オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
FFシリーズ初となる乙女ゲームの(架空)企画がまさかの発表! 「スクエニChan!」公開収録の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/03 17:35

イベント

FFシリーズ初となる乙女ゲームの(架空)企画がまさかの発表! 「スクエニChan!」公開収録の模様をレポート

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
 ファイナルファンタジー(以下,FF)シリーズ25周年記念イベント「FINAL FANTASY展」のステージイベントとして,2人気Webラジオ「スクエニChan!」の公開収録「スクエニChan! Presents [ラジオ公開収録] −未来(これから)のFINAL FANTASY座談会−」が2012年9月2日に行われた。おなじみのパーソナリティに加えて,FFシリーズの開発陣もステージに登場し,これからのFFについてバラエティに富んだトークを繰り広げたので,その模様をお届けしよう。
 なお,今回のトークの中で奇抜な企画が紹介されているが,いずれも架空のものであり,今後発売されるタイトルの話ではないので,どうかご注意いただきたい。

 今回のMCを務めたのは,スクエニChan!のパーソナリティである安元洋貴さんとKENNさん。そしてアシスタントの西 明日香さんも,会場ナレーションなどで活躍した。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
左から西さん,KENNさん,安元さん。3人は公開収録のために用意したお揃いのツナギ(安元さんいわく「やらないかスタイル」)で登場

 そして,スクウェア・エニックスからは,FFシリーズに携わる,以下の開発陣が登壇。

田畑 端氏(「FINAL FANTASY 零式」「クライシス コア -ファイナルファンタジー VII-」「Before Crisis-FINAL FANTASY VII-」ディレクター)
直良有祐氏(「FINAL FANTASY 零式」「ファイナルファンタジーVII」「ファイナルファンタジーVIII」「ファイナルファンタジーX」アートディレクション)
橋本善久氏(「FINAL FANTASY XIV」技術ディレクター,ゲームエンジン「Luminous Studio」開発責任者)
高橋光則氏(「DISSIDIA FINAL FANTASY」プランニングディレクター,「DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY」ディレクター)

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
左から田畑氏,直良氏
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
左から橋本氏,高橋氏


ユーザーからの要望に応え,まさかの乙女ゲームを田畑氏が発表……?


FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
 まずは,事前にリスナーから募った,FFシリーズへの要望や提案についてのトークが展開された。
 最初に紹介されたのは,「ファイナルファンタジーシリーズのモンスターを仲間にして戦う『FFモンスターズ』というのはどうでしょうか?」というもの。

 スクウェア・エニックスが誇るもう1つの人気RPGシリーズからそんなタイトルが出ていたような気もするが,リスナーへの回答へ移る前に,シリーズ25周年記念イベントということで,FFシリーズにおけるモンスターグラフィックスの変遷が紹介された。

 まずスクリーンに映し出されたのは,20年前のFFシリーズに登場していたモンスター達。ちょうどこのころ「グラフィックスに力を入れている会社に入りたい」と希望に燃えてスクウェア・エニックス(当時はスクウェア)に入社した直良氏は,これを目にして「えらいところに来てしまったな」と衝撃を受けたという。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 次に,現在のFFシリーズのモンスターはどうなっているのかということで,橋本氏が,Luminous Studioの技術デモ「Agni's Philosophy」のために作られたモンスターを紹介した。橋本氏によると,Agni's Philosophyはリアルタイムデモなので,これらのモンスターをコントローラで動かすことも可能だという。「最新の技術を使うとFFのモンスターもこうなる」と,Luminous Studioの性能をアピールした。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 さて,本題の「FFモンスターズ」には,高橋氏がアイデアを提案。FFVIIのスピンオフ作品で,主人公は少年時代のバレット。「すいこむ」「はきだす」といった能力を備えた,赤と白のマテリアを投げて……と,リスナーの提案と同じくどこかで聞いたことがあるような内容を話し出したところで,安元氏からストップがかかった。

 次に紹介されたリスナーからの要望は,「今までのFFシリーズは洋風やSF系のイメージが強かったので,和風のFFも見てみたいです」というもの。
 これについては,最近田畑氏のチームにおいて「和風」というテーマで,さまざまなアーティストがイメージボードを描いたということがあったそうで,その作品例がいくつか披露された。
 残念ながらこれらの作品は,撮影禁止となっていたためお見せできないが,風神雷神図をモチーフにした戦士や,炎の魔術のようなものを使う千利休,蜘蛛の妖怪などが描かれており,客席からも感嘆の声が上がっていた。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
 そして,次の要望は「これまでFFを遊んだことがないのですが,FFシリーズの乙女ゲームが出たら遊んでみたいと思います」というもの。シリーズ25周年記念の場にはあまりにもそぐわない要望に,安元氏は「やったことねえ奴の意見をチョイスしちゃダメです!」と切り捨てた。

 しかし,ここで田畑氏から「実は僕,和風のFFもいいんですけども,乙女ゲーのFFのほうが興味ありまして」という驚きの言葉が。続いて田畑氏は,妙にノリノリな様子で「FINAL FANTASY 25周年 記念企画」と題された,(あくまで架空の)プレゼンテーションを始めた。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 「この企画の目的は,ATB(アクティブタイムバトル)を駆使するFFの乙女ゲーをつくりあげることです」という序文に続いて披露されたのは,「トキメキ★FINAL FANTASY 魔導院ペリシティリウム朱雀 〜私の恋にクリスタルの加護あれっ★〜」という手の込んだタイトルロゴ。田畑氏は客席からの拍手喝采を浴びながら「略して“トキまど”と僕は呼んでいます!」とアピールした。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 続いて「ヒロインは若い兵士を養成する魔導院に入学するのだが,魔導院にはたまたま女性が1人もおらず,たった1人で男の世界に入っていく」というイントロダクションを紹介しつつ「本当にこれ作りたいんですよ」としきりに主張。これに対して安元氏は「そろそろニコニコ生放送のコメントで“公式が病気”って書かれてますよ」とツッコミを入れていた。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 そして,乙女ゲームではお決まりの「1日のスケジュール」などが紹介されたあと,いよいよプレゼンテーションは本作の肝となる「ATBシステム」へ。主人公のさまざまな行動がアクティブタイム・システムで進行するそうだが,中でも気になるのは「アクティブタイム説教」というワードだ。田畑氏によると,本作の根底には「女子力をみなさんに上げてもらいたい」というテーマがあるのだという。そのため,ゲームの中では先生からほどほどに叱られたほうが良いのだ――と田畑氏は熱弁をふるった。さらに,スライドにはないが「アクティブタイムキス」などのシステムも検討中だそうだ。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 続いてはキャラクター紹介。ヒロインは西さん,男性キャラ2名にはKENNさんと安元さんがすでにキャストとして当てられていたため,その場で各人によってセリフが読み上げられた。ここまではツッコミ役にまわっていた安元氏もプロの仕事をみせて,客席を魅了していた。
 ちなみに,KENNさん演じるマシロ・トオトイチというキャラクターは,KENNさん自身をモデルにデザインされているそうだ。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 このほかにも田畑氏は「ゲーム内のギルを使って,Amazonで買い物ができる」「男女の関係性等々をアクティブタイムシステムに落としたいため,対応ハードはCEROを気にする必要がないスマートフォン」「開発エンジンはLuminous Studio」といった,やりたい放題の企画内容を披露。“指名”を受けた橋本氏は「トキまどのためにLuminous Studioがありますから!」と乗り気で答えていた。

 そして最後に,おまけとしてアクティブトーク画面とイベント画面のサンプルが披露された。田畑氏は「2Dに見えると思いますけど,3Dです。Luminous Studioがないと実現できないと僕が思った一番の理由なんですね。2Dのイラストの良さを絶対に無くさないようにしながら,でもやっぱり僕は3Dのゲームが好きなので,3Dにしたい」と,もっともらしく述べたが,KENNさんに「どう見ても2Dでしょ!」と一蹴された。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 見てのとおり,お遊びで作ったにしては非常に手の込んだ代物で,イラストやテキスト作成のため,田畑氏のチームでもかなりの人数が携わったそうだ。
 何度も言うようにこれはあくまで架空の企画だが,これだけ手の込んだ企画が日の目を見ないというのも,もったいないような気が……。


思い出のシーンの数々を振り返る。そして,FFシリーズで最もモテるジョブも明らかに?


FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
左から鳥山氏,上国料氏
 ここで,さらなるゲストとして,FFXIIIプロジェクトのディレクターを務める鳥山 求氏と,同じくFFXIIIプロジェクトのアートディレクターを務める上国料 勇氏が登場。ここからは,来場者へ行ったアンケート結果をもとにトークが行われた。

 最初のお題は,「ファイナルファンタジーシリーズで,心に残っているお気に入りシーンは?」。来場者が挙げたシーンは,FFVIIのオープニングや,FFXのティーダとユウナのキスシーンなどで,開発陣もそれぞれのお気に入りシーンを挙げていった。

 高橋氏が挙げたのは,FFVIでエドガーの武器「かいてんのこぎり」を手に入れるためのカギとなる「6時10分50秒」というマニアックなもの。鳥山氏もFFVIから「オープニング」を挙げた。鳥山氏は魔導アーマーが雪の中を進んでいくシーンをみて「スクウェアに入ってぜひファイナルファンタジーを作りたいと思った」そうだ。
 続いて橋本氏がイラスト付きで挙げたのは,初代FFのオープニングだ。初代FFでは,ゲームを始めて最初の中ボスであるガーランドを倒し,橋を渡ったところで初めてタイトルロゴが表示される。この演出は,当時中学2年生だった橋本氏にとって「中二心にズキュン」ときたらしく,25年の歴史を振り返る上でも重要な「FFシリーズ全体のタイトル画面でもある」と述べていた。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 続くお題は,「ファイナルファンタジーシリーズで,1番モテると思うジョブは?」。こちらは来場者へのアンケート結果が明かされる前に,まず開発陣による予想が発表された。
 まず,田畑氏が挙げたのは「ソルジャー 1st」(FFVII)。いわゆるジョブシステムで転職できるジョブではないが,氏が担当したFFの中で最もモテそうな職業だそうだ。また,直良氏が挙げたのは「ものまね師」だが,「モテるとは思うんですけど,底が浅いので,70点くらいを連発するだろう」とのこと。また,「弱いジョブだと思うんですけど,それが逆に母性本能をくすぐる」という理由から「たまねぎ剣士」も挙げていた。
 そして最後に「シーフ」を挙げた高橋氏は,「シーフの一番の特徴といえば,“ぬすむ”。あなたの,心を……」と理由を説明し,「トキまどにシーフのキャラを出してほしいなと思います!」とオチをつけた。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 なお,実際のアンケート結果は以下のとおりだ。
 意外にも白魔導士が2位となっているが,アンケートの投票理由には「なんとなく,公務員的な安定感がある」と記されていたそうだ。白魔導士のように,パーティを影で支えるような安定感も,モテるためのポイントなのかもしれない。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

 イベントも終盤に近づいたところで,スクウェア・エニックスのVISUAL WORKSにてGeneral Manager/Chief Creative Directorを務める生守一行氏と,同じくChief Creative Directorである野末武志氏からのメッセージが紹介された。VISUAL WORKSはFFシリーズのCGムービーを手がけている部門で,1997年のFFVII以降,シリーズには欠かせない存在となっている。
 続いて,そのVISUAL WORKSがこれまで手がけたムービーをまとめた特別映像が披露された。これは,田畑氏が「これまでのFF」というテーマで座談会をする,という話を耳にしたVISUAL WORKSのスタッフが「僕達からも,そこに来てくれるみんなにプレゼントをしたい」と急遽用意したものだという。シリーズの歩みや技術の進歩を実感できるメモリアル映像となっており,客席からも大きな拍手が贈られた。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX
ステージの締めくくりには,西さんがFFシリーズのファンファーレを吹いたのだが……どんな演奏だったかは,ぜひWebラジオで確かめてほしい
 最後に,田畑氏が来場者への挨拶を行った。田畑氏は「トキまどどうでした?」と冗談を飛ばしつつも,現在開発中の「FINAL FANTASY VersusXIII」のディレクターである野村哲也氏から「自分ももうすぐお見せします」という言付けを預かっている,と明かした。そして,「ファンの皆さんと,これからもファイナルファンタジーというものをつないでいきたい」とファンへの感謝を述べた。

 なお,今回のステージの模様は「スペシャルコンテンツ」を追加した上で,9月13日放送の「スクエニChan!」で公開予定だ。本稿を読んで興味を抱いた人は,ぜひそちらもチェックしてみよう。

FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

ファイナルファンタジーシリーズ 公式サイト

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY III

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY III

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XIII

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XIII-2

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XIV(旧)

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY 零式

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーIV

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI アドゥリンの魔境

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジー XII

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
75
DEATH STRANDING (PS4)
74
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月