オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Amazon特売セール「プライムデー2016」の目玉商品,GTX 980M SLI搭載ノートPCの実力を検証してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/07/08 12:00

テストレポート

Amazon特売セール「プライムデー2016」の目玉商品,GTX 980M SLI搭載ノートPCの実力を検証してみた

NG-N-P87K6410SXM-ZN
メーカー:マウスコンピューター
問い合わせ先:TEL 03-6833-1010(年中無休 10:00〜20:00)
Amazon.co.jp販売価格:未定
G-Tune
 プライム会員限定,1日限りの特大セールとして2015年7月に開催されたAmazon.co.jpの「プライムデー」が,2016年7月12日に「プライムデー 2016」として帰ってくる。
 そして,すでにお伝えしているとおり,今年も目玉商品の一角を,ゲーマー向けPCが占める予定だ。

 昨年のプライムデーでは,税込で90万円近くするノートPCと,製造コストだけで軽く200万円超というデスクトップPCが各1台限定,いずれも10万円(税込)という価格が話題を集めたが,今年のプライムデーで現在のところ,価格未公開でその存在だけ明らかになっているのが,マウスコンピューターのゲームPCブランド「G-Tune」の特別モデルとなる「NG-N-P87K6410SXM-ZN」である。

 7月5日掲載の記事でお伝えしたように,NG-N-P87K6410SXM-ZNは,ノートPCでありながらデスクトップPC向けの4コア8スレッド対応CPU「Core i7-6700K」を採用し,「GeFroce GTX 980M」の2-way SLIを組み合わせてあるという,誰の目にも豪華なスペックが特徴だ。
 今年も1台限定販売ということで,その価格がとにかく気になるところだが,まさに販売予定となる実機そのものに,4Gamerは短時間ながら触ることができた。そこで今回はプライムデー 2016の予告として,NG-N-P87K6410SXM-ZNの持つポテンシャルに迫ってみたいと思う。

NG-N-P87K6410SXM-ZN
G-Tune


ノートPCとしては最高級のスペックを搭載

サイズ・重さともにヘビー級


 あらためて,NG-N-P87K6410SXM-ZNの仕様を紹介していこう。
 NG-N-P87K6410SXM-ZNは,17.3インチサイズで3840×2160ドット解像度で,Adobe RGB比100%という高色域仕様,ノングレア(非光沢)のIPS液晶パネルと,デスクトップPC向けCPUを採用するコンセプトのG-Tune現行ラインナップ「NEXTGEAR-NOTE i71101」をベースとした,プライムデー 2016向け特別チューンナップ版だ。公称サイズは428(W)×308(D)×45(H)mm,公称重量は4.8kgと,文句なしに巨大かつ重量級の製品である。

G-Tune
 CPUとGPU以外のスペックに目を向けてみると,まずメインメモリは容量16GBのPC4-17000 DDR4 SODIMMを4枚搭載して合計64GB仕様。内蔵するストレージは,Samsung Electronics製のM.2接続SSDであるSM951シリーズの512GBモデル「MZVPV512HDGL」を2枚でRAID 0とした合計容量1TBのアレイと,Serial ATA 6.0Gbps接続で回転数5400rpm,容量2TBのHDDという構成だ。OSである64bit版Windows 10 Homeは,言うまでもなくRAIDアレイ側にプリインストールされている。
 なお,光学ドライブは搭載していない。

 有線LAN機能としては,Rivet Networks製の1000BASE-T対応LANコントローラ「Killer E2400」を2基搭載。それに加えて,IEEE 802.11acおよびBluetooth 4.2対応のIntel製無線LANコントローラ「Dual Band Wireless-AC 8260」も内蔵する。
 インタフェース類は,左側面に1000BASE-T LAN×2,USB 3.0 Type-A×3,3.5mmミニピンのサウンド出力×3とマイク入力が並び,右側面には,SDカードスロット,USB 3.0 Type-A×1,USB 3.1 Type-C×1,mini DisplayPort出力×2という構成だ。

本体左側面には,有線LANポートのほかUSB 3.0が3ポート並ぶ(左)。右側面にはUSB 3.1 Type-Cポートを装備(右)。また,mini DisplayPort出力も2ポート並んでいる
G-Tune G-Tune

 さらに,背面にもHDMI(Type A)出力とUSB 3.0 Type-A×1を備えている。左右と背面にUSB 3.0ポートがあるので,周辺機器を接続するにあたって,取り回しで苦労する心配はまずないだろう。

本体背面。中央のインタフェース部は,HDMI(Type-A)出力,USB 3.0 Type-Aポート×1,専用ACアダプターをつなぐ電源端子が並んでいる。インタフェース部の左右は,メッシュ状のパネルで覆われた排気孔となっていた
G-Tune

日本語配列の107キーボード。スイッチはごく普通のメンブレンスイッチのようだ
G-Tune
 カラーLEDバックライトを内蔵するキーボードは,日本語配列の107キータイプで,英字キーと数字キーおよび[Ctrl][Shift][Tab][Space][Alt][Fn]キーなど,メインキーのほとんどがロールオーバーに対応しているという。また,ゲーム用というわけではないが,タッチパッド手前にある左右メインボタンの間には,指紋認証ユニットも装備している。Windows 10のログオン認証に使えるだろう。

[W/A/S/D]キーのキートップには,目立つように縁取りがプリントされている(左)。LEDバックライトはキーの周囲から光が漏れて見える仕組みで,キーの刻印は光らない。大型のタッチパッドには,イマドキのWindows 10ノートPCらしく,指紋認証ユニットが付いている
G-Tune G-Tune

 ディスプレイヒンジの外側には,ステレオスピーカーを内蔵しているのに加えて,本体底面左側にはサブウーファも装備。サウンドプロセッサ用ソフトウェアとして「Sound Blaster X-Fi MB5」をプリインストールしており,バーチャルサラウンド再生なども可能となっている。

ヒンジの外側にステレオスピーカーを内蔵(左)。吸気孔が多数並ぶ底面の左側にはサブウーファも備えている(右)
G-Tune G-Tune

背面には,G-Tuneの公式キャラクター「G-Tuneちゃん」のイラストプリントがあり,その左右にはキーボードバックライトに連動して光るLEDが埋め込まれている
G-Tune
 さて,G-Tuneの製品ラインナップから,今回のNG-N-P87K6410SXM-ZNに近いスペックの製品を探してみると,NEXTGEAR-NOTE i71101シリーズの最上位モデルである「NEXTGEAR-NOTE i71101PA2-SP」が該当するようだ。NEXTGEAR-NOTE i71101PA2-SPの価格は59万7024円(税および送料込み)となっているので,ここからさらにチューンナップを加えたNG-N-P87K6410SXM-ZNは,少なく見積もっても本来なら60万円は下らないマシンといえる。
 判明している限りのスペックをにまとめておいたので,参考にしてほしい。



3DMark,Fallout 4,FFXIV,Project CARSのテストを実施。4Kでも快適にプレイできる性能を確認


 それではNG-N-P87K6410SXM-ZNの性能をチェックしていこう。
 テスト方法は基本的に4Gamerの4Gamerレギュレーション18.0準拠となるが,マウスコンピューターの会議室をちょっと借りるレベルという時間的都合から,実行するのは「3DMark」「Fallou 4」「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」(以下,FFXIV蒼天のイシュガルド ベンチ)「Project CARS」の4つに絞った。さらに,GeForce GTX 980Mの2-way SLIであることを考慮して,レギュレーションでゲームアプリケーション用に用意している2つの負荷設定から,基本的にはより描画負荷の高いほうのみを採用する。ただし,FFXIV蒼天のイシュガルド ベンチだけは,「最高品質」だけでなく,一段低い「高品質(ノート)」でもスコアを取得するので,この点はあらかじめお断りしておきたい。
 テストに用いる画面解像度は,ノートPC側の標準解像度である3840×2160ドットと,16:9アスペクトで一段下となる2560×1440ドットの2種類を選択した。

 まずは,3DMark(Version 2.0.2724)の結果を見ていこう。3DMarkの場合,フレームレートでスコアが出ないため,NG-N-P87K6410SXM-ZN単独のスコアだとちょっと分かりにくい。そのため,ここでは特別に,「プラットフォームやグラフィックスドライバが異なるうえ,自動クロックアップ機能「Turbo Boost Technology」の有効/無効も異なるので,厳密な比較にはまったく適さない」のを覚悟のうえで,同じCore i7-6700K(以下,i7-6700K)を用いてテストした「GeForce GTX 1070」のスコアも,参考までに並べてみている。
 というわけでグラフ1は,「Fire Strike Extreme」と「Fire Strike Ultra」の総合スコアだが,NG-N-P87K6410SXM-ZNはGTX 1070といい勝負になっている。


 グラフ2は,GPU性能がスコアに結び付くGraphics Scoreをまとめたものだが,NG-N-P87K6410SXM-ZNはi7-6700K+GTX 1070を2〜5%ほど上回っており,SLIが効果的なケースでの性能はなかなかだ。一方,CPUの性能が重要となるPhysics Score(グラフ3)は,CPUが同じなので,スコアもほぼ横並びである。


 続いては,Fallout 4の結果を見てみよう。グラフ4は平均フレームレートを,グラフ5は最小フレームレートをまとめたものとなる。
 ベンチマークレギュレーション18.0では,「十分プレイできる」ラインとして最小フレームレート40fpsを掲げているのだが,NG-N-P87K6410SXM-ZNは2560×1440ドットでそのラインを軽くクリアしてきた。平均だと71.5fpsなので,文句はない。3840×2160ドットでも最小フレームレートは36fpsなので,いくつかグラフィックス設定を落とせば4Kでゲームになるレベルだと言える。


 グラフ6は,FFXIV蒼天のイシュガルド ベンチの結果となる。
 スクウェア・エニックスの示すベンチマーク指標では,おおむねスコア7000以上で最高の「非常に快適」,5000以上で上から2つめの「とても快適」となるのだが,NG-N-P87K6410SXM-ZNは最高品質の2560×1440ドットで,最高指標の基準ラインを大きく上回っている。
 さすがに最高品質の3840×2160ドットだと,とても快適のラインに届かないのだが,高品質(ノートPC)にまでプリセットを落とせばスコア7000にあと一歩のレベルを確保した。

※グラフ画像をクリックすると,別ウインドウで平均フレームレートベースのグラフを表示します
G-Tune

 Project CARSの平均フレームレートをグラフ7に,最小フレームレートをグラフ8に示した。
 レギュレーションでは,快適にプレイするための及第点を最小30fpsとしているのだが,ここで重要なのは,3840×2160ドットでもこのラインをクリアしてきているところだ。ハイエンドGPUの場合は平均60fpsという合格ラインを別途設けているのだが,こちらにもあと一歩である。
 万全を期して解像度を2560×1440ドットに落とすか,そのまま4Kでプレイするか,なかなか悩ましいテスト結果になっていると言えるだろう。



性能は申し分なし。プライムデーの価格に注目


G-Tune
 NG-N-P87K6410SXM-ZNのゲームにおける性能は,予想したとおりかなり高い。4.8kgという重量があるので,持ち運んで使うには適していないが,デスクトップPC代わりとして使うには,十分なスペックを備えているといえよう。
 ファンの動作音が,ゲーマー向けの大型ノートPCとしてはかなり静かなことにも好印象を受けた。もちろん無音とまではいかないものの,ゲームをプレイしている限り,あまり気にならないレベルだ。

 肝心なのは価格だが,2015年のプライムデーを思い起こせば,衝撃的な値付けがなされるのはまず間違いない。価格,そしてわずか1台という製品の販売方法発表を,楽しみに待ちたいところである。

NG-N-P87K6410SXM-ZNをAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

Amazonプライムデー2016 公式ページ(Amazonアソシエイト)


  • 関連タイトル:

    G-Tune

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日