オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
レイトン教授VS逆転裁判公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:6
レビューを投稿する
海外での評価
79
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

レイトン教授VS逆転裁判

レイトン教授VS逆転裁判
公式サイト http://www.layton-vs-gyakuten.jp
発売元 レベルファイブ
開発元 カプコンレベルファイブ
発売日 2012/11/29
価格 5980円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
86
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 熱い裁判と残念な声 75
    • 投稿者:ゐうろ(男性/30代)
    • 投稿日:2013/08/17
    良い点
    ・3DSの性能をいかしたグラフィック。
    立体視をオンにすると光源等の綺麗さが際立ったのも○。

    ・裁判パートの熱さが復活した。
    DS以降の逆転シリーズは熱さに欠ける展開のものが多く
    少々諦めていたのだが今作ではGBA時代のような感覚を味わうことが出来た。
    悪い点
    ・ナルホドの声
    これは勘弁して欲しかった。
    完全に音声をオフにする方法がないのも☓。

    ・DLCが遅く長かった。
    これに関しては発売日に予約してまで買った意味がなかった。
    後からDLCが出揃った頃に買えばいいと客に思わせるデメリットはないのだろうか?
    総評
    逆転シリーズのみ経験者でレイトンシリーズはプレイしていません。
    そのため逆転のキャラや裁判パートに集中してプレイしていました。
    しかし、レイトンシリーズが邪魔になっておらず快適にプレイ出来た。
    逆転シリーズにありがちな、何度も聞いてられないような擬音を出すキャラが不愉快だったくらい。
    レイトンキャラとの絡みも裁判パートを熱くするのに一役買っており
    コラボものとしては成功してると思う。
    問題はそれらを台無しにしかねない
    ナルホドの声であり、これがあるために2周目は手が出ないのが残念。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 4 3
  • 予想以上にコラボ出来てる。読み物としてはいいけど難易度は少々低めかも 85
    • 投稿者:F/A(男性/30代)
    • 投稿日:2013/05/20
    良い点
    ・逆転裁判とレイトン教授のコラボですが、思っていたよりも
    上手くまとまっていると思います。

    ・ゲーム中に得られるコインを使用する事でヒントを得る事が出来ます。
    またフィールドでも何をすればいいか、どこに行けばいいかは画面上に
    書いてあるので、ゲーム内で詰まる事は皆無だと思います。

    ・裁判の証人が複数人のシステムになっている
    ナンバリング逆転裁判では無かったシステムですね。
    複数の証人が証言しその中から矛盾を指摘したり、また、
    ある証人の発言を受けて別の証人がコメントするシステムは
    なかなか面白かったです。
    悪い点
    ・成宮さんの棒読み具合の微妙さ加減。
    これは方々で言われている事ですけどやはり微妙ですね。
    実写映画版を見たのである程度免疫はありますけど、
    それでももうちょっと何とかならないかと思うところです。
    成歩堂というよりは成宮さんそのままという感じです。

    ・無理やりまとめた感がある。
    投げっぱなしにはなっていなくて一応の説明はありますけど、
    なんか無理やりな感が否めないんですよね。しかも、序盤の
    イベントはその説明だと納得出来ない部分もありますし。
    あと、その一応の説明も結構強引な気がしました。

    ・全体的に難易度が低い。
    レイトンパートの謎解きは適当にいじっていればクリアできますし、
    逆転裁判パートもそれほど悩むところはありません。
    ヒントコインというシステムを組み込むならもう少し難しくても
    よかったような気がしました。

    ・裁判パートでキャラが急変し過ぎ
    追い詰められるとキャラが壊れるのはシリーズの定番ですけど、
    それにしても急過ぎる描写が多いような。
    総評
    多くの店で半額以下で販売されているので購入しました。
    逆転シリーズはすべてプレイしましたがレイトンシリーズは初めてです。
    全体として難易度が低めに感じましたが、ぶっ続けでプレイしたく
    なるくらいには魅力あるストーリ展開でした。
    (まぁ、終盤は少々強引ですけど)

    理由はわかりませんが、新品でも半額程度で販売されています。
    シリーズ未プレイの方も、プレイしたことある方も遊んでみる
    価値はあると思います。

    ナルホドくんの声は割り切ってプレイしましょう。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 4 4
  • レイトン教授に胸熱! 80
    • 投稿者:砂糖さん(女性/30代)
    • 投稿日:2013/01/23
    良い点
    両シリーズ経験者です。
    今回はレイトン教授の格好いいシーンを見ることも出来、自分の中では高評価。
    レイトン教授が好きな人は、買って絶対に損はありません。
    心配していた3Dですが、こちらもまったく違和感はなく、アニメーションとの切り替えも自然で、ドラマティックに楽しめました。

    ・ とにかくレイトン教授がかっこいい。
    ・ 謎解きが簡単なので、詰まらずストーリーにじっくり入り込める。
    ・ キャラクターがみんな個性的で可愛い。
    ・ 一人一人の登場人物を大切に掘り下げている。
    ・ チュートリアルがしっかりしているので、システムに戸惑う事があまりない。
    ・ アニメーションがしつこくない程度に随所にちりばめられており、ギャラリーでいつでも繰り返し楽しめる。うっかり見逃しても、またあそこからプレイか……というがっかり感がない。
    ・ ゲームが終わった後の追加要素が充実している。謎解きゲームはどうしても、一度プレイが終わるともう一度……となり辛いところ、一本のゲームで長く遊ばせる工夫がある。
    悪い点
    ・ ナルホドくんとマヨイちゃんの声は最後まで慣れませんでした。言われているほどひどくはありませんが、流暢なしゃべりが必要なキャラなのに勿体ない。リーガル・ハイの古美門先生くらいさらさらとしゃべって欲しかった。
    ・ 飛ばしたくても飛ばせないボイス・動画部分があり、少しストレスを感じた。
    ・ 謎解きが簡単過ぎて、手応えがなかった。
    ・ 大謎に当たる部分がちょっとこじつけ過ぎの感がある。謎解きなのに腑に落ちない点が残って、若干すっきりし切れなかった。
    ・ レイトン教授と逆転裁判といえば、殺人などの若干凄惨なイベントが発生しても、コミカルな演出やハッピーエンドが基本のゲームという印象ですが、このゲームには「どうあっても覆せない、救いようがない、絶対的悲劇要素」が存在します。悲劇体制のない人は注意した方がいいかも。
    総評
    主人公が二人ということで、視点が切り替わりながら進むのですが、それぞれに思い入れがある為、1本のゲームの見せ場を二人で分割したような感じになり、もっと見たかった……という物足りなさがあった。
    ただ、ストーリーとしては終盤までは間違いなく引き込まれる展開。
    スリルもサスペンスもホラー要素もあり、手に汗を握りながらゲームを進められる。
    その分、最後の最後に風呂敷が畳み切れていない部分があり、少々残念。
    ゲーム全体としては、「レイトン教授、逆転裁判」を知っている人の為のお祭りソフト、という位置付けで楽しむならば、不満点を差し引いても90点。
    初心者にここからゲームに入って来て欲しいと思うのであれば70点。
    真ん中を取って80点をつけたい。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 3 3
  • 絶妙のストーリー 95
    • 投稿者:pukapuka(男性/40代)
    • 投稿日:2013/01/16
    良い点
    ・ストーリーがとても良い。先がどうなるのか気になって、中断するのが難しい。
    ・ナゾときと裁判が交互にあって、あきない。(レイトン教授シリーズはナゾが多すぎて進めるのがしんどかったりするが、そういうことがない)
    ・キャラクターのセリフが楽しい。
    悪い点
    ・裁判のシーンで早送りができないので、延々同じ証言を聞くことがままある。
    ・あまり達成感のないナゾがある。
    ・シリーズ未経験者は100%楽しめないかも。
    ・3D表示にあまり意味がない。
    総評
     レイトン教授シリーズも逆転裁判シリーズもどちらもプレイしたことがあります。今回はコラボということでうまく融合できるのかと半信半疑でしたが、心配無用。とても面白い作品になっています。話のもっていきかたが、お約束の部分と意外な展開との絶妙のバランスで、とてもひきこまれました。アドベンチャーなので、内容のことにあまり触れられませんが、納得の作品でした。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 5 5
  • 最高のコラボ!!しかし・・・ 90
    • 投稿者:nabe(男性/20代)
    • 投稿日:2012/12/25
    良い点
    箇条書きで書かせていただきます。
    ・ヒントによってサクサク進む(ゲームバランスがちょうどいい)
    ・謎解きが程良い難しさ
    ・次になにをしたらいいのか分からなくなることがほとんどない
    ・動画がよくできている(作画)
    ・3DSの特性である3Dをうまく使っている
    ・ストーリーの作りこみ
    悪い点
    ・逆転裁判サイドの声優の棒読み具合
    ・逆転裁判、レイトンをやりこんで来た人には難易度が簡単すぎる
    ・ストーリーが読めてしまう(主人公の会話で分かってしまう)
    総評
    一番このゲームで感じることは成宮(成歩堂)がひどい棒読みだなというところです。普段はあまり声優がいいとか悪いとか思ったことがなかったのですが、これはひどいと思います。私の予想なのですが、映画でキャスティングしたので今回もという話なのでしょう。しかしこれでは名作も良作となってしまいます。非常におしい点だと思いました。なので快適、サウンドの点はマイナスさせていただいています。声優の点を無視するとこれは最高のコラボゲームだと思います。サウンド(エフェクト、BGM)、ストーリー、グラフィックなど、どの点をあげても申し分ありません。ぜひやってみてください。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 絶妙のコラボ 90
    • 投稿者:( 表)(男性/40代)
    • 投稿日:2012/12/04
    良い点
    ・逆転裁判シリーズの調査パートが、レイトン教授シリーズの調査パートになっているような感じで、ゲーム自体に飽きにくい。

    ・よく動く。逆転裁判シリーズは、前作まで、NDSソフトだったので、3Dモデルで描写されるのも初なら、人物を回り込むようなダイナミックなカメラの動きも初。

    ・相変わらず、終盤になるまで、どこに着地するのか分からないストーリー構成で熱中度は高い。

    ・ナゾも難易度が低く、相変わらずヒントを得る為のコインも十分に手に入るので、ナゾで詰まってストーリーが先に進まない、ということはないだろう。

    ・裁判シーンも、理不尽な選択肢を要求でペナルティを強制されることが少なくて、逆転裁判シリーズの中では納得のいく展開と感じる。

    ・キャラの魅力。特に「おじさん」が素晴らしい。

    ・声優陣の演技。
     中でも、必聴すべきは、なんといっても、アルグレイの告白シーン。
     クリア後に、繰り返し聴けるのは好サービス。
    悪い点
    ・成歩堂と真宵の声優の演技。
     実写版を見ていないと、2人の声には違和感が多いのでは?
     本職の声優の中、俳優が本職の2人が主人公格を努めるには、荷が重かったか、と感じる。

    ・物語全体の仕掛け。仕方ない、と割り切るしかないのだが、いっそ、無理にこじつけず、夢オチとかの方がマシだったのでは、とすら感じる。
     また、クリア後に見直すと、序章の展開に疑問が残る。描写の問題、では留まらないものがある。

    ・序盤のあるシーン。今まで、逆転裁判シリーズで、似たようなことはやってきたとはいえ、直接、刑執行のシーンを見る羽目になるのは、たとえ物語の展開上、必須であるにも関らず、気分が悪い。
    総評
    逆転裁判シリーズは全てクリアしてきたが、レイトン教授シリーズは途中放棄することが多かったが。
    裁判シーンや、物語の熱中度のおかげで、飽きることなく最後までクリアすることが出来た。

    ストーリー全体の舞台設定に不満はあるものの、トータルとして、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ、どちらのファンにとっても、オススメできるゲームと考える。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日