他のゲームでは味わえない独特の要素。
     コンピュータRPGの楽しさ、MMORPGの仲間とともに乗り越えて行く達成感を味わうことの出きる戦闘システムは秀逸。

    ○和的な世界観

     戦国時代をベースに、戦国武将や妖怪、日本神話などを取り入れた和的な世界観。古寺になぜ鼠の物の怪が登場するのか、なぜ星野山というダンジョンがゲーム内の上野国に設置されているのか、そんな小さな、色々なこだわりがゲーム内には凝縮されているので、調べてみると様々な地方の伝承や歴史への「気づき」となるかも。

    その他
    ○ゲーム内の家のつながりを確認できる合戦システム。
    ○音楽の素晴らしさは折り紙つき。一聴の価値あり。
    ○ゲームパッド1つで操作可能で、非常に分かりやすい操作性。
    ○初心者でも入りやすい、チュートリアル的なクエストの導入。
    悪い点
    ○PS2ベースのゲームのため、グラフィックが非常に古臭い。
    ○運営がRMTに対して寛容すぎる。
     非常に多くのRMT業者(とみられるプレーヤー)がゲーム内に多く見られ、既にこれらの業者の課金なくしてはゲームが存続がし得ないのではないか?と、多くの一般ユーザーが思っていることが、大きな問題。これらの業者によって、ゲーム内貨幣価値が下がっていることに対し、運営やGMは、今後どのように対処していくのかを明確にしていく必要がある。
    ○「不遇」とされる職業、特化が存在することが「悪い点」の前提として挙げるならば、副次的な「悪い点」は掲示板などでの要望を運営側が採用しすぎ、時折「斜め上」と揶揄されるどうしようもない修正を加える部分。
    総評
    RMT対策を含む運営面、グラフィックなど問題は多い。一昔前のゲーム、職業バランスの悪さ、それも言われる通りだと思う。

    ただ、現実のプレーヤーが操作するキャラクターと冒険をし、困難を乗り越えて戦闘に勝利するというMMORPGの楽しさの根幹部分においては、秀逸な作品だといえる。

    それだけに、運営の姿勢が気に入らない。

    普通に楽しんでいるプレーヤーが報われるような、そんな運営を望みたい。

    点数は、自分でも甘いかなと思いつつも、これだけのゲームが「古臭い」という理由で敬遠されるのは勿体ない。ぜひ体験版だけでもやってみる価値のあるゲームです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 2 4 4
  • 信onの総評 75
    良い点
    ・プレイヤーの苦情、指摘を受けたら改善をする。
    当然のことです。

    ・BGMが秀逸。
    頼んだ相手が非常に著名であったこと。
    後世に残る傑作だと思います。

    ・新しく九州の武将を取り入れたこと。
    島津・大友・龍造寺の実装で新たな大名家が実装されて嬉しく思います。

    ・藤岡屋クエの実装。
    廃れていた旧ダンジョンに活気が戻りました。

    ・イベントが盛りだくさん。
    色々と考えてくれてイベントがたくさんあって楽しいです。
    悪い点
    ・時代考証が滅茶苦茶。
    神話時代とか平安時代とかもういいです。
    伊達とか毛利とか入れてほしいですね。

    ・中華系業者の排除の悪さ。
    明らかに不愉快な業者プレイヤーがいるにも関わらず、放置されている。

    ・RMTプレイヤーの増加
    これは深刻です。

    ・回線が重たすぎる。
    先の中華の件も重なりますが、重たいです。
    忍者砦のワープ、堺の両替前は深刻です。
    おかげでPCが壊れてしまいました。
    負荷処理の徹底をお願いしたいです。
    20万以上の損害を被りました。

    ・ラグが酷い。
    上の件とほぼ同じです。
    少し先のNが全く見えません。

    ・特化指定するプレイヤーの増加
    ・極端な効率徒党を求めるプレイヤーの増加
    TDのころはどのような徒党でも知恵と協力があれば簡単に素早くクリアはできました。
    しかし、争覇になってからはアタックは近接アタックのみ(特に暗殺のみとかの場合あり)。
    盾侍は武士のみ、軍学はいらない。
    乱射徒党は鉄砲・忍法+能楽で。神職はいらない。
    など、そういったプレイヤーが増えている感じがします。

    ・特定のボスを撃破したら手伝いをやりたがらないプレイヤーの多さ
    少なからず手伝いをしてくれる方はいらっしゃいますが、

    ・合戦における武将の異常な強さ
    Nのアルゴを賢くさせたのは良い点なのですが、武将の強さを廃プレイヤーにあわせた風に極端に上げるのはやめてほしいです。
    多くの方がLV55の武将は倒せずにいます。

    ・2月の節分イベントが2年連続で茶番と化している。
    去年は駿河に700人程度プレイヤーが殺到し、サーバーダウンの巻き添えを食らいました。
    今年は予告もなしにゲリラ的に行われ、知らない間に終わりました。
    来年の節分イベントはそのようなことがないようお願いしたいです。
    総評
    今、天翔サーバーで活動していますが、インするたびにやることがなくなってきています。
    自ら、活動の場を狭めているようですが、それはプレイヤー全体がそうしている気がしてなりません。
    また、この信長の野望も化物退治オンラインと化してますし、どうにかしてほしいものです。

    まだこの時代の大名家が登場してませんし、地域によっても登場していない地方もあります。
    それともネタ切れなんでしょうか?

    中国・四国
    関東
    東北

    ここら辺が出てないので出してほしいと思います。

    九州にしても3大名だけでは何か物足りません。
    上級クエみたいに九州クエの番外編として大名の依頼で各地で抵抗をする大名・豪族を倒すような派生クエが出てほしいですね!

    大友家→(筑前)秋月家・(豊前)城井宇都宮家
    龍造寺家→(肥後)阿蘇家・相良家
    島津家→(日向)伊東家・(大隅)肝付家

    ここはリアルな3D地図でも出してもらいましょう。

    中国・四国→毛利・尼子・山名・浦上・赤松・河野・長宗我部
    関東→宇都宮・里見・佐竹
    東北→南部・安東・伊達・蘆名(・相馬・最上・大崎・蠣崎)

    そのほかにも応仁の乱時代を背景にしたダンジョンや、北条早雲の小田原奪取を背景としたダンジョンも入れてほしいと思います。


    何はともあれ、私はこれからも信長の野望onlineに期待したいと思っております。
    悪い点は多いですが、個人的には楽しめてるので75点です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 2 4 4
  • 運営が駄目すぎる 20
    • 投稿者:zero(男性/30代)
    • 投稿日:2008/12/04
    良い点
    戦国時代という特異な世界観。
    だがそれを生かしきれておらず、コーエーゲームの特徴である学習要素もほとんどない。
    最近は西洋風、東洋風、ファンタジー風といった要素が目立ち始めており戦国時代の世界観は崩壊しつつある。
    サウンドはそれなりによいが、やはりゲーム世代の古さを感じさせる。
    悪い点
    グラフィックは同世代に比べても低いほう、作りこみ不足がよく見える。
    ワールドストーリーが無い。シナリオ形式のクエストはあるが、たいていは何かを倒せとか何かを手に入れて来いというものでワンパターン。クエスト遂行時間のほとんどが移動時間に費やされる。最初のキャラクターではシナリオ形式のクエストは新鮮で、サクサク進むために楽しく感じられるが、一度やればもういい程度の内容の薄さ。
    シナリオのエスカレーターに乗っていけば簡単に高レベルになることができるが、エスカレーター終了時点から先に進むのが難しい。
    RMT業者、利用者、現実の金でゲーム内の優位性を得る者、不正ツール利用者、モラル違反者が多数おり町中でも平気でその姿を晒している。取り締まりは非常にゆるい。
    総評
    何といっても運営の駄目さがこのタイトルの最大の欠点。
    他の人が言っているようにRMT業者や利用者、不正者への対応が緩いこともあるが、
    もっと駄目なのはバランス感覚の無さとコミュニティの無さ。
    パッチで対応したら別のところに問題が生じ、その対応をしたらまた別のところで問題が生じ、、、という繰り返しをサービス開始からずっと続けている。
    増設につぐ増設でコンテンツが乱立し収拾がつかなくなっており、それがまたバランスの取れなさに繋がっている。今もコンテンツを整理する方向には向かわず、増設する方向に進んでいっている。
    また、一定の遊び方をしていなければ手に入らないものや得られない資格によって縛りが発生しており、全員が同じような遊び方をしなければならないという現象が発生してしまっている。オンラインゲームにあるべき自由性が全く失われている。
    コミュニティに関しては、もともと低レベル時の交流しかなかったのだが、ベテランプレイヤーの「もっと楽に育成を」という要望に応えてシナリオ形式に変更してしまった。
    それによって低レベル時の交流さえなくなり、積極的にコミュニティを形成する目的も手段もないためにほとんど形成されていない。その弊害として、ベテランと新規参入者の間に深刻な対立が生じており、お互いに嫌な気分になりながらプレイしなければならないことも度々発生する。
    その対立解決のために、新規参入者にも簡単に高性能品が手に入るようにしたり簡単にレベルアップするように変更したのだが、お得意のバランス感覚の無さで失敗。ベテランはさらに強くなり、新規参入者はそれすらも敷居が高いという状況となっている。
    あと大きな問題としては、終了時間の不明瞭がある。たいていの人はこのぐらいの時間には終わりたいという思いがあるだろうが、パーティの組めなさが尋常ではなく集まるまでに数十分を要することも多々ある。少しでも早くメンバーを集める&声をかけてもらうために最も効率よく稼げる狩場に自ずと集中することとなり、ひとつの狩場にばかり行くことになったり、同じことの繰り返し(ノックといわれている)を行うことになる。しかもその狩場や敵には、最適な職業組み合わせが存在するためにそれ以外の職業ではスタートすることすら難しい状況となっている。

    長々と書いたが、コンテンツ整理とコミュニティ形成の方向の大変革を行わなければ近いうちに崩壊してしまうだろう。
    現状では、お世辞にも新たに始めるべきとは言えない。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 2 1
  • RMTの温床 40
    • 投稿者:Lang(男性/30代)
    • 投稿日:2008/11/26
    良い点
    日本の神話などに出てくる人物や現在でも実在する地名をモチーフとしたNPCやダンジョン(イザナミ、黄泉比良坂、高千穂、昇仙峡、東尋坊など)や、戦国MMORPGと銘打っているだけあって、織田信長をはじめ、多くの君主やその所属武将達などNPCが盛り沢山の世界観。

    パーティを編成する時に、エリアサーチする際の条件指定できる項目の多彩さ。
    自らパーティリーダーをする際には「パーティメンバー募集」フラグを立てて、募集(対話が来るのを待ちつつ、他メンバーを探すなど)が出来る。

    コマンド入力式のリアルタイムバトル。フルメンバーパーティでの戦闘では、その時間中ずっと集中していなきゃならない訳じゃないので(一部の職業除く)自分のコマンド入力が終わったら、少々の離席も可能。さすがに強敵なボス相手とかだと顰蹙を買うかもしれません。適当に「攻撃」コマンド押してりゃいいと言う訳でもなく、掘り下げると、敵の次の行動を予測して("バー読み"と呼ばれる)それを未然に防ぐような知略的な戦法が(特にボス戦では)求められる。

    武器防具は殆どがプレイヤーの制作品で、広く市場に流通している。
    敵から戦利品として持ち帰る価値のあるものは、それらの武器防具をさらに強化させるためのアイテムだったりする。

    PvPとして、合戦という仕様が存在。他勢力の侵略、あるいはこちらからの侵攻。
    所属国へ帰属意識の強いプレイヤーだと、士気が高まると思う。

    個人的な趣向だけど、BGMは素晴らしいと思う。
    悪い点
    職業間の優遇不遇は未だ根強く残っている。バランス調整という名のパッチ(ヴァージョンアップ)が入るがその度、弱体された職業と強化された職業のプレイヤー同士で、公式掲示板が荒れるというシーソーゲーム。公式掲示板はユーザサイドの意見具申として運営サイドに取り込まれる為、やっぱりシーソーゲームは終わらない。


    折角の純和風世界観を構築しているのに、プレイヤーをそこに誘い込むというか、ぐっと引き込む要素がない。

    他ゲームではクエストとして存在し、世界観を存分に堪能出来たりするわけだが、このゲームで実装されている多くのクエストは存在すら知られていないものも多々あり、多くのユーザーが注目するのは専ら「初心者クエ」「中級者クエ」くらいでしょうか。

    それらも経験値がたんまり貰えるための作業的なクエストであって(「上級者クエ」も存在するが、それはストーリー性に趣を置いている)物語としては微妙。


    最悪なのは、RMTに対する運営の措置の甘さ。

    ゲーム内経済事情の崩壊から、狩り場占領からハラスメント行為。挙げ句の果てにはアカウントハッキングまでもうなんでも彼らのやりたい放題。

    アカウントハッキング被害者にはリカバリ的な救済を行う旨の告知があり、セキュリティ面強化でソフトウェアパスワード機能実装など、他企業より対応に対して腰が重い感があるが、運営サイドの努力も大きく貢献している。

    だが、RMTプレイヤー(業者)は減る気配がない。
    対応が甘いどころか放置ではないかと思わせる。


    1アカウント1サーバーにつき、3キャラ作成可能だが、月額315円でもう1キャラ作成可能。月額315円で携帯電話からキャラクター非稼働時に採取や生産を行う事が出来る。
    月額315円でアカウント内で共有倉庫が・・・ってアイテム課金ゲーム並の課金システムを採用し始めた事。

    このゲームは「月額課金制」でしたが、いつの間にか「ハイブリッド課金制」になりました。もちろん4キャラ目も携帯電話で採取や共有倉庫なんて必要無いなら課金しなくていいのですが。
    総評
    PlayStation2時代からずっと見てきましたが、結局は「運営によるRMT業者の黙認措置」とも取れる長年の放置ぶりに嫌気がさして、引退した者です。

    最近は運営方針を明確にして、デイリークエスト(毎日受けて攻略する事で報酬が貰える)の実装や、拡張パッケージリリース以外にも、メジャーバージョンアップ(新要素追加)を行うとのアナウンスもされており、はて責任者が変わったかな、と思わせる前進ぶり。


    だが業者は相変わらず放置の模様。
    ビジネスとしてオンラインゲームを行っている彼らは、背に腹は代えられないようで。狩場占有、市場操作、トレードハラスメント行為、とうとうアカウントハッキングという犯罪行為までしでかしているのに、放置。

    それがどれだけ一般プレイヤーの健全なプレイを阻害してるのか、それは企業のイメージダウンにすら繋がるんだという危機感が、運営サイドからは感じられない。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 2 2
  • 独特なシステムを持つ戦国MMORPG 80
    • 投稿者:いまさ(男性/40代)
    • 投稿日:2008/11/25
    良い点
    ●実際の歴史観なので、運営が何もせずとも世界背景が非常に深い
    ●フォントが美しいので、チャットが快適
    ●戦闘中にトイレに行けるくらい、アクション的なスキルが必要無
    ●装備品はプレイヤー生産品がほぼ全てなので、市場が活発に動いている
    ●音楽はやたらと質が高く、ヘッドフォンで聴くと驚くほど
    ●サーバーが非常に安定しており、臨時メンテナンスは拡張パック直後くらい
    ●新規プレイヤーを追いつかせる様に拡張されている
    悪い点
    ●歴史に尊敬の念を持った方がいいのではというくらい大胆な設定部分有り
    ●アップデートが非常に少なく、拡張パック以外での仕様変更はなかなか望めない
     失敗した仕様が放置される事もしばしば(流派など)
    ●キャラクターの強さが装備品に依存する部分が多い
     結果、RMT・業者出品の品が非常に強い影響をゲーム内に与えている
    ●合戦というPvPも特徴の一つだが、国盗りが活発に行われるゲームでは無い
    総評
    ●プレイ歴04/02〜08/11

     様々な点で他のMMORPGとは違う点が多いため、それらがしっくりくるかどうかが
    評価の分かれるところだと思われる。

     徒党での活動が必須であるため、7キャラを出せるコミュニティに属していないと
    参加できるコンテンツが非常に限られる。

     最新拡張では対象が九州武将となったものの、基本は日本各地の妖怪・神との
    PvEがメインコンテンツ。
     一応PvPも行えるが、一年間一回も対人戦をしなかったというのも普通。
    業者の影響を大きく受けてしまってるとはいえ、ゲーム内市場が機能しているため、
    そちらの方がPvPっぽいかもしれない。

     総じて土台がしっかりしているので、コミュニティ依存で持続するゲーム。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 3 2
  • すでに古いゲーム 40
    良い点
    日本の歴史や和式に興味があれば面白いと思います。
    悪い点
    古くからサービスしてるのでつぎはぎだらけです。
    過去のコンテンツを大幅に直す必要性を感じます。
    総評
    大航海オンラインに比べると公式サイトも手抜き感があり、
    オンラインゲームの運営サイトとしては不便な感じです。
    コンソールゲーム会社だなあ、と思わせる運営です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 2 3 2
  • 和風と日本史好きなら 70
    • 投稿者:Mistyrose(女性/30代)
    • 投稿日:2008/10/29
    良い点
    ○和風グラフィック+戦国時代
    戦国時代モチーフなので和の要素盛りだくさんです。
    「武家屋敷」というシステムは家のミニチュアを弄ってるようなものなので、箱庭好きならハマるかもしれません。
    装備やキャラクターグラフィックは準和風とはいい辛いものが多々あります。
    無双などの他タイトルと似てるものもちらほら。

    典型的な萌え装備(メイドとか)はありませんが、
    戦国武将好きなら萌える装備やエリアは満載です。

    近畿〜関東+九州が実装されているので、知名度のある武将NPCがたくさんいます。
    ただし、その他の地域は実装されていないので武将も存在しません。

    ○独特な戦闘
    昔のRPGみたいなコマンド入力システム。チャットで話しながら遊びやすい。
    どんなに強い敵でもパーティメンバーの上限は増やせないので、攻略情報やプレイヤースキル、装備などが求められる傾向にあります。

    ○装備生産
    生産システムで作る装備は性能が都度上下するので、いいものが出来ると一攫千金のチャンスがある。
    クエスト等で実装される装備が生産装備の性能を上回るという事が殆ど無いので
    生産スキルを上げても無駄にならないのは良い所だと思います。


    ○移動・コミニュケーション機能
    エリア間の移動が秀逸。キャラクターの足も速いです。
    チャットやフレンドリスト等のコミニュケーション部分もよく出来てます。
    悪い点
    ●不正プレイヤーの取締りが甘い
    大陸でもサービス展開しているためか、やれば良い対策をやってなかったり、
    悪影響が出てから対策を実装したりと後手後手に回ってる印象があります。

    ●絶望的な職業バランス
    元々バランスが取れていない所に新しい仕様を実装していった為に
    戦闘における職業バランスが非常に残念なことになっています。
    不遇なジョブはパーティ希望マークを出していても全く誘われず、
    パーティに入れたとしても戦闘に貢献出来るスキルが無い、みたいな状況に陥ります。

    ●機能していないテストワールド
    簡単に見つかるバグが華麗にスルーされて本サーバに実装されることが・・・。
    テストワールドの仕様が微妙なせいだと思われます。

    ●コーエー商法
    攻略本、追加課金アイテム、モバイルなどでちらほら見受けられます。
    あったらいいなと思う便利機能は殆ど追加課金が必要です。

    ●ソロプレイ不可能
    多対多が基本なのでソロでは戦闘がほぼ不可能。
    生産も複数の職業が必要不可欠。
    1つのキャラクターだけを育てるなら知り合いが必須です。

    ●固定拘束時間の存在
    戦闘では開始前にステータス強化薬を使うのがスタンダードになっており、
    その薬の効果時間(90分)がパーティの基本的な狩り時間と認識されています。
    ゆえに、途中でパーティを抜けることがしづらいです。
    ボス戦やダンジョン攻略などではさらに時間がかかるので、
    まとまった時間が取れないと遊ぶ範囲も限られてきます。
    総評
    辞めて随分経ちます。復帰キャンペーンも度々開催されていますが、
    仲良かった知り合いが全く居ないというのが戻る気になれない一番の原因だったり。
    装備や所持金なども、仕様変更とプレイヤーが基準とする能力値の上昇により非常に埋めづらいものになっています。

    一緒に遊ぶ仲間が重要ですが、コミニュニケーション機能が秀逸なので
    友達が増えると世界が一変すると思います。
    チャットだけで1日終わる、なんてこともありました。

    数少ない純国産ゲームで、サービス開始からの年数も長いし内容も厚い。
    コピペしたような量産型MMOにはない独特の個性と魅力は確かにあります。
    楽しめる人のタイプを選ぶので、体験版からのスタートがお勧めです。

    今のところ戻る予定はないけど、
    伊達家が実装されたら再開してもいいと思っている。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 3
  • 戦闘システムが鍵 75
    • 投稿者:Mana(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/06
    良い点
    1.戦闘
    敵をクリックすると、画面が切り替わり戦闘画面になります。リアルタイムのターン制です。一人ずつ順番に行動し、終わると次の行動を入力します。行動の順番は、敵味方とも画面の上のバーで確認できます。狩り自体はマッタリ気味であり、狩り中でもチャットができます。と言いますか、Lv上げ等では戦闘が暇なので、他のゲームと違いチャットが盛んです。そのチャットもしやすく良い出来です。

    Lv上げ等では暇ですと言いましたが、強敵(ボス戦)では、かなり熱い戦いが繰り広げられます。敵の次の行動を読んで阻止したり
    (慣れてくれば行動順のバーの長さである程度は分かるようになる)
    (バーの長さは演出の秒数によって決まる)
    仲間と声を出し合い、連携を取ります。連携を取らないとまず勝てません。
    連携を取りつつ、それでも負けてしまった時は、戦術を変えて今度はあれをやってみよう、あの敵から倒してみよう等の相談をし、また挑むという感じです。それが楽しいです。死んでしまっても、デメリットはあまり無いのも良いですね。経験地は減りません。お金が減るのですが、これはボスに行く前に倉庫に預けておけば何の問題も無いです。

    2.生産
    生産は豊富です。どの職業にも違った生産があります。武器防具には生産者の名前も入ります。生産の良し悪しも、ランダムなので良い装備が出来た時はとても嬉しいものです。勿論、良い出来のものほどできる確立は低いです。材料を集め、たくさん作ったうちの一つとかになりますかね。材料の入手経路により、黒字レシピ、赤字レシピ等あるので、ただ単に集めれば良いというものではありません。工夫しないと駄目です。

    例えば、市場の相場を見て安い物を買う。自分で集める(採集というものがあります)知り合いに安値で売ってもらう等です。できた装備は自分で使うも良し、金策で市場に売るのも良し、安値で知り合いに売るのも良し。生産用に作ったキャラでプレイしている人も多いです。

    3.コミュニティ
    ギルドはありませんが、集団チャットというものがあります。集団チャットの部屋名さえ分かれば誰でも気軽に参加できます。初心者同士、作るのもいいかもしれません。お金を払う等の手続きは一切必要ありません。気の合う仲間と、集団チャットでワイワイプレイすると楽しいです。あのボス行こう!Lv上げ行こう!等ですね。

    4.キャラ育成
    現在のバージョンでは、Lv上げはかなり楽です。短時間でLv50までは上がるでしょう。Lvカンストしても、潜在Lvというものがあり、Lvとは別に自分でステータスを上げていけます。どこを強化するのか悩むところです。

    5.運営
    他のゲームをプレイしていれば分かると思うのですが、いくつもの運営の中では光栄は頑張っている方だとは思います。これについては賛否両論ありますが・・・悪い点を参照して下さい。私はGMのサポートを受けた事がありますが、ちゃんと対応して下さりました。PCの方にサポート内容のメールもきましたね。


    悪い点
    1.PTの拘束時間と職業縛り
    そのままです。PTの拘束時間が長いです。具体的に言いますと、キャラをドーピングする薬があり、効果時間=狩り時間となっています。途中で抜けれませんので気をつけて下さい。その薬の効果時間は90分です。ですので、90分という時間が取れない方は、PTの誘いを受けても断らないと駄目です。それに加えPTに誘われる、勧誘待ち時間があるのでこれも考えてプレイしなくてはいけません。

    PT作成時の職業縛りはヒドイです。いらない職業だと、勧誘待ちしていてもなかなか誘われないでしょう。PTの人気者になりたい方は、どの職業が需要があるのか調べる必要があります。気にしない方もいらっしゃいますけど。きっちりバランス取ってくれたらなと思います。

    2.プレイヤースキルと装備
    良い点でLvが上がりやすいと言いましたが、何も分からずLvだけ上がってしまい、強敵と戦う時にプレイヤースキルが無いと悪く言われてしまいます。「何してるの?」という感じです。このゲームは、キャラ一人一人がきっちり活躍しないと強敵は倒せないので。一応勝つ事はできますが、勝率は低いと思います。どう行動すれば良いのか、プレイ中の先輩に教えてもらわなくてはいけませんね。

    装備なのですが、これも厳しいです。アタッカー役はダメージ出る装備を整えなくてはいけませんし、盾役も敵の攻撃に耐えれる装備を整えなくてはいけません。装備が悪ければ口に出して言わなくとも「あの人の装備が悪いから負けた」と思われているかもしれません。注意して下さい。アタッカー、盾はそれはもう、ありえない程にお金がかかるので、初めての場合は後衛職をオススメ致します。

    3.タイトル
    信長の野望オンラインというタイトルですが、これは全く関係ありません。戦国ファンタジーMMOです。MMOの題材が戦国時代という事だけです。信長がどうとか無いです。

    4.キャラの初期能力
    このゲームはLvが上がると自動的にステータスが上がります。キャラ作成時のステータスに依存します。どういう事かと説明すると、ステータスに耐久というものがあります。これを最初に10にした場合と5にした場合では、Lv50到達時点で、耐久に結構差が出てきます。ですので、盾役に育てたい場合は耐久を上げていなくてはいけません。初期能力のやり直しはできません。

    ゲームを続けていれば、初期能力を1ポイントずつ振り直すアイテムは貰えるようにはなっていますけどね。キャラ作成時には、どういうキャラにしたいのかを決めて初期能力を決めた方が良いでしょう。適当に決めてしまうと必ず後悔する事になってしまいます。公式に詳しい説明が必要かと思います。

    5.ソロは不可能
    ソロは無理です。できる職業もありますが、かなり限定されます。基本はPTで狩りをするものという事を頭に入れておいて下さい。

    総評
    この戦闘システムが特殊なので、これが面白いと感じるかどうかですね。面白いと感じなければ続ける事は困難かと思います。基本無料ではなく、始めるのにリアルマネーがかかるので、まずは体験版をプレイしてみてはいかがでしょうか?Lv20までは無期限ですし、正式サービスに引き継げます。

    対人に関しては触れていませんが、これはやってもやらなくてもどちらでも良いです。やらなくても十分楽しめます。気にしなくていいかと。好きな人は楽しんでいますし、嫌いな人は全くやりません。ちなみに対人にも職業による強弱はあります。プレイヤースキルも重要ですけどね。

    基本はPT狩りなので友達とまったりプレイしたい、この戦闘システムでもok、夜は時間取れる、という方には良いゲームだと思います。野良PTでは悪い点でもあげた通りの、ギスギス感があります。これは高Lvにありがちな効率重視PTだとそうなります。ゲーム自体が自分に合っていても、ずーっと一人でプレイしていると、かなりつまらないかと。

    ソロがしたいという方は、別のゲームの方が良いです。

    私は良い仲間に恵まれ、かなり楽しめているのでこの評価です。
    どうぞ参考までに。

    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2018/07/11)
信長の野望Online 争覇の章
Software
発売日:2008-03-26
価格:
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月18日〜07月19日