オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Guild Wars 2公式サイトへ
読者の評価
89
投稿数:16
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
Guild Wars 2
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/11/11 05:38

イベント

[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

 G-Star2011のNCsoftブースでは,MMORPG「Guild Wars 2」の試遊台が50台もの規模で出展されている。来場客はまずRPGモードを40分間プレイし,終了後に希望者の中から抽選で,5vs.5のPvPモードに参加できるという流れだ。
 RPGモードのゲーム展開としては,プレスカンファレンスで紹介したムービーとほぼ同じ。本稿では,実際に操作してみて気付いたところを中心に,前作の比較なども交えつつ紹介したい。

画像集#001のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#002のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

「Guild Wars 2」公式サイト

[G-Star 2011]「Guild Wars 2」が韓国で本格的にお披露目。G-star 2011に合わせて公開された最新ムービーを4GamerにUP

[G-Star 2011]「Guild Wars 2」カンファレンス詳報。世界が常に変化し続け,マイキャラそれぞれ個別のストーリーが展開されるシステムとは



 まずはキャラクター作成から。作成時に選択できる種族は,今回は残念ながら全5種族のうち「Human」のみであったが,Profession(クラス)は未公開の一つを除く7種類の中から選べた。

画像集#003のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#004のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

 外見に関するカスタマイズ項目は,身長,体格,髪,そして顔に関しては目・鼻・唇,顎など。特筆すべきは,“色”に関して指定できる箇所がやたらと細かいことだ。例えばブレストプレートなら,鎧の部分とは別にアンダーウェア(いわゆる鎧下)や装飾などが別々に設定できる。しかもそれが上半身・下半身・靴などで別々に設定可能だ。

画像集#005のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#006のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

画像集#007のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
 フェイスタイプなど,デザインのセンス詳細は掲載写真を見てもらいたいが,一昔前の洋ゲーっぽいアクは消え,実に良い感じになっている。カットシーンなどでマイキャラの姿を正面から見る機会も多いので,こだわり甲斐がありそうだ。

 外見の後にバイオグラフィー(生い立ち)を設定すると,それに基づいたキャラクター別のカットシーンがただちに生成される。この瞬間から自分だけの「パーソナルストーリー」が紡がれていくのだ。

画像集#008のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#009のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
画像集#010のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#011のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた


 パーソナルストーリーによって,プロローグ内容はそれぞれ異なるものになるが,ゲームの開始直後は,村の自警団とのやりとりのすえ,ケンタウロスから村を防衛するためほかのプレイヤーキャラクターと共に奮闘することになる。

画像集#012のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#013のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

画像集#014のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
 この村はShaemoorといい,前作でいうところの“Kryta”の近くの平原地帯にある。ワールドマップを眺めると,ほかにもLion's ArchやShiverPeaks,そしてAscalonなど,前作でお馴染みだった地名をところどころで確認できる。
 マップ全体の広さとしては,拡張パック「Eye of the North」までを一通り網羅しているようだ。Human以外の種族を選んだ場合は,どのように冒険エリアが進展していくかが気になるところ。やはり南へ向かっていくのだろうか。

 村の防衛時は,同じエリア内にいるプレイヤーキャラクターが自動的にみんなで参加できる仕組みだ。このあたりはインスタンスエリアではなく,しっかりとMMO的な処理となる。この際,強制的にパーティが編成されたりはしないのだが,ほかのプレイヤーと同じ目的を遂行しているためか,自然な形で連帯感が得られるようになっている。協力プレイがしたくなったとき,パーティを組まなくても手軽に実現できるシステムは好印象だ。

画像集#015のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#016のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

 例えば“昏倒”(死亡ではない)しているキャラクターは,全員のミニマップ上にドクロマークで目立つように表示され,それを見たほかのプレイヤーがすぐ救出に向かえる。大規模バトルの際は,ドクロマークを探して蘇生作業に専念する,“衛生兵”的なプレイも楽しめそうだ。もちろん,従来のMMORPGのようにきちんとパーティーを編成して,より深く遊ぶこともできる。

 ついでにもう一つ,本作では“死”に対してユニークな解釈をしている。HPがゼロになってもいきなり死ぬのではなく,“Downed Mode”に切り変わる。この状態では,弱々しく石を投げるなどして身を守りつつ,復活のチャンスを窺うのだ。要するに悪あがきなわけだが,このときにほかのキャラが助けに来てくれると,なんだか妙に嬉しい。

画像集#018のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#019のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

 従来のMMORPGなどの場合,衛生兵のようなボランティア活動で経験値は入らないものだが,本作ではイベントの参加者全員が平等に経験値などを得られる。衛生兵的な遊び方も現実的な選択肢の一つとして用意されており,プレイスタイルの幅がなかなか広いと思えた。

画像集#017のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#020のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた


画像集#021のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
 ケンタウロスの襲撃を退けたあとは,Shaemarを拠点に,ある程度自由度が高い冒険を行えるようになる。クエストを受けられるNPCは(従来タイトルのように)画面上に記されるが,それとは別に,気ままに歩いていると,画面中央に「New Event Nearby」というメッセージが表示されることがある。そのとき近くの人に話しかけるなど,対応したアクションを採ることで,新たなイベントが発生するのだ。これが本作の特徴の一つ「ダイナミックイベント」である。

画像集#022のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#023のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

画像集#024のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
 クエストとイベントの違いは説明が難しいが,後者には選択肢が複数あり,結果に応じてほかの事柄になんらかの変化が訪れる(ことがある)。さすがに1度限りのプレイでは,ダイナミックイベントによる展開の違いは体験できなかった。もしかすると,“ノベルゲーム”ぐらい物語の変化が楽しめるのかもしれない……というのは期待しすぎだろうか。

 というわけで,この世界ではさまざまなきっかけで無数のイベントが発生し,プレイヤーはそのイベントに自由に参加できる。そして,各イベントに自分がどのように関わったかが,プロフィールウィンドウの「My Story」に記されていく。あとで振り返ったとき,これはマイキャラの自伝そのものとなりそうだ。

画像集#025のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#026のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
画像集#027のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#028のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた


画像集#029のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
 今回プレイアブルデモを触れてみて,“新作MMORPG”として隙のない完成度であると感じられた。グラフィックス,モーション,アクション,サウンドなど,少なくとも今回プレイできた範囲ではすべてのクオリティが高い。

 とはいえ,第一印象では同時に,「Guild Warsらしさが少ないのでは?」と感じたことも確かだ。今回はRPGモードが中心のプレイアブル構成となっており,またスキルスロット数が10に増えたので,制限下でスキルをやりくりするというカードゲームらしさはなくなっている。前作と比較すると,ゲームシステムがあまりにも変わりすぎているのだ。

画像集#030のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#031のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた
画像集#032のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#035のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

 しかし,オンラインRPGとして新しいことにチャレンジする姿勢もまた,“Guild Warsらしさ”ではないだろうか。かつてGuild Warsが登場したときは,革新性の塊ともいえるタイトルであり,個人的には今もその評価に変わりはない。そして,Guild Wars2のダイナミックイベントやパーソナルストーリーにも,同じ可能性を感じている。このタイトルがArena.netによって今後どのように開発され,そしてNCsoftによってどのように展開されていくのか。これから長い目で見守っていきたいと思う。

画像集#033のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた 画像集#034のサムネイル/[G-Star 2011]「Guild Wars 2」プレイレポート。キャラクターメイキングやパーソナルストーリー,ダイナミックイベントに触れてみた

「Guild Wars 2」公式サイト

[G-Star 2011]「Guild Wars 2」が韓国で本格的にお披露目。G-star 2011に合わせて公開された最新ムービーを4GamerにUP

[G-Star 2011]「Guild Wars 2」カンファレンス詳報。世界が常に変化し続け,マイキャラそれぞれ個別のストーリーが展開されるシステムとは

  • 関連タイトル:

    Guild Wars 2

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/07/16)
ギルドウォーズ Campaign3 審判の章
amazon
Software
発売日:2006/10/20
ギルド ウォーズCampaign1&2 リミテッドエディションパック
amazon
Software
発売日:2006/07/21


4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月25日〜11月26日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月