オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
桃色大戦ぱいろん+(ぷらす)公式サイトへ
読者の評価
71
投稿数:15
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「桃色大戦ぱいろん+」×「アルテイルネット」のコラボオリジナルキャラはウェブマネー土田氏が監修。“どうしてそうなった”のか運営3者に聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/12/14 00:00

インタビュー

「桃色大戦ぱいろん+」×「アルテイルネット」のコラボオリジナルキャラはウェブマネー土田氏が監修。“どうしてそうなった”のか運営3者に聞いてみた

 エクストリームのオンライン麻雀「桃色大戦ぱいろん+(ぷらす)」(以下,ぱいろん)と,コアエッジのオンラインカードゲーム「アルテイルネット」(以下,アルテイル)が,2012年に続いて再びコラボしているのは,既報のとおり(関連記事)。


コラボオリジナルキャラクター「ルイン・パルティロア」
 このコラボは,12月6日から実施されており,ぱいろんは12月20日13:00まで,アルテイルは17日10:00までの期間で行われている。今回は,コラボオリジナルキャラクター「ルイン・パルティロア」が制作されたことも大きなトピックだ。とまあ,ここまでは普通のコラボ紹介なのだが……実はこのキャラの監修を手がけたのが,ウェブマネーの土田耕平氏だというのだ。

 それを聞いてとき,「え? ウェブマネー?」となったのは,言うまでもない。というか,なぜそんなことになったのだろう。昨年のコラボに関するインタビューでも,なぜか同席していたウェブマネー担当者であり,今回の当事者でもある土田氏,そして「ぱいろん」シリーズプロデューサーのエクストリーム 白川 龍氏,「アルテイル」プロデューサーのコアエッジ GM-ONIGIRI氏に再び集まってもらい,対談形式で事の真相を教えてもらった。
 昨年,居酒屋トークよろしく,思い思いの胸の内を語ってくれた3者(※記事をまとめるのは大変でした)。今回も,とくに飲んでいるわけではないのだが,居酒屋トーク全開で話してくれたので,その模様をお届けしよう。

(左から)「ぱいろん」シリーズプロデューサー エクストリーム 白川 龍氏,「アルテイル」プロデューサー コアエッジ GM-ONIGIRI氏,ウェブマネー 土田耕平氏

「アルテイルネット」×「桃色大戦ぱいろん+(プラス)」
コラボレーション特設ページ



「ぱいろん」×「アルテイル」のコラボキャラをウェブマネー土田氏が担当することになった経緯


4Gamer:
 今回,「ぱいろん」と「アルテイル」が再びコラボすることになり,このコラボ用に作ったオリジナルキャラクターが登場しました。正直なところ,よく分からないのですが……なぜ“ウェブマネー”の土田氏がキャラクターを監修することになったのでしょう。

白川 龍氏(以下,白川氏):
 あはは,そうですよね(笑)。経緯から話すと,昨年もコラボを取材していただきましたが,そのとき以降,この3人で頻繁に会うようになったんですよ。3か月に1回くらい,定期飲み会みたいなことをやっています。

土田氏:
 もともと昨年のコラボ自体も,ここにいる白川さんと,宮本さん(コアエッジ代表取締役CEO 宮本貴志氏)が居酒屋で話したことから始まったもので,前回の座談会も,まるで居酒屋トークみたいだという話になったんですよ。それなら,3人で本当に居酒屋に行こうか,と。

白川氏:
 確か座談会のあと,すぐに飲みに行ったんですよね。しかも回を追うごとに業界メンバーが増えるんですよ。

4Gamer:
 業界メンバーというと,他社さんからも?

GM-ONIGIRI氏:
 ええ,他社の業界関係者さんもいます。また,「ウチの新人を紹介します」と連れて行ったこともあります。

土田耕平氏(以下,土田氏):
 そうそう! この濃いメンツの中にいきなり混じろうとする新人って,どんな人だろうと思ったら,同じ業界からコアエッジに転職された人で,私とも面識があったんですよ(笑)。

4Gamer:
 まあ,確かに新人ではありますけど(笑)。

GM-ONIGIRI氏:
 会わせてから,「すいません,ドッキリでした!」と。

白川氏:
 それ以来,土田さんにドッキリを仕掛けるのがはやっていて……。

GM-ONIGIRI氏:
 今回のコラボもそんなドッキリの一環で……でも前回のコラボみたいな巻き込み方だと,土田さんに失礼かなと思ったんですよ。

土田氏:
 いや,違うでしょう。前と同じだと「面白くないから」と言ってたじゃない!

一同:(笑)


GM-ONIGIRI氏:
 そうしないと,土田さんに芸がないと思われますから。

4Gamer:
 なるほど……と納得していいのか,ツッコミどころだらけですね。

GM-ONIGIRI氏:
 ともあれ今回のコラボは,前回の内容に加えて,記念となる新キャラクターを作ろうと決めました。そこで,どう土田さんを巻き込むか。それなら,「萌え」に詳しい土田さんに,キャラクターの監修をしてもらうのはどうかと考えたんです。

4Gamer:
 土田さんの2次元好きは,以前のお話で聞いていましたけど,だからといって監修の話をそうそうは持ちかけないですよね。

土田氏:
 そう思うでしょ? この話を持ちかけられたときも,ドッキリだったんですよ。

4Gamer:
 徹底してますね……(笑)。ちなみに,どんなドッキリだったんですか。

土田氏:
 別件でエクストリームさんにお邪魔したときに,白川さんから,「もうすぐコアエッジのGM-ONIGIRIさんが来られるんですけど,せっかくだからご挨拶したいと言っていました。このあとお時間空いてますか」と聞かれたんです。そのあとの予定はとくになかったので,了承したのですが……。そしたら,いきなり今回のコラボの打ち合わせが始まってちゃって。

白川氏:
 後ろに予定があると打ち合わせができないですから,“このあとの予定は入ってない”ことを,何度も土田さんに確認していたんですよ(笑)。

土田氏:
 そこで初めて「ぱいろん」と「アルテイル」が再びコラボするんですよと,唐突に企画書を渡されて。その企画書がこれです。


4Gamer:
 えーと,表紙にいきなり「土田さん監修」と書いてあるんですが(笑)。初めて聞いて,その場でいきなり出された企画書なんですよね?

土田氏:
 そうです。これまでいろいろな仕事をしていますが,自分の名前が表紙に載っている企画書なんて初めてでしたから驚きました。というかこの企画書は,表紙しかないんですよ。あとのページは,イラストレーターさんのサンプルイラストが続いているだけだし。

4Gamer:
 土田さんが監修することと,イラストレーターの候補だけが決まっていたと(笑)。ですが,この企画を土田さんがOKしてくれるかどうかは別問題ですよね。

GM-ONIGIRI氏:
 断られた場合の施策も考えていました。でも,土田さんは断らないだろうなと思っていましたから。

白川氏:
 そこは,3人の信頼関係ですね。

土田氏:
 ああ……うん,まあ,断らないね。

一同:(笑)

GM-ONIGIRI氏:
 もちろん,ただ土田さんにドッキリを仕掛けることだけが目的ではなくて,コラボ企画の根本は,前回の「ぱいろん」とのコラボが,プレイヤーさんに好評だったからです。「ぱいろん」はキャラクターがどれも可愛いらしくて,期間限定のカード販売だったんですが,いまも再販希望が多いですし。

白川氏:
 コラボは「ぱいろん」でも好評で,「アルテイル」から多くのプレイヤーさんが遊びにきてくれました。相互コラボというのは,ほかでもいろいろ行わせていただきましたが,1か月くらいで元のゲームに戻っていくものなんです。ですが,「アルテイル」から来てくれたプレイヤーさんは,いまだに「ぱいろん」を遊んでくれている方が多いんですよ。

GM-ONIGIRI氏:
 あ,それは「アルテイル」でも同じですね。

白川氏:
 その意味で,お客さんを相互流入させることができて,ビジネス的な面でもうまくいったと思います。

4Gamer:
 どちらもテーブルゲームがベースですから,気軽に遊べるという面もあったのでしょうか。

白川氏:
 そうですね。それに,ゲーム性も違っていますから,どちらも同時に楽しめるのだと思います。

GM-ONIGIRI氏:
 プレイヤーさんには,イラストに力を入れているという共通点も評価してもらっているのかもしれません。ちなみに,コラボキャラのイラストレーターさんを選出するときは,「この方,うちでも描いていただいているんですよ」という話が多いんですよ。

白川氏:
 今回のコラボでは,同じイラストレーターさんが描いたキャラをお互いのゲームに“出張”させたりもしています。



担当者を驚かせた土田氏の具体的な「萌え」監修


GM-ONIGIRI氏:
 今回,土田さんに監修をお願いして改めて感じたんですが,ここまでしっかりと監修ができる人は,そういないですよ。

4Gamer:
 というと?

GM-ONIGIRI氏:
 弊社はイラスト制作の受託業務も手がけていますが,漠然とした依頼や要望が多いんです。だから,こちらからいろいろとヒアリングをして,最終的に希望に沿うものに仕上げていきます。ですが,土田さんの監修は具体的で,担当者も驚いていました。

白川氏:
 この部分は,アニメキャラの○○みたいな,××という感じ,といった具体的な参考例を挙げてくれるので,すごく分かりやすかったですね。

4Gamer:
 コラボキャラクターのイメージ像自体は,最初から用意されていたんですか?

土田氏:
 いえ,最初の会議でテキストベースでキャラ像を作るところから始めて,そのあとイラストレーターさんにラフを描いてもらいました。

4Gamer:
 イラストレーターさんへは,どのような指定を?

白川氏:
 前提として,「ぱいろん」の中華風と「アルテイル」の洋風を混ぜ合わせたような感じですね。

土田氏:
 そして,背はちょっと低めで全体的なイメージを幼めに,二つの世界を意識して目をオッドアイにして。

GM-ONIGIRI氏:
 目もそうですが,しっかりと「ぱいろん」と「アルテイル」のイイトコ取りな感じのキャラになるようにしていただきました。片方にはカード,もう一方には麻雀牌をデザインに取り入れています。設定にもいろいろと深い話があるんですよ。

桃色大戦ぱいろん+(ぷらす)

白川氏:
 当然ながら,どちらのゲームに登場しても違和感がない仕上がりになっていますよ。

GM-ONIGIRI氏:
 これはもう,両方のゲームを長年見ていただいている,土田さん以外にはできない仕事ですよ!

土田氏:
 え,急にほめだしてどうしたの?

GM-ONIGIRI氏:
 あわよくば,2014年のウェブマネーさんのキャラクターとしても使ってもらえればと(笑)。

一同:(笑)

土田氏:
 ああ,そういうのもアリかもしれないね。

GM-ONIGIRI氏:
 え,本当ですか。キャラクターの生みの親ですし,(権利的に)問題はないでしょうから,ぜひお願いします。

4Gamer:
 えっと,この席で決めちゃっていいのでしょうか(笑)。ちなみに,このキャラクターの名前はなんというのでしょうか。

白川氏:
 “ルイン・パルティロア”になります。この名前にはこだわりがあるんですよ。最初は,土田さんがルナという名前を考えられていたのですが。

土田氏:
 二つの世界を表現するためのオッドアイ=中二=月(ルナ,月の女神)みたいなイメージだったんです。

白川氏:
 ですが「ぱいろん」には,すでにルナというキャラがいるので泣く泣く却下することに。それで,私のほうで付けさせていただいたきました。実は“ルイン・パルティロア”は,「アルテイル」と「ぱいろん」のアナグラムになっているんですよ。

GM-ONIGIRI氏:
 これは深い話ですよね!

白川氏:
 いや,深いかなあ(笑)。

米月かなさんが描くアルテイルのキャラクター「雷光の聖剣士『ソアラ』」
GM-ONIGIRI氏:
 そんな感じで,設定をイラストレーターさんにお渡しして,ラフを描いていただき,そこから具体的な衣装や小物の修正をするという流れでした。
 今回オリジナルキャラを担当された米月かなさんは,「アルテイル」でもキャラを描いていただいているのですが,土田さんの監修が入ると,また違ったテイストになって面白いと思いました。

白川氏:
 最初に描いてもらったキャラは,肌面積が気持ち少なかったんですよね。

4Gamer:
 そうだったんですか。

土田氏:
 ええ。ですから,帯を小さめにして少しお腹を露出させたほうがいいとか,ニーソをもう少し下げて,ふとももを少し出したほうがいいとか話していましたね。

右側が初期のイラスト。ここからさらに土田氏の監修が入り……肌色が増えた

GM-ONIGIRI氏:
 このように,土田さんの熱い監修が入ったんです。

白川氏:
 これで,「ぱいろん」寄りのテイストになりましたね。

GM-ONIGIRI氏:
 とにかく,土田さんの監修はすごく手慣れていて,的確なんですよ。前にどこかでこういう仕事をされたことがあったのかな……と思えるくらいに。ああ,そう言えばウェブマネーのイメージキャラの琴音ちゃんは,土田さんが手がけられたんでしたっけ?

土田氏:
 ええ,天宮琴音のキャラコンセプトは全部私が作りました。もっとも,琴音もいろいろなイラストレーターの方に描いていただいており,そのたびに発注と監修をしているので,慣れていると言えば,慣れていますね。

4Gamer:
 そう考えると,土田さんがキャラクターの監修を行うというのは,不自然ではなかったわけですね。

GM-ONIGIRI氏:
 そうですね。今回のコラボは,立ち上げから開始まで期間的にそれほど長く取れなかったのですが,土田さんの的確さもあって,スピーディに進めることができました。

土田氏が手がけたウェブマネーのイメージキャラクター「天宮琴音」


コラボが「オンラインゲーム業界」を盛り上げる


白川氏:
 ところで昨年のコラボ以後,ウェブマネーさんに「ウチとも,あんなコラボをやりませんか」的な話はなかったんですか?

土田氏:
 4Gamerさんまで(取材という形で)巻き込んだコラボのオファーというのはなかったですね。私が記事に載っていて驚いたという声はありましたけど(笑)。

GM-ONIGIRI氏:
 僕はいろいろな人から「記事を見たよ」と言われましたね。

白川氏:
 私も友人から,「酔っ払って仕事の話を決めてくるんじゃない」と,たしなめられました。

一同:(笑)

白川氏:
 いやもう,ごもっともです。

GM-ONIGIRI氏:
 でも,ああいう(居酒屋トークから決まった)スタートだったからこそ,今になっても交流が続いていて,そこからまた新しいことをやってみようというきっかけにもなったと思うんですよ。
 それにいまは,僕らだけではなくて,業界内の交流も活発化してきているように思います。仕事ではなく,遊びという面でも,フットサルやサバイバルゲームなどをやろうと集まる会ができて,その中でコンテンツを持っている者同士がゲーム業界を盛り上げるために,いろいろ施策を行っていきたいと話し合っています。今回のコラボも,そういった流れの中で生まれたんですよ。

4Gamer:
 そういった業界内のつながりは,プレイヤーからはなかなか見えない部分ですね。

GM-ONIGIRI氏:
 確かにそうですね。ちなみに,僕と白川さんは,いまサバイバルゲームにハマっていまして……月イチくらいで会ってるよね?

白川氏:
 サバゲーはそうですね。会っているだけなら,1週間に1度は会ってますよ。もう挨拶が「ういっす」になってますから(笑)。

4Gamer:
 ただの友達じゃないですか(笑)。

GM-ONIGIRI氏:
 まさしく戦友になってしまいました。交流の活発化はこのサバゲーでも表現れていて,先日行われた業界内のサバイバルゲーム大会では,200人ほどが参加していましたよ。

4Gamer:
 ゲーム業界で200人も?

GM-ONIGIRI氏:
 そうです。あれが全部ゲーム業界人っていうのは,すごいと思います。

白川氏:
 そんな場所でも輪を広げているんですよ。もちろん,スーツ着て名刺を出してかっちりと1時間で話をまとめる……というのも必要ですが,遊びながら話すのだって大事だなと思います。

GM-ONIGIRI氏:
 僕らも,いろいろと楽しいことをインプットをしていって,自分の中でちゃんと消化して,お客さんに楽しんでもらえるような新しいものを提供していきたいです。そんな理由で,毎週白川さんとお会いしているんです……よね?

白川氏:
 ええ,そうです(笑)。ところで,ウェブマネーさんから見て,最近のPCオンラインゲーム市場をどう感じています?

土田氏:
 うーん,PCのというよりも,オンラインゲームの範囲自体は最近すごく広がっていますよね。例えば,スマホやPS3,Wii Uなどを含めれば,オンラインゲームの市場自体は広がっているんですよ。ですからユーザーの方は,昔よりもオンラインでゲームを遊ぶという事に対して,抵抗がなくなっていると思います。ただ,そんな広がりの中で,PC発のオンラインゲームが以前のように伸びていないということから,相対的に見れば,それがPCオンラインゲーム市場に元気があまりないという見え方になっているかもしれません。

4Gamer:
 さまざまな場面で利用されるウェブマネーですから,各分野での盛り上がり具合をもっとも肌で感じられているでしょうね。

土田氏:
 そうですね。PCオンラインゲーム市場に元気がないと話しましたが,マーケットが小さくなってくると,ゲームの提供者も思考が小さくなるというか,手堅く行こうと考えるのではないでしょうか。
 ですが,そういうところはプレイヤーさんにも分かってしまうんですよ。だからこそ,決済会社の社員がなぜかキャラクター監修をする。こんなバカな企画を持ち出して,「オンラインゲーム業界で面白いことをやってるな」と感じていただければと思うんです。

4Gamer:
 まだオンラインゲーム業界が元気だという,アピールでもあるわけですか。

土田氏:
 そうです。このコラボもそうですが,白川さんとGM-ONIGIRIさんはすごくフットワークが軽くて,思いついたことをパパッと進めます。本来,ネットはそういうものですよね。ですが,業界も長くなると段取りが多くなり,なかなかすぐに動けなくなってきています。そんな中で,お二人のフットワークの軽さは素晴らしいですよ。

白川氏:
 そう言っていただけると嬉しいですね。私は,一つ一つのコンテンツだけではなく,PCオンラインゲームという大きなエンターテインメントの中で,いい大人がバカで面白いことをやっているなと,プレイヤーさんに見ていただきたいんです。それが,私達エンタメ系の本来の仕事だと思います。

GM-ONIGIRI氏:
 提供する僕らが楽しんでいないと,プレイヤーのみなさんが楽しいと思えるものはできないですよね。ですから,今回も非常に楽しみながら企画させていただきました。ただ,土田さんに見せるための企画書を作成している間,反応を想像してニヤニヤしちゃって。

白川氏:
 でも,それって企画書を作るときの根本だと思うんですよ。会議を通すためだとか,役員の承認を得るために作った企画書ではなくて,読む人が「面白そうだ」と思える企画書でないと,プレイヤーさんには届かないと思います。その点で,GM-ONIGIRIさんのニヤニヤは正しい。

4Gamer:
 そんなニヤニヤで始まったコラボですが,そのあと,例えばクリスマスや年末年始の,イベントやキャンペーンはいかがでしょうか。

白川氏:
 もちろんありますよ。「アルテイル」とのイベント後,クリスマスにはみなさんが大好きなキャラのサンタ衣装が登場しますし,ウェブマネーさんに協賛していただいている,毎年恒例の行く年来る年キャンペーンも実施します。今年もウェブマネーさんに,特製カレンダーを作成していただきました。


土田氏:
 今年のカレンダーは,3月のイラストがヤバい!

白川氏:
 女性社員の前では見られませんね(笑)。そして,年末年始のお休みといえば「麻雀」というのは,日本の伝統みたいなものです! 「ぱいろん」のゲームマスターも,年末年始はチャット内でカウントダウンをする予定ですので,ぜひ遊びにきてください。

GM-ONIGIRI氏:
 「アルテイル」でも,「ぱいろん」とのコラボ終了後に,プレイヤーさんが楽しみにしているクリスマスイベントを準備しています。サンタコスチュームの可愛い女の子も登場するのでお楽しみに。
 そのあとは年末のカウントダウンやお正月と,みなさんを飽きさせない,冬休みを満喫できるイベントを用意しています。

土田氏:
 ウェブマネーでは現在,年末年始の「大感謝パーティー」ということで,ユーザーさんへの還元企画,大プレゼントキャンペーンを行っています。今後も賞品をいろいろと変えて1月下旬の第5弾まで,感謝の気持ちを込めて実施していきます。

4Gamer:
 では最後に,読者へのコメントをお願いします。

桃色大戦ぱいろん+(ぷらす)
白川氏:
 2013年で5周年を迎えた「ぱいろん」ですが,今年はライトノベルも発売されました。おかげさまで2巻も出て,まだ続く予感もしています。そのライトノベルのキャラクター(CV.茅原実里さん)もゲームに登場しています。また,ゲームキャラも順調に増えて,ついに150人を突破しました。
 運営としても5年を越えたので,次は10年目指して頑張ります。いつでも遊べる麻雀ゲームを目指していますので,まだプレイされたことのない方はぜひ遊んでみてください。最新情報をお届けしているTwitterアカウントのフォローもお願いします。

GM-ONIGIRI氏:
 「アルテイル」では,来年に向けて,プレイヤーさんを驚かせる仕込みを着々と準備しています。具体的なことはまだ言えませんが,楽しみにお待ちいただければと思います。ぜひ「アルテイル」に遊びに来てください。

土田氏:
 ウェブマネーは,より安心で,より便利に使っていただくという,ユーザーさんに支持していただいている点を,さらに良くしていこうと常に考えています。また,弊社で行うキャンペーンや,今回のキャラクター監修が,少しでもPCオンラインゲームの活性化につながればとも考えています。ユーザーさんだけでなく,オンラインゲームの開発者さん,運営者さんとも手を取り合って,市場の拡張に微力ながらお手伝いしていきます。これからもWebMoneyを使って,オンラインゲームを楽しんでください。

4Gamer:
 本日は,ありがとうございました。


「アルテイルネット」公式サイト

「ウェブマネー」公式サイト

「桃色大戦ぱいろん+(ぷらす)」公式サイト

  • 関連タイトル:

    桃色大戦ぱいろん+(ぷらす)

  • 関連タイトル:

    アルテイルネット

  • 関連タイトル:

    アルテイル2 〜銀陽帝大戦

  • 関連タイトル:

    WebMoney

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/02/03)
彩京 べすと 対戦ホットギミック コスプレ雀
amazon
Video Games
発売日:2005-02-24
対戦ホットギミック アクセス雀(スペシャル版)
amazon価格:3392円
Video Games
発売日:2005-04-28

アイドル雀士スーチーパイIV Audio Collection
Yahoo!価格:3041円
ちゅ〜かな雀士 てんほー牌娘 Remix
amazon価格:4940円
Video Games
発売日:2007-06-28


4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ